マッハばばあ。 マッハ から メートル/秒へ換算

マッハ数

マッハばばあ

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年5月) バスケばあちゃん をドリブルしながらに併走し、ボールを投げつけてくる、というもの。 うっかりボールを受け取るとバイクが転倒し、無視してもボールをぶつけられて転倒し、どちらにしろライダーは死んでしまう、とされる。 ホッピングばあちゃん 山道で、突然に乗って目の前に落下してきて、そのまま大ジャンプで車を飛び越す、というもの。 それ以上何かしてくる事はないが、驚いてハンドル操作を誤れば死亡事故につながる、と続く場合も。 棺桶ババア 運転手をつかみ出し、担いでいた棺桶に入れてそのまま火葬場まで運ぶ、というもの。 ボンネットばばあ 国道を走っているといきなりババアがボンネットに乗ってくる。 びっくりして操作を誤ると死ぬこともあるのでそのまま7km走り続けるのが良いとされている。 「ばあちゃん」の部分は、「ばあさん・ばばあ」など地方によって異なる。 同じく「ターボ」も、「ダッシュ・ジェット・ハイパー・光速」などの派生がある。 その走行速度が名称となっている場合もあり、「40キロばばあ」を始め「60キロ、80キロ、120キロ」など、上の制限速度ごとのバージョンが存在する。 また、主体がの場合もあり、「ターボじいちゃん」などと呼ばれている。 「高速併走型怪奇現象」は他にも以下のようなパターンがある。 「で高速道路を走る」• 「高速でハイハイをする」• 「に乗って追いかけてくる」• 「に跨る」• 「首都高を走る」• 鞠つきをしている最中にひき逃げされた少女の霊が、自動車以上のスピードで道路を疾走する「鞠つきマリちゃん」• 鞠つきをしながら路上の自動車を猛スピードで追いかける「鞠つきじじい」• でリヤカーを引いた女性が時速80キロメートルの車と競走する「リヤカーおばさん」• の津山インターチェンジ付近で、白いブラウス、赤いスカート、ランドセル姿の少女が時速80キロメートルでスキップしながら車と車の間を通る「スキップする少女」 さらには犬や猫などの動物が主体のパターンが存在し、攻撃の有無、顛末などは様々である。 脚注 [ ] [].

次の

堺市深井の肉バル「Clan」で肉食ディナー!

マッハばばあ

ご利用条件 ご利用に関する承認事項 本同意書では下記のとおり、利用者または閲覧者を「利用者」と表記し、またuradvd-tonya. comを「本サイト」と表記する。 本同意書は、クリックして入場した時点から有効となり、インターネットサービスをご利用された時点から発効されるものとする。 法律および地域社会の規範に対する準拠 利用者は自らの居住する地域社会における風俗系メディアに関する規範・法律を理解し、本サイトにおけるアダルト映像の送受信の閲覧がこうした規範・法律に違反しないことを言明する。 また、利用者は本サイトの題材を要求、受信、処理することに関し、本サイトに一切の責任がないことを言明し、本同意書の規約に同意する。 アダルトコンテンツ閲覧に関する同意 このウェブサイトは、アダルトまたはポルノに類される性的画像、言語、および音声へのアクセスを希望する成人(18歳以上もしくは居住する司法管轄権における成人年齢に達している個人)だけを対象にするものである。 本ウェブサイト内の題材には、裸体および性行為が描写されており、17歳以下もしくは居住する司法管轄権における成人年齢に達していない個人、またはこうした内容の表示を望まない成人は、これにアクセスしてはならない。 利用者は以下のことを宣言し、その内容に同意する。 「偽証罪告知の下、利用者は自分が18歳以上もしくは居住する司法管轄権における成人年齢に達しており、17歳以下もしくは居住する司法管轄権における成人年齢に達していない個人に対し、このウェブサイトに含まれる題材へのアクセスを禁止することを約束し、ここに宣誓する。 利用者は、本ウェブサイトへのアクセスにより、アダルトまたはポルノに類される性的画像、言語、および音声が表示されることを理解し、自らの娯楽、情報収集、教育を目的に、本サイトに含まれるあらゆる題材の視聴を希望する。 このサイトの閲覧は、利用者の住む地域社会における平均的成人個人が持つ健康的かつ一般的な性への関心・興味を表す行為である。 利用者は自らの居住する地域社会におけるこのような性的題材の許容度をよく理解し、本サイトの題材が当該地域社会で許容されるものであるとみなす。 利用者は、当該地域社会に居住する平均的成人が、未成年またはこうした題材の閲覧を希望しない成人に対してのアクセスを禁止するという状況下で、本サイトの題材を容認し、また本サイトの題材を猥褻または不快と認識することがないと判断する。 」 3. コンテンツ、利用条件変更の権利 本サイトは、ウェブサイトのコンテンツ、およびこの利用条件のすべてを、いかなる時にも自由に変更する権利を有する。 利用者は利用条件に変更の有無を定期的に確認し、こうした変更が提示された後に本サイトを継続利用した場合には、その変更を受け入れたものとみなされる。 本サイトは、利用者またはいかなる個人の本ウェブサイトへのアクセス権が取り消しまたは一時停止された場合にも、一切の責任を負わない。

次の

ターボばあちゃん

マッハばばあ

マッハばばあって知ってる? 昨日は目を醒ましたらよるの9時でした。 恐ろしいです、マジで。 夢を見ました。 マッハばばあの夢だ。 マッハばばあっていうのは、家の近くにあるユニーと座間警察署の間の道路に出ると言う幽霊だ。 それがマッハばばあ。 スピード違反をしている車がふとミラーに目をやると、追っかけてくる人影が見える。 それがマッハばばあ。 慌てたドライバーがハンドルを切りそこない事故に遭う。 それを見つめ笑みを浮かべる老婆。 それがマッハばばあ。 なんて恐ろしいんだ。 マッハばばあ。 何が恐ろしいって。 車を追っかけてくるのが、わざわざ老婆だという設定が怖い。 これがマッハアスリートだったらそんなに怖くないんじゃないか。 マッハ中野孝一とか。 いや、それはある意味怖いか。 あと、わざわざ警察署の前でスピード違反しちゃうドライバーが怖い。 まぁ、急いでるとかスリルがほしいとか分かるけどさぁ、 パトカーや警察署の前くらい安全運転なフリしなさいよ。 そりゃ車が炎上しても文句言えないよ。 さらに言えば マッハばばあという ネーミング。 いったい誰が考えたんだ。 そのセンスこそ一番恐ろしいよ、ぼかぁ。

次の