シュバルゴ 弱点。 『シュバルゴ』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

シュバルゴ

シュバルゴ 弱点

ポケモン名 タイプ 攻撃力 防御力 HP シュバルゴ むし はがね 223 187 172 ヘラクロス むし かくとう 234 179 190 タチフサグマ あく ノーマル 180 194 212 カイリキー かくとう — 234 159 207 リングマ ノーマル — 236 144 207 ルカリオ かくとう はがね 236 144 172 フーディン エスパー — 271 167 146 キノガッサ くさ かくとう 241 144 155 バシャーモ ほのお かくとう 240 141 190 どれも攻撃型のポケモン。 防御力・HPが低いので、弱点を突かれるポケモン以外はどんどんHPを削っていきましょう。 シュバルゴの個体値を厳選するなら! 各リーグで 一番強いシュバルゴの個体値は下記です。 スーパーリーグ 攻撃0/防御15/HP13の CP1500(Lv19. 5) ハイパーリーグ 攻撃1/防御15/HP14の CP2498(Lv34. 5) ポケモンボックスにこれらのカブルモ・シュバルゴがいないか確認してみてください。 シュバルゴは、ポケモン交換によって飴0個でカブルモから進化できます。 シュバルゴを持ってない方、厳選したい方は、で譲って貰いましょう。 個体値を厳選する事で、ミラー対決で有利に立ち回れるし、 ゲージ技同時発動の場合は攻撃力の高い方が先に撃てます。 GOバトルリーグについては下記記事をご覧ください。 ポケモン強化に必要な星の砂は、・・などで稼ぎましょう! 参照 以上、ポケモンGO GOバトルリーグで対戦する シュバルゴについて、弱点や技、使うメリット・デメリットでした。

次の

【ポケモンGO】むしタイプ最強アタッカーランキング6選!【ジム・レイドバトル】|ポケらく

シュバルゴ 弱点

5倍になる。 自分への攻撃は急所に当たらない。 粉系の技『いかりのこな』『キノコのほうし』『しびれごな』『どくのこな』『ねむりごな』『ふんじん』『まほうのこな』『わたほうし』、特性『ほうし』の効果を受けない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 威力は20〜200 Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍をその相手に与える。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 [基本 USUM〜BW ,Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の

シュバルゴ

シュバルゴ 弱点

シュバルゴ きへいポケモン ぜんこくNo. 589 高さ 1. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Escavalier タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍になる。 自分への攻撃は急所に当たらない。 粉系の技『いかりのこな』『キノコのほうし』『しびれごな』『どくのこな』『ねむりごな』『ふんじん』『わたほうし』、特性『ほうし』の効果を受けない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 威力は20〜200 Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 USUM New! そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。

次の