エスエス ブロン 錠。 せき・たんには、エスエスブロン錠 製品情報|エスエス製薬

一般用医薬品 : エスエスブロン錠

エスエス ブロン 錠

自分の中では辛い咳にはブロン液で決まり。 咳が酷くなった時は他の選択肢を考慮するまでもなくブロン液一直線なのですが、このブロン液種類が2つあるんですね。 「 エスエスブロン液L」と「 新ブロン液エース」の2種です。 同じ名前で2種類発売されていると、どちらを買えばいいのかよく分からない、という人も多いと思います。 自分はそうでした。 しかしこの2つはどちらを買っても同じ、という訳ではなく、別々の商品として売られている以上、当然両者には違いがあるので、その違いについて、以前自分が調べたことを共有したいと思います。 各製品の公式サイト• 結論は新ブロン液エースの方が強力 じゃあ、「 新ブロン液エース」だけでいいのでは!? と思うかも知れませんが、もちろん違いがあるから2つの製品がある訳で、両者には大まかにいって次のような違いがあります。 「 エスエスブロン液L」は鎮咳成分として デキストロメトルファンが含まれていて、新ブロン液エースと較べ 副作用が少ない。 服用可能年齢は 8歳以上。 また、 安価(新ブロン液エースの約半分)。 「 新ブロン液エース」は鎮咳成分として ジヒドロコデインが含まれていて、エスエスブロン液Lと較べ 副作用が多い。 服用可能年齢は 12歳以上。 また、 高価(エスエスブロン液Lの約倍) 両者の大きな違いは副作用、服用可能年齢、価格なので、この辺りを考慮して選べば良いでしょう。 ちなみにエスエスブロン液Lと新ブロン液エースは店頭では新ブロン液エースの方が少し安い価格で売られている場合がほとんどだと思いますが、これは新ブロン液エースの1回の服用量が 10mlであるのに対し、エスエスブロン液Lの服用量は 5mlであるので、両者が同じくらいの価格で売られていた場合、 新ブロン液エースの方が圧倒的に高いです。 まとめ エスエスブロン液Lより新ブロン液エースの方が強力。 副作用、服用可能年齢、価格が結構違う。 強力な新ブロン液エースの方が副作用が多く、服用可能年齢も高く、価格も高い。 参考ページ•

次の

ブロンODするとどうなるの?効果|搬送されかけた【体験談】エスエスブロン錠

エスエス ブロン 錠

新エスエスブロン錠エースの効果・効能 せき、たん。 新エスエスブロン錠エースの構成成分 12錠中 L-カルボシステイン750mg、ジヒドロコデインリン酸塩30mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩75mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩12mg 新エスエスブロン錠エースの用法・用量 次の1回量を1日3回食後に、水又はぬるま湯で服用してください。 成人(15歳以上):1回4錠。 12歳~14歳:1回2錠。 12歳未満:服用しないこと。 <用法・用量に関連する注意> 1.用法・用量を厳守してください。 2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。 新エスエスブロン錠エースの主な副作用 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)高齢者。 (4)薬などにより アレルギー症状を起こしたことがある人。 (5)次の症状のある人。 高熱、排尿困難 (6)次の診断を受けた人。 心臓病、高血圧、、、肝臓病、 甲状腺機能障害、呼吸機能障害、閉塞性、 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 関係部位・・・症状 皮膚・・・ 発疹・ 発赤、かゆみ 消化器・・・腹痛、吐き気・嘔吐、食欲不振 精神神経系・・・めまい 泌尿器・・・排尿困難 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称・・・症状 ショック()・・・服用後すぐに、皮膚のかゆみ、、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、 動悸、意識の混濁等があらわれる。 ()、・・・高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。 肝機能障害・・・発熱、かゆみ、発疹、 黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 再生不 良性・・・青あざ、、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、 血尿等があらわれる。 ・・・突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。 呼吸抑制・・・息切れ、息苦しさ等があらわれる。 3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 、口のかわき、眠気、下痢 4. 5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 新エスエスブロン錠エースの添付文書.

次の

メンヘラはエスエスブロン錠のオーバードーズ(OD)はやめた方がいい

エスエス ブロン 錠

1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)高齢者。 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (5)次の症状のある人。 高熱,排尿困難 (6)次の診断を受けた人。 心臓病,高血圧,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害,呼吸機能障害,閉塞性睡眠時無呼吸症候群,肥満症 2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ 消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振 精神神経系:めまい 泌尿器:排尿困難 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 [症状の名称:症状] 再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。 無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。 呼吸抑制:息切れ,息苦しさ等があらわれる。 3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください 便秘,口のかわき,眠気 4.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください 用法・用量 1回15才以上4錠,14~12才2錠,1日3回 12才未満は服用しない 用法に関する注意 (1)用法・用量を厳守してください。 (2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。 保管及び取り扱いに関する注意 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にビンのフタをよくしめて保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わることがあります。 ) (4)本剤をぬれた手で扱わないでください。 ぬれた手で扱うと,糖衣にムラができたり,変色したりすることがあります。 (5)ビンの中のつめ物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。 開封後は不要となりますので取り除いてください。 (6)使用期限をすぎたものは服用しないでください。 会社情報.

次の