きめついぐろイラスト。 鬼滅キッズ (きめつきっず)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

きめついぐろイラスト

概要 が、ある晩のの港で出会った女性。 藤色のロングヘアが映える美貌に加え、水色の透けた生地のキャミソールに、ローライズのジーンズといった妖艶な容姿を持つ。 「ときめ」は彼女自ら名乗った名前だが、名字は不明 本人曰く「知らない」とのこと。 夜中の風都に出没し、得体の知れない力で物を浮かせ、相手が男性だったら金を奪い、女性だったら服を奪う。 彼女を追いかけるとT字路で姿を消すので、市民からは T字路の魔女と呼ばれている。 そして翔太郎が初めて出会った後日、ときめにカバンを奪われたと訴える男・坪崎忠太が、彼女を探し出してほしいとのドアを叩き…。 「T字路の魔女」ときめ 「私はいつでも餓えている……あなたは私を満たしてくれる人? 」 家がないらしく、 噴水を風呂代わりにし、ハナミズキの木をベッド代わりにしていた。 彼女は何らかのに変身していたようで、黒いを持っている所(パンティーに挟んでいたため、何のガイアメモリかは判断できなかった)を翔太郎に見られてしまう。 坪崎の依頼を受けて事件を捜査する中で、ときめの異名である「T字路の魔女」の現象に直面し、風都のヤクザ・立川の事務所のビル内に飛ばされ困惑する翔太郎だったが、身元引き受けに来てくれたから 「T字路の魔女」絡みと噂される死者が数名出ており(その中に立川の部下も)、風都警察署も事件を追っているという話を聞かされ、驚愕する。 その後の検索により、ときめをT字路の魔女と呼ばしめている事件に関与しているのがであることが判明したが、そのドーパントの力は法外な量のエネルギーを消費してしまうため、『ロードの正体はときめであり、を行って肉体を回復している』と疑われていた。 ときめの容姿や謎めいた振る舞いに惹きつけられ、悪事を行う人物に見えないと感じた翔太郎は、再びときめに会いに行き問い詰めるが、彼女は実は何かしらの原因で記憶障害を患っており、自分が何者であるかさえ分からずドーパントに変身するのかさえも自覚していないことが判明する。 そして…(ネタバレ注意) 実は、彼女のガイアメモリは既に破損しており(イニシャル部分が砕けていたため種類も不明)、使えないことが判明した。 ロードの能力発動に乗じて追い剥ぎを行っていたため(物を浮かす力の正体は針と透明な糸を使ったトリック)、ロードの正体と誤解させる現場状況となっていた。 ロード逮捕後は彼女も事件の関係者ということと追い剥ぎの罪を問われ警察に連行されることに。 その際、翔太郎からは自身の行為は追い剥ぎだけでなく、ロードが狙っていた女性たちを逃がしていたことを指摘される。 それに対して半熟の卵は甘いと応えた直後、彼女は翔太郎の口にハナミズキの香りのキスを交わした… なお、記憶喪失とメモリ不明という事情を鑑みたの判断により、鳴海探偵事務所で身柄を預かることに。 それに伴い今までの公園住まいをやめ、翔太郎のアパートで寝起きする事になった(ただし翔太郎は事務所での寝泊りが常態化しているため、実質ときめの一人暮らし状態)。 それから… 「探偵助手」ときめ 「私も知らない。 今は…探偵の助手だ!」 現状、事務所においては所長・の裁量により、翔太郎の探偵助手という形で働いている。 まだ事務所のメンバーになってから日が浅く、探偵としては未熟な見習いであるものの、組んでいる「先輩」・翔太郎の薫陶もあり、捜査においても探偵手帳を片手に、迫る危険(それがたとえドーパント相手であっても)にも依頼人のために身体を張り、事件関係者の細かい挙動にも注意力を光らせるなど、熱意や努力をもって取り組んでいる。 性格も変化が生じ、T字路の魔女時代の妖しさは鳴りを潜め、物語が進むにつれ感情豊かになっている。 また、メモリを所持していた影響からかドーパントやメモリが発した力を感じ取ることが可能。 亜樹子とは、若い女性同士ということもあって良くしてもらい仲も良好。 ときめの身柄が探偵事務所預かりになり、翔太郎の助手として働いてもらうことを決定した際には、亜樹子に手製の「ひみつ手帳」(や、等について亜樹子なりにまとめた情報が書いてある)を貰っている。 (ただし亜樹子なりになので、の外見が正確に伝わっていなかったり、旦那であるアクセルの紹介がほぼノロケと化していたりする) フィリップとは当初、 超然とした振る舞いや、 やや上から目線になりがちなモノの言い方、 少し『不思議ちゃん』的な性格、 ガイアメモリ犯罪絡みで記憶喪失になっている…そして 「翔太郎の相方(バディ)ポジション」など共通点がかなり多く(翔太郎や亜樹子の目から見れば「似た者同士」)、特にその性格上で馬が合わず、少しギクシャクしていた。 その後、フィリップは自分のときめへの険のある振る舞いは、これまで自分ひとりのものだった「翔太郎の相棒ポジション」に新たに現れたときめへの「無自覚な嫉妬」であったことを自覚。 ときめに謝罪とカミングアウトをすることで和解した。 事件終了後はすっかり確執も解け、フィリップからは翔太郎用・フィリップ用に続き3機目となる、ときめ用をプレゼントされた。 「」、「」、そしてに関与していなければ知らない筈の「ハイドープ」といった言葉に聞き覚えがあるようだが…? 余談 彼女の異名である 『T字路の魔女』の元ネタは 道路の守護神で、魔術の神とも称されるギリシャ神話の女神、別次元へと繋ぐ道を作り出す能力は であると思われる。 ときめという名前自体もヘカテーが三位一体の観念から 時や運命を司る 女神と同一視される事から来ているものと思われる。 また、古代ギリシャ時代では丁字路に建てられたヘカテ像に黒い動物を供物にする風習があり、これがロード・ドーパントが作り出した道が黒い由来であると思われる。 なお、W本編に限らず、作品における「怪人の正体探し」にはミスリードがよく用いられており、当初から「ロードは彼女ではなく別の誰かではないか」という推理をしていた読者は多かったであろう。 ただし、今回はが施されていたが。 関連タグ :翔太郎との さらなるネタバレ注意 第37話において、彼女が所持していたメモリの正体が であることが明示された。 「超人r」でメモリの修復は完了し、メモリを起動するが反応はなし。 亜樹子によるとの痕跡は発見できなかったというのだが……。 それが何を意味するのかは現時点では謎である。 関連記事 親記事.

次の

【鬼滅の刃】蛇柱「伊黒小芭内」の衝撃の過去|甘露寺との関係について

きめついぐろイラスト

概要 が、ある晩のの港で出会った女性。 藤色のロングヘアが映える美貌に加え、水色の透けた生地のキャミソールに、ローライズのジーンズといった妖艶な容姿を持つ。 「ときめ」は彼女自ら名乗った名前だが、名字は不明 本人曰く「知らない」とのこと。 夜中の風都に出没し、得体の知れない力で物を浮かせ、相手が男性だったら金を奪い、女性だったら服を奪う。 彼女を追いかけるとT字路で姿を消すので、市民からは T字路の魔女と呼ばれている。 そして翔太郎が初めて出会った後日、ときめにカバンを奪われたと訴える男・坪崎忠太が、彼女を探し出してほしいとのドアを叩き…。 「T字路の魔女」ときめ 「私はいつでも餓えている……あなたは私を満たしてくれる人? 」 家がないらしく、 噴水を風呂代わりにし、ハナミズキの木をベッド代わりにしていた。 彼女は何らかのに変身していたようで、黒いを持っている所(パンティーに挟んでいたため、何のガイアメモリかは判断できなかった)を翔太郎に見られてしまう。 坪崎の依頼を受けて事件を捜査する中で、ときめの異名である「T字路の魔女」の現象に直面し、風都のヤクザ・立川の事務所のビル内に飛ばされ困惑する翔太郎だったが、身元引き受けに来てくれたから 「T字路の魔女」絡みと噂される死者が数名出ており(その中に立川の部下も)、風都警察署も事件を追っているという話を聞かされ、驚愕する。 その後の検索により、ときめをT字路の魔女と呼ばしめている事件に関与しているのがであることが判明したが、そのドーパントの力は法外な量のエネルギーを消費してしまうため、『ロードの正体はときめであり、を行って肉体を回復している』と疑われていた。 ときめの容姿や謎めいた振る舞いに惹きつけられ、悪事を行う人物に見えないと感じた翔太郎は、再びときめに会いに行き問い詰めるが、彼女は実は何かしらの原因で記憶障害を患っており、自分が何者であるかさえ分からずドーパントに変身するのかさえも自覚していないことが判明する。 そして…(ネタバレ注意) 実は、彼女のガイアメモリは既に破損しており(イニシャル部分が砕けていたため種類も不明)、使えないことが判明した。 ロードの能力発動に乗じて追い剥ぎを行っていたため(物を浮かす力の正体は針と透明な糸を使ったトリック)、ロードの正体と誤解させる現場状況となっていた。 ロード逮捕後は彼女も事件の関係者ということと追い剥ぎの罪を問われ警察に連行されることに。 その際、翔太郎からは自身の行為は追い剥ぎだけでなく、ロードが狙っていた女性たちを逃がしていたことを指摘される。 それに対して半熟の卵は甘いと応えた直後、彼女は翔太郎の口にハナミズキの香りのキスを交わした… なお、記憶喪失とメモリ不明という事情を鑑みたの判断により、鳴海探偵事務所で身柄を預かることに。 それに伴い今までの公園住まいをやめ、翔太郎のアパートで寝起きする事になった(ただし翔太郎は事務所での寝泊りが常態化しているため、実質ときめの一人暮らし状態)。 それから… 「探偵助手」ときめ 「私も知らない。 今は…探偵の助手だ!」 現状、事務所においては所長・の裁量により、翔太郎の探偵助手という形で働いている。 まだ事務所のメンバーになってから日が浅く、探偵としては未熟な見習いであるものの、組んでいる「先輩」・翔太郎の薫陶もあり、捜査においても探偵手帳を片手に、迫る危険(それがたとえドーパント相手であっても)にも依頼人のために身体を張り、事件関係者の細かい挙動にも注意力を光らせるなど、熱意や努力をもって取り組んでいる。 性格も変化が生じ、T字路の魔女時代の妖しさは鳴りを潜め、物語が進むにつれ感情豊かになっている。 また、メモリを所持していた影響からかドーパントやメモリが発した力を感じ取ることが可能。 亜樹子とは、若い女性同士ということもあって良くしてもらい仲も良好。 ときめの身柄が探偵事務所預かりになり、翔太郎の助手として働いてもらうことを決定した際には、亜樹子に手製の「ひみつ手帳」(や、等について亜樹子なりにまとめた情報が書いてある)を貰っている。 (ただし亜樹子なりになので、の外見が正確に伝わっていなかったり、旦那であるアクセルの紹介がほぼノロケと化していたりする) フィリップとは当初、 超然とした振る舞いや、 やや上から目線になりがちなモノの言い方、 少し『不思議ちゃん』的な性格、 ガイアメモリ犯罪絡みで記憶喪失になっている…そして 「翔太郎の相方(バディ)ポジション」など共通点がかなり多く(翔太郎や亜樹子の目から見れば「似た者同士」)、特にその性格上で馬が合わず、少しギクシャクしていた。 その後、フィリップは自分のときめへの険のある振る舞いは、これまで自分ひとりのものだった「翔太郎の相棒ポジション」に新たに現れたときめへの「無自覚な嫉妬」であったことを自覚。 ときめに謝罪とカミングアウトをすることで和解した。 事件終了後はすっかり確執も解け、フィリップからは翔太郎用・フィリップ用に続き3機目となる、ときめ用をプレゼントされた。 「」、「」、そしてに関与していなければ知らない筈の「ハイドープ」といった言葉に聞き覚えがあるようだが…? 余談 彼女の異名である 『T字路の魔女』の元ネタは 道路の守護神で、魔術の神とも称されるギリシャ神話の女神、別次元へと繋ぐ道を作り出す能力は であると思われる。 ときめという名前自体もヘカテーが三位一体の観念から 時や運命を司る 女神と同一視される事から来ているものと思われる。 また、古代ギリシャ時代では丁字路に建てられたヘカテ像に黒い動物を供物にする風習があり、これがロード・ドーパントが作り出した道が黒い由来であると思われる。 なお、W本編に限らず、作品における「怪人の正体探し」にはミスリードがよく用いられており、当初から「ロードは彼女ではなく別の誰かではないか」という推理をしていた読者は多かったであろう。 ただし、今回はが施されていたが。 関連タグ :翔太郎との さらなるネタバレ注意 第37話において、彼女が所持していたメモリの正体が であることが明示された。 「超人r」でメモリの修復は完了し、メモリを起動するが反応はなし。 亜樹子によるとの痕跡は発見できなかったというのだが……。 それが何を意味するのかは現時点では謎である。 関連記事 親記事.

次の

【鬼滅の刃】蛇柱「伊黒小芭内」の衝撃の過去|甘露寺との関係について

きめついぐろイラスト

概要 が、ある晩のの港で出会った女性。 藤色のロングヘアが映える美貌に加え、水色の透けた生地のキャミソールに、ローライズのジーンズといった妖艶な容姿を持つ。 「ときめ」は彼女自ら名乗った名前だが、名字は不明 本人曰く「知らない」とのこと。 夜中の風都に出没し、得体の知れない力で物を浮かせ、相手が男性だったら金を奪い、女性だったら服を奪う。 彼女を追いかけるとT字路で姿を消すので、市民からは T字路の魔女と呼ばれている。 そして翔太郎が初めて出会った後日、ときめにカバンを奪われたと訴える男・坪崎忠太が、彼女を探し出してほしいとのドアを叩き…。 「T字路の魔女」ときめ 「私はいつでも餓えている……あなたは私を満たしてくれる人? 」 家がないらしく、 噴水を風呂代わりにし、ハナミズキの木をベッド代わりにしていた。 彼女は何らかのに変身していたようで、黒いを持っている所(パンティーに挟んでいたため、何のガイアメモリかは判断できなかった)を翔太郎に見られてしまう。 坪崎の依頼を受けて事件を捜査する中で、ときめの異名である「T字路の魔女」の現象に直面し、風都のヤクザ・立川の事務所のビル内に飛ばされ困惑する翔太郎だったが、身元引き受けに来てくれたから 「T字路の魔女」絡みと噂される死者が数名出ており(その中に立川の部下も)、風都警察署も事件を追っているという話を聞かされ、驚愕する。 その後の検索により、ときめをT字路の魔女と呼ばしめている事件に関与しているのがであることが判明したが、そのドーパントの力は法外な量のエネルギーを消費してしまうため、『ロードの正体はときめであり、を行って肉体を回復している』と疑われていた。 ときめの容姿や謎めいた振る舞いに惹きつけられ、悪事を行う人物に見えないと感じた翔太郎は、再びときめに会いに行き問い詰めるが、彼女は実は何かしらの原因で記憶障害を患っており、自分が何者であるかさえ分からずドーパントに変身するのかさえも自覚していないことが判明する。 そして…(ネタバレ注意) 実は、彼女のガイアメモリは既に破損しており(イニシャル部分が砕けていたため種類も不明)、使えないことが判明した。 ロードの能力発動に乗じて追い剥ぎを行っていたため(物を浮かす力の正体は針と透明な糸を使ったトリック)、ロードの正体と誤解させる現場状況となっていた。 ロード逮捕後は彼女も事件の関係者ということと追い剥ぎの罪を問われ警察に連行されることに。 その際、翔太郎からは自身の行為は追い剥ぎだけでなく、ロードが狙っていた女性たちを逃がしていたことを指摘される。 それに対して半熟の卵は甘いと応えた直後、彼女は翔太郎の口にハナミズキの香りのキスを交わした… なお、記憶喪失とメモリ不明という事情を鑑みたの判断により、鳴海探偵事務所で身柄を預かることに。 それに伴い今までの公園住まいをやめ、翔太郎のアパートで寝起きする事になった(ただし翔太郎は事務所での寝泊りが常態化しているため、実質ときめの一人暮らし状態)。 それから… 「探偵助手」ときめ 「私も知らない。 今は…探偵の助手だ!」 現状、事務所においては所長・の裁量により、翔太郎の探偵助手という形で働いている。 まだ事務所のメンバーになってから日が浅く、探偵としては未熟な見習いであるものの、組んでいる「先輩」・翔太郎の薫陶もあり、捜査においても探偵手帳を片手に、迫る危険(それがたとえドーパント相手であっても)にも依頼人のために身体を張り、事件関係者の細かい挙動にも注意力を光らせるなど、熱意や努力をもって取り組んでいる。 性格も変化が生じ、T字路の魔女時代の妖しさは鳴りを潜め、物語が進むにつれ感情豊かになっている。 また、メモリを所持していた影響からかドーパントやメモリが発した力を感じ取ることが可能。 亜樹子とは、若い女性同士ということもあって良くしてもらい仲も良好。 ときめの身柄が探偵事務所預かりになり、翔太郎の助手として働いてもらうことを決定した際には、亜樹子に手製の「ひみつ手帳」(や、等について亜樹子なりにまとめた情報が書いてある)を貰っている。 (ただし亜樹子なりになので、の外見が正確に伝わっていなかったり、旦那であるアクセルの紹介がほぼノロケと化していたりする) フィリップとは当初、 超然とした振る舞いや、 やや上から目線になりがちなモノの言い方、 少し『不思議ちゃん』的な性格、 ガイアメモリ犯罪絡みで記憶喪失になっている…そして 「翔太郎の相方(バディ)ポジション」など共通点がかなり多く(翔太郎や亜樹子の目から見れば「似た者同士」)、特にその性格上で馬が合わず、少しギクシャクしていた。 その後、フィリップは自分のときめへの険のある振る舞いは、これまで自分ひとりのものだった「翔太郎の相棒ポジション」に新たに現れたときめへの「無自覚な嫉妬」であったことを自覚。 ときめに謝罪とカミングアウトをすることで和解した。 事件終了後はすっかり確執も解け、フィリップからは翔太郎用・フィリップ用に続き3機目となる、ときめ用をプレゼントされた。 「」、「」、そしてに関与していなければ知らない筈の「ハイドープ」といった言葉に聞き覚えがあるようだが…? 余談 彼女の異名である 『T字路の魔女』の元ネタは 道路の守護神で、魔術の神とも称されるギリシャ神話の女神、別次元へと繋ぐ道を作り出す能力は であると思われる。 ときめという名前自体もヘカテーが三位一体の観念から 時や運命を司る 女神と同一視される事から来ているものと思われる。 また、古代ギリシャ時代では丁字路に建てられたヘカテ像に黒い動物を供物にする風習があり、これがロード・ドーパントが作り出した道が黒い由来であると思われる。 なお、W本編に限らず、作品における「怪人の正体探し」にはミスリードがよく用いられており、当初から「ロードは彼女ではなく別の誰かではないか」という推理をしていた読者は多かったであろう。 ただし、今回はが施されていたが。 関連タグ :翔太郎との さらなるネタバレ注意 第37話において、彼女が所持していたメモリの正体が であることが明示された。 「超人r」でメモリの修復は完了し、メモリを起動するが反応はなし。 亜樹子によるとの痕跡は発見できなかったというのだが……。 それが何を意味するのかは現時点では謎である。 関連記事 親記事.

次の