文鳥 爪切り 頻度。 文鳥の爪切りのことで、質問させてください。

文鳥の飼い方

文鳥 爪切り 頻度

文鳥の爪切りのことで、質問させてください。 あと1週間で生後3ヵ月になる桜文鳥のヒナを1羽飼っています。 手乗りで人なつっこく、とても元気です。 それで、爪のことでいくつかお聞きしたいんですが・・・ 爪は、まだ切らなくても大丈夫なのでしょうか? それとも、もう切るべきなのでしょうか? 経験者の皆さん、最初の爪切りは、生後どれくらいでされましたか? どの程度で「長い、伸びすぎ」と判断したら良いのでしょう? 本や写真で見てみても曖昧でよく分からなくて・・・; 病院でしてもらってますか?もしくは、ご自分でされているのですか? ご自分でされている場合、なにか良い方法がありますか? 安全に素早く、文鳥に負担をかけない良い方法があれば教えてください。 怖いんです。 深く切りすぎて出血したら・・・とか思うと; 線香での止血のこととか、クイックストップのことは存じております。 また、一般的な文鳥の持ち方 ? も、一応存じております。 「こんな風にするとやりやすいよ!」みたいな コツとか秘訣があれば、教えてください! これをしちゃダメ、これはしなきゃダメ、というのがありましたら、 それも教えてください! たくさん質問してしまってすみません・・・; 回答、お待ちしております! お願いします! 爪がのびたなぁ~と思う時は、指に止まった時にひっかかりそうになったり、爪同士がぶつかって来た頃思いますね。 私もなるべく爪切りしたくないので、止まり木に紙やすりのような物を巻いたり(市販されてる)してますが、のびる子はのびますねぇ~。 ちなみに3羽いますが、1年経ってもほとんど伸びない子、すぐに伸びる子など様々で面白いです。 雛から育てた子もいましたが、生後3ケ月では爪切りのことなど考えてませんでした。 半年経過~1年目の時に初めての爪切りをやったと記憶してます(個体差ありますので参考程度に)。 怖いのはわかりますよ。 緊張しますよね。 この時のことを思い出すと、捕まえるまでにかなり追い回してしまったんです。 (いつもべたべたなのに、爪切りする時はさすが動物的本能で逃げる) いつもは1回暗くして、そこで捕まえてから明かりをつけるのに、その時は手抜きしてしまったんですよね~。 爪切りの行為自体よりも、長時間追い回すことのほうがよくないのかな、と思いました。 どうしても怖ければ病院でやってもらってもいいと思いますが、飼ってる以上、通過しておいたほうがいい試練(というと大げさですが)だと思いますけどね・・ 爪を切る時、文鳥の指をしっかり固定した方がいいですよ。 1本切ると暴れだして変なとこ切っちゃいそうになるんですよ・・・ だからボディーを押えるところはふんわりと、足はしっかり固定!そして安全に手早く!!時間かかるとかなり負担になります。 大して参考にならない回答ですんません。 結局慣れにつきます。 私も皆さんと同じで、肩にとまられたときなどに、痛い!って 思ったら切り始めましたね。 指に止まらせていると、つめの中の血管がよく見えるので、 その時にどのくらい伸びたかチェックしています。 止まり木に止まっている時に、反対側とぶつかるくらいだと、 危ないですからね^^ 病院などで切ってもらうのもよいかと思いますが、 文鳥さんにしてみれば、知らない人に切られるより、 お家でやってあげたほうが良いかと思います。 2人でやるときは良いのですが、1人の時はちょっと大変ですよね。 他の方が、病院で教えてもらった方法を、 ネットに乗せていたので、URLを張りますね。 ここに抑え方、つめの切り方のポイントものってます。 私は、左手に仰向けにして持って、親指でつめきりが見えないように、 顔を抑えて、人差し指と小指で押さえ、中指と薬指で足を押さえ込んでます。。 声をかけて、こちらが怯えずに、「はいは~い、もうすこし~」 とか言ってると、あきらめておとなしくなりますね。 うちの子はビビリーなので、何日間に分けてやったりしてますね~。 あと、やすりのついた止まり木をつける方もいますが、 うちの子のように、くちばしを止まり木にこすりつける子もいるので、 注意が必要ですよ。 なんにしても、慣れですよね^^ 自分の子を可愛がって、がんばって育ててくださいね! いつ切るかは鳥の個体差が大きいと思います。 同じケージで飼っててもよく伸びる子、そうでない子。 親子でも違いますし…。 ワタシはこのくらい伸びてくると「長いなぁ」と感じます。 (my ブログです) ちょうど爪切りネタなのでこちらも読んでいただけたらよいかと。 自分で切ります。 というか切ってくれるところが無いので…。 要は慣れだと思いますよ。 出血が怖くてチマチマ切ってたら余計に時間がかかりますし、そんなときは緊張してるはずなので 文鳥を握りすぎる恐れもありますので思い切って切ってしまいましょう。 獣医さんでも出血することはあるそうですし…。 した方がよいのは切る前の理想をイメトレ&出血時の対応のイメトレ手順がわかってるだけでも安心できると思います。

次の

文鳥の爪切りをしないのはNG?必要な理由をまとめてみた

文鳥 爪切り 頻度

もくじ• クリッピングはしないほうがよい 「クリッピング」は鳥の羽を切ることで、具体的には 「風切り羽」を切って飛ぶ力を弱くさせます。 放鳥のときなど、万一窓から外に逃げ出してしまった場合でも、飛ぶ力が弱いので、あまり遠くに行くことはできず、保護しやすいという目的によるものです。 しかし、 羽を切るのは不自然なこと。 飛ぶ力が弱くなっては、放鳥のときにも飛びにくく、墜落してけがのリスクも発生します。 また、羽を切るときに痛みがあるわけではないものの、下手に切ってしまうと、次に生えてくるときに不自然な方向に生えてしまうこともあります。 病気になりやすくなることも 羽を切ることでのデメリットはほかにもあります。 文鳥があまり飛ばなくなると、大胸筋が減って、やせてしまいます。 やせると、体温維持が難しくなったり、血液の循環が悪くなったりします。 病気になりやすい体になってしまい、しいては 命を縮めることにもつながるのです。 ツメをチェック 文鳥は比較的、ツメが伸びやすいようです。 ツメが伸び過ぎていると、放鳥のとき、カーテンや飼い主さんの洋服、カーペット、タオルなどに引っかかり、けがをしやすくなります。 ケージの中でも、つぼ巣などに引っかかって動けないようになったりと、 トラブルの元に。 ツメが伸びてクルッと曲がってきたら、長すぎる証拠。 ときどきチェックして、切ってあげましょう。 血管を切らないようにする 文鳥のツメは人間用のツメ切りなどを使って切りますが、注意点があります。 ツメをよく見ると、根元に血管が通っているのがわかります。 血管のところまで切らないように、 少し離れたところをカットしましょう。 もしも切り過ぎて出血させてしまったら、線香などを使って、ツメの先を瞬間的に焼いて止血します。 慣れるまでは、飼い主さんがひとりで切るのはたいへんです。 家族に手伝ってもらい、 2人1組になって切るとよいでしょう。 心配なら動物病院などで切ってもらうとよいでしょう。 獣医さんが切っているところを何度か見れば、コツなどがわかり、自分でも上手に切れるようになります。 ツメ切りは3歳くらいから 2歳くらいまでの文鳥は、切らなければならないほどツメが長くなることはありません。 たいてい3歳以降に伸びすぎてくるようです。 なかにはツメがあまり伸びす、一生切らなくてもいいような文鳥もいます。 ツメによっては 極端に急なカーブになっているものもあります。 この場合は、ケージの金網などに引っかかり、取れなくなってしまうこともあるので、 短くてもこまめに切ってあげたいものです。

次の

文鳥の爪切りをしないのはNG?必要な理由をまとめてみた

文鳥 爪切り 頻度

おすすめです! このつめ切りは素晴らしいです。 ルチノーオカメの子の爪切りを初めて両脚8本とも 上手に切る事が出来ました。 切る前にどこまで挟んでいるか良く見えるのがいいですね。 ルチノーで血管が見える事もありますが安全に痛い思いをさせずに 軽い力でしっかり1度で、音もほとんどせずに切れます。 付属のツメ切りマニュアルも分かりやすく親切で 手書きでアドバイスもありました。 うちの子はお腹を上にする姿勢を嫌がるので膝の上に乗せ 上からふわっとインコ毛布をかけてあしゆびをもって 話しかけながら切るとあばれずにいいこにしてくれます。 色々試してみて鳥さんに合った安全な保定を見つければ つめ切りが優秀なのでほとんどの方が お家でつめ切りできるのではないでしょうか。 つめ切り後は今までは細くなってはあはあしていましたが お家つめきりだと終わったのが嬉しいのかぴきゅぴきゅ鳴いています。 今まではかかりつけの病院で切ってもらったり 友達に頼んだりしていましたが家で楽しく切れるようになりました。 ありがとうございます。 手のり白文鳥に。 爪へのショック少なそう 手のり白文鳥に使用。 爪へのショックがほとんどないようで、手の中でナデナデされて気持ちよくなっている延長線上で 気づかない間に爪切りも終わっている…という格好で、警戒心を持たせずこまめに爪の手入れが できるようになりました。 切れ味もバッチリです。 付属ハンドブックのおかげで初めて、爪の切り口の傾きを今まで逆にしていたと気づきました。 だから切った後トリさんがいつもツルツル滑っていたのかなと分かりました。 今までのコたちに謝りたい(><) 一つだけ、本体のハンドルの色が目立つので、文鳥に覚えられないよう直前まで隠しています。 グレーとか黒などの目立たない色だと、学習されにくくていいのではないかと思います。

次の