南雲 ハジメ。 【ありふれた職業で世界最強】練成師である南雲ハジメの錬成術!

stwww.surfingmagazine.com: ありふれた職業で世界最強: 深町寿成, 桑原由気, 高橋未奈美, 日笠陽子, 大西沙織, 花守ゆみり, 柿原徹也, 加隈亜衣, よしもときんじ, 佐藤勝一, 𠮷本欣司, ありふれた製作委員会: generic

南雲 ハジメ

夏アニメ『ありふれた職業で世界最強』5つの見どころ|奈落へ落ちた主人公・南雲ハジメ CV: さん はどのような方法で最強を超えるのか!? その中でも学校のマドンナ的存在である白崎香織に積極的に話しかけられ、周りの男子からは妬まれています。 そんな普通の生活でしたが、クラスごと集団転移に巻き込まれ異世界召喚されてしまい、今作の物語はスタートします。 それぞれのキャラにはステータスがあります。 他のクラスメイトがチート級な中、一人なハジメでしたが、唯一の特殊な能力は錬成師です。 ある日の鍛錬中に、クラスメイトに裏切られ、奈落の底へ落ちてしまい、どんどん力をつけていくのがハジメであり、今作の主人公です。 それぞれ、キャラにステータスがあるのですが、ハジメのステータスについてはツイッター上の情報を引用させてもらいました。 以下になります。 どれだけ強力なのか見当もつかない能力です。 それほど、ハジメは見返したい執念を感じますね。 数ある名言がありますが、抜粋しました。 「生きたいと願うことのなにが悪い? 生き残ったことを喜んでなにが悪い? その願いも感情も、当然にして自然にして必然だ。 お前は人間として、極めて正しい」 「生きたいと願うことのなにが悪い? 生き残ったことを喜んでなにが悪い? その願いも感情も、当然にして自然にして必然だ。 お前は人間として、極めて正しい。 強力な原動力はここにあります。 「それでも、死んだ奴らのことが気になるなら……生き続けろ。 それから先も足掻いて足掻いて死ぬ気で生き続けろ。 今日、生き残った意味があったって、そう思える日が来るだろう」 死んだものへの葬いとして、自分自身が生き続けることがその亡き人に対する礼儀であり、最後には生き残った意味を理解する時がくることを意味しています。 多くの人を失っていないと気づかない事だと思います。 ハジメの器量が感じられますね。 かっこよすぎる名言ですね。 ハジメの嫁(候補)について 名言でも紹介したようにかなり男気ある発現が多く、また強力なこともあり、かなり多くの女性キャラより好意を寄せられます。 よって、嫁候補を紹介します。 三百年前に滅んだ吸血鬼族の生き残りで、当時の吸血鬼族の女王。 見た目は金髪と紅い瞳を持つ12歳くらいの少女の姿をしている。 力をつけたハジメが奈落で出会った少女吸血鬼です。 亜人・兎人族の一部族であるハウリアの族長の一人娘。 容姿もスタイルも抜群で、良くも悪くも周りから注目されるほどです。 本来亜人が持つはずがない魔力を持って生まれ、他の亜人族に知られると処刑されるため一族によって隠されていたが、それがバレて一族を連れてフェアベルゲンから離れたところを帝国軍に見つかり、追われて峡谷に身を潜めていた所をハジメに救われたました。 その時からハジメに好意を抱いています。 ティオ・クラルス No. 黒の着物を纏った黒髪金眼の美女。 異世界からの来訪者を調べるために竜人族の隠れ里から出てきたが、眠っていたところを清水に操られ、竜化して冒険者を襲っていた所をハジメの手で正気に戻されます。 スタイルも良く容姿端麗で聡明な性格であったが、ハジメとの戦いで右葉曲折あり、ドMに目覚めてしまいます。 その後、責任を取ってもらう名目で強引にハジメの旅に同行するキャラです。 白崎香織 白崎香織ちゃん CV大西沙織 非常に可愛い。 中学の頃、当時他校の生徒だったハジメが不良達に絡まれている赤の他人であるお婆ちゃんとその孫を無様ながら身を挺して守っているのを目撃したのをきっかけでハジメに強い興味と恋心を抱きます。 偶然同じ高校に入学してクラスが一緒になると、何とか親しくなろうとクラスで唯一積極的に構っていました。 結果的にその行動が、ハジメがクラス中に嫌われる状況を作ってしまっていたというエピソードもあります。 もちろん、ハジメに一途なので嫁候補です。 原作4章で登場するミュウを攫った男達に深手を負わされ、歩く事も泳ぐ事も出来ない体になっていたが、香織の治療で元の健康な体に戻りました。 ミュウを助けてくれたハジメに対して感謝しており、ミュウが彼を父親のように慕っているため、しれっと妻のように振舞っており、ハジメを「あなた」と呼んでいます。 新たな夫候補として、ハジメに好意を抱いています。 長い髪をポニーテールにし、172cmの高身長で身体は引き締まっており、凛とした雰囲気から多くのファン(主に女性)を持ちます。 世話焼きでクラスメイトたちから頼られているが、実際は年相応の繊細さを持ち、可愛い物が好きなど乙女チックな性格。 本人は女の子として扱ってほしいと思っており、自分を守ってくれるほど頼もしい男性が好みであり、強力になったハジメに好意を抱き始めます。 香織や雫とは親友の間柄であり、愛称はリリィで親しまれています。 王都侵攻後、王国を再建するためにヘルシャー帝国に赴き、援助を得るために身を犠牲にして皇太子のバイアスと婚約パーティーを執り行うことになります。 助けを求めて応えてくれたハジメにその時から好意を抱いています。 畑山愛子 おお、ありふれ6巻出るのか ってこれ表紙は恵里か? うわあ — フィガロ figaro07 ハジメ達の学校の社会科教師である愛子。 小柄で十代前半くらいにしか見えないほどの童顔で、生徒達からは「愛ちゃん」「愛ちゃん先生」の愛称で慕われているが、本人としては威厳ある教師を目指しています。 王都へ帰還後、イシュタルら教会関係者を殺してしまったという事実に押し潰されてしまいそうになるが、ハジメから「奈落の底で人間らしさを無くした自分がいつか人間らしさを思い出せるように、その罪悪感を背負ってほしい」という我が儘を受けて、罪を背負う事を誓います。 その頃から、ハジメに対して好意を抱きます。 まとめ.

次の

【ありふれた職業で世界最強】主人公の南雲ハジメってどんな人物?

南雲 ハジメ

つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。 異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい--!? 脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす--。 「俺がユエを、ユエが俺を守る。 それで最強だ。 あんまりひどいもんだから作者自身が「これはひどい」って言ってしまった作品。 「本来は」学校のクラスが丸ごと異世界転生して、唯一平凡な職業適性しかなかった主人公・・・・・・なのになぜかクラスで人気の女の子から好かれ、異世界でのいじめに拍車がかかる。 それでも主人公なりに役に立とうと努力を重ねて、その力がクラスのピンチの時に発揮される・・・・・! しかし、そこでいじめ主犯格の男がとんでもない裏切りを・・・・・・!! 奈落の底に落ちた主人公! 膨大な時間をかけて脱出を試み、欠損した身体を動かし、必死であがく主人公は、奥底で封印される吸血鬼の少女に出会うのであった!!! というストーリーを、大体60秒かからないダイジェストでお送りした後、世界最強なカンジーで視聴者置いてけぼりでスキルとか説明もなく大展開。 はっきり言って初見の人には何がなんだかさっぱりだろう。 演出や効果も静止画に、よくあるCG効果で誤魔化して動きがあるっぽく見せるタイプ。 一話目からコレということは以降もおして知るべしだろう。 原作もそれほど面白い作品とは思わないが、ここまで酷くされるほど悪いものとは決して思わない。 もういい加減、なろう系作品の中でアニメ化して当たったジャンルの中から、そこそこ巻数の出ている作品をチョイスして、低予算をつけて適当にアニメ化するのは本気でやめて欲しい。 書籍の宣伝とスポンサー料とわずかばかりのBDで小銭稼ぎのように利益を上げたところで、先々のアニメ業界にも、小説業界にも、なろう系にも害悪にしかならない。 悪しき利益の先食いだろうかと思う。 1話を観て、ここまでひどいと思ったアニメ作品は今まで数えるほどしかありません。 演出がどうの、あのシーンがどうの、といった個々の細かいことはとりあえず置いておきます。 このアニメ作品1話最大の問題は「構成」です。 物語において大事な導入部分が全てカットされ、簡単な回想で片付けられています。 1話冒頭までの経緯と主人公周りのキャラクターは、主人公が軽く回想しているだけで、視聴者にはまるで「実感」できない。 それ故、主人公が裏切られた、と叫んでいても何の共感もしようがない。 視聴者が物語を楽しむ上で、本来必要な世界観の説明がロクにない。 それ故、スキルやらステータスやらをどうこうする主人公の行動に何の面白みも感じない。 導入部分に色々とあったはずの、主人公が不遇な扱いを受ける場面もほんのわずかしかない。 それ故、タイトル通りこの先世界最強とやらになるのだとしても、観る側は大してカタルシスを感じることができない。 盾の勇者の成り上がりのように初回1時間SPの上、前半30分でじっくり導入部分を描く、あるいは1話の最後で主人公が奈落に転落、という構成であればまた印象は違ったかも。 視聴していく上での土台となる導入部分が消されている以上、もはや2話以降でどうなるのだとしても全く視聴する気が起きません。 ただ動いているところが見られればそれでいい、という原作ファン向けのアニメ作品となりそうです。 原作は全て読みましたしリアルタイムで追っても居ます。 その自分から見てこのアニメ化は、なに一つ擁護のしようがないくらい大失敗ですね。 まず時系列が滅茶苦茶な構成。 原作を読み込んでいる人間ですらどのシーンなのか混乱するほど時間が前後します。 起点となった異世界転移の経緯すら描かれないため、1話2話が抜け落ちている作品を見ているような感覚にさせられます。 知っている人間ですらこの有様ですから、初見の人が付いてこれないことは明らかで、 これを1話に持ってくる采配には悪い意味で舌を巻きました。 よくこの出来でスタッフクレジットに構成として名を出せるものだと感心させられるほどです。 次に致命的にダサいキャラクターデザイン。 原作小説の挿絵の段階でちょっと危うい気配はあったのですが、アニメ化で悪い方向に進化してしまっており、 鎧のダサさなどはもはや筆舌に尽くしがたいレベルで、小学生のノートに適当に描かれた落書きのようです。 次に動かない作画。 1話にしてこのレベルはマズいです。 あまりにも戦闘に動きが無い。 またカメラワークもダサく、魔法も直線的で工夫が無い。 全部同じモノに見えます。 異世界モノは妙に低予算で作られるパターンが見られますが、 ブームに乗った粗製乱造、その流れの中にこの作品も飲まれてしまったのだなとただただ悲しくなりました。 次に内容を詰め込もうとして駆け足になり、全体にストーリーが薄くなってしまっている点。 これは原作が長期連載になっており、 その面白さを無理に短期間のアニメに詰め込もうとした結果よく起こる失敗のパターンなのですが、 ご多分に漏れずこの作品もその病気にかかってしまっていて、全てを駆け足で消化した結果 主人公の心理描写も薄く、他キャラクターの掘り下げも浅く、 見終わったあとになに一つ印象に残らないほど全て薄められ尽くした物語になってしまっています。 特に主人公に関しては顕著で、 原作ではとてつもなく長い期間苦しみもがき、その中でも折れず試行錯誤を繰り返した結果、 自らを捕食の対象とすらしてきた相手に対して最終的に勝利する、という 序盤にして最大のターニングポイントがたったの5分10分程度に収められてしまって居るため、 よくある異世界転生モノの 「大した努力もせずチート能力をもらってイキりだすオタク」 という姿にしか見えなくなっている。 これが本当に残念でなりません。 しかしこの点に関しては漫画版も同様ですので、一概にアニメ化スタッフのみを糾弾することは出来ないとも思っています。 次にセリフ回しが説明口調に過ぎる点です。 今まさに死にそうなくらい追い込まれていいる人間が「この世界ではこういう石があってこれこれこうで…」なんて そんな邂逅をしている余裕なんて無いはずで、その辺りのキャラクター心理への想像力の無さが また見ている側をイライラさせてきます。 ・・・と、悪いところを挙げたらキリがありません。 異世界転生 転移 モノは他にもアニメ化したことにより評価を下げた作品がたくさんあり、そういう作品を見るたび 「本当にこれ原作は面白いのか…?」と思っていたものですが、今回のありふれ映像化を見て 「なるほど、今までアニメ化に失敗してきた異世界モノはこんな感じだったのか。 」と妙な納得に至りました。 本当ならしたくなかった納得ですが、本来ならもっと早く公開されていたはずなのに延期した段階で どうにもキナ臭い雰囲気はしていましたし、その悪い予感が当たってしまったようです。 1話でヒロインとの出会いの前まで行く駆け足具合ですが、本来ならば ヒロインに出会うまでの物語で1クール12話全てを使い切ってもいいくらいこの序盤は重要な場面だと私は思っています。 なのでこの1話は本当に残念でなりません。 こんなものがこの作品の面白さであると世の中に伝わってしまうことが本当に本当に残念です。 以降も一応確認のために視聴は継続しますが、確認以上の感動は無いだろうなと断言できます。 これをきっかけにこの作品に触れようとしている方は、悪いことは言いませんので文字が苦手でも原作を読んだ方がいいです。 でないと本当に時間を無駄にしたという後悔の念しか残らないでしょう。 昔ちょろっと読んだ記憶がある。 原作小説もよくわからんヒロインとキモイノリでイチャイチャし続けて適当に敵をボコる賞味中身の薄いストーリー展開だったが、アニメになってここまで辛いものがあるということはアニメ制作側にも過失があると思う。 一話だけ見たツッコみどころさんを紹介していきたいと思う。 ・主人公の精神性の変化が唐突に過ぎる この作品を語る上で主人公の精神性に余裕がなくなり、強さを手に入れるという過程は前提条件として必須のものとなっている。 というのもいじめられていた弱者であった主人公が偶然にも覚醒し、強くなり、自らを弱者と見ていた者たちを見返すという場面がこの作品には盛り込まれているからだ。 いわゆるざまあ展開の亜種であり、この展開に爽快感を得た読者もいたのではないだろうか。 このざまあ展開で大事なのは 1. 視聴者のヘイトを敵サイドに向けること 2. 視聴者から見て主人公が圧倒的に正論であること 3. 主人公側が圧倒的に優位な立場にいること この3つが最低限必要なことだと個人的には考えているが、「ありふれた」の「ざまあ」のためのヘイト稼ぎや主人公への同情稼ぎは最初のいじめ描写くらいしかないのである。 この最初のいじめ描写や仲間内での無力感を感じている主人公を描き出すのが肝要でここをきちんと書くことで、いじめられても必死に皆の力のためになろうと努力した主人公が陥れられてついに精神を病んでしまう、という最低限の精神性の変化の言い訳がつくのだ。 一話でいきなりよく分からん方向に覚醒されても視聴者は置いてけぼりなのだ。 一話で主人公が外れ職を引いてしまった残念感、やっかみによるいじめや力不足による無力感、努力しても差が埋まらない焦り、そういった主人公の心情を描写し続け、それでもヒロインとの約束によって克己に恐怖を抑え込み皆と進んでいくために迷宮に挑む、という風に描写し、二話で裏切られた主人公の精神性の変化をゆっくりと描写すればよかったのではないか、と素人目で見て思う。 東京喰種を見習ってほしい。 ・あれ?主人公有能じゃね? 他のメンバー全員があ・・・やべって感じで逃げ出すベヒモスとかいう怪物相手に一人で何度も壁を貼って時間稼ぎをする主人公。 アニメを見る限り有能である。 (他が無能なだけだが)アニメを見る限りでは何故主人公が無能と言われて虐められているのか意味不明だ。 剣を持っての白兵戦は適正がないようだがそれは飽くまで役割分担であって主人公の能力は中衛~後衛向きの能力に見える。 そんな主人公が剣を持って戦わなければならないのは他が正直無能全開の上、主人公が戦闘している描写では特に乱戦のようには描かれおらず、他の人間は主人公がピンチになるまで眺めているだけであった。 アホな描写丸出しで、描写一つ一つに理由が薄く作品自体をこういう作品なのだ、と視聴者に軽く見せてしまうひどい描写だと思った。 ・白髪染め 主人公の髪が白く染まる描写だが手抜き丸出しでさささあ・・・と白く染まっていくのは思わず吹き出してしまった。 もうちょっとがんばろうよ・・・ ・ヒロイン(黒髪さん)の服 仮にも日本で生活してた人がいきなりあんな意味わからん露出度の服を着るとは思えない。 胸元全開で夜に主人公の部屋を訪れるとか訳わからん神経だと思った。 最近はこういうのがキツくてアニメが見られない。 いつまでもこういう路線でやってるからアニメオタクは一般の人にキモイと思われる。 このままじゃイキり陰キャ無双アニメになっちゃうよ・・・.

次の

ありふれた職業で世界最強の南雲ハジメのステータスとは?嫁や過去についても

南雲 ハジメ

Sponsored Link 【ありふれた職業で世界最強】南雲ハジメの活躍やかっこいいシーンまとめ まずはハジメの活躍をひととおりまとめていきます! 最初はクラスメイトの中でも最弱 もともとは地味なオタク少年だった南雲ハジメ。 何故か学校の人気者の白崎香織に声をかけられることが多くてクラスメイトに敵視されている以外は、普通の高校生だった。 ステータスプレートに書かれた数値は平均値(10)で、天職はトータスでごく一般的な錬成師。 技能も錬成と言語理解だけ。 他のクラスメイトたちがチートな天職や技能、3ケタのステータスを持つ中、彼だけがちっぽけな存在だったのだ。 そして、クラスで初めて訪れたダンジョン・オルクス大迷宮。 最弱でありながらクラスの役に立つために、錬成師のスキルでベヒモスを足止めする。 真のオルクス大迷宮で絶望し、力を手に入れる ハジメが落とされた先こそが、真のオルクス大迷宮だった。 上とは比べ物にならない魔物がうろうろしていた。 そこで ハジメは爪熊に左腕を食われて失う。 幻肢痛とクラスメイト・魔物への憎しみにさいなまれ、彼は決意した。 敵を殺し、元の世界へと帰る。 そのために憎しみを捨て、 敵を排除することだけを考えるのだった。 (C)白米良・たかや Ki・RoGa 神結晶と神水を見つけ、命をつなぎとめたハジメ。 彼は魔物を食べては再生、食べては再生を繰り返すことによって進化する。 ステータスはレベル8で3ケタに到達。 中には300を超えるものもあり、この世界のトップクラスに既に到達していたのだ。 魔力操作・纏雷といったスキルも手に入れて、魔物はもはや恐れるものではなくなった。 更に、錬成師のスキルも向上し、ダンジョン内の鉱物を鑑定し、錬成する。 そして、オルクス大迷宮50層で、封印された吸血鬼の少女を発見する。 (C)白米良・たかや Ki・RoGa 彼女を助け、ユエと名付けたハジメ。 迷宮の奥にいたのはヒュドラ。 ハジメはそこで右目を失うが、錬成師のスキルで兵器を作り、ユエと協力して勝利する。 (C)白米良・たかや Ki 迷宮を出てからは仲間を増やし、圧倒的な強さで依頼をこなしたり、魔物を殺していく。 そして、クラスメイトたちとも再会する……。 かつてのクラスメイトと遭遇、彼らの苦戦していた相手を瞬殺 元の世界へと戻るために情報を集め、大迷宮へと潜って戦っていきます。 そんな中、ウルの街を襲撃する魔物たち。 愛子の説得に心を動かされ退治することに。 ユエたちと協力し、自ら作り出した兵器で 簡単に全ての魔物を蹴散らします。 (C)白米良・たかや Ki そして、魔族に味方した裏切り者、清水幸利が彼らに毒針を放つ。 ハジメが敵だと認識すれば、かつてのクラスメイトだろうが容赦はない。 ハジメは彼に情けをかけることなく、殺したのだった。 それからしばらくして。 ハジメは天乃河光輝たちのパーティがダンジョンでピンチになっていることを知る。 光輝たちは、ダンジョンで魔人族に襲われていた。 そんな彼らのもとに現れるハジメ。 クラスメイトには思い入れは一切ない。 でも、白崎香織にだけは恩がある。 だから、義理を果たすために助けに入ったのだ。 光輝たちは傷つけることのできなかったキメラや、魔人族の女を、ハジメはいとも簡単に倒していく。 一般人を遥かに超える勇者が手も足も出なかった相手に、完封勝利。 この時点でハジメは人間を超越していた……。 WEB版だと最終的には…… ちなみに、WEB版は完結してるんですけど、もっととんでもないことになっているのでご紹介します。 ユエとともに、 神代魔法をすべてマスターし、移動の概念を持ったアーティファクトを自作。 これによって元の世界へと戻る方法を手にします。 その後、ラスボスの神「エヒト」にユエを奪われ、彼女を体内に取り込まれてしまいます。 絶望で世界を破壊しようとするハジメ。 ミュウによって止められて神へと立ち向うことを決意します。 今まで出会ってきた権力者たちや、クラスメイト、トータスの全戦力を結集。 ハジメもアーティファクトを量産。 神と人類の全面戦争となります。 そして、神との読み合いの末、 エヒトにとどめを刺すことに成功します。 体内に眠っていたユエと、言葉を交わすことなく通じ合っていたことが勝因。 彼女との連携によって、彼女を助け出しエヒトへ概念魔法【撒き散らした苦痛をあなたの元へ】を放ちます。 対象が今までに他者へ与えた苦痛や傷の全てをそのまま本人に返すという魔法で、ついにエヒトは、神は死んだのでした。 このバトルはハジメの強さと、彼の立てた作戦の周到さが光ります。 ぜひWEB版で読んでみてください(あたりから)。 本編終了後は、 ヒロインたちに猛アタックを受けて8人の嫁と娘ができます。 恋愛関係については後でご紹介するのでお楽しみに。 Sponsored Link 【ありふれた職業で世界最強】南雲ハジメの強さ・ステータス・アーティファクト! 次に、ハジメの強さが数値化されたステータスをご紹介します。 ハジメのステータス 6章開始時点で、ステータスは以下のように5桁超え。 *鉱物分解 魔力をじっくりと浸透させて、物質の結合を解く。 最小単位まで分解可能だが、時間はかかる。 なので戦闘などでは使えない。 鉱物を砂状に加工する為の技能。 *三爪 かつての爪熊と同様に風刃が三本出る。 *飛爪 風刃を飛ばせる。 ちなみにこの時点で、人間最強クラスの天乃河光輝のステータスはレベル83で、オール1020。 これでもイカれたステータスのはずが、ハジメの前では霞んで見える数字になっています。 人間の限界がレベル100なんですが、それを軽く超えた状態。 最終的には神をも殺すので更に強くなっていると考えられます。 ハジメの使うアーティファクト ハジメは錬成によって作り出したアーティファクトを使って戦います。 相当種類があるんですが、それもご紹介します。 ドンナー・シュラーク ハジメがメインで使用するリボルバーレールガン。 燃焼石を炸薬に利用し、纏雷を用いて電磁加速させた弾丸を放つ。 炸薬の量を減らした非致死性のゴム弾も用意している。 ドンナーは奈落の底で見つけた鉱石を用いて初めて作った。 シュラークはオスカーの隠れ家で義手を手に入れた後に作られている。 性能は基本的にドンナーと同じ。 シュラーゲン (C)白米良・たかや Ki・RoGa ユエと出会って以降に作成した対物ライフル。 ドンナーの威力不足を補うために作成し、奈落ではヒュドラ戦で使用。 ヒュドラとの戦闘で融けてしまったが、後に改良型を作成する。 パイルバンカー (C)白米良・たかや Ki・RoGa 義手に装着して使用する装備。 炸薬だけでなく電磁加速の勢いで射出するタイプ。 使用する杭は全長120cm、直径20cm、重量4t。 メツェライ パイルバンカー同様、義手に装着して使用する六砲身のガトリングレールガン。 発射速度は毎分12000発。 オルカン 回転弾倉式ミサイルランチャー。 クロスビット 十字架の形をした遠隔操作型アーティファクト。 弾丸を打ち出すだけでなく、結界を張って防御にも使用できる。 グレネード類 閃光手榴弾など、種類は様々。 シュタイフ 魔力駆動式のバイク。 ティオが仲間入りした際に定員オーバーになってしまったので、以降はシアの愛車になっている。 ブリーゼ ハマーのような外見の魔力駆動四輪。 空調も完備されている。 ミサイルなどの武器が格納されていて、荷台も用意されている。 オルニス ミレディのゴーレム騎士をヒントに作られた重力魔法が付与された鳥形の無人偵察機。 偵察機に映された光景はハジメの左目に届くようになっている。 円月輪 輪の形をした投擲武器。 空間魔法が付与されていて、輪の中心に向かって攻撃すると別の輪の中心から空間を越えてその攻撃が放たれる。 ボーラ ワイヤーで敵を捕獲する投擲武器。 空間魔法が付与されていて、敵を捕縛し空間を固定して停止させる。 ヒュベリオン 太陽光を宝物庫にチャージして、重力魔法が付与された発射口から収束した太陽光をレーザーにして放つ大軍用の殲滅兵器。 初使用時は未完成品だったため、一度使用しただけで本体が太陽の熱に耐えきれず壊れてしまった。 フェルニル 重力魔法が付与されたエイのような形をした飛空艇。 動力はハジメの魔力。 トイレや風呂なども備えている。 宝物庫 オルクス大迷宮で手に入れた指輪。 魔力を流し込むことで、ありとあらゆる物を出し入れできる。 義手 オスカーの隠れ家で見つけた物にハジメがオリジナル要素を加えた魔力の直接操作で動く鉱石で作られた黒い義手。 ハジメの左腕に付けられている。 触覚を感じることが可能で、多彩な攻撃用のギミックも仕込まれている。 義眼 神結晶に生成魔法でとを付与した義眼。 これにより、魔法を構成するを捉えることができ、核を撃ち抜かれた魔法はその場で霧散する。 ハジメの右目に付けられている。 Sponsored Link 【ありふれた職業で世界最強】南雲ハジメの恋愛・嫁・ヒロインとの関係 最後に、ハジメとヒロインたちの恋愛関係について。 フラグの立っている女性とはだいたいくっつきます。 ハジメの親いわく、リアルチーレム。 「ミュウは俺の娘で、ユエ達は全員、俺の嫁だ。 まぁ、よろしく頼むよ」 「「軽ぅ!?」」 「あ、ちなみに、あと4人ほど嫁がいるから、また後日挨拶してもらうよ」 「「リアルチーレムぅ!?」」 ユエ オルクス大迷宮の50階層で、ハジメが助け出した吸血鬼。 仲間に裏切られ封印されたところを助けられ、 「この世界に居場所がないなら、一緒に俺の世界に来るか?」という言葉で彼に惚れてしまいます。 オルクス大迷宮を攻略後、性的にハジメをいただいています。 作者いわく、ハジメに対するエロさも世界一。 ハジメ自身も、 彼女のことをかなり特別視しています。 香織に告白された際も、「俺には惚れている女がいる」ときっぱりと答えています。 ……最終的には、香織のアタックに屈服して、両方とも嫁にするんですけどね。 シア から登場。 魔力を持つ亜人として、亜人族から忌み子として扱われます。 彼女の存在が知れてしまい、彼女のことをかくまっていたハウリア一族は樹海を追放。 帝国兵の亜人狩りに襲われているところを、未来視で見たハジメ・ユエに助けを求めます。 最初はハジメにぞんざいな扱いを受けますが、何度も立ち上がって彼の手助けをしようとしたり、一途に彼を想う姿を見せます。 ハルツィナ樹海を攻略したあと、罠で溺れかけたシアを人工呼吸。 このあたりから、ハジメは彼女のことを特別な存在だと思うようになっていきます。 ティオ から登場。 魔術師によって操られていた黒竜。 ハジメがケツにパイルバンカーをしたことによって、ドMに目覚めてしまいます。 (C)白米良・たかや Ki・RoGa 目覚めてしまってからは、ハジメのことを「ご主人様」と呼ぶようになります。 ミュウ (C)白米良・たかや Ki から登場。 フューレンでハジメが助けた海人族。 ハジメのことを最初は「お兄ちゃん」と呼んでいましたが、後に 「パパ」と呼ぶように。 呼ばれ始めた時期は不本意だったものの、最終的にはハジメも過保護になり、ユエ達から親馬鹿と呼ばれるほどになってしまいます。 ミュウと一緒のときは、普段は見せない表情を見せるようになっていきました。 (C)白米良・たかや Ki・RoGa 白崎香織 (C)白米良・たかや Ki 地球にいた頃から、彼のことを気にかけていたヒロイン。 中学時代、おばあさんを助けるために不良に対して土下座していたところを目撃し、その優しさに恋心を抱きます。 そして、で魔人族から助けてくれたハジメに告白。 そのときはユエに惚れているからと断られますが、シアたちと同じようにパーティに同行することを選びます。 レミア (C)白米良・たかや Ki ミュウの母親。 五年前に夫を亡くした未亡人。 娘を助けてくれたハジメに感謝していて、ミュウが父のように慕う彼の夫のように振る舞います。 ユエ達から嫉妬されるも、人妻特有の余裕で受け流します。 八重樫雫 香織の友達で、とても苦労人な剣士。 とても強く、女性に惚れられやすいが、本人は強い男性に守ってもらいたい、女の子として扱ってほしいと思っていました。 最初は親友である香織の想い人に恋してしまったことに悩み、否定します。 が、もうひとりの自分と対峙した際にハジメに助けられ、好きになったことを認めて受け入れるのでした。 リリアーナ (C)白米良・たかや Ki ハイリヒ王国の王女。 賊に襲われていたところをハジメに助けられます。 そのときはハジメたちにぞんざいな扱いを受けています。 ですが、王国再建のため婚約し、婚約者であるバイアスに襲われたところをハジメのアラクネによって救助されます。 再び助けに応えてくれたハジメに好意をいだくのでした。 畑山愛子 (C)白米良・たかや Ki ハジメのクラスの社会科担当教師。 ウルに魔物が進軍してきた際、ハジメの気持ちを尊重した言葉で彼の心を少し動かします。 また、清水によって殺されたあと、救命処置として人工呼吸をされたことをきっかけに、ハジメのことを異性として意識し始めます。 異世界から帰還したあとは、先生と生徒が付き合うということや年の差に思い悩みます。 が、ハジメにあっさりと否定され、年の差についてはユエ(323歳)がいることを指摘されます。 その後普通に両親へ挨拶に行き、無事彼の嫁となるのでした。 ハジメの活躍を楽しむなら ちなみに、ありふれた職業で世界最強を楽しむ方法をご紹介しますね。 書籍版を揃えるなら 書籍版でハジメの圧倒的な強さや、ヒロインたちとのイチャイチャを読みたければ、ebookjapanというサイトがおすすめです。 WEB版にはない描写が追加されていたり、挿絵で臨場感が上がっているのでファンなら絶対読んどいた方がいいですよ。 今なら会員登録で一冊半額クーポンがついているので、50%OFFで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントがつくので、ありふれた職業で世界最強を全巻揃えるならここがオススメです。 魔物の肉を喰ったことで人間の限界を超えた成長を果たします。 錬成師のスキルを使って作り出したアーティファクトで戦い、敵とみなした存在を全て軽々倒していきます。 最終的に嫁はユエ、シア、ティオ、香織、レミア、雫、リリアーナ、愛子の8人。 ミュウも娘として受け入れられます。 WEB版では地球に戻って全員を娶っています。 書籍版を揃えるならこちら。 似た作品を探している方は、こちらもどうぞ。

次の