平成いつまで 西暦。 平成はいつまで?新元号はいつから?GWは10連休になるの?

「平成って何?いつから平成なの?」西暦和暦も元号についてわかりやすく解説

平成いつまで 西暦

「元号」とは? 読み方は 「げんごう」です。 特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。 「元年」とは? 読み方は 「がんねん」です。 元号が改まった最初の年や、天皇即位の最初の年という意味があります。 「年度」とは? 年度とは、 特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である 「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした 「学校年度」です。 会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。 一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。 たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。 ここでは、一般的な「年度」である4月1日から3月31日までの区切りで考えて行きます。 令和元年度はいつからいつまで? 昭和から平成に改元された時を思い出してみましょう。 昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、翌日1月8日から元号は「平成」となりました。 この時は、 昭和63年(1988年)4月1日~平成元年(1989年)3月31日が「昭和63年度」でした。 そして、 平成元年(1989年)4月1日~平成2年(1990年)3月31日が「平成元年度」となりました。 ですので、 昭和64年度は存在しませんでした。 さらに一つ前の、 大正から昭和に改元された時はどうだったのでしょう? 大正15年(1926年)12月25日に「昭和」に改元されたので、「昭和元年」は12月25日~12月31日の一週間だけでした。 この時は、 大正15年(1926年)4月1日から、改元され12月25日に昭和元年(1926年)となり、さらに新年になり昭和2年(1927年)を迎え、3月31日までが「大正15年度」でした。 そして 昭和2年(1927年)4月1日から昭和3年(1928年)3月31日までが「昭和2年度」となりました。 ですので、 昭和元年度は存在しませんでした。 このように、 4月1日時点での元号の年が、その後、途中で改元があってもそのまま年度として3月31日まで使われるということがわかります。 この考え方を踏まえて考えると、令和へ改元されるのは5月1日ですので、 4月1日時点では平成31年です。 よって、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までは「平成31年度」となり、 令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日までは「令和2年度」となるため 「令和元年度は存在しない」となります。 令和元年度は存在する しかし今回は、政府が以下のように発表しました。 「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて『令和元年度』とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては『令和元年度予算』と表示するものとする」 これは、国が行う 「会計年度」に限って「令和元年度」とするということです。 つまりどういうことかというと、平成31年(2019年)3月に成立した「平成31年度予算」は、4月30日までは「平成31年度予算」と呼ばれますが、令和元年(2019年)5月1日からは「令和元年度予算」になります。 「令和元年度予算」の期間は平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日ですから、改元日の一ヶ月前に遡った期間も「令和元年度」に含まれます。 簡単に説明すると、 「改元日は5月1日なので年度の呼び方はこの日から変わりますが、令和元年度という期間が始まるのは4月1日から」ということになります。 このように国が行う 「会計年度」に限っては平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが「令和元年度」となります。 年度に関して明確なルール、法律などはありませんので、国の予算に関すること以外は組織や団体の判断に任せるようですが、国に合わせて「令和元年度」にすることが一般的だと考えられます。 平成31年度はいつからいつまで? これまでと同じように考えれば、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが 「平成31年度」となりますが、 政府の発表にほかの組織や団体が従うと考えると 「平成31年度」は存在せず「令和元年度」となります。 「令和元年度」と「平成31年度」どちらが正しい? しかし、「平成31年度」と「令和元年度」を併記したり、新年度の始まりの元号を優先して「平成31年度」を用いることもなんの問題もありませんので、 組織や団体によっては「平成31年度」を用いることがあるかもしれません。 少々ややこしいように見えますが、「平成31年度」は「平成が一ヶ月間だけ」と考えると、「令和元年度」にしたほうがしっくりくるような気がしませんか? とはいうものの、政府の発表があったからといって「すべてにおいて令和元年度にしなければならない!」というわけではありませんので、「令和元年度」と「平成31年度」が混在することは理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。 どちらも正しく、どちらを使っても良いのです。 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の

平成は何年何月のいつまでに終わる?変わる次の元号候補と終了の理由

平成いつまで 西暦

西暦と和暦の違い 西暦とは、キリスト教でイエス・キリストが誕生した翌年を元年として数える、紀年法(年を記録する方法)です。 西暦は執筆時2018年 (キリスト生誕の翌年より2018年目) 和暦とは、元号とそれに続く年を数えて記録する日本独自の紀年法です。 和暦は執筆時平成30年 (元号である平成が制定されて30年目) 日本には、西暦を使っている場合と、和暦を使っている場合があります。 そもそもなぜこの二つの暦があるのでしょうか。 西暦が使われる理由 明治5年に以前まで使用されていた 太陰暦から、 太陽暦への変更が当時の明治政府の太政官から布告がありました。 これによって、今まで使用していた日本の暦と時刻、数字の表記を現在使用している表記へと変換されました。 この時、元にされた太陽暦がグレゴリオ暦といい、 今の西暦にあたります。 現在の日本で使われる理由は、例えば、 元禄元年と言われてもパッと何年前くらいだろうかわかる人は少ないですよね。 ところが、西暦1688年の場合はどうでしょうか? このように、和暦は元号が時代の応じて変わり、さらに種類が多くあるため、皆が共通して わかりにくい。 その点、西暦は元年から続いており、 共通してわかりやすいという点があります。 よって、最近では西暦が使われやすい傾向にあります。 公的文書では和暦が使われることが多いです。 平成って何? 西暦と和暦の違いが分かったところで、今度は現在の 元号「平成」とは何かという疑問がわいてきます。 元号は特定の年代に年を単位として、付けられる称号のことです。 君主の即位、治世の途中でも変わることがあり、 改元といいます。 この改元が行われる度に、元号が元年から再度リセットされて名付けられます。 平成とは 昭和が昭和天皇の崩御にて今上天皇が即位した事から改元が行われ、元号「平成」が誕生したのです。 即位の時に、昭和から平成に変わったと覚えてもらえたらよいかと思われます。 平成の意味は 地 平天 成の意味で、 「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味です。 つまり、世界の平和を達成したいという想いからつけられた元号であります。 昭和っていつまで? いつから平成なの? 言葉を返せば、 いつまで昭和なのかという事です。 答えは 昭和64年1月8日 昭和は、 日本の元号の中で一番長く続いた元号です。 昭和64年は1月8日で終了しており、昭和64年に作られたものは数が少ないため、希少価値があることもあります。 例えば、 昭和64年に作られた硬貨は有名ですね。 まとめ 子供の質問「 西暦と和暦ってどう違うの?」についての回答は 「西暦がキリストさんが生まれた時から数えている年で、和暦は私達が住んでいる日本が作った時代によって変わる年を数えている読み方だよ。 」 子供の質問「 平成って何?」についての回答は 「平成は、元号といって、一年を数える為にある名前なんだ。 いろんな出来事があったことをいつくらいの時の名前なのかわかるようにしているんだよ。 いろんな種類があるんだね。 平成の前が昭和で昭和の前が大正って言うんだ。 年の名前っていっぱいあるんだね。 それで平成って、平和になって欲しいなって願い事で名前が付けられたんだ。 」 子供の質問「 いつから平成なの」 「平成の前が昭和っていうときで、この昭和は64年の1月8日までが昭和なの。 昭和の後に平成だよ。 平成1年目のことを平成元年というんだよ。 」 このように答えてみてはいかがでしょうか? じりーさんでした。

次の

明治、大正、昭和、平成って何年まであるの?そもそも西暦って何?

平成いつまで 西暦

「平成」以外にも候補があった? 「平成」の他に「修文」「正化」といった候補がありましたが、ローマ字読みの頭文字が「H」になることが決定打となり「平成」に決められたようです。 「修文」「正化」は頭文字が「昭和」と同じなるので、色々と面倒なことが多くなりますからね。 平成のはじまりを西暦で言うと? 1989年1月8から 平成は西暦で言うと 1989年からになります。 平成に入ってから元号より西暦を使うことが多くなってきました。 世界共通でもありますし、計算もしやすいですし、便利と言えば便利です。 例えば、昭和〇〇年生まれと言われても、即座に年齢の計算は出来ませんよね(笑) 昭和64年は1週間しかなかった 昭和64年は1月7日までということになります。 1週間しかなかったわけですね。 ちなみに、 昭和元年も12月25日~12月31日の1週間しかありません。 昭和は64年まで続きましたが、実質的には62年と2週間ということになりますね。 それでも昭和が長く続いたことに変わりはありません。 日本の元号の中で一番長く続いたのがこの昭和です。 スポンサーリンク 平成はいつまでになるの? 平成30年が最後の年になる可能性が高い? 天皇陛下が在位30年を節目として生前退位の意向を表明されておられます。 これに伴い政府も協議を続けていますが、まだ実際には検討中ということになっています。 ただ、 2019年元日から新年号になる可能性は高そうです。 2018年(平成30年)夏頃に詳細の公表が予定されているとの報道も出ていますので、今は発表を待つしかありませんね。 いきなり新元号に変わると混乱を招くことになりますから、このへんのことも考慮して夏頃に公表されるのではという見方が強くなっているようです。 これが実現すれば、平成30年が平成最後の年になりますね。 今日のまとめ 平成はいつからはじまった? 平成元年は 1月8日からはじまっています。 西暦だと 1989年1月8日からということになります。 1月8日は「平成スタートの日」としても知られていますが、残念ながら祝日ではありません。 2019年から新年号になるとすれば「平成の日」という祝日が出来ることも考えられますが、もしそうなったとしても現在の天皇誕生日(12月23日)が「平成の日」になるでしょうからね。 新年号に変わったら、平成がスタートした1月8日は今以上に人々の記憶の中から消えていくのでしょう。 それが時の流れというものですね。 あとがき 個人的にはホントに西暦を使うことが多くなりました。 たまに平成で書こうとすると、今何年だったか正確に思い出せないことがよくあります。 そんな時は「西暦で書かせてくれ~」とか思ってしまいますね(笑) あと、未だに平成に親しみを持てないことも理由かもしれません。 私も平成の方が断然人生の長くを過ごしていることになりますが、それでも昭和の方がやっぱり馴染みがあるんですよね。 青春時代が昭和だったこともありますね(笑) まあ、そんな平成も気が付けば30年目を迎えます。 流石に平成という年号自体には慣れましたけど、もう次の年号が話題になってきているわけですからね。

次の