ポスタル くらぶ 退会。 長年連れ添ってきた「ポスタルくらぶ」(ゆうちょくらぶ)を退会した別れ話

ポスタルくらぶ

ポスタル くらぶ 退会

もう一回、引き落としするので口座にお金きちんと入れてという内容で・・・。 年会費は、350円です。 ゆうちょの通帳みたら200円位しか入ってなかった。 で、この「ポスタルくらぶ」なんですけどいつの間に加入していたのか??? 多分、通帳つくる時だと思うのですが記憶にない。 知らないうちに毎年、この年会費引き落とされていたようです。 それで、「ポスタルくらぶ」には、どんなメリットがあるのか調べてみたら自分的には殆どメリットがないと感じました。 昔は、カード盗難などの預金補償があったようですが民営化になったときに廃止されたらしいです。 現在、ポスタルくらぶの運営は「日本郵政グループとは特に関係はなく独立した一般社団法人です。 」とHPにも記載されていました。 他にレジャー施設などの割引もありますが、そんなのネット上のクーポンや他社のクレジットカードでも同様のサービスを受けられます。 また、電話で健康相談ができるようですが、それもインターネットの無料相談サイトや生命保険会社のサービス、病院やドラッグストアもあるし。 ということで、ポスタルくらぶを解約することにしました。 ポスタルくらぶのホームページには、解約する際、窓口に行くなら通帳や印鑑、本人確認書類が必要とありました。 ちょっと面倒ですよね。 ネット上でも退会できますが、電話したらすぐに退会できましたよ。 ポスタルくらぶサービスセンター フリーダイヤル0120-869-493 受付時間は、9:00~17:00(月~金、祝日を除く)とありますが、私のはがきには24時間受付とありました。

次の

「ポスタルくらぶ」を退会: 92式フリートーク

ポスタル くらぶ 退会

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 実際は電話で解約したいことを伝えれば簡単に解約出来ます。 このポスタルくらぶ 以前は「」 当時は、『カード補償制度』というのがあり、カードを盗難、紛失し、悪用された時に最大で100万円の補償がありました。 しかし、預金者保護法の施行により、金融機関の補償が確立したことから、 この特約は廃止されました。 平成20年9月廃止 会員に個別の連絡もなく、勝手にホームページで通知したのです。 現在の「ゆうちょ」とは何の関係もなく、入っているメリットはありません。 今すぐ解約しましょう。 以下「ポスタルくらぶHP」から引用 現在、既に削除されている 【重要】ポスタルくらぶ会員のみなさまへの重要なお知らせ 〜〜〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜〜〜 また、長年提供してまいりました「郵貯カード保険」ならびに「見舞金制度」は、預貯金者保護法の施行により、金融機関の補償が確立したことから、 平成20年9月末日をもって終了し、新たに旅行中の傷害やお住まいの火災を対象とする 「会員補償サービス」を提供してまいります。 そんなわけで、この「ポスタルくらぶ」に入っている最大のメリットの「郵貯カード保険」と「見舞金制度」はとうの昔に終了しているのです。 現在のメインサービスとして取り扱っているレジャー施設優待割引ひとつとっても、 株)JTBベネフィットの「えらべる倶楽部」を紹介しているのみで、別に「ポスタルくらぶ」が 運営しているわけでもなく、意味がわかりません。 HPにはレジャー施設優待割引サービスが全国に10,000件とありますが、施設へのリンクがあるわけでもなく、施設名もあやふやで根拠を示すものが何もなく本当に存在するのか確認できません。 他の主なサービスも「斡旋しているのみ」で、 実際にポスタルくらぶが運営しているといえるのは、• 「火災見舞金」3万円 2. 「自転車事故入院見舞金」5万円 3. 「旅行中傷害入院見舞金」5万円 以上、3つの 「会員補償サービス」のみ です。 退会せずそのままにしていると 年350円引き落とされます。 大した額ではありませんが、よく読んでみるとわかるように上のを使う機会など限りなく「ゼロ」です。 火災にあって3万の見舞金。 火災でたった3万です。 泣けてきます。 自転車事故にあって入院して5万です。 旅行中に怪我してしかも入院。 最悪ですね。 それで5万。。。 確率的にありえないような条件ばかり。 万が一、貰う機会に遭遇したとしても少額ですし「無駄遣い」にほかなりません。 ゆうちょ銀行の預金残高は2014年現在170兆円近くあります。 預金者数は明らかになっていませんが、その大半は「になったということを知らず、「ポスタルくらぶ」に加入しているものと思われます。 本来なら「郵政民営化」が完了したときに解体しなければいけなかった組織なのです。 どこかに窓口があるわけでなく、人の応対は電話とウェブのみの受付で、実質、 無店舗ビジネスでこの売上である。 冒頭で「解約させたくないが故、云々」と書いたのはこの為である。 ・その他参考リンク.

次の

ポスタルくらぶの解約方法

ポスタル くらぶ 退会

「ポスタルくらぶ」公式サイトは、気が付けば、ちょこまかとリニューアルしている印象(笑)そういうことで、当ページに関しても何かと現行化する手間が発生するわけです。 を確認すると、法人名称は「一般社団法人ポスタルくらぶ」。 少し驚いたのが、法人の設立日が「平成17年10月19日」であること。 私が入会したのは、それよりもっと前。 ただ、当初の名称は「ゆうちょくらぶ」。 それがいつの間にか名称変更していました。 おそらく途中で一般社団法人になって「ゆうちょくらぶ」から「ポスタルくらぶ」に名称を変更したのかも。 郵政民営化が迫っていた時期でしたので。 あくまでも推測です。 さらに推測すると、ファーストフード(ファストフード)のマクドナルドが「マック」の愛称で親しまれているように、郵便局(特にゆうちょ銀行になってから)は「ゆうちょ」の名称を売り出したい様子(私からはそう見えます)。 ところが、「ゆうちょくらぶ」の名称ではいかにも日本郵政グループの傘下に見えてしまうと。 それを危惧したかどうかは知りませんが、いろいろな理由で名称変更があったものと推測できます(あくまでも仮説です)。 あと、大企業との付き合いがあることがわかりましたが。 これだけではやっぱり情報不足の印象は否めません。 私の場合、住所変更をしても、「ポスタルくらぶ」には届け出ていませんでした。 そのためか、忘れた頃に「ポスタルくらぶ」から電話連絡が来ていました。 このようなことから「日本郵政グループとは特に関係はなく独立した一般社団法人」という事実を何となく察することができます。 ポスタルくらぶのサービス 「ポスタルくらぶ」のサービスは「」と「」の2つに分けられるようです。 会員限定サービス サービス全体を見渡してみると、覚えておいて損はなさそうなサービスがあります。 自転車搭乗中の傷害・旅行中の傷害・火災などの見舞金、レンタカーや家の掃除のサービスなど。 ここでは特に気になったサービスをご紹介します。 定番サービス 特に「ゆうちょくらぶ」の頃から覚えているサービスが「 健康電話相談」。 わざわざ病院に行って医療費を支払わなくても、健康・栄養・育児・介護に関するちょっとした悩みを気軽に専門家に相談できるのはありがたいもの。 ただし、専門性をどの程度発揮してくれるのか?気になる点ですね。 新サービス 気が付けば新たな会員限定サービスがスタートしていました。 それは「 暮らしの情報と終活相談」と「 葬儀関連手配サービス」です。 私は「ポスタルくらぶ」の会員ではありませんので、サービスの詳細をご紹介することはできません。 ただ、渡る世間は超高齢社会、終活や葬儀関連のサービスは明らかに需要が見込めそうですね。 お役立ち本棚(無料コンテンツ) こちらは年金コラム、法律コラム、税金・保険コラムなどがあります。 特に気になったのが、 原令子先生の「やさしい年金特別講座」。 原玲子さんの年金コラムは、私の記憶が確かならば「ゆうちょくらぶ」の頃から続いているような。 「ポスタルくらぶ」が(おそらく)ターゲットにしたいであろう年金受給者にとって、知っておいて損はない情報をいかにも提供してくれそうな印象。 ポスタルくらぶの会員登録 私が入会した時は郵便局で申し込みましたが。 時代が流れて渡る世間の昨今においては、公式サイトの「新規会員登録」をクリックして申し込むようですね。 時代の波に乗ってクレカも使えるわけです。 やはり公式サイトの機能に力を入れている印象。 ちなみに、郵便局の窓口で「ポスタルくらぶ」に入会した方(年会費引き落としのための「自動払込利用申込書」を郵便局に提出した方)に関しては、以前は公式サイトでweb会員の登録ができたようですが。 公式サイトがリニューアルしてから、郵便局の窓口で入会した方に関するweb登録の記載がおそらく削除されたようです。 やはり私は「ポスタルくらぶ」を退会しましたので、現状がよくわかりません。 ご不明な点は、ポスタルくらぶサービスセンターにお問い合わせください。 電話 03-3497-1555 受付時間 9:00~17:00 (月~金、祝日除く) 以下、参考情報として、私が2017年7月に「ポスタルくらぶ」を退会した際の手続きをご紹介します。 私のように郵便局で入会した場合、当時は郵便局で「自動払込利用廃止届書」の提出が必要でした。 郵便局窓口にて退会用の書類(自動払込利用廃止届書)のご提出により退会手続きが可能です。 年会費の引き落としをしている貯金通帳・お届け印・本人確認書類を郵便局窓口にご持参の上、お手続きください。 ということで、当時の私は郵便局に行って「ポスタルくらぶ」を退会してきました。 退会当時、郵便局で「ポスタルくらぶ」の勧誘をしていないためか、案の定、窓口の局員さんは退会手続きに慣れていない様子でした。 それでも無事に退会できたのでよかったですけど。 まとめ 「ポスタルくらぶ」のサービスを改めて確認してみると、退会しないで「ポスタルくらぶ」のサービスを意識して利用しても良かったような気がします。 たかが年会費350円、されど年会費350円。 長年「たかが」になってしまっていたので、ついに「されど」を優先させました。 とりあえず退会しましたが、また気になったら再び申し込むかもしれません。 そういえば、ゆうちょが売り出していた「ぱるる」通帳も気づいたらなくなっていました。 これも郵政民営化の影響なのでしょうか。 時代の移り変わりを感じる今日この頃です。 「ポスタルくらぶ」の最新情報等は、公式サイトにてご確認ください。

次の