コバルオン 調整。 コバルオン

コバルオンの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

コバルオン 調整

BW乱数の入門編、固定乱数を解説します。 固定乱数は、パラメータ特定が成功しているかを確認・乱数用ツールの使い方を知るのにうってつけです。 BWの乱数ではダントツに簡単なのでまずはここから・・ テラキオン ビリジオン コバルオン 等の固定乱数に使えます。 便利なツールをダウンロードします。 今回はウルガモスでやってみます。 シンクロポケモンを先頭に。 SSS4のパラメータは入力済みなので『起動時の条件』、『検索条件』から説明します。 起動時の条件 時間の範囲は広ければ広いほどいいですが、検索に時間がかかります。 秒に関しては11秒以上推奨です。 個体値乱数列 消費 BWの場合は 0~0 個体値 6Vを狙うならHABCDS全て上限:下限を31にします。 ROM・DSの組み合わせによっては6Vはできない可能性があります。 A抜けやC抜けなら必ず引っかかるので妥協もあり。 上限31・下限0にします。 性格値乱数列 消費 50~150のままで大丈夫です。 検索開始を押してみましょう。 設定条件によってはかなり長くなると思います。 今回はこういう条件で検索してみました。 私の場合の結果はこのように出ました。 人によって結果が違うので注意。 同じ起動時間ではできません。 この場合2001年7月29日18時3分52秒という意味ですが、 1秒前、つまり 2001年7月29日18時3分51秒にゲームを起動してください。 起動したらこの画面が出るまで一切どのボタンも触らないでください。 その後ボタンを押して続きから始めますが、 Cギアを必ずオフで始めてください。 今回はそのまま戦闘に入り捕獲して個体値が一致しているか確認しましょう。 性格は今回は合わないかもしれません。 検索結果の個体値が出たら性格をメモしてリセットしましょう。 私はA抜け5V うっかりやでした。 5世代の乱数ではタイマーずれという回避不能の失敗が起こることがあり、パラメータの特定に成功していても失敗することがあります。 何度か同じ時間で試してみてください。 何度やっても検索結果の個体値が出ないならパラメータや起動方法が間違っている可能性があります。 次は性格を合わせる方法です。 今回たまたま希望の性格が出た場合でも読み進めてください。 続きからはじめた時のoffsetを確認します。 bwseedlistを起動します。 まずは初期seedを指定にチェックして、sss4で検索結果の初期seedを入力します。 そして、固定リストのボタンを押します。 こんな感じにリストが出てきます。 消費数0の性格がさきほど捕獲した時の性格になっているはずです。 音を録音したペラップのステータスを1回見るごとに一段下に移動していきます。 今回はペラップのステータスを1回見ればシンクロが効きます。 今回の固定乱数でBW乱数の基本的な流れを覚えたら野生乱数や孵化乱数にチャレンジしましょう。

次の

ポケモンBW 色固定乱数

コバルオン 調整

ああ、今度は調整もだが、厳選が地獄すぎる・・・ 前に言ってた竜とか岩とかの対策のコバルオンを。 ガブリアスとかテラキオンとかもふパには天敵すぎるw テラキはこいつでもヨプないと無理だけど。 技から決めてみる。 めざパ氷 インファイトは確定。 厳選難易度・・・・・O(^o^)Oオワタッコ・・・ 他は後で決めたほうがいいかな。 調整先にして、サポート技にするか攻撃技にするか決める。 めざ氷70で、205ガブを1発で倒すには、ジュエルで220振ればおk。 これ厳しくないか・・・ 仮に氷のジュエルで計算していく。 1発耐えるだけなら、無振りでも剣舞後のガブリアスの地震をシュカ込みで耐える。 大文字も相手が無振りならなんとか。 ガブリアスはジュエルめざパで倒せるから、オノノクスの地震をシュカなしで耐えればおkか。 竜舞1積みのオノノクスの地震を、H20B68で耐える。 あれ、めざ氷の理想個体って 31-30-30-31-31-31 じゃんw じゃあH20B72だ。 少し努力値が足りないから、Sをガブリアス抜きまで落とす。 S212振り。 C204で205ガブを高乱数で落とせる。 おそらく個体数がオノノクスより多いガブリアスを意識して、C220振りにしよう。 4-0-72-220-0-212。 厳選難易度wwwww よし終わ・・・ 技を決めてないなww インファイトは火力不足になりそうだから、気合球を使う。 命中低い;; 神秘の剣とか言う技解禁されろ〜〜 気合球 めざ氷は確定。 他の相手にも通用する(ハズ)の物理耐久を上げるため、リフレクを入れる。 @1個ボルチェンとか? 自由に変えれるから、色々変えながら使っていこう。 (4-0-72-220-0-212 臆病 気合球 めざ氷 リフレク ボルチェン@氷ジュエル 初めてだが、乱数をやってしまった。 結構難しかったが、このあとは簡単そう。 そんなに使う気はない&伝説以外は使わないが。 31-15-31-31-27-30 臆病 めざ氷 少し理想個体と違うから努力値の修正。 4-0-68-220-0-216 修正したのにそれが間違ってるとはw.

次の

コバルオンの調整【ORAS】

コバルオン 調整

防御が非常に高く、タイプとの複合により耐性も多い。 タイプだが等倍で、108という高めの素早さにより大半のフェアリーに上から一致鋼技を撃てるのが強み。 の弱点がそのまま残っているので弱点も突かれやすいが、Bに28振ればようきのじしんも確定耐えできるほどの物理耐久を持つのである程度の行動保証はされていると言ってよい。 また、・等と組めば弱点をある程度カバーし合える。 とは種族値は異なるものの、アタッカーとしては強力なライバル。 あちらは豊富な技に加え、コバルオンより高い攻撃・特攻を持つ。 一致技の威力の差は比べるまでもないため、安定した耐久力とボルトチェンジ・ステルスロック等を活かしたい。 サイクル戦に適性がある他、ステルスロックや電磁波、壁によるサポート、受けループキラーなど意外にも多芸。 第八世代でてっていこうせん、こわいかおを習得。 起点作り性能に磨きがかかった。 他にも、メガホーン、エアスラッシュやきしかいせい等を習得し技範囲が広がった。 つばめがえし、でんじふゆう、どくどく、じこあんじ、ほえる等は過去作限定。 ガラル産は現在入手不可であるが、2020年7月からのランクマッチシリーズ5より 過去作産のコバルオンにレギュレーションマークを付与することでランクマッチに参戦できるようになった。 降格になったまもみが型はにあります。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 耐久低下が痛いが居座って連発できる。 能力低下が痛い。 両刀・撃ち逃げ向き。 せいなるつるぎ 闘 90 135 100 - タイプ一致技。 相手の防御・回避率上昇の影響を受けない。 フェアリーに抜群。 怯みも狙える。 一致技との相性補完に優れる。 メガホーン 虫 120 85 - 対エスパー。 命中不安。 シザークロス 虫 80 100 - 対エスパー。 、、あたりに。 ダイマックス枯らしやダイジェットとして。 きあいのタスキ潰しに。 メタルバースト 鋼 - 100 優先度0 反射技。 耐久・素早さともに高めなので使いづらい。 高威力・命中難。 はどうだんは覚えない。 性能安定。 退場技として。 ボルトチェンジ 電 70 100 自分交代 攻撃しつつ撤退。 一致技を両方半減にするに有効。 変化技 タイプ 命中 備考 つるぎのまい 無 - 攻撃を強化。 物理型の火力補強に。 てっぺき 鋼 - 防御を強化。 物理に滅法強くなる。 めいそう 超 - 特攻・特防を補強。 積んでも火力は控えめ。 こわいかお 無 - 相手のすばやさをがくっと下げる。 起点作りに。 どくどく 毒 90 ダメージ源。 耐久型に。 毒・鋼は呼びにくいので使いやすい。 過去作限定。 でんじは 電 90 サポート用。 ほえるとあわせて麻痺撒きもできるが、呼ぶ地面に無効。 でんじふゆう 電 - 呼びやすい地面対策に。 素早いので使いやすい。 ステルスロック 岩 - サポート用。 高い素早さとアタッカー気質から撒きやすい。 みがわり 無 - 補助技対策や様子見など、用途は多い。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 素早いので使いやすい。 ほえる 無 - 積み技対策。 ステルスロックやでんじはとのコンボにも。 過去作限定。 ステルスロックや麻痺撒きで後続サポートもできるので先発向き。 苦手な相手からは先攻ボルトチェンジで撤退し、物理に対して繰り出していく。 とつげきチョッキを持たせると補助技を使えなくなるものの、特殊にも強くなる。 ダイマックスできあいだまの命中不安を補えるが、威力が落ちるのと追加効果が無意味になるのが難点。 基本は安定技のラスターカノンやボルトチェンジでのサイクル回し。 特殊型運用での利点は多い。 特に持ちに強くなり、C振りによりボルトチェンジの威力も十分サブウェポンとして通用するレベルになる。 ライバルのが止まりやすいにも強い。 に比べ安定した耐久を持ち、サイクル戦に組み込みやすい技が豊富なのも大きなメリット。 展開阻止のちょうはつ、相手の素早さを落とすでんじはなど有用な技が揃っている。 サポートが済んだらてっていこうせんで退場したり、交代技のボルトチェンジで後続に繋げる事ができる。 持ち物は弱点特殊技に対する保険になるきあいのタスキが比較的安定。 ゴツゴツメットを持たせれば接触技読みで繰り出し、ダメージを与えつつステルスロックを撒くこともできる。 地面技を防げるふうせん・シュカのみも好相性だが、前者は登場時にサポート型であることを察知される可能性に注意。 同じS種族値で同じくステルスロックを撒ける格闘にはがいるが、耐性の違いやでんじは・ボルトチェンジにより差別化は容易。 先発対峙の多いや相手にも先制ちょうはつで起点阻止してステルスロックが撒けたので使い勝手は良好。 攻撃技は最初はボルトチェンジを覚えさせていたが、Sが高いため先制で撃ち交代先にダメージが入ることが多く、扱いづらい。 インファイトなら仮想敵にも撃ちやすい上、耐久を下げることで擬似的な退場技にもなり安定する。 高い耐久と優れた耐性、108もあるS。 これらのおかげで、確実に仕事をこなしてくれる。 H振りのため体力を残して仕事できるので、終盤はZインファイトで叩くことできる。 ちょうはつ入れるならステロと相性いいほえるも入りそう。 や用にめざ氷も欲しいがこの型だと技スペースがきついかな。 技スペースは厳しいが、サポートでありながら相手を倒す機会が増える。 相方はおいかぜを覚えるのほか、相性補完に優れサイドチェンジを覚えるも有力。 一致ダイスチルでさらに補強できる。 同じ性格努力値では約1. 2倍の差がある。 総評:爆発力では劣るものの、コンボの安定性はこちらの方が上。 特にに縛られないのは大きく、エスパーやフェアリーも等倍に抑える。 ただ全体技を一切覚えない点は痛恨で相手1体を放置してしまう。 このように一長一短があるので、どちらを採用するかはパーティと相談して決めるといいだろう。 対コバルオン 注意すべき点 防御に優れ、耐性も多い。 不利対面からは先制ボルトチェンジで撤退可能。 物理技だと等倍~不一致弱点程度では落とせない。 ステルスロックやでんじはで後続の積みアタッカーのサポートに回ることも。 アイアンヘッドによるまひるみや特殊型にも考慮が必要。 対策方法 火力や特殊耐久は低めなので、炎や電気、エスパー等の特殊アタッカーは有利。 ただし素早さが高く、物理型の場合ストーンエッジがあるため安易な受け出しは禁物。 物理型に対してはが有効だが、交代読みでつるぎのまいなどのリスクも有るため扱いは慎重に。 後出し最安定は。 コバルオンからの有効打は一切ないためボルトチェンジで逃げるしか無い。

次の