ワンパンマン 164。 リメイク版ワンパンマン:第165話、この絶望をすごく味わいたかったんです…!:なんおも

ワンパンマンのネタバレ【164話】未知

ワンパンマン 164

分厚い皮下脂肪は あらゆる攻撃を吸収し、 傷を追っても脂肪のエネルギーによる 自然治癒ですぐに回復する。 長い年月をかけて あらゆる動植物や怪物を食べ、 毒への耐性もついた豚神に死角はない。 怪人は為すすべもなく 豚神に食べられてしまう。 だが今回は、 ハグキの前に豚神は倒れてしまう。 その他にも、 黒い精子に倒されるアトミック侍、 ホームレス帝に倒されるゾンビマン、 エビル天然水に取り込まれている童帝、 ブサイク大統領に翻弄されるアマイマスク たちの姿があった。 そんな中、 タツマキだけは 幹部のギョロギョロ相手に 余裕の姿勢を見せている。 ギョロギョロの本体と思われたものは、 ただの肉の塊の人形で 本体は1,500mの地下深くに潜んでいた。 だがタツマキは そんな本体の念波を感じ取り、 金縛りを仕掛ける。 タツマキからのまさかの反撃を受けた ギョロギョロの本体は、 タツマキの気をそらすため 育ち過ぎたポチにテレパシーを送る。 そのころポチは、 バング達と戦っていた。 ポチの攻撃を防いだフブキは、 これで1つ貸しだという。 その中でタツマキだけ 別格の強さで、 幹部のギョロギョロを追い詰める。 地下深くに潜む ギョロギョロの本体まで見つけ、 金縛りにするタツマキ。 ギョロギョロの本体は、 たまらずポチにテレパシーを送る。 ポチはそのころ バング達と戦っていた。 ポチの攻撃を防ぐとは フブキもかなりやりますね! サイタマにお仕置きされて おとなしかったポチも、 ここに来て暴れはじめました。 バングたちはポチを倒せるのか? 他のS級ヒーローは このまま倒されるのか? 次回も楽しみですね! ワンパンマンを全巻お得に読む方法はこちら!.

次の

ワンパンマン【165話】最新話(村田版)のネタバレ!姉妹の活躍

ワンパンマン 164

ワンパンマン 164話 前回、エビル天然水を凍らせることに成功したわけなんですけども、自分思いました 「凍らせたら復活するよね。 これフラグだよね」って。 まさにそのとおり、復活しちゃいました。 凍らせたところに突然現れた、ヘドロクラゲ。 そのヘドロクラゲに突然襲いかかり、ヘドロクラゲのヘドロ…水分ではなく油分を手に入れ、凍りにくい身体に作り上げた。 これには童帝も真っ青。 脳や神経のないただの天然水のはずなのにそんな最適な方法を導き出すのに嫉妬しちまう! そしてピンチになる、童帝。 足を貫かれ、ランドセルの機械もボロボロ。 果たして、童帝はエビル天然水に勝てるのだろうか… さあ、絶望タイムですよ! 絶望というのは、 サイタマと閃光のフラッシュが道に迷っていることではなくて…怪人レベル竜の恐ろしさ。 原作版ではジェノスがすでに竜の化け物がヤバいことに気づいていたけども、リメイク版では駆動騎士が調べたデータで明らかになった。 現状、ジェノスには怪人協会の災害レベル竜の奴らのことは調べ尽くしている。 黒い精子もホームレス帝も、ブラ行く大統領も、エビル天然水も、ハグキも、育ち過ぎたポチも、ギョロギョロも、怪人王オロチも… あ、オロチ様もうお亡くなりになってましたね…。 さて…ここでヒーロー協会の話。 ヒーロー協会にはランクが存在していて、設立当初はA~C。 あくまで強ければA級になれるとかではなく、素行や成果なども重要。 まあぶっちゃけた話、ヒーローらしさが問われるのでしょうか。 おそらく人気っぷりとかも大きく影響してくるんでしょうね。 しかしそれじゃあ太刀打ちできない災害レベル鬼に直面する。 ランキング上位組が一緒になってようやく勝てる怪人…だけどこれを単独で倒せるものたちであり、彼らは特にランキングに固執しない。 なのでC級とかB級ばかり。 …でも、怪人を余裕で倒せるものたちのため特別枠としてS級ヒーローが設立された。 今のヒーローたちが目指すのはS級…ではなくてA級。 なぜならS級は壊れているから。 どう考えたってなれやしないし、人外っちゃ人外に感じる奴らばかりだもん。 でも、今回戦っているのは災害レベル竜の化け物。 あのS級ヒーローが単独で太刀打ちできない、ホントにヤバいやつら…。 一体どうなっちゃうんでしょうね…。 とりあえずアトミック侍のちょんまげのびのびーっていうシーンは早く見たいです。

次の

ワンパンマン【165話】最新話(村田版)のネタバレ!姉妹の活躍

ワンパンマン 164

ワンパンマン 164話 前回、エビル天然水を凍らせることに成功したわけなんですけども、自分思いました 「凍らせたら復活するよね。 これフラグだよね」って。 まさにそのとおり、復活しちゃいました。 凍らせたところに突然現れた、ヘドロクラゲ。 そのヘドロクラゲに突然襲いかかり、ヘドロクラゲのヘドロ…水分ではなく油分を手に入れ、凍りにくい身体に作り上げた。 これには童帝も真っ青。 脳や神経のないただの天然水のはずなのにそんな最適な方法を導き出すのに嫉妬しちまう! そしてピンチになる、童帝。 足を貫かれ、ランドセルの機械もボロボロ。 果たして、童帝はエビル天然水に勝てるのだろうか… さあ、絶望タイムですよ! 絶望というのは、 サイタマと閃光のフラッシュが道に迷っていることではなくて…怪人レベル竜の恐ろしさ。 原作版ではジェノスがすでに竜の化け物がヤバいことに気づいていたけども、リメイク版では駆動騎士が調べたデータで明らかになった。 現状、ジェノスには怪人協会の災害レベル竜の奴らのことは調べ尽くしている。 黒い精子もホームレス帝も、ブラ行く大統領も、エビル天然水も、ハグキも、育ち過ぎたポチも、ギョロギョロも、怪人王オロチも… あ、オロチ様もうお亡くなりになってましたね…。 さて…ここでヒーロー協会の話。 ヒーロー協会にはランクが存在していて、設立当初はA~C。 あくまで強ければA級になれるとかではなく、素行や成果なども重要。 まあぶっちゃけた話、ヒーローらしさが問われるのでしょうか。 おそらく人気っぷりとかも大きく影響してくるんでしょうね。 しかしそれじゃあ太刀打ちできない災害レベル鬼に直面する。 ランキング上位組が一緒になってようやく勝てる怪人…だけどこれを単独で倒せるものたちであり、彼らは特にランキングに固執しない。 なのでC級とかB級ばかり。 …でも、怪人を余裕で倒せるものたちのため特別枠としてS級ヒーローが設立された。 今のヒーローたちが目指すのはS級…ではなくてA級。 なぜならS級は壊れているから。 どう考えたってなれやしないし、人外っちゃ人外に感じる奴らばかりだもん。 でも、今回戦っているのは災害レベル竜の化け物。 あのS級ヒーローが単独で太刀打ちできない、ホントにヤバいやつら…。 一体どうなっちゃうんでしょうね…。 とりあえずアトミック侍のちょんまげのびのびーっていうシーンは早く見たいです。

次の