全身 湿疹 原因。 湿疹が全身に!かゆくないブツブツの原因と対処法

全身に湿疹や発疹が出る時の原因と病気!かゆみなしの時も

全身 湿疹 原因

引起皮肤湿疹的原因有很多,而环境因素是湿疹患病率增加的重要原因之一。 随着社会的发展,在生活中出现越来越多的过敏原。 引起湿疹有以下几种因素: 1、遗传因素 某些类型的湿疹与遗传有密切的关系。 有过敏体质家族史的孩子就容易发生湿疹。 2、环境因素 人造食品、人造织物、人造革品、化学涂料、塑料制品、橡胶制品、家用及办公室电子器材所产生的电磁辐射、居室清洁剂、杀虫剂等都有可能引起人体过敏。 当人体长期生活在这些不良环境因素影响之下时,可导致免疫功能失调,最终造成对环境的变态反应,从而引起湿疹。 3、感染因素 通过对某些湿疹患者的皮损微生物进行检验,发现其中有微生物包括金黄色葡萄球菌、马拉色菌、气源性真菌等,而且检出率较高。 另外,皮肤微生物对某些湿疹有致病作用。 4、药物因素 一般来说,任何药物均有可能会引起湿疹性药疹。 药物因素是某些湿疹,尤其是湿疹型药疹的最主要原因。 5、其他因素 除了以上这些因素外,湿疹的产生还会可能会因为人的精神因素或者天气气候、物理因素所引起。 当人处于苦闷、疲劳、抑郁、忧虑、紧张、情绪激动、失眠等情绪时,容易诱发湿疹。 日光、紫外线、寒冷、潮湿、干燥等气候也容易引起湿疹。 此外慢性肠胃疾病、慢性酒精中毒、肠寄生虫以及新陈代谢障碍、内分泌失调等因素皆是湿疹发生的原因。 1、一般疗法: (1)寻找引起湿疹的病因,隔绝过敏原,避免再刺激。 (2)注意皮肤卫生,勿用热水或肥皂清洗皮损,不乱用刺激性止痒药物。 (3)禁食酒类、辛辣刺激性食品,避免鱼虾等易于致敏和不易消化的食物。 (4)劳逸结合,避免过度疲劳和精神过度紧张。 2、全身疗法: (1)抗组胺药物:H1受体拮抗剂有镇静、止痒、减少渗出等作用,常用药有氯苯那敏(扑尔敏)、赛庚啶、苯海拉明;亦可选择无中枢镇静副作用的药物,如特非那定、西替利嗪。 可两种药物交替应用或联合应用,也可与H2受体拮抗剂联合应用,以增强疗效。 (3)疫调节剂:可选用冻干卡介苗(卡提素)、胸腺素、转移因子、左旋咪唑等,对慢性湿疹,尤其是老年患者有效。 (4)抗生素:对伴有细菌感染、发热、淋巴结肿大者,可选用如内服红霉素、环丙沙星或肌注青霉素等。 3、物理及放射疗法:液氮冷冻治疗,浅层X线或放射性核素(32P或90Sr)敷贴疗法等,可用于病期较久和顽固的慢性局限性湿疹。 (2)亚急性期:治疗原则为消炎、止痒、干燥、收敛,以选用氧化锌油、泥膏或乳剂为宜。 可根据渗出糜烂的轻重,皮肤浸润肥厚的有无、瘙痒的程度而加入适当的收敛剂、角质促成剂及止痒剂。 (3)慢性湿疹:治疗原则为止痒,抑制表皮细胞增生,促进真皮炎症浸润吸收。 以选用软膏、乳剂、泥膏为宜。 一般来说,湿疹可以按照病程不同分为急性湿疹、亚急性湿疹和慢性湿疹,这三种湿疹的症状如下: 1、急性湿疹:发病急,常呈对称分布,以头面、四肢和外阴部好发。 患急性湿疹的人常因剧烈瘙痒而经常搔抓,使病情加重。 在病程发展中,红斑、丘疹、水疱、脓疱、糜烂、结痂等各型皮疹可循序出现,但常有2—3种皮疹同时并存或在某一阶段以某型皮疹为主。 2、亚急性湿疹:急性湿疹炎症症状减轻后,皮疹以丘疹、鳞屑、结痂为主,但搔抓后仍出现糜烂。 3、慢性湿疹:大多是由于急性、亚急性湿疹的反复发作演变而成,但有些患者也可开始即呈现慢性炎症。 患处皮肤浸润增厚,变成暗红色及色素沉着。 湿疹持久不愈时,皮损纹变粗大,表现干燥而易发生皲裂。 慢性湿疹常见于小腿、手、足、肘窝、外阴、肛门等处。 湿疹患者可经常食用有祛湿或清热祛湿的食品,如苡米和冬瓜煮汤食用,或饮用青瓜、丝瓜汤亦有辅助治疗湿疹的作用。 下面介绍几种湿疹食疗,以辅助治疗湿疹。 1、薏米红豆煎:薏米30克,红小豆15克,加水同煮至豆烂,酌加白糖,早晚分服。 薏米红豆煎的功效主要就是祛湿,能够祛除体内的湿气,非常适合夏季及体内湿气较重的人食用。 2、马齿苋煎:鲜马齿苋30—60克,水煎,每日分数次服用,并可配合外洗。 马齿苋有清热解毒,利水去湿,散血消肿,除尘杀菌,消炎止痛,止血凉血的功效。 3、冬瓜汤:带皮冬瓜250克,切块,煮汤食用。 冬瓜汤有润肺生津,化痰止渴,利尿消肿,清热祛暑,解毒排脓的作用。 4、黄瓜煎:黄瓜皮30克,加水煎煮沸3分钟,加糖适量,1日3次,分服。 黄瓜具有除热,利水利尿,清热解毒的功效。 5、绿豆海带粥:绿豆30克,水发海带50克,红糖适量,糯米适量。 水煮绿豆、糯米成粥, 调入切碎的海带末,再煮3分钟加入红糖即可。 绿豆海带粥具有清热解毒,降压的功效。 一旦患上湿疹,患者会觉得痒痛难忍,而且会反复发作,所以日常要积极预防湿疹。 1、有过敏体质的人,应加强身体锻炼,增强体质,以改善过敏情况。 2、过敏性体质或有过敏性家族史者,要避免各种外界刺激,如热水烫洗、搔抓、日晒等,尽量避免易致敏和刺激性食物。 3、对密集分布的红色丘疹、丘疱疹伴剧烈瘙痒,患者应早期治疗,这样能够大大减轻痛楚。 由于早期湿疹大多属于急性期或亚急性期,因此外用药治疗应循序相应的原则。 4、保持良好卫生习惯,勤换衣服,衣着宜宽松,以减少摩擦刺激,勿使化纤及毛织品直接接触皮肤。 5、饮食宜清淡而富于营养,忌食海腥发物及腥辣食物,如酒、烟、羊肉、鱼、虾等食品。 平时生活要规律,注意劳逸结合,保持大便通畅。

次の

全身のかゆみと湿疹の原因と症状 子どもや幼児・赤ちゃんは?

全身 湿疹 原因

こちらの30代の女性Kさんの手を見て下さい。 手のひら全体が荒れていますね。 当院を受診する8年ほど前から、手のひらだけじゃなく、全身にこのような湿疹が出現するようになりました。 湿疹の出現は一進一退を繰り返し、時には、かゆくてかゆくて日常生活にも支障が出ます。 原因不明 強いステロイドでも改善せず 出産後にさらに悪化して、足の裏にまで湿疹が広がってきました。 出産を機に内服薬などをやめたのが、広がった原因かもしれません。 それまでも、何かのアレルギーだろうと検査をしたのですが、残念ながら、食物などの原因は見つかりませんでした。 金属の亜鉛アレルギーがあることが分かったため、歯科医院で金属除去の治療も受けてはみましたが、快方の兆しが見えませんでした。 途方に暮れていたところへ、「なるべく薬を使わない」といううわさを聞きつけて、当院を受診しました。 当時も、治療のために強力なステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を塗っていましたが、それでもなかなか改善しないという状況で、症状を見せてもらった私も、あまりの惨状に驚きました。 さて、このKさん、生まれたばかりのかわいいわが子の世話をするときは手袋をしながらでした。 その理由が三つあります。 1 強い薬を手に塗っているので、赤ちゃんの肌に薬がうつってしまうのが心配 2 もし伝染性の病気で、赤ちゃんにうつしたらかわいそう 3 かさつく手で世話をしたら、赤ちゃんのスベスベの肌が傷つきそう そう、こんな親心からなんです。 生まれたてのプニプニしたお肉、スベスベしたお肌をなでることもできずにいるのは、かゆい症状よりもつらいかもしれません。 ところで、肌の病気なのに内科を受診するなんて不思議ですね。 でも、こんな方が毎日、受診してくるんです。 皮膚の疾患は、内臓の病気に伴って発症することもあるので注意しなければなりません。 幸いKさんは、内臓疾患は見つかりませんでした。 1か月程度で治るものを急性痒疹、数か月以上続くものを慢性痒疹と呼ぶ。 慢性痒疹では、内科的疾患やがんなどの悪性腫瘍に伴って出てくる場合もある。 今井 一彰(いまい・かずあき) みらいクリニック院長、相田歯科耳鼻科内科統括医長 1995年、山口大学医学部卒、同大学救急医学講座入局。 福岡徳洲会病院麻酔科、飯塚病院漢方診療科医長、山口大学総合診療部助手などを経て2006年、博多駅近くに「」開業。 日本東洋医学会認定漢方専門医 、認定NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長、日本加圧医療学会理事、息育指導士、日本靴医学会会員。 健康雑誌や女性誌などに寄稿多数。 全国紙、地方紙でも取り組みが紹介される。 「ジョブチューン」(TBS系)、「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「ニュースウオッチ9」(NHK)、「おはよう日本」(同)などテレビやラジオの出演多数。 一般から専門家向けまで幅広く講演活動を行い、難しいことを分かりやすく伝える手法は定評がある。 近著に「足腰が20歳若返る足指のばし」(かんき出版)、「はないきおばけとくちいきおばけ」(PHP研究所)、「ゆびのば姿勢学」(少年写真新聞社)、「なるほど呼吸学」(同)。 そのほか、「免疫を高めて病気を治す口の体操『あいうべ』」(マキノ出版)、「鼻呼吸なら薬はいらない」(新潮社)、「加圧トレーニングの理論と実践」(講談社)、「薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ」(コスモの本)など多数。

次の

湿疹の種類と症状は?治らない原因や治療・予防法は?

全身 湿疹 原因

湿疹で蕁麻疹という病気がありますが、 皮膚の一部に、蚊にさされたくらいの紅斑や盛り上がり(膨疹)ができて、 皮膚の灼熱感・かゆみを伴います。 一時のうちにどんどんと 湿疹が全身に発するケースもあります。 眼の付近や上唇が腫れたり、時には口の内部の粘膜が腫れる事もあります。 いずれにしても、数十分から数時間でうそのように消えてしまいます。 ただし膨疹が現われたり、消えたりを繰りかえす事も数多いようです。 また、気管支や腸管の内方にまで出て、呼吸困難やくだり腹・胃痛を伴う事もあるようですね。 スポンサーリンク このケース、永眠に至る事もありますので、ぜーぜーと息が苦しくなったり、 腹部が痛んだり、ぐったりしているようなケースでは、すぐに御医者さんの診察を受けてください。 原因が特定できないケースは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー反応薬を内服します。 解毒薬、抗生剤、痒み止めなどを注射する事もあります。 また呼吸困難など症状が激しい時には、発赤を制する副腎皮質ホルモンが処方されます。 むくみは数分から数時間後に次第に消えてなくなりますが、 数時間後から24時間くらいで再発を繰りかえすことが数多いです。 じんましんの症状自体は1〜2日で和らぐ急性じんましんが数多いのですが、 だらだらといつまでも続いて起こる慢性じんましんもあります。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の