新型 ハスラー mt。 ハスラー MTの中古車を探すなら【グーネット中古車】|スズキの中古車情報

スズキ ハスラーにmtターボはあるの? | 新型車 中古車の最新情報館

新型 ハスラー mt

スポンサードリンク ハスラー 新型にはMTアリという可能性を語る 現行のハスラーも元々はワゴンRがベースになっていてそれは今回も同様です。 車情報サイトのMOTAによると以下の様に記載があります。 ハスラーコンセプトのベースとなったのは、アナウンスこそされていないがスズキの新型プラットフォームである「HERTECT」を採用した現行ワゴンRであろうと思われ、従来型よりも大幅に軽量化と高剛性化が図られていると推測される。 引用: と、いう事はエンジンやプラットフォームの共通化はもちろんの事、ミッションも同じになる可能性は十分にあります。 と、言う訳でワゴンRの公式サイトを見てみると以下の様な記述を発見しました。 引用: 現行のワゴンRにもMTがあるんですよね。 ただ、やっぱりマイナーなミッションになってしまうのは間違いなく、エントリーグレードの「FA」だけでの設定でした。 しかし、エントリーグレードって言ったって走りの面においてはどのグレードも差が無いのはハスラーであればいつもの事。 と、いう事で ハスラーにもMTはあるんじゃないかと私は予想しています。 既に新型のハスラーを試乗したというリーク情報がある 上記の私の予想を裏付けるようにMTが出るという事を後押ししてくれる情報を見つけました。 でも、これは四角い形状をしていてしかもドリンクホルダーにしては中途半端な大きさです。 しかし、MTのシフトノブが搭載される場所として仮置きしているのであればそれも納得できます。 参考記事: ただ、ハスラーのMTが出ないんじゃないかという意見もある ただ、Twitterなどを見てみるとこの様な評価もあってビックリしました。 新型ハスラーにMTが無いと知り、わたしの軽マニュアル車探しが暗礁に乗り上げた…… — 菊 oknkoiu 新型ハスラーのMTがインパネシフトだということなしなんだが — くまみね kumamine この情報はマジなのか?と思ってみんカラとか5chとかあちこちを見て回ったんですけど、 どこにもMTが搭載されないとハッキリとしたことは書かれていないし、公式からの発表もありませんでした。 つまり、ガセなのかもしくはただの予想という事だと考えられます。 それよりかはこの記事で私がお伝えしたようなベース車のワゴンRから連想したり、現車を見てきた人の口コミの方がまだ信ぴょう性があるとは思います。 もちろん、それらも公式発表がまだなので今後どうなるかはまだ分かりませんが、現段階ではMTが搭載される可能性の方が高いと思います。 結論:ハスラー新型でMTは搭載される・・・と思う これまでの情報を総合すると新型のハスラーにもMTは搭載される・・・と思います。 「思います」というあいまいな言い方になっているのはこれらの事もまた私の予想の範疇を出ないからです。 可能な限り真実に近い物をピックアップしたつもりですが、全ては公式発表が全てですから直前でどんでん返しになる事は十分にあり得ます。 でも、MTの需要は十分にあるのですからCVTだけなんて寂しい事を言わないでMTも搭載してほしいと思います。 ハスラー関係に関してはこちらの記事もどうぞ! 参考記事: 参考記事:.

次の

【新型ハスラーからも消滅!!】自動ブレーキ義務化でMT車消滅の危機!?

新型 ハスラー mt

*スズキ大型モニターシステムとは、大型モニター上でお客様が知りたい情報を画面に映し、カタログや口頭ではお伝えしきれないクルマの情報をタッチペンの簡単操作で見ることができるシステムです。 *スズキ大型モニターシステムの設置の有無につきましては販売会社によって異なります。 事前にスズキ販売会社にお問い合わせください。 *当シミュレーション内の「アクセサリー」はディーラーオプションです。 ・3D画像はイメージ画像になります。 実際の車両、仕様と異なる場合がございます。 またディスプレイ装置によって実際の色とは異なって見える場合があります。 ご購入の場合は、必ず販売店でご確認ください。 ・車両本体価格はタイヤパンク応急修理セット・ジャッキ付で、保険料・税金(除く消費税)・届出等に伴う費用および付属品価格は含んでおりません。 ・車両本体価格(消費税込み)はメーカー希望小売価格で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・メーカーオプションは車両のご注文時に申し受けます。 ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 ・ディーラーオプションはメーカー希望小売価格(消費税込み)で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・ディーラーオプションは商品によっては車両のご注文時に取り付けが必要となるものもございます。 また、新車装着時の参考取付費が含まれております。 ・当お見積り内では選択可能なオプションが実際は選択できない(または同時装着不可)、また選択不可能なオプションが実際には選択できる場合(同時装着可)があります。 詳しい装着条件につきましては販売店にお問い合わせください。 ・掲載のディーラーオプションは商品の一部となります。 その他の商品について、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・当シミュレーション内の合計金額は参考価格です。 表示の金額、または印刷されたものに販売効力はありません。 ・自賠責保険料・税金・届出等に伴う諸費用、リサイクル料金が別途必要となります。 詳細な見積りは販売会社にお問い合わせください。 ・在庫状況、納期等につきましては販売店までお問い合わせください。 *スズキ大型モニターシステムとは、大型モニター上でお客様が知りたい情報を画面に映し、カタログや口頭ではお伝えしきれないクルマの情報をタッチペンの簡単操作で見ることができるシステムです。 *スズキ大型モニターシステムの設置の有無につきましては販売会社によって異なります。 事前にスズキ販売会社にお問い合わせください。 *当シミュレーション内の「アクセサリー」はディーラーオプションです。 ・3D画像はイメージ画像になります。 実際の車両、仕様と異なる場合がございます。 またディスプレイ装置によって実際の色とは異なって見える場合があります。 ご購入の場合は、必ず販売店でご確認ください。 ・車両本体価格はタイヤパンク応急修理セット・ジャッキ付で、保険料・税金(除く消費税)・届出等に伴う費用および付属品価格は含んでおりません。 ・車両本体価格(消費税込み)はメーカー希望小売価格で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・メーカーオプションは車両のご注文時に申し受けます。 ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 ・ディーラーオプションはメーカー希望小売価格(消費税込み)で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・ディーラーオプションは商品によっては車両のご注文時に取り付けが必要となるものもございます。 また、新車装着時の参考取付費が含まれております。 ・当お見積り内では選択可能なオプションが実際は選択できない(または同時装着不可)、また選択不可能なオプションが実際には選択できる場合(同時装着可)があります。 詳しい装着条件につきましては販売店にお問い合わせください。 ・掲載のディーラーオプションは商品の一部となります。 その他の商品について、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ・当シミュレーション内の合計金額は参考価格です。 表示の金額、または印刷されたものに販売効力はありません。 ・自賠責保険料・税金・届出等に伴う諸費用、リサイクル料金が別途必要となります。 詳細な見積りは販売会社にお問い合わせください。 ・在庫状況、納期等につきましては販売店までお問い合わせください。 Licensed by Artestar, New York.

次の

いよいよ登場!? スズキ 新型「ハスラー」発売前に徹底解説

新型 ハスラー mt

至る所で渋滞が発生し、のろのろ運転がしょっちゅうある日本において、好き好んでマニュアル車を新車で買おうとは、なかなか考えにくいのだが、実は世界を見わたすと、オートマチック車の比率が高いのは、日本とアメリカ、オーストラリア、東南アジアなどの一部であり、欧州では、いまだマニュアル車の販売台数のほうが圧倒的に多いのだ。 日本でのMT車の販売比率は、2017年ではわずか2. 1980年代までは50%程度と高かった ヨーロッパのドライバーは、「クルマをコントロール」することを運転の楽しみのひとつにしているという。 昨今は、AMTやCVT、DSGといった、マニュアルミッションのフィーリングを残したAT車が登場してきてはいるが、渋滞のほとんどない道を、ある程度スピードを出して移動できる、という欧州の道路事情もあり、さらには、長年植え付けられた「クルマが安くて、燃費もいいMT車のほうが経済的だ」という意識が、いまだMT比率を維持している要因だという。 ちなみに、ベンツやBMW、アウディといった高級車ではAT車がほとんどであり、車格が下がる(価格が安くなる)程にMT比率が90%近くまで上がってくる。 そして、ひとたびオートマティック車に乗ると、そのあまりの快適さにMT車には二度と戻れなくなるドライバーが多いそうだ。 1つ目は、 「イメージ」のためだ。 マーチやフェアレディZなどの「NISMO」ブランドのクルマ、ヴィッツや86の「GRMN」、ホンダシビックタイプRなど、また、マツダのMT車も、この「イメージ」のためにMT車を設定していると考えられる。 MT車といえば、やはりスポーツカーというイメージを持つ方も多いだろう 「速さ」を求めればクラッチを踏まない自動変速に行き着くのは、F1やスーパーGTといったレースで明らかではあるのだが、「スポーツカーはマニュアルで乗るべし」という意見はいまだ根強い。 自動車メーカーが、我々メディア含むスポーツカーファンへ向けて、その「スポーツカーはマニュアルで乗るべし」という思いに同調していることを表わすメッセージだろう。 もちろん海外市場に向けて販売をしているMT車のため、国内導入するのはさほど難しいことではないのではあるが、「ブランドイメージ」を上げるため、売れなくてもやせ我慢している面が、多少なりともあると考えられる。 2つ目は、 「少ない需要を独占する」ことだ。 冒頭で挙げたカローラをはじめ、シビック、アルト、ワゴンR、また、ハイゼットやキャリイといった軽トラなどにMT車が設定されている理由がこれだ。 スポーツモデルのイメージの薄かったトヨタだが、スポーツブランド「GR」を立ち上げてからは、積極的にスポーティなグレードやMT車を導入している 高齢のドライバーの方に多いのだが、長年、MT車に乗ってきた人のなかには、なかなかAT車に乗り変えることができない人がいる。 実は、筆者の母親も、少し前までMT車しか運転したことがなかった。 ちなみに母は、クルマ好きとかではなく、母のクルマはずっと軽自動車。 ただ、「ATは勝手に前に進むので怖かった」らしい。 AT車に乗り換えてからは、MT車など見向きもしなくなったが、このように、ATへ乗り換えることができない世代が実は一定数いる。 スポーツモデルではない、いわゆる「普通のクルマ」にMT仕様を残しているのは、こうした方々へ届けるクルマとして用意した、という意味合いもあるだろう。 3つ目は、 「メーカー自身が、MT車が必要だった」という理由だ。 ワンメイクレースや競技車のベース車両となる車種、例えばトヨタ 86/スバル BRZやマツダ ロードスター、スズキ スイフトスポーツ、スバル WRX STIなどがそうで、メーカーが、レースに参戦するため、ATよりも作りが比較的簡単で、耐久性も高く、レースのシーンに合わせて自由にミッションレシオを組み替えられるMTを用意する必要があったのだ。 また、4つ目として、 「メーカーがMT車を作りたかった」という理由もある。 ホンダ S660、ダイハツ コペン、スズキ ハスラー、ジムニーなどがそうで、そうでなければ、これほどにマニアックな車種のMTなんて用意されないであろう。 だが実は、我々自動車ファンを最も喜ばせてくれるクルマは、こうした「メーカーが作りたかったMT車」だったりするのだが。 すでに存在を忘れている方もいるかもしれないが、大人気のハスラーにもMT車が設定されている このように、メーカーがあえてMT車を残す理由はいくつか考えられる。 AT車のほうが便利であるのは明白だし、筆者も普段使いにはAT車一択だが、「運転を楽しむ」ことを目的とするならば、逆にMT車であることが前提条件だったりする。 ともかく今後しばらくは、国内でもMT車が存続していくのは間違いないだろう。

次の