千 と 千尋 ハク その後。 千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し・ハクの最後の結末は?公式や5年後のその後についても

千 と 千尋 ハク その後

【スポンサーリンク】 ハクの人物像考察、その後の未来と八つ裂き説について。 まずはハクの人物個人について触れていきたい。 ハクの外見は以下のような感じ。 ジブリワールドの中でもかなり指折りのイケメンに分類されるんじゃないかな!格好いい!! 千と千尋の神隠しより引用 ハクの外見はこんな感じ!! 湯屋で働いている謎の少年、ハク。 湯婆婆の弟子というポジションにあり、帳簿を預かる役割を担っているのが彼だ。 それが以下の内容だ! これは千と千尋の神隠し公開当時にジブリの公式HPに記されていたものだという。 今ではちょっとどこにあるのかわからなくて、バトワンは探し当てることができなかった。 ハクが好きなファンにとっては 「そんなのデマに決まってる」って感じだし、人によっては 「それこそが真実」って断定するような主張も見受けられた。 いや、これはあくまでひとつの解釈ではあるんだけど、この文章から読み取れること。 それは 「ハクが運命を受け入れている」という一点だけであって、ハクがどうなった?というところには言及していないように見えるんだ。

次の

千と千尋の神隠し・ハクの最後の結末は?公式や5年後のその後についても

千 と 千尋 ハク その後

千尋とハクは恋愛関係なの? ジブリ作品の特徴 ジブリ作品に多く見られる特徴として、見た人の想像に任せるという見せ方が多いのですが、 千と千尋の神隠しの場合も千尋とハクの恋愛部分がまさにそうなっています。 ^^ この手法は決して投げやりなわけではなく、無限の可能性を作ってくれるという面が大きいですよね。 ですが、日本人は比較的答えを求めてしまうもの・・・。 (笑) というわけで、今回は千尋とハクが恋愛関係だったかに迫っていこうと思います! スポンサーリンク 千尋とハクには好意がある? 上記で言った通り、ジブリ公式からの明確な答えは無いのであくまで個人の考察&願望になるのですが、 千尋とハクには少なからずお互いに好意は持っていたと考えています〜! (まぁハクはイケメンですしね笑) ただ、それ以上にあったのが「家族愛」「友情」「尊敬」「信頼」と言った別の形の愛だったのではないでしょうか? ハクからすると千尋は、以前川辺で出会い、溺れているところを助けてあげた人間の女の子ですよね。 昔自分が助けた、可愛い人間の女の子が異世界に迷い込んでしまったから助けてあげたい、といった感情だったんじゃないかなと。 ハクは神様なので、恋愛感情というよりも、人間として好き、といった感情を千尋に抱いていたんじゃないかと思われます〜! そして千尋からするとハクは、なぜか自分を助けようとしてくれる、イケメンでかっこいい同い年くらいの男の子、といった認識なのかなと。 まだ小学生くらいですし、恋愛としての好きとはちょっと違うんじゃないかなと感じてしまいました。 ですが!物語の最後で千尋はハクに「また会える?」と聞いていますよね? 違う世界でお互い苦難を乗り越えたことで、千尋はハクに少なからず惹かれていたのかな〜と感じてしまいました。 ^^ 物語の最初と最後とでは、千尋のハクに対する印象は違っているんじゃないかと考えていますが、いかがでしょうか? それでも千尋はまだ幼いので、限りなく友情に近い恋愛感情だと思いますが。 ^^; 昔、川で出会った時からちょっとだけ惹かれ合い、別の世界で再会した二人の間には特別な感情はあったと思います。 正直言うと、お互い好きでも結ばれることは非常に難しい、というのも前提にあると思います。 それでも、二人は人種などを越えた、お互いにかけがえのない大切な存在になったんじゃないでしょうか。 結論としては、千尋は物語のラストでは限りなく友情に近い、恋愛的な気持ちは少なからずあり、 ハクはそれ以上に人間としての好きといった別の感情のほうが強かったという感じかなと。 人の気持ちって複雑ですし、千尋はまだ幼いので、この結論の方が個人的にしっくりきますね。 千と千尋の最大の感動シーンなのですが、果たして千尋とハクは本当に再会できたのでしょうか? こちらに関しても、まさにお好きに想像してください、といった内容になっていますよね。 ^^ というわけで、またあくまで個人の考察&願望になるのですが、 恐らく再会できるのではないかと! というのも、ハクは最後には千尋に名前を呼ばれたことで自由を取り戻すことができましたよね。 ハクは神様なので「千尋に会いに行こう」と思えば、いつでも会いに行けるのかなと感じました。 ^^ 千尋とハクの間には絆がありますので、再会したいと思えば、また二人を結びつけてくれるのではないでしょうか? その時には、千尋はハクを忘れているかも知れませんしハクはまた姿を変えているかも知れませんね。 例えば、たまたま千尋が立ち寄って眺めた川が、初めてハクと出会った川だったとか。 千尋がハクに会いたくなったら、またこの川に行ってハクに呼びかければ会えるような感じがします。 あの異世界で会った時の二人とは状況が違うかも知れませんが、どんな形であれ二人はまた会えると信じています!(笑) スポンサーリンク まとめ 千と千尋の神隠しでは、千尋とハクが恋愛関係だったのかを考察させていただきました! ハクは神様なので、人間として好きという感情だったんじゃないかと思われますが、 千尋に関しては、ラストでは少なからずは恋愛的な感情もあったんじゃないかと思われます。 ^^ ただ、恋愛以上に家族的な愛や友情・信頼といった、別の気持ちのほうが大きかったのではないでしょうか。

次の

千と千尋の神隠しハクに関する都市伝説!八つ裂き映像の噂とは | マジマジ情報局

千 と 千尋 ハク その後

放映後は毎回、ストーリーについて熱い意見が交わされることで有名なジブリ作品。 「 千と千尋の神隠し」もそんな作品の1つですが… 特にヒロイン・千尋を助ける美少年ハクの「 その後」については視聴者の間で頻繁に舌戦が繰り広げられる程。 千尋がもとの世界に戻った後ですが、確かに彼の行方が気になりますよね。 なので、今回は「千と千尋の神隠し」におけるハクの「その後」について筆者なりに詳しく検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」で一番の謎と言えば…ハクの「その後」 まずは余談ですが、「千と千尋の神隠し」で千尋を助けるハクの年齢は 12歳と設定されています。 千尋とあまり差がないにも関わらずだいぶ大人びて見えますね。 中性的で謎めいた雰囲気を放つ彼には女性ファンも多いのではないでしょうか? また千尋に対する振る舞いも優しく、時に献身的で同じ男性目線から見てもカッコ良く写るハク。 そんな彼の声優を務めたのは 入野自由さん。 入野さんは劇団ひまわりに所属する俳優でありながら声優としても知られています。 「千と千尋の神隠し」でのハク役は彼にとって大きな転機になったでしょうね。 声とキャラクターが上手くマッチしていたように思います。 その要因として、入野さんは当時13歳。 ハクと近い年齢だったわけです。 彼の思春期独特の声色がハクの存在を引き立てたのだと感じています。 で、話を元に戻すと… 銭婆による傷から回復したハクは湯婆婆に対して、彼女が愛する1人息子・坊を連れ戻す代わりに「 千と両親をもとの世界に戻して欲しい」と迫ります。 その願いに対し、湯婆婆は「 お前は八つ裂きになるけどいいのか?」とハクに問うのです。 彼らのやりとりはハクの「その後」がうかがえる重要な場面ですよね。 その後、銭婆から魔法の力が込められた髪留めを受け取った千尋。 彼女は湯婆婆のもとへ戻る途中、迎えにきた白竜の上で彼の正体を知ることに。 ハクの正体とは昔、千尋が溺れかけた「 川」だったのです。 湯婆婆から出された試練に見事答えた千尋は皆に見送られながらもとの世界へと帰っていき、2人は離れ離れになってそれぞれの道を歩んでいきます。 千尋は両親と共に人間世界へ、元の暮らしへと戻っていきますが…残されたハクの「その後」は一体どうなったのか? 彼の「その後」については本編で詳しく描かれていないので気になるところ。 ここで気がかりなのが、湯婆婆との契約について。 湯婆婆が言い放った「 八つ裂き」というワードから自ずと悲しい「その後」が予想されます。 ファンにとっては悲しい結末ですが、順当に考えればやっぱり八つ裂きにされた可能性が高そうです。 Sponsored Link ハクの「その後」については、色々想像できる… では肝心な、千尋と別れたハクの「その後」について。 先述の通り、八つ裂きの姿になってしまったことも考えられますが… 「千と千尋の神隠し」における「その後」。 それはズバリ、見る人によって様々だということ。 これは多様なメッセージ性を持つ宮崎作品ならではだと言えます。 なので考えようによっては、自分の名前を取り戻した2人が互いの世界で幸せに暮らす結末もあり得るでしょう。 しかし気になるのが映画のラストシーン。 最後にそれぞれの道を歩む場面や、「 自分はこの先へは行けない」「 絶対に振り向くな」といったハクのセリフは見逃せないところ。 筆者の視点から見たハクの「その後」ですが… この場面を考慮すると、やっぱり2人が再会する未来は考えられないと推測します。 まとめ 「千と千尋の神隠し」で注目を浴びた紳士な美少年・ハク。 彼はその後、あのお婆さんから八つ裂きの刑に処されたのか?気になるところですよね。 2人の「その後」については筆者もファンとして 2人の再会をただただ祈るばかりです。 もし彼らの再会が叶わなかった場合にも、せめて一緒に過ごした日々がふとした瞬間に蘇るような「その後」を期待してしまいます。 忙しい日常に疲れ果てている。 そんな時はこの淡い作品に癒されてみてはどうでしょうか?.

次の