ヒーラー デッキ。 【クラロワ】最強のチンパン「エリゴレヒーラー」デッキ 立ち回りと対策方法を教えます

【コトダマン】デッキ編成・文字の特徴・言葉の作り方|初心者必見!

ヒーラー デッキ

全体を回復するメインヒーラーと支援役のサブヒーラー メインヒーラーとサブヒーラー。 具体例を挙げれば下記のような考え方になります。 メインヒーラー向き:マーシー、バティスト• どっちもいける:アナ、モイラ• サブヒーラー向き:ブリギッテ、ゼニヤッタ、ルシオ 現在、オーバーウォッチのサポートロールに属するヒーラーたちの回復量、生存性能の分布図です。 私見入りなので多少納得いかない方もいらっしゃるかもですが、大体はこんな感じ。 これをもとに、7人のサポートヒーロー・ヒーラーキャラをメインヒーラー向き・サブヒーラー向きで分けると下記のように分類されます。 アナとモイラは状況に応じて回復重視でも攻撃参加でもいける万能型。 回復量、回復速度ともにメインヒーラーとして通じるレベルながら、自分自身も攻撃に参加&アビリティで支援できる性能を持ちます。 ブリギッテ、ゼニヤッタ、ルシオはサブヒーラーとして相方のヒーラーが回復しきれない分を補いつつ、攻撃に参加する形で立ち回ります。 もっとも一般的な2ヒーラー体制を例として、組み合わせごとの具体的な考え方を解説しておきます。 サブヒーラーは自身も攻撃に参加しつつ味方を回復。 特にメインヒーラーが回復しにくい相手とメインヒーラー本人を回復します(ヒーラーは自分自身を回復しにくいことが多いため)。 役割分担が一番わかりやすくシンプルな組み合わせですね。 例えば下記のチーム編成だった場合。 ラインハルト• ザリア• ファラ• ゲンジ• モイラ• ゼニヤッタ 当然、回復量の多いモイラがメインヒーラーとして味方の回復に専念。 特にダメージが多く足並みが揃いやすいラインハルトとザリアを重点的に回復します。 ゼニヤッタはサブヒーラーとして敵に不和のオーブつけて攻撃しながら、モイラが回復しづらい上空のファラや前線に出張っているゲンジを重点的に回復します。 キルされることで不利になりがちな防衛側向きな編成です。 片方のヒーラーがキルされても戦線を維持しやすい点も特徴。 攻撃的な支援はあまりできませんが、チーム全体のヘルスと回復量に余裕があるため味方が遠慮なくグイグイ前に出る攻撃的な立ち回りができるメリットがあります。 特にバティストとマーシーの組み合わせは火力支援は向いていませんから、とにかく味方がやられないよう回復に専念すればよし。 また、モイラとアナはメインヒーラー並みの回復能力を持ちながら直接攻撃・攻撃支援能力も高いヒーローで、状況に合わせてサブヒーラー的に立ち回ることも可能。 たとえば片方がマーシーでもう片方がモイラの場合は、全体的な回復はマーシーに任せてモイラはある程度攻撃的に立ち回っても大丈夫。 回復が間に合うようならオーブも攻撃に回し、積極的に敵のキルを狙ってOKです。 キルを取ることで有利になるため。 なので、• 二人とも回復に力を入れつつ火力支援。 回復が要らないほどの勢いで一気に押し切る。 どちらの戦術がセオリーになります。 二人で回復に力を入れても全然間に合わないでしょう。 1タンクか0タンクならある程度回復が間に合うかもですが、それはそれでチームとして偏りすぎてて勝てるかどうか。 デスマッチ系のルールはともかく、基本ルールでは制圧が必要なオーバーウォッチにおいてはちょっと厳しい組み合わせ。 (かなりの変則的な組み合わせではありますが、ブリギッテ、ルシオ、ゼニヤッタ3ヒーラー体制のチーム編成も結構面白い) サブヒーラー向き2人のヒーラー編成の場合、回復量・回復速度の問題で被弾しやすくヘルスの多いタンクが多い編成には向きません。 なので、サブヒーラー向き2人編成で行く場合は• タンクを減らし、1タンク — 3DPSにする。 メイ、ロードホッグなど自分で回復できるヒーローを織り込む。 など、チーム編成で工夫しヒーラーのヒーラーの負担を減らすことをオススメします。 まとめ:OWのメインヒーラーとサブヒーラー• オーバーウォッチ上にはメインヒーラー向きのサブヒーラー向きのヒーローがいる。 マーシー、バティストはメインヒーラー向き、アナとモイラは状況に応じてどっちもいける。 Advertisement 関連する記事• 2019. 2020. 25 昔からありながらも、バティストの登場とオリーサメタ化によりにわかに熱気が増してきたバンカー構成。 しかし「 結局バンカー構成ってなに? 」って方もいら[…]• 2019. 17 ブリギッテが登場した2018年に誕生してOWLからランクマまでオーバーウォッチ世界を席巻し、BlizzardにブリギッテをナーフさせまくったGOATs[…]• 2019. 21 高い機動力で前線を無視してヒーラーをキルし、ラインハルトらタンクの背中をチクチク刺して多くのプレイヤーをイライラさせるフランカー。 ヒーラーを狩られ一[…].

次の

バトルヒーラー

ヒーラー デッキ

目次この記事に書かれている内容は…• 黒騎士と白の魔王でのヒーラーについて 黒騎士と白の魔王のヒーラーは名前の通りパーティーの回復が得意な支援タイプです。 難易度が上がるにつれてヒーラーの役割は重要になってきます。 回復や蘇生はもちろんの事、メンバーのデバフの解除も出来るようにしておきたいですね。 おすすめのヒーラーデッキについて 黒騎士と白の魔王でヒーラーをやる場合は基本的には回復、蘇生を中心にデッキを組んでいきましょう。 おすすめのヒーラーデッキは以下の様なキャラを組んでいきましょう。 全体回復と蘇生が一度に出来るのでピンチの時にも活躍できます。 また、waitも3と軽いのも魅力でデバフがかかってない状態で使用するとリジェネがかかるのもいいですね。 ただ、waitが9と重いので使いどころを注意していかなければ次の支援が遅れてしまいます。 スポンサードリンク 上記のキャラは全体系で使い勝手が良いのでヒーラーを目指していく場合はデッキに組み込んでいきたいですね。 他にも単体回復や補助、デバフ解除スキルを入れる事でスキルの小回りもきくように調節していきましょう。 黒騎士と白の魔王のヒーラーの上位職について ヒーラーはクレリックから始まり、育成していく事で回復特化の「プリースト」と支援を得意とする「ドレイド」に派生していきます。 回復支援をするという事では大きな差はありませんが、単純な回復量ではプリーストの方へ派生した方が良さそうです。 しかし、デバフ解除のスキルなどが少ない場合は、そういった支援が得意なドレイドの方へ派生していくのも良いかもしれません。 手持ちのキャラを活かすか、デッキの弱点を補うかはデッキ全体を見て決めていった方がいいです。 まとめ ヒーラーはソロの時とマルチの時でデッキの内容が若干変わってくると思いますが、基本は他のプレイヤーの支援や回復をするという事は大きく変わる事はありません。 特に高難易度クエストではデバフの解除も重要ですし、何より自分が死なないように気を付けて立ち回りましょう。 黒騎士と白の魔王についての最新情報は随時更新していくのでブックマークよろしくお願いします。 【追記】 黒騎士と白の魔王をやっていたら強力なデッキを作りたいですよね。 私も強力なデッキは欲しいです、強いデッキがあればもっと勝てるはずだし、今まで以上に楽しくなるはずです。 でも正直にいうと、強力なデッキは作りたいけどもお金は使いたくないですよね。 そんな時に役立つ 「無課金で強力なデッキを作る方法」が黒騎士と白の魔王にはあります。 この方法は別ページにまとめたのでチェックしておいて下さいね。

次の

【クラロワ】最強のチンパン「エリゴレヒーラー」デッキ 立ち回りと対策方法を教えます

ヒーラー デッキ

【コトダマン】デッキ編成にかかせない文字と使い方 「い・う・ん・く」を使って文字を繋げよう コトダマンのバトルシステムは、基本的には4文字・5文字の言葉ですごわざ(強い攻撃)を発動し、コンボ数(言葉を作った数)が多いほどATKが上昇します。 敵により大きなダメージを与えるためには、 【すごわざの発動】+【コンボ数の量産】の2つがポイントです。 そこで、【すごわざの発動】+【コンボ数の量産】を実行するために必要になるのが、 文字と文字を繋げて言葉を作る「繋ぎ文字」です。 代表的な繋ぎ文字は「い・う・ん・く」の4つで、 圧倒的に使いやすい繋ぎ文字は「い・う・ん」で、次点で使いやすい繋ぎ文字が「く」です。 そのため、「い・う」を中心にデッキを組むのがセオリーです。 各文字はどの繋ぎ文字と相性が良いのか、それを把握して文字と文字を組み合わせるのが重要なポイントです。 下記は、各文字の繋ぎ文字との組合せ表です。 ぜひ参考にしてください。 例:しょうかい、きゅうかい、かいりょう、ちょうやく etc 「し・き・り・ち」の中では 「し」が群を抜いて使いやすく、次点で「き」です。 小文字に関しては、 基本的に「ょ・ゅ」だけで十分です。 「ゃ」は「ょ・ゅ」に比べて使いにくいので、盤面との相性が良かったり、ギミック適正や弱点を突けるなどの利点がない限り、あえて「ゃ」を使用する必要はありません。 なお、言葉は作りにくいですが、「に・み」+「ょ・ゅ」の組み合わせでも5文字以上の言葉を作れます。 【い軸】と【う軸】それぞれで、ランキング形式で使いやすい文字を紹介していきます。 (「ん」「く」との相性も採点基準にいれています ) 使いやすい文字ランキングTOP10 すごわざを発動しやすい、コンボを出しやすい、弱点ワードを作りやすい い軸 う軸 か こ た と さ よ(拗音でも使える) せ ゆ(拗音でも使える) え そ け お て ほ は ふ め ろ れ も い軸・う軸 どっちでも使える す 【コトダマン】デッキ編成ガイド|初心者用 クエストのクリア情報で編成しよう デッキの編成機能には 「おすすめ編成」があり、下記の4つの編成で簡単にデッキを組めます。 おすすめ編成の種類 おすすめデッキ編成 前回クリアしたデッキで編成 クエストのクリア情報で編成 おまかせでかんたん編成 まず、「おすすめデッキ編成」「おまかせでかんたん編成」はあてにならないので無視しましょう。 初クリアを目指す場合は、 「クエストのクリア情報で編成」の一択です。 所持しているコトダマンが多いクエストのクリア情報を編成し、足りない枠に手持ちのキャラを足していくのが基本的な流れです。 「い・う・ん」を4~6体ほど入れよう 基本的には、 繋ぎ文字「い・う・ん」を4~6体ほど入れると安定して言葉を作れます。 クエスト毎に適正数が変わる い軸の文字(か・た・さ・せ・け・え・て etc)+「い」 う軸の文字(こ・と・よ・ゆ・お・そ・ふ etc)+「う」 上記の組み合わせを意識して、デッキを編成しましょう。 「ん」は言葉を作るには超便利な文字ですが、コンボ数は伸びにくいので、 「い」「う」を主体にデッキを編成した方が火力を出せる傾向にあります。 状態異常耐性・ギミック耐性を意識しよう 各クエストでは、何かしらの状態異常攻撃やギミックが登場します。 状態異常耐性のリーダーとくせいや、 ギミック対策のとくせいを持ったコトダマンを活用するのが攻略の近道です。 状態異常攻撃 対策 毒 毒耐性付きのリーダーとくせい 等 睡眠 睡眠耐性付きのリーダーとくせい 等 呪い 呪い耐性付きのリーダーとくせい 等 混乱 混乱耐性付きのリーダーとくせい 等 汚染 汚染耐性付きのリーダーとくせい 等 炎上 炎上耐性付きのリーダーとくせい 等 ギミック 対策 シールドブロック シールドブレイカー トゲブロック トゲガード チェンジマス チェンジガード 弱体マス 弱体ガード ウォールブロック ウォールブレイカー ビリビリブロック ビリビリガード ヒールブロック ヒールブレイカー コピーマス コピーガード 回数バリア 連続攻撃わざ 等 ヒーラーを入れよう HP回復のわざを持ったヒーラーもデッキに入れましょう。 特に、 被ダメージ量が多いクエストではヒーラーの枚数が必要です。 なお、回復せずとも火力でゴリ押しできるようなクエストでは、ヒーラーは不要です。 【コトダマン】デッキの組み方まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は 『【コトダマン】初心者用|デッキ編成・文字の特徴・言葉の作り方』を掲載していきました。 今回ご紹介した内容を把握しておくと、効果的なデッキを組めたり、文字を作りやすくなることでしょう。 なお、手持ちコトダマン同士の文字の相性にもよって、使いやすい文字は多少なりとも変わってくるかと思います。 また、 予想だにしない言葉ができるのもコトダマンの醍醐味なので、今回ご紹介した内容を把握した上で、いろいろな文字を試しに使ってみるのもいいかと思います。

次の