ゼンリー 場所登録。 ‎「Zenly ゼンリー: あなたの大切な人との、あなたのMAP」をApp Storeで

zenly(ゼンリー)のスマホアプリでいつでもどこでも浮気調査!?ゼンリーを使った浮気調査の方法がわかる

ゼンリー 場所登録

スマホアプリのZenly(ゼンリー)とは? ゼンリーは、 自分や相手の居場所を共有しあえるアプリで、 お互いに友達登録をすれば、いつでもお互いの居場所を確認できます。 常に自分の居場所を知られるとなると、監視されているような気分になりそうですが、プライバシーが守れる設定もあるので、 24時間いつでも丸見えというわけではないようです。 「どうしても今いる場所を知られたくない」という人は ゴーストモードという機能で、一時的に位置情報を隠すこともできるそうです。 またプライベートモードでは、友達申請できる友達の範囲も設定できるので、 不特定多数の人から申請されるという状態を防ぐことも可能なようです。 GPS機能が怖すぎる! このゼンリーのGPS機能が便利だとZIPでは紹介されていたようですが、 ネットの声は真逆のものが多かったです。 今女子校生に、無茶苦茶流行ってると言われるアプリ「ゼンリー」について一言。 ネットの時代、犯罪の種類も多様化しているなかで、自分の居場所が特定されてしまうとなると、場合によっては深刻な問題になりかねないような気もしませんか? スポンサードリンク ゼンリーのメリット・デメリット ゼンリーが紹介されてから、怖い!という声が多かったのですが、アプリ開発者は人々のメリットを考えて開発したわけなので、メリット・デメリットの両面をもっています。 自分の居場所を共有することに対しては、よく メリットと デメリットを考えておこなうべきでしょう。 ゼンリーのデメリット まずはみんなが心配している、ゼンリーのデメリット、危険性についてまとめます。 「 彼氏が家にいるのに連絡がない」、「 〇〇に行くって言ったのに違う場所にいる」など、疑い深くなってしまうのでは?と思います。 こんなアプリを日常的に使用しているカップルは、はっきり言って、信頼関係はありませんよね。 きっと彼氏・彼女が、ゴーストモードにすると不安になったり、電池が切れて居場所が分からなくなっただけで浮気を疑うなど、トラブルしか生まないように思います。 お互いに束縛して、息苦しくなりそう…。 ゼンリーが原因で破局なんてありえますよね。 ラインの既読機能でさえトラブルになるんですから…ゼンリーは必至でしょう。 これは全く顔も知らない、あかの他人に自分のプライバシーをさらす行為で、 とっても危険です。 これが一番怖い使い方だと思っていますが、 悪用されたり、ストーカーされる可能性を分かったうえでおこなっているんでしょうか…。 うっかり自宅を特定されでもしたら、かなり危険ですよね。 新しい友達を作るという面からみると、楽しいのかもしれませんが、こういう使い方は 自ら犯罪被害者になるようなもので、なにかあっても同情の余地もないです…。 ZIP! でラインのテレビ電話やゼンリーの使い方を紹介していた。 女子学生は楽しそうにしていたし、良い交友関係が保てるなら我が子にも反対はしない。 でもGPSアプリは危険もあるから、異性の友達や知らない人とは気軽にフレンド登録しないでほしいな。 デメリットをよく理解してから使用してください。 自分だけ仲間外れにされているとあえてわかるようにしたり…と、可能性は無限にあるような気もします。 たまには友達と距離をおいて、自分の時間が欲しいと思っても、それが原因で拒否されたとかいいがかりをつける人もいそうですよね。 考えただけで、息苦しいです。 ゼンリーとか位置情報わかるアプリ? あえて分かるように自分だけハブられたりするいじめありそう。 「なんかめっちゃ急いで近づいてるけど~うける~!」って。 — ていく take023 ゼンリー怖い。 自由がない。 いじめの対象になったら逃げれないね。 — たげ放牧 lattegoldmoon ゼンリーのメリット デメリットが目立つ一方で、ゼンリーは使い方によっては 便利な面も多くあるようです。 例えば、小さなお子さんを持つ親からすれば「 自分の子どもがどこにいるか」というのは気になるでしょう。 とくに 買い物中や遊園地、スキー場、旅行先など多くの人が集まる場所では、このアプリを子どもに持たせておくと安心です。 また帰りが遅く、携帯にも応答しないというときにもこのアプリがあれば、安心できますよね。 児童を対象とした犯罪が増加しているご時世なので、こういう使い方はたしかに便利といえそうです。 こういう使い方であれば、小さな子どもには使わせたいですが、ある程度大人になったら親子間でもプライバシーは必要ですよね。 笑 そこを履き違えないような使い方をしてほしいです。 正確モードでかなり詳細な位置情報が分かるので、携帯がある場所までたどりつくことができるようです。 人が多い場所で待ち合わせをする際に、LINEなどでやり取りをしなくてもゼンリーを使えばどこにいるか一目瞭然なんです。 ただ監視していないと浮気を防げないのであれば、先は長くないと思います笑。 一時的な抑止力として、便利という見方もできるかもしれませんね。 まとめ ZIPで取り上げられた、居場所共有アプリに「ゼンリー」について、怖い!というネットの意見や、メリット・デメリットについてまとめました。 「ゼンリー」は使い方によっては有効なアプリですが、その使い方には注意喚起が必要だと思います。 現に、不特定多数にプライバシーを自らさらしている若者( 本当は若者でもなければ性別も違うかも?)がいるので、深刻な問題になりつつあるように感じます。 必要なときだけ居場所を知らせるスタンスで、プライバシーはしっかり守るような使い方ができればいいのですが… ゼンリーを使った犯罪やいじめ・ストーカーなど、デメリットの代償はかなり大きいもののように感じます。 彼氏の不倫・浮気防止には役立つアプリかもしれませんが、こんなアプリなしで信頼関係は築けないのかな?と先が心配になったりします笑.

次の

「Zenly」で友達に位置情報を全見せ 女子高生など若者が夢中:日経クロストレンド

ゼンリー 場所登録

引用元;Twitter ゼンリー 怖い、、と思う方も多いようです。 高校生でも全員がやっている訳ではないので、怖いな、、と感じている方もいると思います。 ネットでも「怖い!」と言う声が多く見られました。 ずっと監視されている事に、息が詰まりそうと感じる方も。 危険性を知った上で利用すれば、メリットを生かすこともできるかもしれません。 共通の友達が多いと追加しちゃうケースも多いと思いますが、前からあなたを狙っていた人だったら怖いですよね。 自分の位置情報を教えるのは、知っている人や、限られた人にしておくのがベターです。 決して見ず知らずの人を追加しないように。 利用する場合は、 信用できる身近な人だけを承認しましょう。 地図上の友達が同じ場所に2人以上いると「一緒にいるよ」マークが出ます。 「私、呼ばれてない」なんて事もあるかもしれません。 (逆も然り。 ) 引用元;Twitter 「ゼンリー使わないと仲間外れにする友達なんて、友達とは言わないよ」なんて 綺麗事だけでは片付けられない問題ですが、お互いの位置情報が分かることはメリットもあれば、デメリットもあることを覚えておいてくださいね。 例えば、家にいると地図上で表示されている時に「今家にいるんでしょ?遊びに行こうよ」と言われると、行きたくなくても断りにくいですよね。 はっきり「気分じゃない」と言い合える友達ならいいですが、トラブルに発展する可能性も無きにしもあらず。 ゼンリーというアプリを使うのは自由だが、問題は本当はやりたくないのに付き合いでやってる子が必ずいる事だと思う。 — ららーな raraaaana ゼンリーのメリット:迷子になった時 ゼンリーを使う事のメリットは何でしょうか。 友達との待ち合わせ場所にたどり着けず、 迷子になってしまった時は、地図を見ればどこにいるかすぐに分かるので便利かと思います。 また家族で利用する場合には、 子供やお年寄りが迷子になった時に、地図上で発見できるというメリットもあるかもしれません。 日本の行方不明者数(警察に行方不明届が出された数)は、年間で 8万人以上(平成29年は8万4850名)。 うまく使うことが出来れば、事件や事故の抑制になるかもしれません。 ・・・とは言うものの、子供でもお年寄りでも、誰しもが プライバシーの権利を持っており、 個人を尊重する必要もあります。 監視するだけが愛情でもないので、難しいところですよね。 ゼンリーとは:まとめ 子供からゼンリーの利用について相談があった時は、 頭ごなしに「ゼンリーを使ってはだめ」と注意するよりも、 「なぜ使いたいのか」「使う必要があるのか」をヒアリングし、使用の危険性を認識してもらいましょう。 彼氏から「ゼンリーを入れて欲しい」と言われた場合は、ちょっと束縛が激しい男性である可能性が高いです。 あなたがどこで何をしているかを知りたい、と思ってくれるのは嬉しい事ですが、 「なぜ使いたいのか」をヒアリングしてあげて、お互いが納得出来れば利用しましょう。 依存=恋愛(友情)ではありません。 ゼンリーの利用有無はさておき、お互いを尊重できる自立した関係を目指しましょう。

次の

Zenly(ゼンリー)危険!?怖い!?位置がバレないようにする方法や退会方法など徹底解説

ゼンリー 場所登録

アクションしなくても位置情報が伝えられる 自分の知り合いが今どこにいるのか、地図上で24時間確認できるアプリがある。 それが「Zenly(ゼンリー)」だ。 2019年5月21日現在、Android版のダウンロード数は500万を突破し、App Storeでもソーシャルネットワーキング部門のランキングでLINEに次いで第2位につけている。 Zenlyは2015年にフランスZenly社が開発した、電話番号やIDをベースにつながった人の現在地を確認できる位置情報共有アプリ。 FacebookやWeChatにも位置情報を共有し、近くに友人がいる場合に通知される機能はある。 なお、17年には写真共有アプリ「Snapchat」を運営する米Snap社がZenly社を買収し、その後Snapchatに「Snap Map」という同様の機能が盛り込まれた。 Snapchatは日本の10代にも「スナチャ」の愛称で親しまれ、自撮り機能が人気だが、位置情報を共有する場合はZenlyが利用されることが多い。 Zenlyが搭載する機能は、「自分の現在地を公開する」「友達になった人の現在地と滞在時間」「スマホの電池残量の確認」「メッセージの送受信」「近くにいる人との通話」など。 さらに友達を3人以上登録すると、自分の位置情報を閲覧された回数を知ることができる。 位置情報ゲームのような仕掛けもあり、自分の訪問した先は地図上で白く塗りつぶされていく。 そのエリアで移動範囲が広い人はランキング上位として友達に表示されるので、競い合いも楽しい。 画面デザインも非常にポップで、イベントがあるとアニメーションとともにスマホがバイブする仕掛けなど、楽しい雰囲気が満載のアプリに仕上がっている。 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが18年11月に発表した「JC・JK流行語大賞2018」では、アプリ部門の第3位に「Zenly」が入った(ちなみに第1位はTikTok)。 同社によると、「今どこにいる? という連絡が省ける」点が評価され、上位にランクインされたとのこと。 確かに若者はLINEなどのチャットでも自分の居場所を伝え続ける。 スマホを使うようになって「待ち合わせをしなくなった」とよくいわれるが、若いスマホネイティブは特にこの傾向が顕著だ。 「夜ご飯食べよう。 どこ辺りで」程度は決めても、後はその場のノリや気分で決めていることが多い。 「家出たよー」「私はまだ着替えてる」など、常にチャットでお互いの様子を把握している。 そこに当てはまるのがZenlyだ。 Zenlyなら文字すら打つ必要がない。 常に自分の居場所が相手に伝わり、普段の生活を知っている相手なら何をしているかも推測できる。 今日はバイトなのか、オフで家にいるのか、わざわざ伝える必要はない。 友人と一緒にカラオケ店にいることがZenlyに表示されれば、「私も合流したい!」と別の友人が連絡してくる。 こちらから誘うことは気が引けても、向こうから乗ってくればラッキーという場合もあるだろう。

次の