美術館 トイレ 寸法。 目黒区美術館 ラウンジ

バリアフリーブック パブリックトイレ編 CADデータ

美術館 トイレ 寸法

トイレに必要な寸法 便器をトイレに置く時には最低限必要なスペースは 便器の先からドアまで40cm、便器の両側に壁まで15cmずつの余裕を確保しましょう。 快適に過ごすために必要なトイレの広さ 先程紹介したトイレの広さは必要最低限なので実際に使用すると圧迫感を感じて窮屈です。 また、両サイドの壁からの間隔の最低である15cmでは体格の大きい男性ではトイレットペーパーを使う際に少し不便に感じるかもしれません。 そのため 便器からドアまでは45~50cm程度、壁からは20cm程度離しておくと快適さと使いやすさが両立したトイレを作ることが出来るでしょう。 以下の表に各トイレの寸法ごとの快適な便器の大きさをまとめておきます。 トイレの寸法 便器の奥行き 便器の幅 0. 4坪 70~75cm 40~48cm 0. 5坪 75~80cm 40~48cm 0. 75坪 70~80cm 45~50cm 0. 75坪のトイレであればどのような便器を置いても狭さを感じることはありません。 この広さのトイレにはカウンターや棚、手洗いなどを設置しますのでそのスペースも考慮してトイレをデザインしましょう。 狭いトイレから圧迫感を取り除くためのテクニック トイレは一生のうちに3年もの長い間を過ごす場所だといわれています。 そのため、できるだけ快適に過ごせる空間にしたいですよね。 しかし、トイレをリフォームするには時間も費用もかかるため、できるだけトイレを広く見せるにはどうすればいいのかというテクニックを知っておくとよいでしょう。 トイレのスペースは、白やベージュなどの明るい色でコーディネートする 色の膨張効果によって、同じ広さでも広く見せることができます。 トイレマットを置く場合は、床と同系色を選ぶとよいでしょう。 差し色を使う場合は、中間色か寒色を使うと効果的です。 タカラスタンダード 白を基調としたトイレ 壁の色をグラデーションにする 視覚効果を利用して、床・壁・天井の色を段階的に濃いものから薄いものにグラデーションしていくと広く見えます。 それが難しい場合は、奥の壁の色を濃くするだけでも奥行を感じることが可能です。 トイレのドアは外開きかスライド式に ドアを取り付ける際は必ず外開きにしましょう。 内開きにしても問題ない広さであったとしても緊急時、中で人が倒れている時に内開きですと扉を開くことが出来ません。 万が一狭いトイレで内開きにしてしまった場合は非常に使いにくいトイレになってしまいます。 最近では引き戸や、折りたたみ式のドアなども多くなっているので家の間取りや家族構成に合わせたドアを取り付けましょう。 介護用のトイレスペース事情 トイレのリフォームを行う人は、介護を視野に入れている人も多いのではないでしょうか。 車椅子に乗っている介護が必要な人と同居する場合、トイレの広さが2畳あれば、トイレの中で車椅子の方向転換を行うことができ、ドアの開閉も可能です。 2畳の広さが確保できれば、トイレの中に手すりを付けたり、を取り付けたりすることで、人によっては自力でトイレを使用できる場合があるかもしれません。 また、2畳のスペースがあれば、便器の前や横で介助するスペースの確保もできますので、介助する人の負担も軽くなるでしょう。 車椅子でも入りやすい広さの例 介護をするには2畳のスペースがあればいいといっても、住宅事情などから2畳分のスペースが確保できない場合もあるでしょう。 5畳のスペースが確保できる場合、トイレの外で車椅子を降りて、手すりなどを伝って便器に座るか、それが難しい場合は、ドアは開けっぱなしになってしまいますが、車椅子で便器の近くまで行き、便器に移動する方法があります。 5畳の場合も、便器の横と前方に介助スペースを確保することが可能です。 しかし、1. 5畳のスペースを確保するのも困難な場合があるかもしれません。 トイレが一般的な広さである1畳分の場合でも、便器の横が廊下になっており、ドアが2枚連動引き戸か3枚連動引き戸という構造であれば、車椅子が入りやすくなります。 この場合、便器の前にはスペースがあるため介助ができますが、横にはあまりスペースがないため、介助するのは難しいです。 引き戸のトイレ 車椅子で出入りすることを考えれば、トイレのドアは引き戸にするのが望ましいでしょう。 ただし、引き戸にするためにはスペースが必要なため、難しい場合もあるかもしれません。 その場合は開き戸にするしかありませんが、外開きのドアにするのが鉄則です。 お年寄りが家の中で亡くなる場所は、浴室に次いでトイレが多くなっています。 もしトイレでお年寄りが倒れた場合、内開きのドアだとドアが開かなくなる可能性があるからです。 しかし、外開きにすると、ドアを開けたときに廊下にいる人にぶつかる可能性があります。 その場合は、トイレの奥行を少し狭くする方法を採ると効果的です。 車椅子用のトイレは、病院や商業施設にもありますが、住宅にあるトイレと比較してかなり広めのスペースが確保されています。 それは、介助者が付き添いできることを考えられており、トイレのスペース内で車椅子が方向転換できること、スポーツ用の車椅子でも利用できること、複数の車椅子利用者が同時に入れるスペースを確保することという目的があるためです。 快適なサイズを考えよう! トイレをリフォームする場合、スペースの広さとの兼ね合いによって、どのサイズの便器が置けるかが変わってきます。 また、介護が必要な人と一緒に住んでいたり、将来的な介護のことも考えたりしてリフォームを行う場合は、スペースや寸法だけでなく、ドアの選び方などにも工夫が必要です。 マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいるのか、戸建て住宅に住んでいるのかによっても変わりますが、住宅事情やスペースに応じたバランスを意識して、トイレリフォームを行いましょう。

次の

金沢21世紀美術館

美術館 トイレ 寸法

高齢者や車椅子を使っている場合などは、生活スペースだけでなくトイレもバリアフリーに対応する必要があるでしょう。 バリアフリー対応のトイレの広さは一般的に、戸建てのトイレよりもさらに広い約0. 一般的なトイレの2倍近い広さとなるため、建坪によっては生活スペースでの調整が必要になってくる可能性もあります。 バリアフリーに対応するトイレを設置する場合は、事前に広いトイレを確保できる余裕があるか、確認しておくことが大切です。 コンパクトなトイレも登場!一般的な便器の寸法は? ひと口にトイレといっても、便器の寸法はタンク付きかタンクのないタンクレスかによって異なります。 どちらのタイプを選ぶかでトイレの広さが大きく左右されるため、一般的な便器の寸法を知っておくとよいでしょう。 具体的にそれぞれの寸法を紹介するので、トイレの広さを決める際の参考にしてください。 タンク付きのトイレ タンクというのは、便器の後ろに付いている箱のような部分のことです。 タンクの中には水がたまっており、用を足した後にレバーを動かすとタンク内の水が流れて排泄物を下水へ流す仕組みになっています。 タンクが付いたトイレの寸法は、一般的に、床からタンクの上までの高さが100cm程度、便器の幅が45cm程度、便器の奥行(便器の手前からタンクの奥まで)が80cm程度となります。 また、タンク付きでも奥行きの寸法がコンパクトつくられているコンパクトなタイプもあります。 トイレ空間に余裕を持たせたい方は、コンパクトな寸法の便器を選ぶと良いでしょう。 タンクレスのトイレ トイレといえば便器とタンクがセットになっているものが一般的ですが、タンクのないタイプのトイレも増えてきています。 便器の後ろにあるタンクがないため、タンク付きのトイレより小さく、一般的な寸法は、床からの高さが55cm程度、便器の幅が40cm程度、奥行70cm程度となります。 タンクの分だけ奥行に余裕ができるので、空間を広く使うことができます。 タンクレスのトイレは、タンク付きのトイレに比べると、すっきりとしたデザインで洗練された印象になります。 また、タンクレスのトイレはシンプルな形状で、掃除がしやすいというメリットもあります。 トイレの広さを決める際のポイント 新築やリフォームでトイレを検討する際には、広いスペースや最新のタイプを取り入れたいと思う方も多いでしょう。 しかし、最適な広さのトイレを実現するために、まず確認したいのは「必要最低限のスペース」です。 必要最低限のスペースを確認した後に、そのスペースをどれくらいまで広くするかを検討すると、自分たちのライフスタイルや希望に応じた最適なトイレに仕上げることができます。 必要最低限のスペースはどのように決めれば良いのか、ケースごとに見ていきましょう。 必要最低限のスペースを確認する 必要最低限のスペースを確認するためには、トイレに採用したい便器の寸法を調べます。 便器の寸法は、大まかには上で紹介したとおりですが、細かくは商品ごとに異なります。 そのため、必要最低限のスペースも、採用したい便器の寸法よって異なります。 必要最低限のスペースは、幅は便器の幅プラス30cm程度、奥行きは便器の奥行きプラス40cm程度となります。 トイレのスペースと採用したい便器の寸法を照らし合わせ、まずは必要最低限のスペースが確保できるか確認しましょう。 万が一、必要最低限のスペースが確保できない場合は、便器を小さいものに変更する等を検討した方がよいでしょう。 スペースがない状況で、無理に便器を設置すると動きづらく使いにくいトイレになってしまう可能性があります。 必要最低限のスペースより広めにする 必要最低限のスペースが確保できたら、それからどれくらいトイレを広くするかを決めます。 次に、トイレを快適に使うために必要な寸法について見ていきましょう。 コンパクトなタンクレスタイプの便器を採用すれば、空間に余裕ができてゆったりとしたトイレにすることもできるでしょう。 トイレ空間に余裕があるので、収納キャビネットや手洗い場などを設置することもできます。 トイレットペーパーや掃除道具などがすべて入れられる大きさの収納キャビネットを設置すれば、見た目もスッキリとしたおしゃれな印象のトイレになるでしょう。 バリアフリー対応にする場合 バリアフリー対応のトイレは、介助スペースまで含めると幅160~180cm、奥行き160~180cmが必要となります。 これだけの広さがあれば、どのようなサイズの便器を選んでも、ほぼ問題ないといえるでしょう。 ただし、バリアフリー対応のトイレにする場合は、車いす対応の便器の検討、手すりを取り付ける箇所の検討、出入口の大きさや向きの検討など、便器の寸法以外の部分をしっかり検討することが重要といえるでしょう。 トイレ内に手洗い器を設置する場合の寸法は? トイレを使った後、すぐに手が洗えるようにするためにトイレ内に手洗い場を設置することも少なくありません。 この場合、快適に使うためにはトイレの広さにあわせて手洗い場を設置する必要がありますので、おおまかな寸法を把握しておきましょう。 4~0. 5坪のトイレ 一般的な分譲マンションから戸建てに多い0. 4~0. 5坪のトイレの場合、カウンターや手洗い器の奥行き寸法が25cm以下の手洗い器とすると良いでしょう。 この寸法であれば、トイレを使う際に、手洗い器が邪魔になることもありません。 便器の正面に出入り口がある間取りの場合は、トイレに座るまでの間に手洗い器の横を通ることになりますので、大きな手洗い器を設置するとトイレに座る際に邪魔になってしまう可能性があるため、できるだけコンパクトなものを選んだほうが安心でしょう。 75坪以上のトイレ 広々としたスペースを確保できる0. 75坪以上のトイレの場合は、カウンターや手洗い器の奥行き寸法が35cm程度の大型の手洗い器でも設置することができますので、収納キャビネットなども余裕をもって設置できるでしょう。 75坪以上のトイレは、サイズでの制約を受けにくく、さまざまなデザインの手洗い器から好みのものを選ぶことができるといえるでしょう。 トイレの広さは便器や手洗い器の寸法に合わせて決める!.

次の

トイレの寸法ってどの程度?基本の広さや最適なサイズは?|定額リフォームのリノコ

美術館 トイレ 寸法

一般的なトイレスペースと便器の寸法 ご自宅のトイレスペースや便器が大きめなのか小さめなのか把握していただくために、一般的なトイレスペースと便器の大きさについて紹介いたします。 1-1. 一般的なトイレスペースは0. 4坪・0. 5坪・0. 75坪の3種類 まず、住宅ごとに一般的なトイレスペースをご紹介します。 4~0. 5坪のトイレが一般的です。 戸建ての二階や階段下のトイレなどは0. 4坪が多く、0. 75坪はやや広めのゆったりとしたトイレとなります。 1-2. 便器の一般的な寸法はタンクの有無で異なる 便器はタンクありのトイレかタンクレスのトイレかによって寸法が変わります。 二つのパターンに分けて一般的な寸法をご紹介します。 タンクありトイレの場合 タンクありトイレの一般的な寸法は、高さ100㎝、幅45㎝、奥行80㎝です (参考:LIXILアメージュZ、TOTOピュアレストEX) タンクレストイレの場合 タンクレストイレの寸法は、高さ45㎝、幅40㎝、奥行70㎝が一般的です (参考:LIXILサティスG、TOTOネオレストAH、Panasonic新型アラウーノ) 2. トイレスペースと便器の丁度良いバランスとは? 続いては、トイレスペースと便器のバランスについて解説いたします。 2-1. トイレの必要最低寸法を知る トイレのスペースと便器の丁度良いバランスを考えるために、まずトイレの必要最低寸法についてご説明いたします。 下の図のように便器の先からドアまで最低40㎝そして、便器の左右は最低15㎝あけましょう。 2-2. 本当に快適なトイレの寸法は必要最低寸法より少し大きめ 必要最低寸法をもとに快適なトイレ空間について考えてみましょう。 便器の先からドアまでの必要最低寸法は40㎝です。 しかし、実際に40㎝しか距離がないと圧迫感を感じます。 そのため実際は45~50㎝程度が理想でしょう。 左右のスペースは、あまり広すぎるとペーパーがとりづらくなるため、左右15~20㎝程度あけるとよいでしょう。 トイレのスペース別に理想の便器の寸法を考えてみましょう。 4坪のトイレでもコンパクトな便器を選べば十分快適なトイレ空間をつくることができます。 5坪トイレの場合、奥行に余裕があります。 そのため、比較的大きな寸法の便器でも置くことができます。 75坪トイレは30㎝のカウンターを置くことを想定しました。 75坪トイレでしたら、どのメーカーの便器でも置くことができます。 理想の便器の寸法を知るために、ご自宅のトイレのスペースを測ってみましょう。 ご自身で測った寸法と先述した寸法を見比べて検討してみて下さい。 寸法別:代表的な便器と価格 こちらでは、便器の具体的な商品とその本体価格についてご紹介いたします。 3-1. 4坪トイレにも置ける!小さめ便器 0. 4坪トイレなどの狭いトイレにはタンスレストイレがお勧めです。 タンクがあるものと比べるとコンパクトに作られているため、狭いスペースを広く使えます。 しかしタンクレストイレは価格が高いことが難点です。 小さめで価格が安い便器をお探しの方は、LIXILのプレアスHSがよいでしょう。 3-2. 5坪トイレより広いトイレにお勧め! やや大きめ便器 アラウーノシリーズは他のタンクレストイレに比べて価格が安いですが、奥行きが長くなります。 5坪以上の広さのトイレにオススメです。 3-3. 75坪トイレにお勧め! 大きめ便器 0. 75坪トイレはタンクありの大きめトイレでも余裕をもって置けますので、価格を抑えたい方はタンクありトイレがお勧めです。 しかし、将来介護などの観点からトイレに2人同時に入れるのが望ましいとお考えの方は、タンクレストイレを設置しましょう。 今の寸法のトイレをもっと広く快適にするコツ 家を建ててからトイレを広く改築することは費用も時間も必要です。 そこで、今のトイレスペースを出来るだけ広くみせるコツをご紹介いたします。 4-1. 明るい色で膨張効果を狙う 白やベージュなど明るい色でトイレスペースをコーディネートしてみると良いでしょう。 色の膨張効果で、トイレが広く感じます。 出典: 4-2. 床と同系色のマットにする トイレの床にマットを置いている方は多いと思います。 そのマットを床と同系色にするだけでトイレが広々として見えます。 4-3. 差し色を入れるなら寒色か中性色 中性色の緑などを差し色に使うのがお勧めです。 出典: 5. トイレの寸法に関する注意点 5-1. 床排水か壁排水か確認する 床排水か壁排水かによって、便器の設置場所が変わります。 便器の後ろをチェックしてみましょう。 5-2. トイレのコンセントの位置を確認する トイレスペースの寸法と合わせて、トイレの中のコンセントの位置を確認してからショールームや販売店に行きましょう。 そうすることでスムーズにご自宅の状況に合った便器を案内してもらえます。 5-3. ペーパーホルダーの位置を考える 小さい便器にしたらペーパーが取りにくくなってしまったなどといったように、便器を変える際にペーパーホルダーの位置も変える必要があるケースもありますので、注意しましょう。 トイレの寸法に関連するお勧め記事 こちらでは併せて読んでいただきたい記事を紹介いたします。 トイレのリフォームの際に役に立つ記事です。 まとめ 各メーカーが様々な寸法の便器を出しています。 ご自宅のトイレに合った便器を見つけるために、各商品の特徴やサイズなどをじっくり確認してみてください。 トイレの寸法を知ることは使いやすいトイレ空間をつくる近道です。 ストレスフリーなトイレ空間を実現してください。 以下の記事にもトイレリフォームをする際に役立つ情報が満載ですので、是非ともご参考ください。

次の