マダム チェリー インスタ グラム。 デルフィーヌ=麻衣子・シャンピ(岸恵子の娘)夫や孫の年齢?インスタ

マダム チェリー : REGINA ROMANTICO Official Blog

マダム チェリー インスタ グラム

デコルテがきれいに開いたノースリーブのワンピースはヴァレンティノのもの。 観劇には、スーツかワンピースで出かけます。 ワンピースは、私のワードローブに欠かせない存在。 シンプルで美しいワンピースに、たまらなく女心をくすぐられるのです。 ワンピースを選ぶときのポイントは、まず色です。 黒や紺などベーシックな色が多いわね。 それからデザインがシンプルでシルエットが洗練されていること。 どんなふうに着回しができるか、じっくり考えます。 スカート丈は、バランス的にやっぱり膝下がベストかしら。 中途半端な丈で迷ったときは、持っている靴を合わせられるかどうかが決め手となります。 ただ着て終わり、ではなく、おしゃれの土台となるような、想像力をかき立てられる出会いにときめきます。 たとえば上の写真のネイビーのワンピースは、胸元のカッティングといい、全体のシルエットといい、本当にきれい。 夏のお出かけには、白のジャケットを軽くはおって。 これ以上の色をいたずらに足す必要はありません。 シルバーとダイヤモンドの涼やかな白い光があれば十分です。

次の

60代以上のすてき女性の本に学ぶ 自分らしく輝く生き方!【おすすめ8冊】

マダム チェリー インスタ グラム

人生100年時代、「年相応の格好」なんて古くさい! スタイリッシュなファッションをインスタグラムで披露して人気を集める60~80代女性が増えている。 リン・スレイターは、同年代の女性には珍しい「男前な美しさ」の体現者だ。 フォーダム大学社会福祉大学院の教授であり、モデルでブロガーというおしゃれな副業も持つスレイターは、インスタグラムのスターとして広く名前を知られている。 彼女の年齢は64歳。 「もう引退モードに入るべきかも」と考える女性も出てくる年代だ。 だがスレイターのような女性に、そんな弱音はあり得ない。 さん iconaccidental がシェアした投稿 — 2018年 5月月10日午前4時05分PDT スレイターの強気な言葉は、志を同じくする同年代の仲間、70代や80代の女性の声を代弁するものだ。 彼女たちはその母親世代が羨んだかもしれない大胆さとスタイリッシュなファッションで、年齢を重ねることに向き合っている。 既婚者もいればシングルも、現役で働く人もそうではない人もいるけれど、その大半は孫を持つおばあちゃん。 そんな女性たちがインスタグラムで存在感を放ち、「老女たるものかくあるべし」という古くさい概念をひっくり返そうとしている。 年齢が生き方を決める時代ではない 「彼女たちは『年齢の大使』です」 おしゃれスナップブログ「」と同題の写真集2冊、ドキュメンタリー映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』で「シニア層のファッションと知恵」を記録してきた、写真家でライターのアリ・セス・コーエンはそう話す。 コーエンに言わせれば、彼が被写体とする女性たちは加齢をめぐる一般認識が変化している現実を反映すると同時に、その変化に貢献している。 「年齢を重ねた女性の外見について、考え方が変わってきています。 若い頃におしゃれだった人は年を取ってもおしゃれ。 彼女たちは、かつてと同じ自分であり続けるのです」 2018年に広告代理店ジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)が、英国に在住する55~72歳の女性を対象におこなった調査も同じ見方をしている。 調査結果をまとめた報告書は序文でこう指摘する。 「もはや年齢は生き方を決めない。 各自の身体的能力や経済状況、心的傾向による影響のほうがはるかに大きいと考えられる」 同報告書によれば、いまや50代の女性は「祖母」あるいは「新米の母親」であってもおかしくない。 「起業家であるかもしれないし、ワイルドなバイカー、またはウルトラマラソンのランナーかもしれない。 そのライフスタイルを決定するのは年齢ではなく、自身の価値観と興味の対象だ」 「老人ホームに入っても大麻は手放さないからね」 こうした女性のなかには、1960~70年代に身に付けたカウンターカルチャー的価値観や型破りな姿勢を捨てない人もいる。 「私たちは、老人ホームでおとなしく座っている老女にはならない」。 そう話すのは、アーティストでニットデザイナーである71歳のオーストラリア人、ジェニー・キー()だ。

次の

年齢不詳と話題の70代マダム、シンプルなワンピースの着こなし術

マダム チェリー インスタ グラム

春夏の新作の入荷が始まりました。 春夏のテーマはミラクル レジィーナロマンティコから 新しいミューズをご紹介します。 マダムチェリー 彼女の年齢は70歳 レジィーナロマンティコのお洋服はエイジレス 以前から年齢を重ねた方に、もっとレジィーナロマンティコのお洋服を着ていただきたいと思っていました。 そして、マダムとの出会いは数年前にさかのぼります。 フェイスブックの友人の投稿でマダムの写真を拝見して、 なんて素敵な方なんでしょう! 是非レジィーナロマンティコのモデルになってほしい! そう思いました。 でも、知らない方です。 こっそり写真を保存して、心の中に温めていたのでした。 そして、昨年の春夏のコレクションの撮影の打ち合わせの際に、 ヘアメイクの三ツ橋先生に、マダムの写真を見せて、 私の想いをお話ししたのです。 すると、お願いしてみたらどうですか? 先生は、すぐにそう仰いました。 きっとレジィーナロマンティコのお洋服を素敵に着こなしてくださいますよ! 私は早速お友達を通じて彼女をご紹介していただき、 お会いすることが出来たのです。 初めて本物のマダムにお会いしたときの、 ドキドキ感は今もはっきりと覚えています。 そして、ようやくモデルとして、撮影させていただくことになりました。 撮影日をお知らせすると、 なんと撮影の当日はマダムの70歳のお誕生日だったのです! 運命的な出会いを感じたとマダムも仰ってくださいました。 マダムの愛称はチェリー これからもレジィーナロマンティコのミューズとして、 沢山のコレクションを着こなしていただきたいと思っています! 年齢に関係ない美しさ いえ、年齢を超えた、もしくは年を重ねたからこそ生まれる美しさは、若い人には決して出すことの出来ない 素晴らしい魅力であると感じています。 マダムの魅力をより一層引き出せるような そんなお洋服を、どんどん創っていきたいと思っています!.

次の