グーグル ミート 画面 共有。 Hangouts Meetとは?料金は無料も!画面共有や録画、人数はどうなってる?

Googleハングアウトでネット会議/打ち合わせ。画面共有、Googleドキュメントのリアルタイム編集が超便利。

グーグル ミート 画面 共有

もくじ• ビデオ会議ができるGoogle Hangouts Meetとは?読み方も紹介 Google Hangouts Meetは、以前よりGoogleが提供していたハングアウトというサービスを強化した ビデオ会議サービス。 読み方は『グーグルハングアウトミート』 従来のハングアウトではWEBのみでしか使用することができませんでしたが、Hangouts MeetからはAndroidやiOSといったスマホからも使用できるようになっています。 これにより、自宅やオフィス以外でパソコン操作ができない場所にいても、気軽にビデオ会議をすることができるようになったのです。 Hangouts Meetでできること|画面共有や録画はできる? では実際にHangouts Meetでできることを見ていきましょう。 Googleアカウントがなくても会議に参加することが可能 会議を設定し、そのURLを参加者へ送付するだけで会議をすることが可能です。 場所を選ばず会議することができる 前述したように、パソコン以外の端末でも会議に参加することが可能なので場所を選ばずに使用できます。 スケジュール調整が簡単 Googleカレンダーで会議を設定し共有することでリンクが入るため、Googleカレンダーから直接会議に参加することが可能です。 画面の共有 会議中に資料を共有したいことは往々にしてありますが、Hangouts Meetでは「固定表示する」設定をすることで、特定の資料を参加者へ共有することが可能です。 録画機能がある 会議内容を振り返る際に役立つ録画機能も、Hangouts Meetには付いています。 ただし、Hangouts Meetには「Basic」「Business」「Enterprise」という3つのプランがあり、そのうちEnterpriseでのみ使用可能とされています。 会議中のチャット可能 会議中にチャットでメッセージを送付することができます。 ただし、こちらのメッセージは参加者全員が閲覧可能となっているので、個人宛の連絡には注意が必要です。 また、逆に会議中に参加者を削除することもできます。 ミュート機能でノイズをカットできる 様々な環境下にて会議に参加しているので、時にはノイズがうるさく肝心の会議内容がよく聞こえないこともあります。 Hangouts Meetには、ミュート機能が付いているので、ノイズが気になる参加者の音声を切ることが可能です。 無料もありHangouts Meet|料金によって利用人数が違う! 利用するにあたって気になるのがその料金ですが、Hangouts Meetの料金体系はどのようになっているのでしょうか。 Hangouts Meetの料金体系は次のようになっています。 Basic:600円• Business:1200円• Enterprise:3000円 プランの主な違いは、参加可能人数と録画機能の有無にあります。 まず、参加人数について確認をしていきましょう。 Basic:100人• Business:150 人• Enterprise:250人 前述しましたが、録画機能については以下の通りです。 Basic:無し• Business:無し• Enterprise:有り 一見、BasicとBusinessに違いが見られないかもしれませんが、以下のような違いがあります。 ・Basic:30GBのストレージ ・Business:無制限のストレージ及びアーカイブ機能付き 「無料版はないの?」と気にされている方もいることかと思いますが、上記3プラン全て14日間無料で使用できるようになっています。 Hangouts Meetで利用できる端末|Macやスマホも利用できる? ここまでで、すでに何度か触れてきていますが、Hangouts Meetで利用できる端末は以下の通りです。 WEB パソコン• Android• iOS 従来のハングアウトがWEBのみだったことと比較すると、スマホで利用できるようになったことで使い勝手が格段に向上しています。 iOSに対応しているのでMacでの利用も可能です。 「自宅にPCはあるけどMacなんだよな…」 という人も安心して利用できますね。 まとめ 一昔前まで、机を囲み、対面で行うのが当たり前とされていた会議ですが、今回ご紹介したHangouts Meetをはじめ、知名度抜群のSkypeや高画質のZoomなど様々なビデオ会議ツールが登場しています。 これにより、「いつ」「どこで」「だれとでも」会議ができるようになり、働き方も多様化してきました。 テレワークや在宅ワークが積極的に行われている今、ビデオ会議が当たり前の世の中になるのは遠くない未来かもしれません。 まだ導入していない方は、これを機にビデオ会議ツールを取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

Googleのビデオ通話『ハングアウトMeet』を使う方法と手順

グーグル ミート 画面 共有

Hangouts MeetをミーティングやWeb会議に!招待から画面共有までを解説 Gmailアドレスがあればかんたんに設定できる Hangouts MeetはGoogle ハングアウトをよりワイドにした、企業向けのビデオ会議サービスです。 Hangouts Meetは、ビジネスパーソンに欠かせない要素が詰め込まれたツールです。 各アイテムに共有機能が整っているため、企業間、もしくはユーザーとのリモートワークで活用するさまざまなメリットがあるのです。 Gmailアドレスで設定することができますし、既に登録しているユーザーに招待してもらうこともできます。 ただ、招待から画面共有までスムーズに進めるためには、 G Suiteに登録しHangouts Meetを設定しておくことがおすすめです。 GoogleのHangouts Meet設定から始めよう Google Meetの設定方法には主に2パターンが存在します。 1つはGoogle Hangoutsから切り替える方法。 そしてもう1つはHangouts Meetへダイレクトにアクセスする方法で、それぞれ設定方法が異なります。 ・Google HangoutsからGoogle Meetに切り替える場合 1 G Suiteの管理者アカウントから管理パネルにログインします。 2 ログインした後アプリの設定を開き、G SuiteからGoogle Hangoutsを選択します。 3 Meetの動画設定の右端にある矢印をクリックし、新しい会議機能を選択します。 4 ビデオ通話やストリーム、録画などから必要な機能をチェックしてMeetの設定を完了します。 ・Hangouts Meetの設定 1 G Suiteアカウントを登録した後、Hangouts Meetの無料試用を開始をクリック。 2 従業員数を設定。 3 連絡先を入力。 4 ドメインを選択。 Hangouts Meetの「画面共有」はより使いやすくなるための機能 新入社員教育を離れたところから実施したり、クライアントにアイデアや確認内容をリモートで伝えたりするのに役立つHangouts Meet。 また、 国内外を問わず、離れた場所にいるプロジェクトのメンバーとスムーズに連絡をとり、会議をすることもできます。 そこで、使うと便利な「画面共有」設定はパソコンから行う必要があります。 「画面共有」設定をすれば、Googleドキュメントやスプレッドシートなどをメンバーと共有することもできるようになりますよ! より便利にHangouts Meetを使うためにも、早めに画面共有の設定方法をマスターしてしまいましょう。 ・画面共有の設定方法 1 ウェブブラウザで にアクセスし、ミーティングに参加または開始をクリックしてビデオ会議に参加します。 2 マイクとスピーカーを設定しビデオ会議を始めます。 3 ビデオ会議の画面右側にある、動画を共有するをクリック。 4 全画面、もしくは右上のウィンドウを選び共有。 5 画面が固定表示になっていれば、相手ユーザーやグループ内での画面共有が可能。 右上の参加ユーザーから自分の固定表示をクリックし、画面を表示して会議が開始できます。 新たに 会議メンバーを追加したいときや新しいユーザーとGoogle Meetによるコンタクトを開始したい場合は、今すぐ参加をクリックします。 そして、ユーザーの追加から「ユーザーを追加」をクリックします。 そして、ユーザーの追加を開き、ユーザーを追加に新しく加えるユーザー情報を入力します。 Hangouts MeetはiPadやスマホでも利用可能 ビジネス用のビデオ会議がスムーズにできるHangouts Meetであれば、外出時や出勤が不可能な状況でも対応できます。 また、時間を効果的に使えるHangouts Meetは、営業職で忙しい担当者や移動時間を短縮したいときに、より便利に感じるビジネスツールです。 ネットワーク環境が整っているなら、 Hangouts MeetはスマホやiPadでも利用可能。 場所を選ばずに、より効率よく業務をこなすことができるようになります。 Hangouts Meetは時間やコストの削減にも役立つビジネスツールといえるでしょう。 Hangouts Meetなら250人まで同時にWeb会議が可能 Hangouts Meetでは、 Web会議の人数を2人から250人まで設定可能。 加えたいメンバーに合わせて、複数グループを作成することができます。 パンデミックや自然災害など、オフィスに出勤できない緊急事態でも、ネット環境が整うなら業務の継続ができるのは魅力です。 また、 一般的なすべてのデバイスでメッセージが送信できるようになったのもHangouts Meetからの改良点。 これにより、端末を選ばずに対応可能となりました。 Hangouts Meetをビジネスで最大限活用して効果をあげよう Hangouts Meetの設定を行う場合は、G Suiteから管理者としてのアクセスが必要になります。 しかし、G Suiteと連携することでより便利に運用可能となるため、手間よりメリットの方が大きいと言えるでしょう。 例えば、G Suite Enterpriseのエディション機能を使うことで、 会議の録画ができるようになりました。 この機能を使えば、重要な会議や履歴をしっかりと保存しておくことが可能です。 さらに、 高画質の画像を送信できるようになりました。 また、 ダイヤルインも可能に。 さまざまな業種のビジネスに対応できるよう、機能が付加されています。 まとめ G Suiteとの連動ができるHangouts Meetは、 2020年にサービスが終了されるGoogle ハングアウトの進化版といえます。 スマートフォンやiPad、パソコンなどさまざまなデバイスで使用することができ、利便性も非常に高いです。 もちろん機能も充実、ビデオ会議ができるのはもちろん、画面の共有や重要な会議の保存も可能となっています。

次の

Google Meet【グーグルミート】で無料ビデオ会議!その手順と使い方を解説

グーグル ミート 画面 共有

Google+のハングアウトでビデオ通話を開始します。 画面のツールバーに表示されるアイコンのなかから、GoogleDriveのアイコンを選択します。 GoogleDriveのアイコンクリックは、相手側の画面でも選択する必要があります。 共有する側、共有される側、両方でGoogleDriveを開かなければ共有することができません。 GoogleDriveを開いたら、マイドキュメントのなかから、相手と共有したいファイルを選びます。 画面に「ドキュメントをビデオハングアウトの参加者と共有しますか?」と表示されますので、アクセス権を付与する対象を「閲覧者」にして「アクセス権を付与」します。 これにより、選択したファイルが相手の画面にも表示され共有することができます。 ファイルを共有した相手と共同で編集できるメモを表示したい場合は、ファイルを選択するマイドキュメントの画面で、「共有のメモを作成」を選択します。 「共有のスケッチブックを作成」をクリックすれば、共有相手と共同編集できるスケッチブックを表示できます。 また、画面のツールバーからチャットのアイコンを選択すれば、画面の右側にチャット画面が表示されますので、ファイルを共有しながらテキストによるチャットを行うこともできます。 Google+のハングアウトでビデオ通話を開始する場合 Google+のハングアウトで、ビデオハングアウトを始めたい場合は、次の方法で行います。 Googleアカウントを使って、GoogleにログインをしてGoogle+を開きます。 ハングアウトを開き、ビデオ通話をしたい相手を選択します。 相手を選択したあとに、表示されるチャット画面でビデオカメラのアイコンをクリックします。 相手が応答すればビデオカメラの画面が表示され、ビデオ通話を開始できます。 複数人で画面共有したい場合 Googleハングアウトでは複数人での画面共有も簡単にできます。 画面共有したうえで、「他のユーザーを追加」アイコンを選択すると、さらに共有相手を増やすことができます。 これにより、画面共有を多くの人数で行うことができます。 Googleハングアウトの10の特長 1. 25人まで参加できるビデオ会議 Googleハングアウトのビデオ会議を使えば、最大25人まで同時に参加できるため、簡単に情報共有が行えます。 インターネット環境さえ整っていれば遠方にいても、すぐに打ち合わせができます。 Androidでインターネットを... 403,981件のビュー• Android端末を利用している... 377,044件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,035件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,488件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,347件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 228,087件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,953件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,763件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,468件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,101件のビュー.

次の