三行半 さん ぎょ う は ん。 小社会 三行半|高知新聞

三行半の意味や由来とは?江戸時代の結婚・離婚について

三行半 さん ぎょ う は ん

NHK BSの 火野正平さんが出演する自転車旅番組 「こころ旅」 北海道篇のある日,冒頭に読まれた48歳の男性視聴者の手紙を聞いていて,引っかかりました。 手紙は 「 ・・・ 当時の恋人に 三行半を突き付けられて・・・ 」 というものでした。 付き合っている女から男が 「三行半」を突き付けられるわけがない,と思いました。 「三行半」とは 「夫から妻の実家への離縁状」だと思っていたからです。 調べると 現代の「三行半」は どうも違うようです。 」とあり,解説にはー 「 三行半とは夫婦の縁を絶つという意味で使われるが,もともとは離縁の際,夫が妻の家族に出した離別状のことである。 この離別状には離婚を決めたという宣言と,妻の再婚許可が3行半にまとめられていたことから三行半と呼ばれた。 夫婦連名による離婚届になってからも,離婚することを意味して三行半という言葉だけが残った。 なお,三行半といった場合,どちらか一方が愛想をつかすなど一方的な離縁に使われる。 後に恋人関係でも使われるようになり,離縁まではしなくても,愛想をつかしたという意思表示程度でも 『三行半をつきつけた』 といわれるようになる。 」 とありました。 その他の辞典を調べても ほぼ同様でした。 いつから 「 愛想をつかしたという意思表示程度(主語は男女不問)」 を 「三行半」と言うようになったのか分りませんが,どうも 私は 昭和に生まれながら 江戸時代の解釈をしていたようです。

次の

三行半の意味や由来とは?江戸時代の結婚・離婚について

三行半 さん ぎょ う は ん

前提として、嫁は専業主婦、家事は完全に手抜き、特に食事は俺の分を10年近く一切作ってない。 結婚後に徐々に嫁が上から目線になり、自分age、俺と俺の実家sageになった。 嫁が言うには、私は有名短大卒で教員資格ももってる。 私の実家は資産家 地主 、父親は一流企業の役員だし、家族は皆大卒。 私の友達は弁護士や助教授もいる。 それに比べてあんたの家族は、貧乏で低学歴で中小企業で田舎者、友達もさえない。 こういうことを直接言ってきたり、日常生活の言動のそこかしこに見下し感を感じる。 俺側の冠婚葬祭は理由をつけて全て欠席。 俺の両親には軽く10年は会ってない。 そんな嫁、誰に吹き込まれたんだか いいとこ取りの熟年離婚を考えてるのがわかった。 ちなみにばれたのは知人の密告。 子供たちは自分の味方だし、家は実家に帰ればいい。 財産分与がっぽり、退職金がっぽり、年金がっぽりで、俺の介護もしなくていい。 何だかわからんが、慰謝料ももらうつもりらしい。 ずーっと離婚するかしまいか悩んでた自分がアホらしくなり、もう離婚だと切り出したら、無責任、責任とりなさいよ、これから働けるはずない、人でなしと泣いてる風にギャンギャンいっていたが、顔をあげさせたら涙は一滴も出てなかった。 離婚するのが20年早まっただけだろというとさらに泣き真似しだしてドン引き。 マジで神経わからんわ。 今、嫁がメールで泣き落としにきてるんだけど、メールでも上から目線なんだよw 調子に乗りすぎた、でもたしなめない俺も悪い、もう一度チャンスが欲しいだとさ。 誰がこれを謝罪と読むんだw 15年バカにしてきた男だから、まだあと20年くらいは我慢してもらえるだろうと思ってるんじゃないのかね? 俺の心境はまさにスレタイ。 俺手取りで900くらいあって妻子3人養ってるし、家事も育児も普通に手伝ってるし、ついでに義実家の改築費用ももってる。 そりゃあ、いなくなられたら困るだろう。 もう知ったことではないけどね。 更には「今更働けない」から自立支援金の上乗せと子供さんの養育費も 当てにするだろうから。 金と心の準備をしとく。 まあ最悪金は働けばまた手に入るしな。 嫁は自分の親にええかっこしいでさ。 なんでか親や親族とかに見栄を張りたがるんだよ。 親孝行したいと言うから、義実家の親族まで入ってる大家族旅行や義実家改築とか家電買い換えとか、全部俺が支払ってきた。 が、考えてみれば、俺の両親には何にもしてないw俺が一人で帰って自分で労ってるだけ。 経緯が経緯だし、これだけ尽くしてきたからもう解放してくださいって義実家にも言うわ。 嫁の希望は最大限聞き、できる家事は手伝い、嫁の機嫌に気をつけるのが当たり前になって、段々感覚が麻痺してった。 今考えるとおかしかったよ。 結局さ、嫁は30過ぎていきおくれになるのが嫌で俺と結婚したようだから、好きで結婚したわけではないんだろうな。 そんな人生を選ぶ女もいるんだな。 金や地位とか条件に厳しいのは、好きではないからだろう。 嫁は結婚当初は家事が全くできなくて、特に食事は悲惨、逆に俺はほとんどできて、それが嫁の無駄に高いプライドを傷つけたようで、何よ田舎者のくせに、底辺の仕事のくせに、ってよく言われたな。 結婚前はこんな態度じゃなかったから、 きっと嫁は疲れてるんだろうと思ってスルーしてたあの頃の俺を殴りたい。 自棄になって相手の望むまま金払って自分は清々したつもりに成ってるが 周りからはお金だけ巻き上げられた可哀そうな人にしか見えないっていつもの 落ちが見えるんだが・・・・。 相手も馬鹿にしてた相手から大量の金と家を貰って、相手しなくて良くなったら大喜びだろうね。 情報調べて、弁護士雇って負け犬な人生に成らない様にがんばりーや。 法律上の権利ですから、財産半分はどう頑張っても相手にもっていかれますので 覚悟してくださいって言われた。 はっきり言ってくれる誠実な人だわw 俺が渡す予定の財産ではさすがに40年は食えないし、自分で働くだけじゃなく親に頼らないと老後はカツカツだと思う。 嫁はすぐ切れるし、仕事もできないから離婚で悠々自適ストレスフリー生活は無理だよ。 証拠が乏しくて立証できないとかなのかな。 離婚をのませる方が優先で、こちらに有利な事項の取扱いは弁にお任せ。 嫁は見栄張りで気位が高いから、自分が無職バツイチになるだけでもかなりのダメージ。 やったことの報いは十分受けることになると思う。 専業主婦と離婚するときは、自立のための解決金とかオプションを支払うのが多いんだが、俺の場合はそれを無しにしたり、財産分与で譲歩させたりする予定。 働いてない相手だとできることが限られるのが現実だね。 内容はここでは書けない。 すまんな。 hagex.

次の

女から男に 「三行半」?: 浮世逍遥録

三行半 さん ぎょ う は ん

「三行半(みくだりはん)」といえば江戸時代、夫から妻に渡す離縁状。 夫が意のままに妻と離婚できたのに対し、妻は突きつけられた離縁状を手に泣く泣く実家に戻る…。 女性の地位の低さを象徴するイメージが強いが、違う実態もあるようだ。 夫婦が話し合いを重ねた「熟談離婚」や、夫に忍従しない妻が婚家を飛び出すケースもあった(高木侃(ただし)著「三くだり半と縁切寺」)。 わずか三行半の文面には「向後(こうご)いずかたへ縁づき候ともさし構えこれなく候」の一文も。 別れた以上、元の女房が誰と再婚しようが、どう生きようが構わないとする。 女性は三行半をもらうことで、晴れて自由の身になれた。 離婚して新たな世界に飛び立つための、それは「パスポート」だったのかもしれない。 江戸庶民の生々しい暮らしぶりが分かるのは、三行半が後世にきちんと伝えられてきたからこそ。 コロナ禍を巡る政府専門家会議の議事録も同じく貴重な歴史的文書となるはずだ。 それを安倍政権は作成していないという。 政策決定の場ではないというのが理由のようだ。 しかし緊急事態宣言の指定や解除といった政府方針の決定に、専門家会議は深く関わってきた。 政府は概要を公開しているとするものの、それで済ませていい会議ではない。 未知のウイルスへの対処を示す文書がないと知った時、未来の日本人は私たちにどんな評価を下すだろう。 三行半をたたきつけられても文句は言えまい。 6月2日のこよみ。 旧暦の閏4月11日に当たります。 ひのえ ね 四緑 友引。 日の出は4時56分、日の入りは19時12分。 月の出は15時12分、月の入りは2時24分、月齢は10.4です。 潮は若潮で、満潮は高知港標準で2時49分、潮位170センチと、15時32分、潮位161センチです。 干潮は9時18分、潮位50センチと、21時25分、潮位63センチです。 6月3日のこよみ。 旧暦の閏4月12日に当たります。 ひのと うし 五黄 先負。 日の出は4時56分、日の入りは19時12分。 月の出は16時21分、月の入りは2時59分、月齢は11.4です。 潮は中潮で、満潮は高知港標準で3時32分、潮位177センチと、16時33分、潮位173センチです。 干潮は10時05分、潮位30センチと、22時18分、潮位69センチです。

次の