課題 抽出 フレーム ワーク。 フレームワークとは〜思考時間を短縮して成果を上げるビジネスフレームワーク9選|ferret

図解で一目瞭然!すぐに使えるビジネスフレームワーク40選【基礎〜発展】

課題 抽出 フレーム ワーク

フレームワークとは ビジネスにおける フレームワークとは、共通して用いることが出来る考え方、意思決定、分析、問題解決、戦略立案などの枠組みのことを指します。 MECE MECEは和訳で「モレなく、ダブりなく」という意味です。 ビジネスに限らず、物事を整理する際に、モレやダブりといった問題を無くし、正確な判断をするために用いる フレームワークです。 論理的思考方法と言われるロジカルシンキングにおいて、基本の考え方の1つです。 漏れなく、ダブりなく( Mutually Exclusive and Collective Exhaustive) 2. 3C分析 3C分析は、自社・顧客・競合の3つの関係性から現状を分析するために用いる フレームワークです。 自社(Company) 顧客(Customer) 競合(Competitor) 3. 形式:pptx 自社の強みと弱み、競合や外部要因からの機会と脅威を分析するための フレームワークです。 内部要因の強み(Strengths) 内部要因の弱み(Weaknesses) 外部要因の機会(Opportunities) 外部要因の脅威(Threats) 4. 4P分析 商品・価格・販促・流通の4つのポイントから商品の マーケティング戦略を分析し、課題点を洗い出すための フレームワークです。 商品(Product) 価格(Price) 販促(Promotion) 流通(Place) 5. STP 商品やサービスの マーケティング戦略を計画的に組み立てるための フレームワークです。 セグメント化・ターゲット選定・ポジション取りという観点から戦略を組立ていきます。 セグメント化(Segmentation) ターゲット選定(Targeting) ポジション取り(Positioning) 6. パーセプションマップ 2本の軸を選び、商品やサービスを ユーザーにどのように認知してもらいたいかを図解にして表すものです。 バリューチェーン ビジネスの全体構造から強みと弱みを把握するために、商品やサービスの企画から販売までの各段階を把握する際に用いる フレームワークです。 形式:pptx 自社と競合だけでなく、業界全体の分析を行う際に用いる フレームワークです。 新たに参入しようとしている競合、商品を供給する供給業者、買い手である顧客、競合ではない代替品の5つの関係性から把握することができます。 AARRRモデル 特に近年話題となっている、商品やサービスを成長させるうえでの考え方です。 主に ユーザー行動の変化を5つの段階に分け、課題となる箇所を分析し改善する際に用います。 ホーム ページ運営においては、参考にするべき フレームワークです。 ユーザー獲得(Acquisition) 利用開始(Activation) 継続(Retention) 紹介(Referral) 収益の発生(Revenue) 画像引用元: フレームワーク フレームワークとは、アプリケーションソフトを開発する際によく必要をされる汎用的な機能をまとめて提供し、アプリケーションの土台として機能するソフトウェアのことです。 元々は枠組み、下部構想、構造、組織という意味の英単語です。 アプリケーションのひな形であり、これを開発に利用することで、大幅な効率の向上が見込めます。

次の

組織の課題の見つけ方とは?分析に使えるフレームワークも解説

課題 抽出 フレーム ワーク

問題解決のフレームワークとは? ビジネスでの「問題解決」とは、具体的にいうと、現状とあるべき姿の間のギャップを埋める作業を「問題解決」といいます。 ビジネスシーンでよく用いられる 「フレームワーク」は、たくさんの情報や現在の状況を整理して観点をわかりやすくしてくれるツールです。 問題解決にはロジカルシンキングが重要 ロジカルシンキング(論理思考)は、困難な問題に直面した時でも、問題の定義、つまりゼロベースからスムーズに解決していくためには欠かせない思考です。 早めの問題解決は、ビジネスのスピードを加速させるためにも大切なことです。 問題解決はやみくもにとりかかっても、時間ばかりかかります、そして解決の精度も不確実なものになってしまいます。 そのためにも、フレームワークをビジネスの問題解決に活用するとよいでしょう。 問題解決のプロセス では、ビジネスにおける問題解決は、どのように進められるのでしょうか? 問題の定義 ビジネスで直面する問題には、2種類の問題の性質があります。 ひとつは、接客の質に問題がある、商品に不具合があるなどの「困ったこと」の問題です。 困ったことの問題には、原因があります。 もうひとつの問題は、集客力をアップしたいとか、生産ラインの効率を3倍にしたいなどの「新しい目標」や「課題」といったものです。 問題解決のためには、定義が非常に大切になります。 問題の本質を見抜けないと、根本的な解決に至らないからです。 問題解決以前の問題 組織の問題解決で直面しがちなのは、問題解決以前の問題です。 それは、人の気持ちや意欲、深層心理に強く結びついた問題で、特にそれが組織の問題であるときには、定義も解決もとても難しい問題といえます。 しかし、この問題解決以前の問題を解決しないと、ほかの問題を解決できない可能性が高いでしょう。 問題の解決の過程 一般的に3つのステップがあります。 また、根気よく説明や説得ができる能力も必要でしょう。 問題解決で使えるフレームワーク 上記のビジネスにおける問題解決のプロセスでは、ロジカルシンキングを活用するために、フレームワークが便利です。 ビジネスのフレームワークは、たくさんの種類があります。 ですがそれらは立場や目的で適切なフレームワークが違います。 また、一般的なフレームワークは考えを図やグラフにします。 視覚的に捉えて、わかりやすく分析できます。 多くの人と考えを共有するためにも有効なツールです。 ここでは、いくつかのフレームワークを紹介します。 新人用:状況分析「ロジックツリー」 「ロジックツリー」は、木が枝分かれして大きく広がるように、問題を分解していくことで、原因や解決策を探るツールです。 一般的に、左に問題がきて、右に展開していきます。 論理的に枝を広げていくことを意識しながら展開するのがコツです。 「ロジックツリー」は、どんどん書き込んで展開しやすく、見落としや論議のズレを浮かび上げるにも有効です。 ホワイトボードに「ロジックツリー」をしながらミーティングをするのもよいでしょう。 「ロジックツリー」には、2種類あります。 Positioning(狙う層に対して、どんなメリットの提供を提示するか?) をじっくり分析するためのツールです。 どの層を狙うかで、マーケティングの方法は変わります。 他社との差別化を考えるなら、狙うのは狭い層になることもあります。 ニッチャー(ニッチ)は、市場の中では異質な層とも呼べる層ですが、この層から支持を獲得できれば、著しい差別化となります。 また、マーケットの拡大を狙うなら、マーケットリーダーを狙ってマーケティングを展開するのもよいでしょう。 新人用:計画実行「PDCAサイクル」 新人用のフレームワークとして挙げていますが、ビジネスの基本になるのが「PDCA」です。 問題解決のプロセスには、欠かせません。 また、プロジェクト管理のために、マネジメント層も使うフレームです。 自分自身の問題解決や自己管理にも使えます。 Action:Checkであぶり出したことを改善しながら進める このサイクルを積み上げることで、プロジェクトがスムーズに進めやすくなります。 問題解決のフレームワークについてのまとめ• ビジネスでの問題解決とは、現状とあるべき姿の間にギャップを埋めることをいい、それにはフレームワークが便利です。 問題解決にはロジカルシンキングが重要で、情報を整理できるのが、フレームワークです。 問題解決のプロセスは、問題の定義、問題解決以前の問題、問題の解決の過程(課題の形成、解決案の立案、解決案の実行)との流れです。 そのプロセスで使えるビジネスのフレームワークは、立場や目的で使うフレームを選びましょう。 よく使われるフレームワークには、新人用の2種類の「ロジックツリー」、マネジメント層向けの「SWOT分析」、中間層用の「STP戦略」、新人用に「PDCAサイクル」などがあります。 どのフレームワークも自己分析など、他の目的にも使えるフレームワークです。

次の

問題解決のための論理的思考法とは〜課題との違いからプロセスまで〜

課題 抽出 フレーム ワーク

昨今、企業の人事教育担当の方から、ビジネススキルの中でも思考法に関するもの、例えば「論理的思考力」や「問題解決スキル」といった切り口でご相談いただくことが増えてきています。 背景として、事業をとりまく社内外の環境が絶えず変化し、複雑化する中で、一律の「正解」が存在せず、常に「最適解」を求めて考え続けることが求められていること、また、スキルとしての思考フレームなどの有効性・有用性について、あらためて広く認識されつつあることも理由の一つと考えられます。 特に、ここ最近、一つの事故、判断ミスが企業の存続を根底から揺るがしかねない事件が相次いでおり、場当たり的な対処ではなく根本的な原因究明や、問題解決が求められています。 今、企業が問われていることは、日頃から社員一人ひとりが、いかに職場の問題や課題について考えているか、課題解決に向けて何をすべきなのかを、組織としてどう共有しているか、ではないでしょうか。 そのためには「共通言語」としての論理的思考力が重要となってくるのです。 今回の特集では、代表的な問題解決・意思決定のための思考法の一つである「TM法」のご紹介とあわせ、基本的なビジネススキルとしての「問題解決のための思考法」について取り上げてみたいと思います。 「問題」と「課題」の違いについて 「問題」と「課題」、私たちはこの2つの言葉を日常の場面でもよく使いますが、「問題解決」を考えるにあたり、ここではまず、「問題」と「課題」について違いを明らかにし、それぞれを定義することから始めたいと思います。 問題とは辞書(広辞苑)を引いてみると、「問題」を、4つの意味から定義しています。 1.問いかけて答えさせる題。 解答を要する問い。 2.研究・論議して解決すべき事柄。 3.争論の材料となる事件。 面倒な事件。 4.人々の注目を集めている(集めてしかるべき)こと。 出典:広辞苑 日本語は広義であることが特徴ですが、ビジネスの現場では、多くは次のように定義されます。 「問題とは現状(実際の姿)と目標(あるべき姿)との差異」 つまり、私たちは、定めた目標(あるべき姿)と現状(実際の姿)の間に差異(ギャップ)が生じると、その状況を問題だと認識するのです。 例えば「人口減少化」問題が新聞でよく取り上げられますが、多くの人が問題だと思う一方で、あるデータによれば、約2割の人が「別に問題だと思わない」と答えています。 それはどういうことを表しているのでしょうか。 実は、「問題」には次の2つの種類があります。 1.あるべき姿(目標)が明確に定まっており、共有できている場合 2.あるべき姿 目標)が人・状況により異なる場合 1のケースは、目標が組織・集団の中で明確に共有されているが、現状がその目標との間に差異を生じている時です。 このケースでは、組織・集団内の誰もが問題を認識します。 2のケースは、組織・集団のメンバー間で、目標(あるべき姿)が定まっていない時です。 メンバー一人ひとりが描く目標(あるべき姿)が異なれば、人により問題の認識も異なります。 先に取り上げた「人口減少化」の問題も、国力の低下や年金問題の深刻化から、大きな問題である、と考える人もいれば、地球全体の規模で考えれば、人口が急増している現代にあって、一国の人口減少をさほど問題視する必要はない、と考える人もいます。 つまり、そもそものあるべき姿(目標・基準)が異なるために、問題の捉え方が異なってくるのです。 一方、ビジネスの現場でも、環境が大きく変化し続けている状況では、いったん定めた目標も、常に見直しが求められます。 つまり、環境変化を捉え、それをふまえて新たに目標を設定し直すことにより、「問題」も変化するのです。 課題とは一方、「課題」を辞書(広辞苑)で引くと「題・問題を課すること。 また、課せられた題・問題」とあります。 「課題とは、問題を解決するために、行動を起こすことを意志表明したもの」 問題は、主体的に解決する意志を持って行動を起こすことによって解決に向かいます。 それが、課題形成する、課題化するということです。 問題解決プロセスと問題解決がうまくいかない理由 問題解決にはプロセスがある私たちが、富士山の頂上を目指して登る時、例えば5合目までは車で行き、6合目、7合目、そして8合目……と順にプロセスを踏んで登ります。 なぜなら、ヘリコプターでも使わない限り一気に頂上まで登ることはできないからです。 問題解決にはプロセスがあり、私たちは意識するかしないかは別にして、ほぼ下図のようなプロセスを踏んでいるのです。 それゆえに、登山のようにプロセスを順序よく踏んで、頂上(結論)に至るのではなく、各プロセスを行ったり来たりしているのが現状です。 ところが、「問題解決に優れた人」は、実は、意識してこのプロセスを踏んでいるのです。 問題解決上のよくある問題ビジネスの現場は常に問題解決の連続であり、しかもこれらの問題は、常にうまく解決できるとは限りません。 問題解決スキルを高めることは、人材育成・能力開発の重要なテーマの一つですが、企業の人事担当の方からは、例えばこんな声をよくお聞きします。 ・表面的な理解にとどまり、分析が甘い ・ビジネス環境や状況は常に変化しているのに、自ら問題・課題を見つけられない ・指示された課題をこなせば済んだと思っている ・仕事のスピードが遅い、結論が出るまでに時間がかかる ・なぜそのような結論に至ったのか、説明を聞いてもよくわからない ……などなど 問題解決がうまくいかない理由問題解決に思考プロセスがあるとすると、こうした問題は、思考プロセスのどこで起きているのでしょうか。 また、何故こうしたことが起きるのでしょうか。 問題解決の思考プロセスをたどると、多くは問題認識から課題形成へのプロセスと、課題から何らかの結論(目標・ゴール・実行策など)を導き出すプロセスに問題があるように思われます。 また、そもそも、問題を認識するプロセスや視界が大きく関係している場合もあります。 そのための手立てはないのでしょうか。 それが「論理的思考」をベースとしたものです。 論理的思考とは、主に次の3つのKey Wordで言い表せます。 現象面だけ捉えて問題を抽出し、その解決を図って終わりとする。 つまりその現象の起こった根本的な原因まで踏み込んで考え、問題形成しない。 あるいは、問題形成〜課題解決において、企業の内部事情だけしか考えず、顧客の視点で考えない。 CSR(企業の社会責任)やコンプライアンスの視点が欠如してしまう……。 最近よく起きる企業の不祥事も、問題認識〜課題形成の段階に問題がある、といっても過言ではありません。 まさに、論理的思考の最初の第一歩は「より深く、より広く考える」ことにあるのです。 問題解決プロセスに応じた論理的思考のツール問題解決の各プロセスに有効な、論理的思考のツールはそれぞれ異なります。 問題形成、課題形成のプロセスでは、より深く、より広く思考することが必要になります。 また、その後の課題から結論を得るプロセスや、計画化のプロセスでは、分けて考え、筋道を立てることがより重要となります。 問題解決に強くなるための早道は、論理的思考をベースに組み立てられた、問題解決のプロセスに応じたツールを活用することです。 そのツールを組織・集団のメンバー全員で共有することが出来れば、組織としての問題解決の効率化にも繋がります。 次に、一例として、代表的な問題解決・意思決定のための思考法の一つである、TM法についてご紹介いたします。 TM法(問題解決・意思決定のための思考法)とは TM法とは合理的、論理的思考による問題解決・意思決定の手法の一つであり、私たちが仕事の上でよく直面する問題を4つの状況に分けて、それぞれを解決するための一定の思考手順としてまとめたものです。 【仕事上で直面する問題状況と、対応する思考手順】 ここでは例として「原因分析の手順」をご紹介いたします。 私たちは日常、原因を究明すべきさまざまな問題に直面します。 例えば、今年に入って急にA支店の売上が落ちた、とか、あるいは、ある製品について、品質上のトラブルが発生した……など、さまざまなテーマが考えられます。 通常、私たちはトラブルに直面した時、次のような行動をとりがちです。 たとえば、 ・トラブルの原因を深く究明せずに、その場しのぎの対策を講じて済ませてしまう ・優先順位も考えず、想定される原因のすべてに対して対策を講じようとする 当然のことながら、根本的な原因が究明されないままだと、再び同様のトラブルに見舞われる可能性があります。 また、原因究明を誤り、思いつくままに対策を講じると、それがまた新たなトラブルを生むこともあります。 このような事例は最近でも、幾つか散見されます。 原因分析のプロセス(手順)とは、 A.実際に起こっているトラブルの事象(=発生事実)と、 B.本来、同様のトラブルが起きる可能性があるにも関わらず、実際には起きていない事象(=非発生事実) を比べて、その違いや、変化点を考え、真の原因を究明していくという、効率的な原因究明の思考手順をまとめたものです。 【例:原因分析の手順】 論理的思考力を強くする 論理的思考法の有効なツールの一例として「TM法」について少し触れましたが、本項ではどうしたら論理的思考力を強化することができるのか、考えてみたいと思います。 ・論理的思考法を学んだものの、なかなか身につかない ・実際の現場でいざ使おうと思っても、使いこなせない 論理的思考力を「強化する」「うまく使いこなす」ためには、基本的なポイントとして、以下の2点が挙げられます。 また、思考力を鍛えるということは、まさに筋力トレーニングと同じで、学んだフレームや思考手順などのツールを「意識して」「繰り返し」使ってみることで、ようやく自分で「使える」スキルになるといえます。 「習い、慣れて、習慣化する」 それが思考力向上のポイントなのです。 現在のような変化の激しい状況下では、ただでさえ目の前のことに追われがちです。 日頃から「意識して考える」ことをしていなければ、いざ根本原因や、本質的な課題を考えようとしても、単なる対処療法の範囲にとどまってしまう可能性があります。 最近、ニュースでたびたび取り上げられる多くの事件・事故も、「何が問題なのか」「自社では同様のリスクを抱えていないのか」といった視点から捉えようとする人と、そうでない人では、結果として問題解決力に大きな差がついてしまうのです。 社会や企業を取り巻く環境の変化につれ、組織や個人に対する今日的要請も常に変化しています。 将来を見通し、時代の要請に応えていくためには、まず一人ひとりが先人の智恵ともいうべき「思考法」を身につけ、常に主体的に考える姿勢が望まれます。 「思考法」のトレーニングはまさにそのスタートラインともいえるでしょう。 弊社の提供するさまざまなトレーニングプログラムが、個人が力を発揮するうえでのベースとなる能力開発に役立つものであり、ひいては個人の成長支援につながるものとして、皆様のご期待にお応えできれば誠に幸いです。 ぜひあわせてご参照ください。 【関連テーマ】• 関連するサービス.

次の