ハグリッド 死。 ハリー・ポッターと魔法生物の王

『ハリー・ポッターと賢者の石』シリーズ1 あらすじをまとめてみた。解説あり。(ネタバレ)

ハグリッド 死

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のフル動画を無料で見るにはどうすればいいの? こんな疑問に答えます。 この記事はこんな人にもおすすめです。 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の あらすじを知りたい• 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の世間の 評価を知りたい• 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の キャスト・ スタッフを知りたい 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は、2011年7月15日に公開されたアメリカ・イギリス制作のファンタジー映画です。 ハリー・ポッターシリーズの第8作目です。 監督はイギリス出身のテレビ・映画監督である、デヴィッド・イェーツが務めています。 今回は、 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のフル動画を無料で見る方法や、 あらすじ・ 世間の評価などについてまとめました。 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のフル動画を無料で見る方法 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のフル動画を無料で見る! 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は、DVD、ブルーレイディスクも発売されています。 しかし、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のフル動画を無料で見るなら、動画配信サービスの 無料体験を活用するのが断然おすすめです。 最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。 そのなかでも、U-NEXT、TSUTAYA TVでは ポイントを利用して無料で見ることができます。 U-NEXTとTSUTAYA TVなら、 U-NEXTの方がおすすめです。 U-NEXTでは、 映画やドラマだけでなく、雑誌も読み放題で、マンガ・書籍も豊富です。 U-NEXTについては、以下の記事で詳しく解説しています。 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の予告編・あらすじ 予告編 映画「ハリー・ポッターと 死の秘宝 PART2」予告編 あらすじ セブルス・スネイプが放った死の呪文によってホグワーツ校長・アルバス・ダンブルドアは死亡し、死喰い人として帰還したスネイプは、ドラコ・マルフォイ達を連れて姿を消した。 スネイプに敗れたハリー・ポッターは、7年生に進級するはずだったが、前年にダンブルドアがハリーに遺した仕事「ヴォルデモートを滅ぼす唯一の手段である、分霊箱の破壊」を遂行するため、学校には戻らず、親友のロンやハーマイオニーと共に旅に出た。 しかし、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。 苛立ったハリーは謎の遺言や、中途半端なヒントしか残してくれなかったダンブルドアに対して疑念と不信感を強めていった。 ハリー達が旅をしている間にも、ヴォルデモートと彼の率いる死喰い人の一大集団は着々と手を伸ばしていた。 ヴォルデモート達によって魔法省は乗っ取られ、魔法大臣のルーファス・スクリムジョールが殺害される。 それによって、ホグワーツもまたスネイプが校長になるなどの数々の異変が起きていた。 ダンブルドアの驚くべき真実や、母・リリーとスネイプの間にあった知られざる哀しき過去、それによるスネイプの悲壮な覚悟と決意、そして分霊箱のありかなど、今までの6年間で明かされなかった全ての真実を解き明かしながら、避けることのできないヴォルデモートとの最終決戦に備え、準備を進めていく。 また、死喰い人はヴォルデモートの命令で、ハリーを探していた。 ハリー達は分霊箱の手がかりを探す途中で「死の秘宝」という伝説を知る。 ほとんど知られていない古い物語に記された伝説が本当であるならば、ヴォルデモート卿は分霊箱以上の力を手に入れることになる。 ダンブルドア校長の遺言「吟遊詩人ビードルの物語」に、ホグワーツのレイブンクロー寮に所属するハリー達の親友の女子生徒・ルーナ・ラブグッドの父が首から提げた印と同じものが書き込んであったことを思い出したハリー達は、ルーナの父に会いに行った。 その印は「吟遊詩人ビードルの物語」の中の「3人兄弟の物語」に出てくるニワトコの杖、蘇りの石、透明マントという、3つの死の秘宝のことを示していた。 この3つの品物こそが死の秘宝であり、ハリー達が着いた時にはルーナは連れ去られており、死喰い人がルーナの父の家を攻撃してきた。 ハリー達は一旦は脱出するもののすぐに捕まり、マルフォイの家に連れて行かれる。 ハリーとロンはルーナと同じ地下牢に監禁される。 屋敷しもべ妖精・ドビーの手を借りて脱出に成功するが、ドビーは亡くなり、ハリーはドビーを埋葬する。 しかし、そのころヴォルデモートは、ダンブルドア校長の墓から死の秘宝の1つであるニワトコの杖を手に入れていた。 「ハリー・ポッターと 死の秘宝 PART2」のキャスト・スタッフ一覧 キャスト• ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ• ロン・ウィーズリー ルパート・グリント• ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン• べラトリックス・レストレンジ ヘレナ・ボナム=カーター• ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン• ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン• ヴォルデモート レイフ・ファインズ• グリップフック 小鬼 ワーウィック・デイヴィス• ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス• バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス• オリバンダー老人 ジョン・ハート スタッフ 監督 デイビッド・イェーツ 脚本 スティーブ・クローブス 製作 デイビッド・ヘイマン デイビッド・バロン J・K・ローリング 製作総指揮 ライオネル・ウィグラム 出演者 ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン レイフ・ファインズ アラン・リックマン ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・ガンボン 音楽 アレクサンドル・デプラ ジョン・ウィリアムズ ニコラス・フーパー 撮影 エドゥアルド・セラ 編集 マーク・デイ 製作会社 ヘイデイ・フィルムズ 配給 ワーナー・ブラザース 「ハリー・ポッターと 死の秘宝 PART2」の見どころ・原作 見どころ 運命の戦いの行方は…。 世界中に愛され、映画史にその名を刻むこととなった10年越しのファンタジー大作の最終章。 傷つき、失い、そして戦い続けたハリーの運命のファイナルバトルは感涙モノ! シリーズを通して憎まれ役に徹していたスネイプ先生の衝撃の真実に涙! 原作小説 原作はイギリスの児童文学作家J・K・ローリングが発表した子供向けファンタジー小説で、1997年に発売されています。 原作小説と映画で、内容が違うところもあるので、ファンは原作も読んでみると新しい発見があるかもしれません。 翻訳された日本語版も発売されているので、英語が分からなくても安心ですね。 ハーマイオニーどこー? — 天神スペイン春日くん tenjinspainkasu 「ハリー・ポッターと 死の秘宝 PART2」を面白いと感じた人におすすめの映画 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」を面白いと感じたら、ハリー・ポッターシリーズの続編を見るのがおすすめです。 どれも面白い作品なので、他のハリー・ポッターシリーズもチェックしてみてください。 これらの作品は全て、本記事で紹介した動画配信サービス で見れるので、無料体験中にぜひ見てみてください。 まとめ 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」はAmazonのプライム特典の対象になっていないので、 Amazonプライム会員になってもレンタルしないと見れません。 そのため、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のフル動画を無料で見たい方には U-NEXTの31日間の無料体験がおすすめです。

次の

セブルス・スネイプ (せぶるすすねいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

ハグリッド 死

本作はシリーズ初となる3D・IMAX3D作品として製作され、全世界興行収入は遂にシリーズ初となる10億ドルを超えて最終的には13億2800ドルを売り上げ、完結編にしてシリーズ最大のヒット作となりました。 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のキャスト 主演のダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンをはじめ、これまでシリーズを支えてきたレギュラー陣はほぼ続投、ほとんどが最終章である本作までの全8本を完走しました。 本作から10年前のシリーズ第1作『賢者の石』ではまだあどけなかった子役たちもほとんどが20代を迎え、登場人物の成長とリンクしてキャスト陣の成長も実感させる集大成となっています。 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のあらすじ・ネタバレ 貝殻の家 闇の帝王ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)はホグワーツ魔法魔術学校の前校長アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)の墓を暴き、その中から史上最強の杖、ニワトコの杖を手に入れたのだ。 ハリーは死喰い人から匿っているグリンゴッツ魔法銀行のゴブリン・グリップフック(ワーウィック・デイヴィス)に、なぜ死喰い人のベラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)が剣を狙っているのか問うと、グリップフックはスネイプが剣を偽物とすり替えてグリンゴッツの金庫に隠していたことを打ち明けたのだ。 ハリーは剣については何とかするとロンらに語り、続いて同じく匿っている杖職人オリバンダー(ジョン・ハート)に死喰い人から奪った杖を鑑定してもらい、ライバルのドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)から奪った杖は今やハリーに忠誠を誓っていると告げられたのだった。 オリバンダーはヴォルデモート卿から拷問を受けたことを認め、今やハリーに勝ち目はないと忠告したのである。 ハリーとグリップフックは透明マントで身を隠し、ハーマイオニーは銀行員から身分証明書代わりの杖の提示を求められたが、ハリーの魔法により難を逃れ、地下深くの貸金庫に案内されたのだ。 ところが、ハリーたちを裏切ったグリップフックはグリフィンドールの剣を奪って逃走、ハリーたちは咄嗟の判断でドラゴンの背に飛び乗り、警備員らの追跡をかわして銀行から飛び去ったのだった。 ホグワーツへ 途中の湖で、ロンやハーマイオニーと共にドラゴンの背から飛び降りたハリーは、ヴォルデモート卿がホグワーツのあらゆるものを分霊箱に変えている様子の幻を見たのだ。 ハリーは自分たちの行動が全てヴォルデモート卿に読まれていることに気付いたうえで、分霊箱のひとつがホグワーツにあるとして、魔法の村ホグズミードからホグワーツに乗り込む考えを示したのである。 その頃、自分の秘密をハリーに知られたヴォルデモート卿はグリップフックを他のゴブリン共々惨殺、立ち会ったドラコと父ルシウス(ジェイソン・アイザックス)、母ナルシッサ(ヘレン・マックロリー)を震え上がらせたのだった。 グリフィンドールの剣はいずこへと消えて行ったのだ。 死喰い人に占領されたホグズミードに乗り込んだハリーたちは、ダンブルドアの弟アバーフォース(キアラン・ハインズ)の家を訪ね、彼がドビーを助けに遣わしたことを知ったのである。 アリアナは一旦姿を消したかと思うと、肖像画の向こうの隠し扉が開き、中から傷だらけのハリーたちのルームメイト、ネビル・ロングボトム(マシュー・ルイス)が現れたのだ。 ネビルはハリーたちをホグワーツに案内しながら、体罰が大好きな死喰い人のカロー兄妹(ラルフ・アイネソン、スザンヌ・トース)が教師となってからホグワーツは変わってしまったと嘆いたのである。 決戦準備 その時、ロンの妹でハリーの恋人であるジニー(ボニー・ライト)が駆け付け、ハリーがホグズミードに現れたことがスネイプに知られてしまったと告げたのだ。 その夜、スネイプは全校生徒、そしてミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)やホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)ら教職員たちを大広間に招集、ハリーに協力した者には厳罰を与えることを告げ、ハリーに関する情報を速やかに提供するよう命じたのである。 そこにハリー自ら不死鳥の騎士団の面々と共に現れ、スネイプのこれまでの行いを糾弾したのだった。 マクゴナガルもハリー側についてスネイプに杖を向け、スネイプは一時撤退を余儀なくされたのだ。 マクゴナガルはスネイプを臆病者と非難、生徒たちは歓喜の声を上げたのである。 ところがその直後、大広間には「戦うことは愚かなことだ。 ハリーを差し出せばホグワーツに危害は加えない。 1時間だけ待ってやろう」というヴォルデモート卿の声が響き渡ったのだった。 ハリーらグリフィンドール寮と対立関係にあるスリザリン寮の者がハリーを捕らえるよう叫んだが、ロン、ハーマイオニー、ジニー、騎士団らはハリーを庇い、マクゴナガルは管理人アーガス・フィルチ(デイビッド・ブラッドリー)にスリザリン生を大広間から退出させるよう命じたのだ。 ハリーはホグワーツを守ると誓ったマクゴナガルに時間稼ぎを頼み、ロンとハーマイオニーは分霊箱を破壊できる怪物バシリスクの牙を採るため秘密の部屋に向かい、ハリーは髪飾りを求めてレイブンクロー寮に向かったのである。 マクゴナガルはネビルとシェーマス・フィネガン(デヴォン・マーレイ)に橋の爆破準備を命じ、無数の石像に命を与えて校内の警備に就かせ、教師たちはホグワーツ全域に保護魔法を張るなど防護体制を敷いたのだった。 分霊箱を破壊せよ ルーナはハリーを呼び止め、数百年前に失われた髪飾りの手掛かりを知るには死者の声を聞くべきだとアドバイスしたのだ。 その時、ヴォルデモート卿は死喰い人の大軍を率い、ホグワーツに総攻撃を開始したのである。 ロンの双子の兄フレッド(ジェームズ・フェルプス)とジョージ(オリバー・フェルプス)、リーマス・ルーピン(デイビッド・シューリス)やキングズリー・シャックルボルト(ジョージ・ハリス)ら不死鳥の騎士団が戦いに加わるなか、秘密の部屋に入ったロンとハーマイオニーはバシリスクの死骸から牙を抜き取り、グリンゴッツで入手した分霊箱のハッフルパフのカップを破壊したのだ。 その瞬間、ヴォルデモート卿はダメージを受け、秘密の部屋には大量の水が放出されたが、難を逃れたロンとハーマイオニーは熱いキスを交わしたのである。 怒り狂ったヴォルデモート卿は杖にヒビが入る程の絶大な魔力で保護魔法を打ち破り、死喰い人の大群が橋から攻め入ろうとしたが、ネビルは大群ごと橋を爆破することに成功したのだった。 しかし、巨人族も戦いに参戦するなか、遂に死喰い人本隊の突破を許してしまい、ハリーはジニーにキスをすると髪飾りを探しに急いだのだ。 ハリーは部屋の奥で木箱に入った髪飾りを見つけたが、そこにドラコが取り巻きと共に襲い掛かってきた。 ハリーたちはその場にあった箒で脱出するが、取り巻きは炎に巻かれて死亡してしまったのだ。 ハリーはドラコを助けて部屋から脱出、バシリスクの牙で髪飾りを打ち砕き、ロンは放出された闇ごと髪飾りを燃え盛る部屋の中に蹴り込んで扉を閉めたのである。 スネイプ死す ダメージを受けたヴォルデモート卿は意見する部下に八つ当たりし、蛇のナギニを連れて安全な場所へと退避した。 ナギニこそが最後の分霊箱だと気付いたハリーは、ロンの助言に従ってヴォルデモート卿の心を読み、船着き場にいるヴォルデモート卿が怖気づいたルシウスを一喝、スネイプを連れてくるよう命じていることを知ったのだった。 ヴォルデモート卿の居場所を突き止めたハリー、ロン、ハーマイオニーは戦火を掻い潜り、駆け付けたアバーフォースに助けられて船着き場に辿り着いたのだ。 そこでは、ヴォルデモート卿は呼び出したスネイプに、ニワトコの杖は自分の言うことを聞いてくれないと愚痴り、杖の所有権は未だに自分にないことに憤っていたのである。 歴代のニワトコの杖の持ち主は、前の持ち主を殺して所有権を得ていることから、以前の所有者だったダンブルドアを殺したスネイプこそが今の持ち主だと判断したヴォルデモート卿はナギニにスネイプを襲わせたのだった。 ヴォルデモート卿はナギニと共に去り、ハリーたちは虫の息のスネイプに寄り添ったのだ。 スネイプはハリーを一目見て「リリー(ハリーの母)の目に似ている…」と呟くと静かに息を引き取ったのだった。 スネイプの真実 ハリーたちは多数の死傷者を目の当たりにして強い衝撃を受けていた。 この戦いで多数の生徒たちの他に、ロンの兄フレッド、ルーピンとその妻ニンファドーラ・トンクス(ナタリア・テナ)ら騎士団員も命を落としていたのである。 校長室に入ったハリーは、スネイプの涙を憂いの篩にかけて彼の記憶を辿り始めた。 少年時代のスネイプ(ベネディクト・クラーク)はハリーの母リリー(エリー・ダーシー=オルデン)とは幼馴染同士であり、いじめられっ子だった彼女を優しく慰めていたのだった。 スネイプとリリーは相思相愛であったが、ホグワーツではリリーはグリフィンドール寮、スネイプはスリザリン寮へと分れてしまい、リリーはそこで後にハリーの父となるジェームズ・ポッター(ロビー・ジャービス)と知り合ったのだ。 やがて成長したリリー(ジェラルディン・ソマーヴィル)とジェームズ(エイドリアン・ローリンズ)は恋に落ち、スネイプは傷心のあまり死喰い人に身を落としていた・ ところが、占い学者シビル・トレローニー(エマ・トンプソン)の予言を知ったヴォルデモート卿はポッター夫妻の抹殺を決意、スネイプはリリーの命だけでも救いたい一心でダンブルドアに助けを求めたのである。 しかし、スネイプの願いもむなしくリリーはヴォルデモート卿に殺害されてしまい、絶望したスネイプはダンブルドアからハリーを守り抜くよう諭され、このことはスネイプとダンブルドアだけの秘密としたのだった。 ダンブルドアの死の約1年前、分霊箱のひとつであるトム・リドル(ヴォルデモート卿)の母の指輪を破壊したダンブルドアは腕にその呪いを受けてしまい、余命が1年であることを知ると、ヴォルデモート卿の目を欺くために万が一ドラコが自分の暗殺に失敗したらスネイプが代わりに自分を殺すよう命じていたのだ。 そしてダンブルドアは、ヴォルデモート卿が弱った時にハリーに打ち明けてほしいとして、リリーはハリーを守るためヴォルデモート卿の呪いを跳ね返した際、ヴォルデモート卿の魂の一部がハリーに取り込まれてしまったため、ヴォルデモート卿を倒すためにはハリーも死ななければならないということを告げられたのである。 リリーを今でも愛しているスネイプはハリーを死なせるわけにはいかず、自らの守護霊である牡鹿をハリーの元に送り、彼がグリフィンドールの剣を手に入れる手助けをしたのだった。 全てを知ったハリーは、兄を失ったロンを慰めているハーマイオニーに禁じられた森に向かうと告げ、「なぜ僕が分霊箱の声が聞こえるのか解っていた」と語ると、二人にナギニを殺すよう告げて立ち去ったのだ。 ハリー死す?! 修正しよう。 憐れむべきは死者ではなく愛なき生ける者じゃ」と告げて去って行ったのである。 ナルシッサはハリーの死の確認に遣わされ、小声でドラコは生きているのか問うと、意識を戻していたハリーは小さく頷くのだった。 ナルシッサはヴォルデモート卿にハリーは死んだと嘘をついたのだ。 死喰い人の大軍を率いて現れたヴォルデモート卿はハリーの死を宣言、生き残りたちに忠誠を誓うよう命じたのである。 ドラコはルシウスとナルシッサの元に歩み寄り、ナルシッサはドラコに何やら耳打ちしたのだった。 ネビルはハリーや死んでいった者たちの死は無駄ではないと叫び、組み分け帽子からグリフィンドールの剣を取り出したその時、ハリーは立ち上がってヴォルデモート卿に攻撃を仕掛け、ホグワーツの者たちは大いに歓喜したのだ。 遂に最終決戦が始まり、ドラコ、ルシウス、ナルシッサはヴォルデモート卿と決別して去っていった。 ハリーとヴォルデモート卿は一騎打ちとなり、ハリーは隙をついてバシリスクの牙でナギニを刺そうとするも失敗、牙は破壊されてしまったのである。 ロンの母モリー(ジュリー・ウォルターズ)はベラトリックスと一騎打ちとなり、彼女を石化させて殺し、フレッドの仇を討ったのだった。 ハリーはヴォルデモート卿の強大な魔力に苦しめられながらも、ニワトコの杖の持ち主はスネイプではないと告げ、ニワトコの杖を手にしたヴォルデモート卿と激しく魔法の火花を散らしたのだ。 一方、ハーマイオニーとロンは必死でナギニを引き付け、ネビルはグリフィンドールの剣でナギニを斬り殺したのである。 これで全ての分霊箱は破壊され、ハリーは力を失ったヴォルデモート卿からニワトコの杖を奪い取ったのだった。 ヴォルデモート卿の身体は塵となり、静かに死の世界へと消滅していったのだ。 ハリーはハグリッドと抱き合って喜びを分かち合い、ロンとハーマイオニーになぜニワトコの杖がヴォルデモート卿に従わなかったのか説明したのである。 ニワトコの杖はスネイプではなく、ダンブルドアを殺そうとしたドラコの所有物となっており、その後ドラコの杖を奪ったハリーが同時にニワトコの杖の持ち主にもなっていたことを明かすと、ニワトコの杖を真っ二つに折って谷底へと投げ捨てたのだった。 最終章 -19年後- ヴォルデモート卿の死から19年後のロンドン、キングズ・クロス駅。 ホームはホグワーツに向かう生徒たちでごった返しており、その中には改心したドラコが息子スコーピウス(バーティ・ギルバート)を送り出す姿もあった。 ハリー一家は、娘ローズ(ヘレナ・バーロウ)を送りに来たロンとハーマイオニー夫妻と合流、ハリーは学校生活に不安を抱くアルバス・セブルスを励ましたのだ。 ハリー、ロン、ハーマイオニーは我が子の新しい出発をいつまでも見守っていたのである。 2001年公開の記念すべき第1作『賢者の石』では児童文学的なファンタジー路線でスタートした本シリーズも、回を追うごとに登場人物ならびに演じるキャスト陣の目覚ましい成長が描かれ、次第にスケールアップすると共により一層ハードでシリアスな一大スペクタクル巨編へと進化していきました。 そして、若きキャスト陣を支える円熟のベテラン陣の演技も非常に素晴らしく、その後も様々な分野で活躍することとなる若者たちの大いなるお手本となったことでしょう。 本作では、ハリーと宿敵ヴォルデモート卿との浅からぬ因縁、スネイプの今までの行動の理由などといった、これまでのシリーズを通して描かれてきた伏線が全て回収され、全ての謎が完璧なまでに明らかになりました。

次の

映画|ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の動画を無料でフル視聴できるサイトまとめ

ハグリッド 死

イバンナ・リンチ:三村ゆうな スポンサーリンク 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」あらすじとネタバレ セブルス・スネイプの呪文によって、ホグワーツ校長でありハリーの恩師「アルバス・ダンブルドア」は命を落とし、闇の帝王・ヴォルデモートの勢力は拡大していた。 ダーズリー家は引越しを決意し、ハリーとロンは最後の戦いに向けて準備を進めていた。 一方、ヴォルデモートたちはマルフォイ邸でハリーを倒すための計画を進めており、捕らえられたバーベッジ先生が机の上に浮かんでいた。 ホグワーツで「マグル学」を教えていたバーベッジ先生は、死の直前にスネイプに助けを求めたが、あっさりとヴォルデモートに殺されてしまう。 引っ越したダーズリー家にハリーが1人でいると、ロンやハーマイオニー、不死鳥の騎士団の面々が到着する。 変身した各ハリーには護衛がつき、2人1組で「隠れ穴」を目指して飛び立ったが、待ち伏せていたデスイーター(死喰い人)にいきなり襲われてしまう。 ペアだったハリーとハグリッドはなんとかその場を切り抜けるが、ジョージは左耳を失い、マッドアイは帰らぬ人となってしまう。 マッドアイとペアだったマンダンガスは、移動中にヴォルデモートが現れると、「姿くらまし」でマッドアイを1人にしたのだ。 一同はマンダンガスを疑いつつも、マッドアイの突然の死を悼んだ。 これ以上仲間を犠牲にしたくないハリーはこっそりと隠れ穴を出るが、それに気づいたロンから「向こうの思うつぼ」だと止められる。 翌日、一同がビル・ウィーズリーとフラー・デラクールの結婚式の準備をしていると、魔法省大臣のルーファス・スクリムジョールが 『ダンブルドアの遺品』を届けにやって来る。 ロンに「灯消しライター」、ハーマイオニーに「吟遊詩人ビードルの物語」、ハリーに「金のスニッチ」を渡したルーファスは、ダンブルドアがハリーにもう1つ形見を遺したことを伝えた。 それは 「ゴドリック・グリフィンドールの剣」だったが、肝心の剣は 行方不明になっていた。 結婚式の夜、ハリーたちは久しぶりに楽しい時間を過ごしていたが、またもやデスイーターに襲われてしまう。 ハリーはジニーを守ろうとするが、危険を感じた3人(ハリー、ロン、ハーマイオニー)はシャフツベリー通り(ロンドン)に逃げる。 ハリーたちは立ち寄ったカフェで2人の追っ手に襲われるが、ハリーたちは追っ手を倒して記憶を消した。 その後、騎士団の本部(ブラック邸)に身を潜めたハリーたちは、シリウス・ブラックの「弟」の手紙を発見する。 そこでハリーたちは、 シリウスの弟(レギュラス・アークタルス・ブラック)が 『RAB』だと知る。 ハリーは隠れていたクリーチャーを見つけて事情を聞くと、2つのうち1つのロケット(分霊箱)を、マンダンガスが盗んでいたことが分かった。 ハリーはマンダンガスを見つけるようにクリーチャーに命じると、すぐにドビーと共にマンダンガスを連れてきた。 ハリーたちはマンダンガスを問い詰めるが、ロケットはドローレス・アンブリッジに奪われていた。 ロケットを取り戻すため、ハリーたちはポリジュースで 教師に 変身して魔法省に侵入。 尋問をしていたアンブリッジからロケットを奪うが、正体がバレて追っ手に追われてしまう。 ハリーたちはなんとか森に逃げ切るが、ロンが腕に大怪我を負ってしまった。 ロンはハーマイオニーの治療で一命をとりとめるが、ロケットを破壊できない3人は、極限に近い状況の中で 険悪な雰囲気になっていく。 そんな中、ハーマイオニーが 「グリフィンドールの剣」なら 分霊箱を破壊できることに気がついた。 しかし、意見の食い違いや態度からハリーとロンは激しい口論となり、ロンはハリーたちと離れることになる。 その後、ハリーとハーマイオニーは「ゴドリックの谷」に向かった。 2人がハリーの両親の墓参りをしていると、そんな2人をじっと見つめる老婆(バチルダ・バグショット)がいた。 ハリーたちがバチルダの家についていくと、バチルダは「お前がハリー・ポッターか?」と尋ね、ハリーは「そうです」と答えた。 すると、バチルダは ナギニ(ヴォルデモートの蛇)に姿を変えてハリーに襲いかかるが、ハリーはハーマイオニーに助けられる。 その後、2人は移動した「ディーンの森」で夜を迎えたが、ハリーは 牝鹿の守護霊に導かれ、湖の底にある 「グリフィンドールの剣」を発見する。 ハリーは湖に潜って剣を掴もうとするが、首から下げていたロケットが邪魔をして溺れそうになる。 しかし、ハリーは突然現れたロンに助けられ、2人は協力して ロケット(分霊箱)を 破壊した。 ロンとハーマイオニーは感動の再開とはならなかったが、3人は再び行動を共にすることになる。 スポンサーリンク 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」結末 その後、ハリーたちはハーマイオニーからの提案でルーナ・ラブグッドの父「ゼノフィリウス」に会いに行った。 印は「吟遊詩人ビードルの物語」の中の 『3人兄弟の物語』に出てくる ニワトコの杖、蘇りの石、透明マントという、3つの死の秘宝を示していた。 と答え、ゼノフィリウスはハリーに向かって「君が最後の望みだ」とつぶやいた。 ルーナはヴォルデモートに連れ去られており、ハリーたちが家を出ようとすると突然デスイーターに襲われる。 ハリーたちは間一髪で逃げ出すが、すぐに人さらいに捕まってマルフォイ邸に連れて行かれる。 ハリーとロンは地下牢に監禁されるが、そこでゴブリン、ルーナ、オリバンダー、ドビーと再会。 ハリーたちはドビーの力を借りて地下牢から脱出するが、ベラトリックスにハーマイオニーを人質に取られてしまう。 すると、またしてもドビーがベラトリックスの隙を突き、ハーマイオニーを救出する。

次の