うずまき ヒマワリ。 ボルトの妹ヒマワリの白眼は何才で開眼した?ナルトも倒す強さ!

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

うずまき ヒマワリ

ヒマワリ「んっ、ここは?・・」 私寝ちゃったみたい、あれ?見たことあるお部屋で布団に入っている、隣の部屋からお母さんの声が聞こえる。 ヒナタ「そう言うわけです、お父様・・」 ヒアシ「はぁ、分かった、にわかには信じられないがあの子の目は白眼を継承する目だ、日向一族なのは間違いないが」 ヒナタ「私も、正直信じられません・・」 お母さんとおじいちゃんが何か話をしているみたい、お母さんとおじいちゃんが私の記憶よりずっと若い。 ヒアシ「うむ・・ヒマワリちゃんと言ったかな?私が分かるかな?」 ヒマワリ「おじいちゃん!」ボフン! そう呼ぶと私はヒアシおじいちゃんのお腹に抱きついた。 ヒアシ「おっとと・・・おじいちゃんか・・・。 」 ヒナタ「うふふ、お父様、お顔が。 」 ヒアシ「あはは、すまないな・・私の孫か・・」 ヒマワリ「ん?どうしたの?おじいちゃん?」 おじいちゃんが笑ってる、お母さんも一緒に笑ってる。 ヒアシ「よしよし、いい子だね」 ヒマワリ「えへへ〜」 おじいちゃんがいつものように、私の頭を撫でてくれた。 その時、お庭が見えるお部屋にいた私の前にカカシ先生が現れた。 カカシ「お邪魔します、ヒアシ様」 ヒアシ「ん?カカシか、何か分かったか?」 カカシ「いえ・・匂いを辿りヒマワリちゃんの現れた場所は特定できましたが、何もない更地でした、術や何かをした形跡はありませんでした」 ヒアシ「そうか・・」 ヒナタ「どうして、未来から来たのでしょう?」 カカシ「これは憶測でしかないが、ヒマワリちゃんはナルトの部屋でかくれんぼをしていた」 ヒナタ「はい・・」 カカシ「その、ナルトの部屋で何かがあったのは間違いない」 ヒアシ「うむ」 カカシ「ヒマワリちゃん、おじさんは怒らないからお父さんの部屋で何をしたのかな?」 ヒマワリ「え?・・」 ヒナタ「どういうことでしょう?」 カカシ「初めてヒマワリちゃんがヒナタにあった時、「おかあさんごめんなさい・・もう・・おとうさんのへやであそばないから・・」と言っていた、多分ヒマワリちゃんは何かをしてしまった感じなんだよね〜」 ヒナタ「そうでしたね・・・ヒマワリちゃん・私も怒らないから、ナルト君のお部屋で何をしたのかな?」 ヒマワリ「・・・」 お兄ちゃんが、お父さんの部屋の机の上にあった巻物で遊んでたって言ったら、お兄ちゃん怒られちゃうよ。 ヒマワリ「な、なにもしてないよ・・」 バレないように、目線を逸らして誤魔化してみた。 分かった・・お兄ちゃん、ごめんね。 ヒマワリ「・・わたしは、おとうさんのつくえのしたにかくれてたの・・そうしたら、おにいちゃんがおとうさんのへやにきて・・」 カカシ「お兄ちゃんが鬼で、ヒマワリちゃんが隠れてたのかな?」 ヒマワリ「うん・・・そうしたら、おにいちゃんにみつかったの・・」 ヒナタ「それで・・そのあとどうしたのかな?」 優しい目で私の頭を撫でながらお母さんが聞いてきた。 ・・ちゃんとかず、かぞえてないよ〜」 私は、お兄ちゃんとかくれんぼをしていた、お兄ちゃんが鬼で私がかくれる、でもお兄ちゃんはちゃんと数を数えてない。 ボルト「お前が隠れるのが遅いんだってばさ〜」 ヒマワリ「え〜〜」 ボルト「これ何だ?」 すると、お兄ちゃんがお父さんの机の上にあった巻物を手に取った。 ヒマワリ「だめだよ、おにいちゃん〜 おとうさんにおこられるよ?」 ボルト「大丈夫だってばさ!ん?時空間忍術?」 ヒマワリ「おにいちゃん〜だめだよ〜」 そう言う私を払って、お兄ちゃんが巻物を広げていた。 ボルト「へー、よく分かんないけど、ちょっと試しにやってみるってばさ!」 ヒマワリ「おにいちゃん〜」 お兄ちゃんは私が止めるのを聞かずに何かをやっている。 ボルト「はぁーーー!」 ボン!すると私は見覚えのない空き地にただ一人。 ヒマワリ「ここ、どこだろう?」 1話に戻る [newpage] 一部始終を話し恐る恐るお母さんの顔を見た、少し困った顔をしてるみたい。 カカシ「はぁ〜、ナルトの息子だけあるね・・ヒナタ、火影様に報告行くからあとお願いね」 ヒナタ「え?は、はい・・分かりました」 カカシ「ナルトが火影になったのなら、禁術書のたぐいがナルトの部屋にあったのかも知れない、火影様に報告してそんな巻物があるか聞いてみるから・・」 ヒナタ「分かりました」 そう言うと、カカシ先生はまたどこかへ行ってしまった。 ヒナタ「お父様、未来から過去へ行く術式などあるのでしょうか?」 ヒアシ「正直、私もそのような話は聞いたことがない」 ヒマワリ「おかあさん?」 お母さんとおじいちゃんが難しい話をしている、私はお母さんを見上げて話かけた。 ヒマワリ「おかあさん、おこった?、わたしとおにいちゃんがわるいことしたから?」 ヒナタ「怒ってないよ、大丈夫、怒ってないからね」 そう言って私を優しく抱きしめてくれた。 ヒアシ「うむ、ヒマワリは悪くないぞ、むしろ悪いのは、そんな巻物を子どもにいたずらされる場所に置いたナルト君だ!」 ヒナタ「お父様!」 ヒアシ「!」 お父さんが悪い事したの?そんな顔をしていたらおじいちゃんが、頭を撫でてきた。 ヒアシ「大丈夫だ、ヒマワリちゃん、誰も悪くはないから」 そう言うと、おじいちゃんは優しい目で私を見ていた。 いつもはお母さんも手伝ってって言ってるのに。 ヒマワリ「いつも、おてつだいしてるもん!」 そう言う私を、暖か目で見つめるお母さんとおじいちゃん。 ヒマワリ「おじいちゃんのゆのみは、いつもこれだよ!」 ヒアシ「・・もう、疑いようがないな・・」 ヒナタ「・・はい・そうですね、あの湯のみはお母様の・・」 おじいちゃんが大切にしている、湯のみにお茶を注いでおじいちゃんの目の前に置いた。 ヒアシ「ヒマワリ、ありがとう」 私の頭を撫でながらおじいちゃんはそう言った。 ヒマワリ「おかあさん・・・」 ヒアシ「ヒナタよ、気持ちはわかるが・・ まだお前は母親ではない・・」 ヒナタ「・・・はい・・」 どういうことだろう?お母さんがお母さんじゃないの? ヒアシ「ヒマワリ、良く聞いておくれ・・」 ヒマワリ「うん・・・」 ヒアシ「今いる場所は、20年昔の木の葉の里だ・・」 ヒマワリ「え?」 よく分からない?おじいちゃんは何を話しているのか?不思議そうな顔をおじいちゃんに向けた。 ヒアシ「ふむ・・ヒマワリ、ちょっとこっちに来なさい」 おじいちゃんは、庭先に出て私を手招きした。 おじいちゃんが私は抱きかかえある方向を指差して私に問いかけた。 ヒマワリ「おとうさんの、かおいわがない?」 ヒアシ「そうだ、ここはヒマワリのお父さんが火影になる前の時代だ・・お父さんは35歳って言ったね、今はお父さんが15歳の時にお前はいるんだよ?・・」 幼い私にも、ここが私の知ってる場所じゃないのは分かった、でも・・どうして!.

次の

#2 うずまきヒマワリ過去へ飛ぶ!②

うずまき ヒマワリ

最近たびたび感じる姿の見えない相手からの熱視線に怯えるチョウチョウは、この気味の悪い相手を捕まえてやろうと息巻く。 そしてついに犯人を捕まえることに成功したが…。 番組内容 平和と共に近代化が進んだ木ノ葉隠れの里。 忍の里とはいえ一般の人が増え、忍の生き方も変わりつつあるそんな時代。 里のリーダー、七代目火影・うずまきナルトの息子であるボルトは、忍者を育てる学校に入学する。 出演者 【声の出演】 うずまきボルト:三瓶由布子 うちはサラダ:菊池こころ ミツキ:木島隆一 うずまきナルト:竹内順子 うずまきヒナタ:水樹奈々 うずまきヒマワリ:早見沙織• 監督・演出 【総監督】 阿部記之 【監督】 山下宏幸• 放送形態 解説放送あり• お知らせ 「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」 毎週(日)夕方5時30分からテレビ東京系にて放送中!• 関連情報 【番組公式HP】ani.tv/boruto/ 関連コンテンツ•

次の

#1 うずまきヒマワリ参上!

うずまき ヒマワリ

ヒマワリ「んっ、ここは?・・」 私寝ちゃったみたい、あれ?見たことあるお部屋で布団に入っている、隣の部屋からお母さんの声が聞こえる。 ヒナタ「そう言うわけです、お父様・・」 ヒアシ「はぁ、分かった、にわかには信じられないがあの子の目は白眼を継承する目だ、日向一族なのは間違いないが」 ヒナタ「私も、正直信じられません・・」 お母さんとおじいちゃんが何か話をしているみたい、お母さんとおじいちゃんが私の記憶よりずっと若い。 ヒアシ「うむ・・ヒマワリちゃんと言ったかな?私が分かるかな?」 ヒマワリ「おじいちゃん!」ボフン! そう呼ぶと私はヒアシおじいちゃんのお腹に抱きついた。 ヒアシ「おっとと・・・おじいちゃんか・・・。 」 ヒナタ「うふふ、お父様、お顔が。 」 ヒアシ「あはは、すまないな・・私の孫か・・」 ヒマワリ「ん?どうしたの?おじいちゃん?」 おじいちゃんが笑ってる、お母さんも一緒に笑ってる。 ヒアシ「よしよし、いい子だね」 ヒマワリ「えへへ〜」 おじいちゃんがいつものように、私の頭を撫でてくれた。 その時、お庭が見えるお部屋にいた私の前にカカシ先生が現れた。 カカシ「お邪魔します、ヒアシ様」 ヒアシ「ん?カカシか、何か分かったか?」 カカシ「いえ・・匂いを辿りヒマワリちゃんの現れた場所は特定できましたが、何もない更地でした、術や何かをした形跡はありませんでした」 ヒアシ「そうか・・」 ヒナタ「どうして、未来から来たのでしょう?」 カカシ「これは憶測でしかないが、ヒマワリちゃんはナルトの部屋でかくれんぼをしていた」 ヒナタ「はい・・」 カカシ「その、ナルトの部屋で何かがあったのは間違いない」 ヒアシ「うむ」 カカシ「ヒマワリちゃん、おじさんは怒らないからお父さんの部屋で何をしたのかな?」 ヒマワリ「え?・・」 ヒナタ「どういうことでしょう?」 カカシ「初めてヒマワリちゃんがヒナタにあった時、「おかあさんごめんなさい・・もう・・おとうさんのへやであそばないから・・」と言っていた、多分ヒマワリちゃんは何かをしてしまった感じなんだよね〜」 ヒナタ「そうでしたね・・・ヒマワリちゃん・私も怒らないから、ナルト君のお部屋で何をしたのかな?」 ヒマワリ「・・・」 お兄ちゃんが、お父さんの部屋の机の上にあった巻物で遊んでたって言ったら、お兄ちゃん怒られちゃうよ。 ヒマワリ「な、なにもしてないよ・・」 バレないように、目線を逸らして誤魔化してみた。 分かった・・お兄ちゃん、ごめんね。 ヒマワリ「・・わたしは、おとうさんのつくえのしたにかくれてたの・・そうしたら、おにいちゃんがおとうさんのへやにきて・・」 カカシ「お兄ちゃんが鬼で、ヒマワリちゃんが隠れてたのかな?」 ヒマワリ「うん・・・そうしたら、おにいちゃんにみつかったの・・」 ヒナタ「それで・・そのあとどうしたのかな?」 優しい目で私の頭を撫でながらお母さんが聞いてきた。 ・・ちゃんとかず、かぞえてないよ〜」 私は、お兄ちゃんとかくれんぼをしていた、お兄ちゃんが鬼で私がかくれる、でもお兄ちゃんはちゃんと数を数えてない。 ボルト「お前が隠れるのが遅いんだってばさ〜」 ヒマワリ「え〜〜」 ボルト「これ何だ?」 すると、お兄ちゃんがお父さんの机の上にあった巻物を手に取った。 ヒマワリ「だめだよ、おにいちゃん〜 おとうさんにおこられるよ?」 ボルト「大丈夫だってばさ!ん?時空間忍術?」 ヒマワリ「おにいちゃん〜だめだよ〜」 そう言う私を払って、お兄ちゃんが巻物を広げていた。 ボルト「へー、よく分かんないけど、ちょっと試しにやってみるってばさ!」 ヒマワリ「おにいちゃん〜」 お兄ちゃんは私が止めるのを聞かずに何かをやっている。 ボルト「はぁーーー!」 ボン!すると私は見覚えのない空き地にただ一人。 ヒマワリ「ここ、どこだろう?」 1話に戻る [newpage] 一部始終を話し恐る恐るお母さんの顔を見た、少し困った顔をしてるみたい。 カカシ「はぁ〜、ナルトの息子だけあるね・・ヒナタ、火影様に報告行くからあとお願いね」 ヒナタ「え?は、はい・・分かりました」 カカシ「ナルトが火影になったのなら、禁術書のたぐいがナルトの部屋にあったのかも知れない、火影様に報告してそんな巻物があるか聞いてみるから・・」 ヒナタ「分かりました」 そう言うと、カカシ先生はまたどこかへ行ってしまった。 ヒナタ「お父様、未来から過去へ行く術式などあるのでしょうか?」 ヒアシ「正直、私もそのような話は聞いたことがない」 ヒマワリ「おかあさん?」 お母さんとおじいちゃんが難しい話をしている、私はお母さんを見上げて話かけた。 ヒマワリ「おかあさん、おこった?、わたしとおにいちゃんがわるいことしたから?」 ヒナタ「怒ってないよ、大丈夫、怒ってないからね」 そう言って私を優しく抱きしめてくれた。 ヒアシ「うむ、ヒマワリは悪くないぞ、むしろ悪いのは、そんな巻物を子どもにいたずらされる場所に置いたナルト君だ!」 ヒナタ「お父様!」 ヒアシ「!」 お父さんが悪い事したの?そんな顔をしていたらおじいちゃんが、頭を撫でてきた。 ヒアシ「大丈夫だ、ヒマワリちゃん、誰も悪くはないから」 そう言うと、おじいちゃんは優しい目で私を見ていた。 いつもはお母さんも手伝ってって言ってるのに。 ヒマワリ「いつも、おてつだいしてるもん!」 そう言う私を、暖か目で見つめるお母さんとおじいちゃん。 ヒマワリ「おじいちゃんのゆのみは、いつもこれだよ!」 ヒアシ「・・もう、疑いようがないな・・」 ヒナタ「・・はい・そうですね、あの湯のみはお母様の・・」 おじいちゃんが大切にしている、湯のみにお茶を注いでおじいちゃんの目の前に置いた。 ヒアシ「ヒマワリ、ありがとう」 私の頭を撫でながらおじいちゃんはそう言った。 ヒマワリ「おかあさん・・・」 ヒアシ「ヒナタよ、気持ちはわかるが・・ まだお前は母親ではない・・」 ヒナタ「・・・はい・・」 どういうことだろう?お母さんがお母さんじゃないの? ヒアシ「ヒマワリ、良く聞いておくれ・・」 ヒマワリ「うん・・・」 ヒアシ「今いる場所は、20年昔の木の葉の里だ・・」 ヒマワリ「え?」 よく分からない?おじいちゃんは何を話しているのか?不思議そうな顔をおじいちゃんに向けた。 ヒアシ「ふむ・・ヒマワリ、ちょっとこっちに来なさい」 おじいちゃんは、庭先に出て私を手招きした。 おじいちゃんが私は抱きかかえある方向を指差して私に問いかけた。 ヒマワリ「おとうさんの、かおいわがない?」 ヒアシ「そうだ、ここはヒマワリのお父さんが火影になる前の時代だ・・お父さんは35歳って言ったね、今はお父さんが15歳の時にお前はいるんだよ?・・」 幼い私にも、ここが私の知ってる場所じゃないのは分かった、でも・・どうして!.

次の