アルゴン 分子量。 解き方を教えてください①アルゴンのモル質量(g/mol)を求めなさい...

アルゴン argon

アルゴン 分子量

元素記号 , 18,原子量 39. 948。 周期表 18族,の1つ。 天然には安定同位体アルゴン 40 存在比 99. 原子炉付近の空気中には放射性同位体アルゴン 41 110分 が検出される。 空気中の存在量 0. 宇宙にも存在する。 包接化合物などの存在が知られるが化学的には不活性。 無色,無臭の単原子気体で,密度 1. 水,に。 アルゴン 40はを含む鉱物中に生成し,カリウム 40との相対量から鉱物生成の地質学的年代が計算される。 赤色放電管,,の封入ガス,金属製錬用などとして利用される。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 周期表元素記号=Ar 原子番号=18原子量=39. 948安定核種存在比 36Ar=0. 337%, 38Ar=0. 063%, 40Ar=99. 600%融点=-189. 402 -185. 1気圧水に対する溶解度=5. 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 周期表第18族に属し、希ガス元素(貴ガス元素)の一つ。 原子番号18、元素記号Ar。 空気から化学反応によってその成分を除いていくと最後に化学反応性のないが残ることは、18世紀すでにイギリスのが気づいていた。 1894年レイリーとラムゼーは、空気から酸素を除いて得た窒素のが、窒素化合物を分解して得た窒素の比重より大きいことに着目しアルゴンを分離した。 アルゴンはそれまで知られていた元素と異なり、化学反応性をまったく示さなかったことから、ギリシア語で不活性を意味するargosあるいは働かないという意味のan ergonから命名された。 通常の空気中には、体積で0. 933%、質量で1. 285%存在する。 地殻中のカリウム40が放射壊変してアルゴン40となるため、地殻中にも存在する。 酸素・液体窒素製造プラントから分留、精留、化学処理によって精製アルゴンがつくられ、希ガス(貴ガス)単体としてはもっとも大量かつ安価に生産されている。 電球、、放電管などの封入ガス、金属の精錬、鋳造、溶接における保護ガス、不安定化学物質の保護ガス、ガスクロマトグラフィーの輸送用ガスとして用いられる。 低圧放電管では圧力によって色が変わり、赤色および青色のに使われる。 水和物結晶8Ar・46H 2Oや、キノール分子化合物Ar・3C 6H 4 OH 2のような包接化合物以外には安定な化合物をつくらない。 [岩本振武] Ar.原子番号18の元素.電子配置[Ne]3s 23p 6の周期表18族希ガス元素.原子量39. 948 1 . 40Ar99. 6003 1 %, 38Ar0. 0632%, 36Ar0. 3365% からなり単核種に近い.質量数30~53までの放射性核種が知られている.1894年,W. Ramsay とJ. 6%Arが含まれる.液体空気の分留によって単体が得られる.精製は,分留の反復,アルカリ金属との加熱 窒素,酸素の除去 ,活性炭による分別吸着,分別蒸発,によって精製される.無色,無臭の気体.融点83. 8 K -189. 28 K -185. 86 K -122. 898 MPa 48. 35 atm .13. 41 mol L -1 0. 5356 g mL -1 .三重点87. 78 K.液体の密度34. 93 mol L -1 1. 393 g mL -1 沸点 .蒸発熱6. 516 kJ mol -1 沸点 .第一イオン化エネルギー1520. 4 kJ mol -1 15. 760 eV .化学的には不活性である.と[C 6H 4 OH 2] 3・0. 67Ar,水と6H 2O・Arのをつくる.アーク溶接,チタン,半導体用ケイ素,ゲルマニウム結晶製造の際の不活性雰囲気,白熱電球,蛍光灯充填ガスとして用いられる.液体は高エネルギー物理学用検出器の媒質に使われる.[CAS 7440-37-1] 出典 森北出版「化学辞典(第2版)」 化学辞典 第2版について.

次の

アルゴン(Ar)

アルゴン 分子量

A ベストアンサー この反応は希硫酸 =硫酸水溶液 での反応を表したものですね。 すると反応する硫酸や生成する硫酸は水溶液中なので電離しています。 さて、この反応はべつに硫酸でなくても酸の水溶液なら何でもいいですよね。 水素イオンさえあれば良いのですから。 事実、酢酸や塩酸だって亜鉛と反応し水素を発生させます。 つまりうすい硫酸には、水素イオンというほかの酸でも持っているような酸化力はあるということになります。 「熱濃硫酸は酸化力が強い」というのは上記の内容を否定するものではありません。 熱濃硫酸が酸化力が強いというのは、たとえば塩酸や酢酸では反応しない銅や銀などとも反応する、ということを意味しています。 水素の発生はありません。 酸であれば必ず持っている水素イオンに由来する酸化力での反応ではなく、 熱濃硫酸特有の強い酸化力があると言うことなのです。 この反応は希硫酸 =硫酸水溶液 での反応を表したものですね。 すると反応する硫酸や生成する硫酸は水溶液中なので電離しています。 さて、この反応はべつに硫酸でなくても酸の水溶液なら何でもいいですよね。 水素イオンさえあれば良いのですから。 事実、...

次の

酸素流量計でアルゴンを計測する際の換算式について

アルゴン 分子量

差圧式流量計のことと思います。 今、垂直に立った直径Dのパイプに直径dの球が浮いている流量計を考えます。 それぞれは流量計によって決まる定数です。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。 いまひとつ自信がない為、ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 2Nm3. 初歩的な質問ですみません。 いまひとつ自信がない為、ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 気体の体積は温度によっても変化するので、計算には配管内の気体の温度が必要です。 これで計算してください。 流量の計算は計算間違いがあり 3. ゲージ圧から絶対圧にするとき、大気圧は引かないで足さないといけません。 その場合、大気圧換算の流量は1. 計算の前提が違っていたら補足してください。 A ベストアンサー 貴碑(漢字誤変換です。 うまくあわないので誤変換が続くかと思います). 低高の言いまわしは. 電気屋系の方が. 絶対値をもって「高電位」「低電位」を定義するために. 言葉の混乱を避けるために「きひ」の言葉が使われるようになりました。 -10Vが「高電位」であると解釈する方がいたためです。 -10Vの方がひな電位ですね。 電位に関して. 「高低」は使いません。 ただし. 「電位差」については. 「高低」を使います。 ただ「低電位差」の音を「定電位差」と解釈する方もいるので. 余り使いません(電位差が大きい・小さいと言い換えます)けど。 直訳で. 「より低い電位」ですから. 「ひな電位」となります。 化学が専門ではありませんので. 間違っているかもしれません。 日本化学会のアドレスをお知らせします。 nifty. go 腐食暴食か電気化学でおなじような素人向け掲示板でもあれば良いのですか゛。 Q 電気化学が仕事で必要になってはや半年、これまで独学で勉強してきつもりなんですが今更ながら「なんで?」って思うことが出てきました。 基礎的な内容で申し訳ないんですが、教えてください。 定電位法やサイクリックバルタンメトリーなどの電気化学測定はセルに電圧を入力し、得られる電流を測定する方法だと思っています。 三極セルを用いた場合は参照極-作用極に外から電圧をかけて、作用極-対極に流れる電流を測定する。 ここで疑問です。 電圧は参照極-作用極にかけているのになぜ作用極-対極に電流が流れるのでしょうか? 作用極-対極にながれる電流は酸化還元電流なので作用極で酸化(もしくは還元)が起これば対極では必ず還元(もしくは酸化)が起こる必要があります。 対極は通常、白金です。 白金はイオン化系列からみてもそれ自身がイオン化することがまず無いため、対極は溶媒かもしくは電解液に解けているイオンの酸化、還元反応で電子のやり取りをしていると思われます。 参照極-作用極に電圧をかけていったとき、いずれは作用極で酸化(もしくは還元)が起こることはわかるんですが、そのときなぜ対極はタイミングよく還元(もしくは 酸化)を起こすことができるのでしょうか? 作用極-対極は低抵抗でつながっているだけなので基本的には等電位だと思うんですが。。。 それとも作用極-対極には電圧をかける機構があるのでしょうか? すいませんがよろしくお願いします。 電気化学が仕事で必要になってはや半年、これまで独学で勉強してきつもりなんですが今更ながら「なんで?」って思うことが出てきました。 基礎的な内容で申し訳ないんですが、教えてください。 定電位法やサイクリックバルタンメトリーなどの電気化学測定はセルに電圧を入力し、得られる電流を測定する方法だと思っています。 三極セルを用いた場合は参照極-作用極に外から電圧をかけて、作用極-対極に流れる電流を測定する。 ここで疑問です。 電圧は参照極-作用極にかけているのになぜ作用極-対極に電... A ベストアンサー まさにフィードバック制御です。 参考URLの Figure 1 にポテンショスタットの簡単な回路図がありますが、 参照極出力をオペアンプの入力(負入力)に戻してフィードバックをかけていることがわかります。 オペアンプが理想的(ゲインが無限大で、オフセットがゼロ)なら入力電圧と、参照極の作用極に対する電圧は同じになります。 そうなるようにオペアンプが対極に電圧をかけるわけです。 電流が流れる経路は対極-作用極の間であって、オペアンプの入力インピーダンスが大きいため参照極には電流は流れません。 電位をモニターしているだけです。 というわけで理想的には「測定してほしい電圧」と「モニタ(出力)結果」は同じです。 potentiostat.

次の