日産 トレーディング 売却。 日産の切り札、子会社の切り売り・・: トヨタスポーツな気分

日産トレーデイングジャパン株式会社:ニュース&トピックス

日産 トレーディング 売却

KKRが全額出資するCKホールディングス(HD)が、2017年2月下旬からカルソニック株に対してTOB(株式公開買い付け)を実施し、日産の持ち分40. 68%を含め全株の取得を目指す。 買収総額は4982億6100万円の見込みで、日産は1140億円の売却益を得る。 この資金を安全・環境分野の次世代技術の投資に振り向ける。 カルソニックは11月22日、TOBの成立を前提に、従来7円50銭としていた17年3月期の期末配当をゼロにし、1株当たり570円を上限とする特別配当を実施すると発表した。 CKHDはカルソニック株を11月22日の終値(1450円)と比べて28%高い1860円から特別配当額を差し引いた価格で買い付ける。 CKHDは全株を取得し、完全子会社とする。 予定通りTOBが成立すると、カルソニックは上場廃止となる見込み。 日産は当初、一般事業会社への売却を検討していたが、有力な候補が見つからず投資会社などによる入札を実施することになった。 6月に1次入札を実施。 KKRのほか、日中韓の企業を投資対象とするMBKパートナーズや、米投資ファンドであるベインキャピタルなどが参加した。 10月中旬に締め切った2次入札で好条件を示したKKRに優先交渉権を与えていた。 カルソニックは日産系列最大の自動車部品メーカー。 16年3月期の連結売上高は1兆533億円、営業利益は382億円で、売り上げの84%が日産向けだった。 KKRによる買収後は、大手自動車メーカーに属さない独立系として取引先を広げる。 製品ごとの寡占が進んでいる自動車部品分野での競争力を高めるため、熱交換器やエアコンなど得意分野のシェア向上を図る。 日産は株式売却で得た資金を三菱自動車の買収に充てるとともに、電気自動車(EV)や人工知能(AI)、自動運転技術の研究のほか、AI関連のベンチャー企業に投資する。 「コストカッター」ゴーン流の系列解消 日産がルノーと資本提携した1999年、仏ルノーから「コストカッター」の異名をとるカルロス・ゴーン氏が送り込まれた。 ゴーン氏は系列取引の解消に大鉈を振るった。 完成車メーカーを頂点に系列の部品メーカーや下請け企業がピラミッド形に連なる日本式の系列を、非効率経営の元凶とみなした。 そして日産の再生計画「日産リバイバルプラン」で部品メーカーの大幅な絞り込みを掲げた。 保有する1400社もの部品メーカーの株式は「緊密な4社」を除いて売却を進めた。 カルソニックは、その4社に含まれていた。

次の

日産、4−6月営業損失規模は市場予想下回る見通し−コスト削減進む(Bloomberg)

日産 トレーディング 売却

日産トレーデイング(NITCO)グループの組織改編に関するご案内 このたび、日産トレーデイング株式会社 NITCO は、将来にわたり「真のグローバル企業」として全世界のお客様に魅力的なサービスを提供し、更なる成長を実現するため、2015年4月1日にグループの組織改編を実行することといたしました。 当社のビジネスは、近年日産自動車のグローバル展開に対応し、グローバルで飛躍的に拡大してきました。 今回の組織改編により、更にお客様の事業展開をサポートすべく魅力的なビジネスモデルの提案に努めていくことを目的にしています。 <組織改編のポイント> 日産トレーデイング株式会社は海外関連会社も含めたNITCOグループ全体を統括するグローバル本社機能を担い、経営をリードします。 これまでNITCOが担ってきた日本事業とニトコビジネスソリューションズ株式会社 NT-BS のオペレーション業務を統一するとともに、NT-BSは4月1日付けで社名を「日産トレーデイングジャパン株式会社」に変更いたします。 尚、今回の組織改編によるお客様との売上仕入・契約関係は、旧来と変わりなく日産トレーデイング株式会社 NITCO がお取引を継続させていただきます。 この組織改編の実行でNITCOグループの事業基盤をより一層強固なものにし、グローバルでのビジネスを更に成長させていきます。 これからもお客様の期待にお応えするためにより一層の努力をして参る所存でございますので、倍旧のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 <新組織表>• NT-BS (ニトコビジネスソリューションズ株式会社) Webサイト閉鎖のご案内 組織改編に伴い、NT-BS(ニトコビジネスソリューションズ)のWebサイトを閉鎖させていただきました。 これまで御利用くださりました皆様には、心より御礼申し上げます。 なおサービスにつきましては、本サイトにて変わらずご提供させていただきます。 新組織体制についてのお問い合わせ 組織改編、新組織体制についてのお問い合わせは下記までご連絡ください。 <お問い合わせ窓口> グローバル経営管理本部 グローバル人事法務グループ 電話:050-3360-2022.

次の

日産自動車

日産 トレーディング 売却

(ブルームバーグ): 日産自動車が子会社で自動車関連部品や機械の輸出入を手掛ける日産トレーディングを売却する方向で交渉に入ったことが18日、事情に詳しい複数の関係者の話でわかった。 売却規模は1000億円程度になる見通しという。 関係者らによると、既に売却の手続きが始まっており、複数のプライベート・エクイティ(PE)ファンドや日本の商社が関心を示している。 関係者の1人によると、早ければ10月末までに買い手が決まる可能性もあるという。 想定売却価格の算定には負債も含まれており、売却手続きは初期段階で現時点では何の合意も得られていないという。 日産広報担当の奥田浩司氏は現時点ではコメントを控えるとした。 日産の株価はこの日、一時前日比1. 1%安まで値を下げていたが午後の報道を受けて下落幅を縮小。 終値は同0. 4%安の713. 9円だった。 昨年のカルロス・ゴーン前会長の逮捕・起訴以降、日産の業績は低迷。 今年7月には世界の生産能力の10%削減や計1万2500人規模の人員削減などを柱とするリストラ策を発表し、立て直しを図っていた。 日産トレーディングのウェブサイトによると、同社は日産の全額出資で1978年に設立。 インドやブラジル、ロシアなど海外各地に拠点を構える。 昨年度の売上高は6761億円。 今年3月31現在でのグループ連結従業員数は1300人。

次の