さわら。 さわらの旬って知ってる?徹底解説&おすすめ人気レシピ10選

さわら(地図/写真/有楽町・日比谷/海鮮(海鮮料理))

さわら

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

関西スーパー〜旬の食材図鑑 鰆(さわら)〜

さわら

近縁種にはヒラサワラ、カマスザワラ、ヨコジマザワラなどがあり、ス-パーなどではこういった近縁種の切り身もサワラとして売られていることがある。 名前の由来は細長く腹が狭い「狭腹」からと言われ、サゴしも同じように「狭腰」からとされている。 産卵期は春から初夏にかけてで、寿命は6~8年とされ、孵化後1年で40~50cm、2年で60~70cm、3年で80cm程になると言われている。 各鰭は灰色だが、腹ビレは真っ白で体の割に小さい。 背ビレ、尻ビレと尾ビレの間には背、腹ともにサバ科特有の小離鰭が並んでいる。 体色は背が青灰色で光の加減で上から見ると黒っぽく見えるが、横から見るとそれほど濃い色には見えない。 腹側は銀白色で、体側は多数の青褐色の丸い斑紋が並んでいるのが特徴。 サワラの肉は見た目は白身だが肉質の成分的には赤身魚とされている。 肉質はやわらかく、味は大きさによって大きく差があり、小さいセゴシクラスは脂が少なく淡白で価格も安い。 しかし大きいもの、特に冬に獲れる寒鰆と呼ばれるものは脂がのり、刺身はマグロの中トロに匹敵するとまでいわれ、高級魚として扱われている。 この年は福井県が最も多く、次いで石川、京都と続いている。 全体的に北陸から山陰にかけての日本海側で沢山獲れている事が分かる。 その他、瀬戸内海も古くからサワラの産地として有名。 近年では国内の漁獲高が減少したこともあって、中国・韓国、オーストラリアなどからの輸入物も多く流通している。 これはサワラが5月~6月にかけて産卵のため外洋から瀬戸内海などに押し寄せてきて沢山獲れる時期だったことが由来。 この時期春先から初夏にかけて、土佐に始まり和歌山や岡山などの漁期にあたる。 こういった地方では古くからこの時期にサワラを獲って食べていたため、真子や白子と共に食べる文化があるので、この時期が旬とされている。 しかし関東などでは主に白身の味を楽しむほうが主体で、「寒鰆」と言われる産卵期前の脂がのった12月~2月の真冬が旬とされている。 どちらもそれぞれ違った美味しさがあって旬と言えるが、産卵を終えたばかりの夏のサワラはいただけない。 旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 サワラ 関東 関西.

次の

サワラ (植物)

さわら

ヒノキとの関係 [ ] ヒノキ科ヒノキ属。 日本を代表する林業用樹種である( C. obtusa)とは同属であり、後述のように形態的にもよく似ている。 遺伝的にもヒノキに近く、両者間では繁殖能力のある雑種を作る。 この雑種についてはDNA解析などの結果、雄親を本種、雌親をヒノキとするものが良く知られていたが、逆の組み合わせもあることが報告された。 ヒノキ以外に、天然分布が重ならない( C. lawsonia)とも交雑し、充実種子(中身が詰まっており、発芽できると思われる種子)を得られるという報告もある。 ただし、この種子を発芽試験に供した結果、雑種実生はに異常があり多くは発芽直後に枯死してしまった。 品種 [ ] 園芸品種のフィリフェラオーレア• pisifera サワラ• ver. pisifera• crassa アツカワサワラ• 'Boulevard' ボールバード• 'Filifera' ヒヨクヒバ、イトヒバ• 'Plumosa Aurea' オウゴンシノブヒバ、ニッコウヒバ、ホタルヒバ• 'Plumosa' シノブヒバ• 'Squarrosa' ヒムロ - 檜榁、ヒムロ杉とも。 分布 [ ] で、からにかけての山地に自生する。 日本海側の地域には分布しない。 形態 [ ] 樹高は40m、胸高直径は100cmになることもある。 主幹形であり外見は( C. obtusa)によく似るが、枝はヒノキほど茂らず、枝と枝の間隔が広くなるため、遠くからでも幹がよく目立つ。 葉の付き方をみるとヒノキよりも隙間が多い。 葉の形状もヒノキの葉の先端は丸く葉裏の白い気孔腺がY字なのに対し、サワラの葉は先端が尖っていて葉裏の白い気孔腺がX字である。 著名な個体 [ ].

次の