電力 自由化 メリット デメリット。 電力自由化のメリット、デメリット|【enepi

電力自由化ってなに?

電力 自由化 メリット デメリット

水道光熱費 2018. 14 2019. 29 hjfrm7rpcna7 電力自由化の問題点|メリット・デメリットと電力会社を比較する必要性 電力自由化(でんりょくじゆうか)とは、2016年4月1日に施行された『 住宅の場所にとらわれず、どこの電力会社とでも契約できるようになる法律』のことをいいます。 以前は、住宅の場所によって契約する電力会社は国で定められていましたが、電力自由化によってその制約がなくなり、電気料金を下げたり、エコな電力を選択できたりといった恩恵を受けられるようになりました。 ですが、 電力自由化によって問題点がいくつも指摘されているのも事実です。 そこでこの記事では、電力自由化が持つ問題点などについてお伝えします。 電力自由化の問題点5つ 電力自由化による問題点についてお伝えします。 電力自由化が施行される前までは地域によって電力会社が指定されているため、どのタイミングで引っ越しても違約金は発生しませんでした。 しかし、電力自由化によって各々が電力会社と契約するようになると、契約期間が設けられます。 そのため、契約期間に解約した場合には違約金が発生してしまうのです。 電力自由化に伴い、電力会社の競争が予想されます。 競争することによってよりよいサービスが生まれることを期待できる反面、生存競争に敗れて倒産してしまう電力会社も現れるでしょう。 倒産した際、電力の供給が止まることはありませんが、新しい電力会社と新しく契約するまでの間、既存の電力会社と契約することになるでしょう。 そうなった場合、電気料金が比較的高額になることが予想されます。 電力自由化によって、電力会社は自社の電気を利用してもらうために顧客にとって魅力的なサービスを提供し始めます。 安い電気料金• 電気を使えば使うほど、同じ電気量でも料金が安くなるシステム などなど…。 電気使用を抑える1つの要因であった『節約意識』が薄くなってしまうため、環境破壊が心配されています。 2016年4月1日の電力自由化をきっかけに、電力会社は10会社から485社 2018年4月23日現在|参考: まで急増しました。 これだけの会社すべてのセキュリティが万全とは考えにくいため、「どこかの会社がサイバーテロに利用されてしまうのではないか?」という心配の声が上がっています。 電力自由化のメリット 電力自由化によるメリットについてお伝えします。 電気料金プランの多様化 自分に合った電気料金プランやサービスを提供している会社と契約することができます。 「電気を使うのは夜だけだから、夜の電気料金が安い電力会社と契約したい。 」「電気料金自体は高くていいから、最大電力数が大きい会社と契約したい。 」といった要望が各々あるでしょう。 電力自由化によって、自分の家庭に合った電気料金プラン、サービスを選択できるようになりました。 今後、さらに魅力的な電力会社が登場する可能性もありますので、その際にも電力自由化の恩恵を受けることができますね。 電気とITの融合によるサービスの拡充 スマートメーターのおかげで電力サービスが拡充される可能性があります。 電力の自由化に伴い、スマートメーターというインターネット上で使用電力を把握できる計測器が急速に普及しました。 この技術があるからこそ、北海道の人が沖縄の電力会社を利用できるようになります。 電力の需要が多くなる時間帯にはアラートが鳴ったり、電力の需要が少なく料金が安い時間に使えるようなシステムを導入したりすれば、電気料金の節約につながります。 このようにスマートメーターを用いてさまざまなサービスが拡充される可能性があります。 電力会社を比較する必要性• 割引プランを使って節約したい。 自然エネルギーを使ったエコな電力を使いたい。 節電意識を高めるためにも電量の使用量が見たい。 電力会社のプランによっては、自分の細かいニーズを解決できます。 比較せずに電力会社を選んでしまうと、せっかくの電力自由化の恩恵が薄くなってしまい、後悔することになるかもしれません。 きちんと比較して、自分に合った電力プランを選択するようにしましょう。 まとめ 電力自由化はさまざまな問題点があるものの、プランやシステムを調べて比較することによって、自分に合ったプランを選択できる有用な仕組みです。 一度自身のライフスタイルを分析してニーズを見つけ出し、最適な電力会社と契約しましょう。 【関連記事】.

次の

電力自由化、デメリットは何かある?

電力 自由化 メリット デメリット

電力自由化のメリット 電力の小売り全面自由化について、具体的にどのようなメリットがあるかを見ていきましょう。 競争で電力小売事業が活性化 電力自由化によって、異業種から電力事業への参入が相次ぎ、市場が活性化していますこれまで一般家庭や商店は、地域の一般電力会社しか選ぶことができませんでした。 しかし、消費者側が電力会社を比較して選択することで電力会社同士の競争が起こり、電気料金の値下げや多彩な料金メニューが登場しています。 電力自由化で新規参入した新電力会社は、少なくとも既存の電力会社より安い電気料金か、お得なメリットを提示できなければ契約を切り替えてもらうことは期待できません。 そのため、ライフスタイルに合わせた料金プランが次々登場しています。 例えば、平日の昼間は仕事で家におらず電気は夜しか使用しない人向けに、昼間の電気料金を高く、夜間の電気料金を安くするなどの料金プランが提供されていました。 今後は、さらにプランや料金メニューの拡充が見込まれています。 新規サービスの登場 電力料金だけでなく、魅力的な新サービスも登場しています。 例えば、ガス料金や水道料金とセットになっている新電力会社を選ぶと光熱費がまとめて安くなったり、携帯電話をよく利用する人は携帯電話料金と電気料金がセットプランの新電力会社にすると、携帯電話の利用料も電気料金も安くなったりして、さらにお得になります。 また、別途ポイントが付与されるなどのメリットが得られる電力会社もあります。 スマートメーターの普及とIoTで変わる生活 電力自由化とともに、従来の電気メーターからスマートメーターへの交換が急ピッチで実施されています。 スマートメーターは電気の利用状況が詳細にわかるので、節電に役立てることができます。 また、インターネットを介してさまざまな製品がつながるIoTの時代も始まっています。 家電製品やお風呂・台所の給湯器などもインターネットとつなげることができます。 電力自由化のデメリット 良いことばかりのように思える電力自由化ですが、場合によっては問題が生じることもあります。 契約前にきちんと理解しておきましょう。 解約時に違約金が発生 これまで電気料金は引っ越しするまで契約を解約する必要はなく、契約時にも契約期間を意識する必要はありませんでした。 しかし、新しく登場した料金プランの中には、一定の契約期間を定めているものもあり、途中で解約すると違約金が発生する場合があります。 転勤が多い人や引っ越しを予定している人は、契約の際に料金プランをよく確認しましょう。 自分でプランやサービス内容を見極める必要がある 新しい電気料金プランだけでなく、他の公共料金や携帯電話などとのセット割引も多く、どれを選ぶか検討をする必要があります。 特に、電力自由化で参入した新電力会社は実績が少ないので、メリット・デメリットを他のサービスと比較することはなかなか難しいものです。 また、結婚や子どもが生まれたりするとライフスタイルが大きく変わる可能性があります。 これまでとライフスタイルが変わると、お得な料金プランが異なり、電気料金が高くなってしまう可能性があります。 先を見て、慎重に選びましょう。 新電力会社の倒産リスクで電気料金アップ 新電力会社は経営規模の小さいところもあり、倒産するリスクがないとは言い切れません。 倒産しても電気の供給が止まる心配はありませんが、新たな新電力会社を契約するまで、電力の供給を行ってくれる既存の電力会社へ支払う電気代が従来よりも高額になる可能性があります。 一部のマンション・アパートなどは契約ができない場合もある マンションやアパートで管理会社が大口顧客向けの契約をしていたり、高圧一括受電契約をしていたりする場合、個人での切り替えを制限されることがあります。 大規模なマンションでは、導入済みの可能性もあるため、検討する場合はまず不動産会社や管理会社などに確認しましょう。 切り替え前に知っておきたい!電力自由化のポイント 電力自由化でメリットを得るためにも、新電力会社に契約を切り替える前に知っておきたいポイントをご紹介します。 電気の品質は同じ 新電力会社の中には、規模の小さな会社もあります。 小さな会社では、発電設備の故障やトラブルによる電力供給の停止や会社の倒産などを心配している人もいるかもしれません。 しかし、小売事業者を切り替えても送配電ネットワークは引き続き指定の電力会社のみが行うため、電気の品質が悪化するということはありません。 万が一、倒産などのトラブルが起きても、既存の電力会社がバックアップして電気を供給することになっているため、安心して契約することができます。 電気の周波数が異なる地域の電気利用も可能 電気の周波数は、東日本が50Hz、西日本が60Hzと異なっています。 しかし、電力自由化によって住んでいる地域以外の電力会社も選べるようになりました。 例えば、東京都に住んでいる人が関西電力と契約することも可能です。 送電時には、周波数変換設備で周波数が変換されて届けるため、心配はいりません。 すべての料金プランが安くなるわけではない 再生可能エネルギーなどの発電方法や料金プランの選び方次第では、これまでより電気料金が高くなることもあります。 新電力会社だけでなく、既存の一般電力会社も新しいプランを充実させていることが多いので、定期的に電気料金を見直すことをおすすめします。 電力自由化をよく理解してお得に活用しよう! 電力自由化について事前に知識を得ておくと、電気料金やその他のサービスプランがもっとお得になるでしょう。 電力自由化の導入時はさまざまな情報があふれていましたが、現在ではだいぶ落ち着いてメリットやデメリットを比較できるようになっています。 正しい情報を冷静に判断してから、電力会社の切り替えを検討しましょう。

次の

新電力のメリット・デメリットは?電力自由化で失敗しないための基礎知識

電力 自由化 メリット デメリット

2016年4月から導入された電力小売全面自由化ですが、ここ2年間で悪質な詐欺被害や「高くなった」というクチコミのせいで良くないイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 今回は、改めて電力自由化によって得する人、損する人はどんな人なのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説していきたいと思います。 電力自由化とは 電力自由化とは、電力の発電や送電の設備はそのままに、契約する先だけを変更しようというものです。 2016年以前までは、私たちは住む地域によって契約する電力会社というものが指定されていました。 東京に住んでいれば東京電力と契約することになりますし、大阪に住んでいれば関西電力としか契約ができないという仕組みです。 これは、発電、送電、売電をそれぞれの地方の電力会社が一貫して運営していたことが原因になります。 このシステムを崩して、売電のみを様々な事業者に担わせようとしたのが電力の小売自由化です。 現在電力小売事業者は559社(2019年1月時点)が参入しており、そのサービスは多岐に渡ります。 例えばENEOSでんきのように、ガソリン代が割引になるという付加価値をつけて販売する事業者や、単純に価格だけで競争をする小売事業もいます。 中には、 niftyでんきのようにインターネット回線、携帯電話とセットで契約することで割引が受けられるというセット販売を行う事業者も現れました。 しかし、クチコミを見ていると、「電気を乗り換えたら高くなった」という声や「電気料金見直しで詐欺被害にあった」という声もあるのです。 電気料金というのは、ほとんどの人が支払っているものであるにも関わらず、電力自由化の仕組みや内容についてはそれほどよく知られていないためでしょう。 ということで、以下では今更ではありますが、改めて電力自由化のメリットやデメリットを紹介していきたいと思います。 自分は得する人なのか、損する人なのかということをしっかりと理解して、後悔をしないようにしてくださいね! 電力自由化のメリット 電力自由化の仕組みについては、「」で解説しておりますので、仕組みから詳しく知りたいという方は是非参考にしてください! さて、本題に戻りますが、電力自由化で得られるメリットとは、以下のようなものがあります。 使用量によっては電気料金が安くなる• 自分の意志で電力を選ぶことができる• 安定した電力供給が可能になる 以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。 電気料金が安くなる!? 電気料金は今後どんどん下がっていくことが考えられます。 というのも、小売競争が激化すると、価格競争に突入していくことが考えられるからです。 小売事業者はより多くのシェアをとるために、多くの契約をしたいと考えています。 より多くの契約をとるためには他社よりも充実したサービスを提供するか、価格で勝負するしかありません。 現在は小売事業者も電気使用量が大きい事業者向けのサービスに寄せていますが、拡大することのない市場ですので、何かしらの形で消費者向けのサービスというのも出てくると予想されます。 ちなみに、現時点では事業者であったとしても使用電力が少ないと逆に料金が高くなってしまう可能性があるのです。 電気料金が削減できるのは、毎月1万円以上の支払いが一つの目安となっていますので、本当に安くなるかどうか不安だという方は是非一度弊社の無料コンシェルジュサービスにお問い合わせください。 自分の意志で電力を選ぶことができる 東日本大震災以降、原子力発電所に対して反感を持っている方もいらっしゃるでしょう。 現在は東京電力では停止していますが、「原子力発電所で発電された電力を使用したくない」という方や、「太陽光や風力などの再生可能エネルギーを使用したい」という環境を配慮した消費も海外では奨励されています。 特に、電力自由化が先立って開始した海外では、このような「グリーン電力」を少しくらい高くても使いたいという殊勝な意志を持った方々がいらっしゃいます。 環境先進都市であるサンフランシスコに住んでいる方々の顔が思い浮かびますね。 このようにどのような電力を使用するかということも電力自由化によって選ぶことができるようになりました。 日本人は、海外ほど意志が強い方も少ないのでまだまだ時間がかかるかもしれませんが、環境に配慮しながら電力を使える未来が来るかもしれませんね。 「Good For You」 安定した電力供給が可能になる 電力小売自由化によって、災害時の電力供給も安定することが見通されています。 送電設備がダウンしてしまうとどうしようもありませんが、東日本大震災の折のように、電力会社がダウンしてしまうことによる電力供給も、他電力会社から電力が供給できるバックアップ体制が実現するのです。 災害時を考えると、少し高くなっても電力自由化を利用するのも悪くないかもしれません。 電力自由化のデメリット 電力自由化の決定的なデメリットはたった一つです。 それは、「契約期間に縛りがあり、契約期間中に解約すると解約手数料が発生する」ということです。 少し前に携帯電話の契約期間がなくなる!?と騒がれていましたが、電気契約においても今後このような縛りはなくなる可能性はあります。 ただ、現時点では契約期間には縛りがあり、だいたいの場合、2年間は最低でも継続が必要です。 2年に1回訪れる契約更新月以外に解約をしようとすると、解約手数料がとられてしまいます。 そのため、事業者の方は特に、オフィスや店舗移動がないのか、今後2年間事業は続くのか(不吉かもしれませんが…)ということをしっかり見通した上で契約を決めるようにしましょう。 電力自由化で得する人、損する人 2018年現在では電力自由化で得する人とは、電力消費量が多い事業者での方です。 特に、店舗を経営していたりする場合は電気料金が今よりお得になります。 一方で、損をする人とは電力使用量が少なくて、特にグリーンエネルギーに興味がないという方です。 上記で解説してきたことを踏まえて、後悔のない電力会社との契約をしてくださいね!.

次の