走り幅跳び 高く 跳ぶ コツ。 走り幅跳びの高く跳ぶための要素について後輩に聞かれて答えれなかった...

走り幅跳びの記録を簡単に伸ばす跳び方のコツとは?|スポッツライト

走り幅跳び 高く 跳ぶ コツ

Contents• 走り幅跳びで記録が出ない2つの大きな理由とは? 走り幅跳びで記録が伸ばそうとする前に、まずは走り幅跳びで記録が伸びない原因について考える必要があります。 走り幅跳びで記録が出ない理由は、助走や跳躍のフォームなど細かい事ももちろん考えられますが、大きく分けると以下の2つの理由が考えられます。 逆に言えば、2つの理由をきちんと意識してインプットするだけでも、跳躍距離を大きく伸ばす可能性が高くなります。 踏切を意識しすぎて踏み切る時に助走スピードがかなり落ちる 走り幅跳びは、 助走の勢いを利用しながら大きく跳躍する競技であるため、助走の勢いが弱いと勢いよく遠くに跳ぶ事が出来ません。 走り幅跳びは踏み切る足が踏切ラインについていないと失格になるため、初心者の人は、踏切足と踏切ラインとのタイミングを考えてしまうため、踏み切る直前で無意識にブレーキをかけてしまいます。 すると、助走スピードが著しく落ちるため、勢いが出ずに距離も思っている以上に跳ぶ事が出来ません。 記録が出ない人のほとんどは、走る、踏切、跳ぶをすべて別々に考えてしまい、踏切で勢いをつけるどころか逆に勢いを失い、弱い跳躍となっています。 そのため、どれだけ 助走の勢いを落とさずに踏み切れるかがまずは第一のポイントになります。 視線が下を見ている 踏切ラインを意識して無意識に視線が下を向く人はかなり多いです。 いくら助走が上手くいっても、視線が下にあると、跳躍したときに遠くに跳ぶ事が出来ません。 当たり前ですが、体の重心が放物線を描くように飛ぶのが一番の遠くに跳ぶ事が出来るため、跳ぶまでは真っすぐを見て、 踏切に入ってからは少しだけ視線を上にやることで、自然に体の重心の移動が放物線を描こうとするため、跳躍も放物線を描く形で跳ぶ事が出来ます。 助走するときは、勢いをつける事と踏切までの歩幅をきちんと調整する必要が出てきます。 しかし、50mや100mを本気で走った際に、スタート直後からずっと同じペースで走り続ける事はほとんどなく、 徐々にペースを上げながらMAXのスピードに持っていきます。 当然、ペースが変われば足の歩幅 ストライド幅 が変わるため、単純に巻き尺でスタート地点から踏切ラインまでの距離を測定して、自分の歩幅に合うスタート地点を探してはいけません。 そのため、踏切ラインを全く気にせずに、自分が全速力で走った時に踏切ラインに最も近くで足を踏んだ距離を測定して、踏切ラインと踏んだ足との誤差分だけ、スタート地点からずらしてあげるのが良いです。 踏切ラインの位置から30cm手前の場所が最も踏切板から近くで足を踏んだのであれば、スタート地点を30cm近づけてあげると、踏切ラインを見なくても踏切ラインを踏んでジャンプすることが出来ます。 また、スライド幅ですが、短距離走の場合は ストライド走法 歩幅を広げて走る方法 と ピッチ走法 歩幅を狭めてピッチを早くして走る方法 がありますが、走り幅跳びの場合は、歩幅を広げて走らないと距離を伸ばす事が出来ないので、必ず ストライド走法で走る必要があります。 重心が高いとジャンプの勢いがなくなってしまい、足が体と同じ位置にあると踏み込みの力が弱くなってしまいます。 かがみ跳びは初心者の方に最も適しているやり方で、踏み切り足は、着地準備に入るまで後ろに位置して、空中の後半から踏み切り足は前方へ展開します。 一方のそり跳びは、前半は空中でリード足を下げて腰を前方へ押し出し、最高到達点で体を反らせた状態にします。 その後、両腕は高い位置から下から後方へスイングした反動で前に押し出すイメージで着地に向かいます。 着地の方法もいろいろありますが、オリンピックや世界陸上、走り幅跳びに精通している選手の場合、お尻で着地している事が多いですが、学校の授業でやるレベルでは、両足で着くのが一番無難です。 また、着地の際によろけて体の後ろに倒れ掛かり、お尻や手が足の着地地点より後ろにいくパターンをよく目にすると思いますが、この場合、重心が後ろに向いているため、着地の際に後ろへ行ってしまうのです。 これを防ぐには跳躍から着地の際に重心を少し前にもっていくと良いです。 最後に 走り幅跳びは走行フォームや跳躍フォームなど細かく言えばいくらでも言う事は出来ますが、走り幅跳びの距離が伸びない理由は、走り方と視線の位置が悪いだけで、そこを直すだけでも一気に記録更新が期待することが出来ます。 まずは、簡単な部分をしっかりと意識することが、走り幅跳びの記録を伸ばしていきましょう。

次の

走り幅跳びのコツを教えてください。

走り幅跳び 高く 跳ぶ コツ

「走り幅跳びでもっと遠くまで飛びたい」 学生時代は陸上部の私が、 走り幅跳びで遠くまで飛ぶコツを教えます。 まず走り幅跳びで重要な要素は走力、跳躍力ですが、 これに関しては個人差があるのでどうにも出来ません。 走る速さ、ジャンプ力と言うのは一朝一夕では伸びませんから、 速効性がある踏切・跳び方について説明します 踏み切り、跳び方を変えるだけで50cm~1mは飛距離が伸びますので、 陸上競技大会でも良い記録を残せますよ! 小学生でも出来る反り跳び 反り跳び 反り跳びと言うのは字のごとくジャンプした後に、 空中で体を反らせて、着地前に 前方へ戻す跳び方です。 反るのはブリッジみたいなイメージでOK、 着地前に 両手に持ったボールを前方へ飛ばすイメージで、 思い切りブンッと振ります、ココが重要です。 着地前に手を前方へ振る事で距離を伸ばせるんですよ。 画像だとちょっと分かりにくいかもしれませんが、 空中でブリッジをするように、弓のように反るイメージで大丈夫です^^ はさみ跳びと言って、さらに記録を伸ばす跳び方がありますが、 難易度が高いので小中学生レベルでやってる人は少ないです。 高校生で市、県で上位を狙うレベルだとハサミ跳びという人が多いですが、 今回は難易度が低いそり跳びの解説なので割愛します^^ 着地にお尻から付く必要はない 動画を見ると陸上選手は着地をお尻で行ってます、 これは着地の瞬間、脚で蹴り出した砂の部分へお尻を滑り込ます、 高度な技術が必要なので、真似する必要はありません。 普通に両足付いて着地すればOK。 小学生・中学生レベルであれを真似すると、 尻もち付いて痛い思いをするだけです。 この記事は小学生・中学生向けに書いた記事ですが、 もしあなたが中学生で県の大会で上位を目指す、 高校生ならお尻からの着地方法をマスターすることで、 足から着地するときより50cmは記録を伸ばせます。 ただ指導してくれる先生がいないと、 尻餅をついて逆に記録が下がるし、ケツが痛くなるので注意が必要です。 スポンサードリンク 踏切位置を合わせる 走り幅跳びと言うのは跳ぶ箇所が決まっており、 ラインが引いてあるのが一般的で、 そのラインから着地した地点までを測定します。 つまりラインより手前で飛ぶと損です。 ひどい人になるとラインの1m手前で飛ぶ事もいますが、 上手な人になると踏み切りラインとほぼピッタリ、 ファールにならないギリギリのところでジャンプします。 最悪なのがラインの手前で減速する事です。 助走速度が落ちたら遠くまで飛べません。 あなたは踏み切りの前にチョコチョコ走りになって、跳躍をしたことはありませんか? 踏み切り足も合わせる また人間には利き手と同じように、利き足があります。 跳躍の時に右足で踏み切るか、左足で踏み切るか、 跳びやすい方があるはずです。 ジャンプするときの足が逆になると遠くまで飛べません、 また跳ぶ直前で足が合わない事に気付き、 無理やり足を入れ替えてリズムを崩す事があります。 これをやるとリズムが崩れますし、助走速度も直前で落ちるので、 結果的に記録が大幅に下がるのです。 踏み切り位置、ジャンプする足の合わせ方 助走スタート地点に三角の板を置いてる 踏み切り位置、ジャンプする足の合わせ方ですが、 これは単純に何回も繰り返して決めます。 まず自分が助走をスタートする部分に印をします、 地面が砂なら足で線を引く、目印に石を置きます、 競技場なら専用の目印板(三角形のやつ)を置きます。 スタートの目印から踏み切りのラインまで走り、 跳躍した時の踏み切り位置、飛ぶ足がどちらかを確認します。 一人でやる場合は跳ぶ瞬間に足元を見ます、 しかし本番は足元を見ないわけですから若干誤差が出ます、 なので他の人に横から確認してもらうのが最高です。 ジャンプする足が逆の場合は、 助走スタートの位置を1mくらい前後させて再度跳んでみます。 足が合っているが踏み切りのラインより50cm前で跳んだ時は、 助走スタートの位置を50cm後ろにすればドンピシャ。 ラインより50cm後ろで跳んだ時は、スタートを50cm前にします。 オリンピック選手は踏み切りラインとキッチリ合わせて跳びます、 ラインより前だとファウル、後ろだと損になりますので。 まとめ それでは走り幅跳びのコツをまとめます• 跳び方を反り跳びにする• ジャンプ前に失速しない• 踏み切り位置を合わせる• 効き足を合わせてジャンプする この4点を押さえるだけでも記録は伸びますし、 速効性が高いテクニックなので上手く活用してください。 特にジャンプ前にファールしないように失速したり、 足を合わせるためにチョコチョコ走りになる子は多いです。 なので 跳び方よりも先にピッタリと踏み切れる助走距離を見つけましょう。 一つだけ言い忘れましたが、助走距離が短いとトップスピードに乗れません。 しかし距離が遠すぎるとジャンプ前にゼエゼエなって疲れてしまいます。 年齢が上がると体力がついてくるので助走距離は伸びますが、 人によって個人差がありますので助走距離も調節してくださいね^^ スポンサードリンク•

次の

走り幅跳びのコツは踏切直前に重心を下げること

走り幅跳び 高く 跳ぶ コツ

なわとびの効果とメリット 脂肪燃焼効果が高い なわとびは体の47種類ほどの筋肉を使う有酸素運動です。 脂肪がおもなエネルギー源となるので、一定時間行うことで体脂肪の燃焼効果が期待できます。 運動強度はランニングより高く、数分間跳ぶだけで、ゆっくりしたジョギング20〜30分と同等のカロリーを消費できます。 ただし強度が高いため、あまり高く跳びすぎたり、長時間続けて行うと、膝や腰を痛める危険性も高くなります。 持久力強化、心肺機能、骨密度の向上など なわとびは有酸素運動であることから、持久力アップ、足首の関節や腱の強化、骨密度の向上のほか、心肺機能を高める効果も期待できます。 ほか、有酸素運動を行うことで得られる生活習慣病の予防改善、体に栄養をスムーズに届けるなどの健康効果も見込めます。 なわとびで特に鍛えられる部位 体幹部 上半身をまっすぐに保って跳ぶことで、体幹全体を鍛えることができます。 大腿四頭筋(だいたいしとうきん) 跳ぶときの動作と着地時の姿勢により、太ももの表側の筋肉である大腿四頭筋を強化します。 下腿三頭筋(かたいさんとうきん) つま先で飛ぶ動きが、ふくらはぎまわりを強化します。 なわとびはどんなときにおすすめの種目か 短時間で効率的に脂肪燃焼したいときに 先述した通り、なわとびの運動強度はランニングより高く、継続することで短期間での脂肪燃焼効果が期待できます。 ジムやジョギング前のウォーミングアップに なわとびは全身を使った有酸素運動のため、筋肉をほぐして体を温めるウォームアップに最適です。 カラダを動かしながら筋肉を伸ばすダイナミックストレッチとして、なわとびをとり入れてもよいでしょう。 ランナーのランニングエコノミー向上に 先述の通り、持久力や心肺機能の向上、体幹強化によるランニングフォーム向上など、ランナーのパフォーマンス向上にもつながります。 また、なわとびの上下運動によってランニング時の着地・離地の動作が効率化され、これまでより楽に速く走れる実感を得られるはずです。 なわとびのコツ&ポイント どの跳び方でも共通する、押さえておくべきポイントは以下です。 始めになわの長さを調整する なわの長さは、片足でなわを踏んでピンと張り、グリップ部分が胸とへその間のあたりにくる程度がベストです。 脇を締めて飛ぶ しっかりと脇を締めましょう。 脇が広がるとなわも広がり、引っかかりやすくなってしまいます。 はじめはタオルなどを脇に挟んで跳び、正しいフォームを体に覚えさせるとよいでしょう。 腰を落とさない また、胸の辺りから身体を引き上げるように跳びましょう。 足音は「タッタッ」と最小限の着地音が正解です。 腰が落ちると下肢にかかる負荷が高まり、足音は「ドスドス」と大きくなりがちです。 一定のテンポを維持して行う テンポとスピードを崩さずに跳びましょう。 メトロノームを使うのもひとつの方法です。 この際、リズムは足ではなく手首の回転で刻むよう意識します。 足は着地・離地の動きに集中してください。 着地は左右同時に行う 起こりがちなのが、左右の足がバラバラに着地してしまうケース。 着地音「タタッ」と2回に分かれている場合、同時に着地できていません。 その原因として、身体がまっすぐではなく左右いずれかに偏っていることが挙げられます。 体幹を意識して身体をまっすぐに保ちましょう。 着地する場所がズレないようにする 着地場所は、できる限り同じ場所へ戻ってくるようにしましょう。 身体が傾いていると、跳ぶごとに前後左右へ動いてしまいます。 足元に印をつけておき、一定時間跳んだあと、印からずれていないか足元を確認してみてください。 なわとびの基本の跳び方 「前とび」のやり方 まずは、なわを前に動かし両足で着地するオーソドックスな跳び方「前とび」から行いましょう。 ランナーにおすすめのトレーニングメニュー 10分なわとび 10分間、固定したリズムで跳び続けます。 同じリズムを刻むことが大切ですので、メトロノームなどを活用するのもオススメです。 テンポ変化跳び 1分ごとに跳ぶテンポを変化させます。 少しずつテンポアップをする、アップ&ダウンを繰り返すなど行いましょう。 片足跳び 両足ではなく片足で跳びます。 ランニングは常に片足での着地反発を繰り返す運動ですので、片足でもしっかり身体を反発させられるようになりましょう。 「足音を小さく」「同じ場所に戻ってくる」を意識してください。 縄跳び+ダッシュ 縄跳びとランニングを組み合わせた動きです。 前とびを行ったあと、なわを放して身体を前傾させ、一気にダッシュするトレーニングです。 上下方向に働いていた反発力がそのまま前方に向くため、とてもスムーズな走りが体感できるでしょう。 <Text:編集部/Photo:Getty Images> 続きを表示する.

次の