エルフ ev ウォーク スルー バン。 ISUZU:いすゞ 第46回東京モーターショー出品概要

TMSリバイバル

エルフ ev ウォーク スルー バン

「グリーン物流」の実現に向けてEVウォークスルートラックを導入 ~中型商用EVトラックの本格導入に向け、神奈川県藤沢市でモニター稼働を実施~ ヤマト運輸株式会社 2020年2月14日 ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長 栗栖 利蔵、以下 ヤマト運輸)は、環境ビジョンである「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」の実現にむけ、いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区・代表取締役社長:片山 正則、以下いすゞ自動車)が開発した「エルフEVウォークスルーバン」を導入しましたのでお知らせします。 背景と目的 ヤマトグループは、1月23日に発表した経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」の環境ビジョンとして「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」を掲げ、環境や生活、経済によりよい物流の構築を目指しています。 その実現に向け、車両のEV化は重要であり、これまでもヤマト運輸は日本で初めての宅配に特化した小型商用EVトラック(車両総重量3. そしてこの度、中型商用トラック(車両総重量3. 5t以上7. 5t未満、準中型免許以上で運転可能)のEV化に向けて、いすゞ自動車が開発した「エルフEVウォークスルーバン(以下:EVウォークスルー)」を1台導入します。 このトラックはEVであるとともに、車から降りることなく運転席から荷台へ移動できる、「ウォークスルー構造」となっており、CO 2削減とセールスドライバーの労働環境向上に寄与するものです。 ヤマト運輸は、「グリーン物流」の実現に向けて、小型商用EVトラックの導入に続き、中型商用EVトラックの本格導入に向けて、神奈川県藤沢市でモニター稼働を実施いたします。 EVウォークスルーについて• (1)導入により期待される効果・価値• [1]CO 2の削減、大気汚染物質の削減、EVの普及に貢献• [2]「ウォークスルー」構造によるセールスドライバーの作業負荷軽減• (2)開発メーカー いすゞ自動車株式会社• (3)車両スペック• [1]定員:2名• [2]車両総重量:4,970kg• [3]最大積載量:1,850kg• [4]最大出力:83kw• [5]最大トルク:305Nm• 導入地域と台数• (1)導入地域:神奈川県藤沢市• (2)導入台数:1台• (3)モニター開始日:2月14日• 今後について ヤマト運輸はEVトラックの導入を引き続き推進し、CO 2削減や大気汚染防止に貢献していきます。 また「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」を体現するべく、最適な低炭素車両の開発と導入、再生エネルギー利用、スマートモビリティなど物流の最適化に向け取り組んでまいります。 【お問い合わせ先】 ヤマト運輸(株)広報戦略部 TEL:03-3541-3411 以上•

次の

いすゞが開発した「エルフEVウォークスルートラック」 ヤマト運輸が試験運用を開始|交通・物流|net+

エルフ ev ウォーク スルー バン

ヤマト運輸は2月14日、いすゞ自動車が開発した「エルフEVウォークスルーバン」1台を導入し、神奈川県藤沢市でモニター稼働を開始した。 < エルフEVウォークスルーバン > 新型車は、降車することなく運転席から荷台へ移動できる「ウォークスルー構造」の中型商用トラック。 導入効果として、CO2や大気汚染物質の削減に加え、セールスドライバーの作業負荷軽減を見込んでいる。 ヤマトグループは、経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」の環境ビジョンとして「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」を掲げ、環境や生活、経済によりよい物流の構築を目指している。 エルフEVウォークスルーバンの導入は、中型商用トラックのEV化を見据えた取り組み。 ヤマト運輸は、グリーン物流の実現に向けて車両のEV化に取り組んでおり、小型車については日本初の宅配に特化した商用EVトラックをストリートスクーター社と共同開発し、導入を進めている。 今後、ヤマト運輸はEVトラックを継続して導入するとともに、低炭素車両の開発と導入、再生エネルギー利用、スマートモビリティなど物流の最適化に向けた取り組みを進めていくとしている。 (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月24日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月23日)• (06月22日).

次の

ヤマト運輸、いすゞ エルフEVウォークスルーバンを神奈川県藤沢市に導入

エルフ ev ウォーク スルー バン

第46回東京モーターショー アンコール展示 開催日時 2020年1月8日 水 ~2020年4月末日 10:00~17:00 会場 1F 車両展示エリア 及び 2F いすゞの歴史展示エリア 東京モーターショーで話題を呼んだコンセプトモデルの2台を特別展示いたします。 2019年10月に開催された第46回東京モーターショー・いすゞブースの出品車両の中からデザインコンセプトモデル「FL-IR」、次世代の小型配送車「エルフEVウォークスルーバン」の2台を期間限定でアンコール展示いたします。 東京モーターショーで見逃した方も、もう一度見たいという方も、この機会にプラザでじっくりとご覧いただけます。 「安心・安全で生き生きとした長距離ドライバーの新しい働き方」をコンセプトに未来の物流ネットワークを創造し、ショーモデルとして表現しました。 魚類などに見られる超音波の会話や行動習性と、コネクティッドや隊列走行との類似性に着目し、エクステリアは「サメ」をモチーフに効率的なロボットのイメージを付与したバイオデザインを取り入れ、風を切り裂く有機的な形状の前絞りキャブと、その周りを覆う硬質なエアロデバイスの対比をスタイルの特徴としています。 インテリアは手動・自動の運転モード変更でダッシュボードが入れ替わるレイヤーデザインを採用。 シートはセンターに配置し、快適な操作性と居住性を兼ね備えます。 共に創っていきたい、新しい配送トラックの姿 次世代の小型配送車「エルフEVウォークスルーバン」。 ゼロエミッションや低騒音など環境にやさしいことはもちろん、EVだからこそ実現できたウォークスルー構造を組みあわせ、ドライバーの労働環境や集配作業の効率化にも配慮しています。 運転席には回転シートを搭載することで、ドライバーの車内移動を助けます。 成人の保護者同伴でないお子様 小学校3年生以下 のみでのご来館はお断りしております。 展示エリアでのベビーカーのご利用はご遠慮いただいております。 お客様の安全と製品の衛生・品質を守るため、館内では係員の誘導にご協力ください。 アルコール類の持ち込み、飲酒をされている方のご入館はお断りします。 迷惑行為の目立つお客様には入館のお断り、退館のお願いをする場合がございます。 台風・積雪などの悪天候や自然災害時など、やむを得ず休館させていただく場合がございます。 ご来館前にいすゞプラザのホームページにてご確認ください。 いすゞプラザ お問い合わせ窓口 受付時間:火~金曜日 土曜・祝日・休館日を除く 10:00~ 17:00.

次の