扁桃 腺 手術。 扁桃腺手術に必要な入院グッズ

【閲覧注意】大人が受けた扁桃腺手術、切除直後の画像。数年後どうなる【リアルですみません】

扁桃 腺 手術

カテゴリー : 09月05日 親として子供に 扁桃腺の切除をさせることは、全身麻酔をかける手術ということもあって大きな決断が必要かと思います。 また手術の決断前は、術後の生活に弊害がないかも心配になるところです。 今回は扁桃腺の仕組みや必要性、 手術によるデメリットなどを紹介してみたいと思います。 扁桃腺の役割 普段私たちが「扁桃腺」と呼んでいるものは、厳密に言うと扁桃腺ではなく 「扁桃」と言い、一番有名な口をあけて左右に見える扁桃を 「口蓋扁桃」と言います。 扁桃とはリンパ組織で、主に免疫のない乳児期から幼児期にかけて、鼻や口から侵入するウイルスや細菌から体を守るために働いている器官となります。 扁桃は口蓋扁桃1つだけではなく、鼻の奥・喉の上にある「アデノイド」と呼ばれる咽頭扁桃や、耳管扁桃、舌の付け根にある舌扁桃があります。 幼児期まで必要なこの扁桃ですが、体が成長し激しい運動ができるくらい体がしっかりしてくると、これまでに感染した様々な病気から免疫を獲得することができているので、扁桃に依存して体を守る必要がなくなってきます。 大体 4歳~5歳になれば、扁桃は必要不可欠なものではなくなると言われています。 このように年齢を追うごとに扁桃の役割がなくなっていくことから、扁桃自体は大人になれば徐々に小さくなると言われていました。 そう思っている方は病院関係者でも多いと思います。 しかし最近の研究では、 実際に扁桃が縮小する割合はごくわずかで、生まれつき扁桃が大きかった場合は、大人になってからも扁桃肥大と指摘されるケースが多いことがわかっています。 よって、既に扁桃肥大によるリスクを抱えている場合は、自然治癒(縮小)する可能性は低いと考えた方が良いかもしれません。 上記でも述べたように、口蓋扁桃は切除しても問題の無い器官であり扁桃自体は他にもあることから、小さい子供であっても切除をして根治されることをお勧め致します。 扁桃肥大によるリスクは、睡眠時無呼吸症候群、扁桃周囲膿瘍、慢性扁桃炎などが考えられます。 詳しくはこちらのでご紹介しています。 切除手術によるメリット・デメリット まず扁桃腺切除のメリットとしては、物理的に 気道が広がることで、いびきの改善、食べ物が飲み込みやすくなる、また喉に感染する溶連菌など病気の発症リスクを抑えることができます。 また、上記にも記載しました睡眠時無呼吸症候群、扁桃周囲膿瘍、慢性扁桃炎の心配はなくなります。 一昔前までは、扁桃腺を切除して無くなることで 「風邪がひきやすくなる」とか「喉の痛みが出やすくなる」ということも言われたりしていたようですが、現在の研究では、他のリンパがあるので 「風邪をひきやすくなることは無い」と結論付けられているそうです。 風邪をひかないということではありませんので、誤解はしないでくださいね。 そして、扁桃腺の切除手術にリスクやデメリットがあるとすれば、手術に関することに限定され、切除をしたからと言って術後の生活に影響を与えることはほとんど無いと思います。 手術に関するリスクとは、全身麻酔や出血に関するリスクとなります。 ただしっかりとした病院であれば、万が一事態が急変しても対応できる準備ができているはずですし、全身麻酔を受ける際には、事前に採血や心電図などで麻酔に耐えられる体かどうかの検査も行われます。 ですから、手術によるリスクは極めて小さいものと考えて良いと思います。 最後にリスクと言えるかどうかわかりませんが、扁桃を切除することにより 声が高くなる場合があります。 声の仕組みとして、気道の太さや喉の共鳴・振動する部分に変化が起きるわけなので、今までと声が変わる可能性があり、またほとんど変わらない人もいます。 私の子供の場合は、結果的に声が少し高くなったかな?という程度でした。 実際の切除手術の経過については、でご紹介していますので、手術を検討される方は参考にされてみてください。 こんな記事も読まれています• 扁桃腺が大きいと言われたことがある人は、意外と多くの方がいるのではないでしょうか? ただ扁桃腺が大きいというの […]• 風邪や鼻水、咳などで耳鼻科に受診する子供は多いと思います。 親からすると、総合的に鼻から喉、耳を見てもらってい […]• 人よりも扁桃腺が大きいかどうかは、素人が見ただけでは分かりません。 自分で鏡で見たり同じ年齢の人間と比較しても […]• 私の子供がはじめて扁桃腺肥大・アデノイド肥大と診断されたのは、4歳の時、熱性痙攣で救急搬送された時でした。 娘 […]• 大なり小なり全身麻酔を使うような手術を受ける場合には、必ず手術前検査というものがあります。 これは大人でも子供 […]• 「アデノイド」あまり聞き慣れない言葉かもしれません。 口の中にあるいくつかの扁桃の1つで、鼻の一番奥、喉の上の […].

次の

扁桃腺の必要性や切除のデメリット

扁桃 腺 手術

扁桃腺を手術でとる場合の適応は?扁桃腺の治療の実際 扁桃腺の手術が適応な症例 扁桃腺を除去する手術が適応となるには、いくつかの条件があります。 具体例をいくつか挙げていきます。• 扁桃炎によって食事や水分摂取が困難な場合• 扁桃炎による呼吸困難感が強い場合• 扁桃腺が大きくいびきがひどい場合• 睡眠無呼吸症候群の場合 など、扁桃腺があることで日常生活に支障をきたす場合に手術療法が勧められます。 手術以外の治療法 上記で手術適応について説明してきましたが、扁桃腺が肥大した場合の多くは、投薬療法で治療を行っていきます。 扁桃腺が肥大する多くのケースは、ウイルスや細菌などによる感染です。 そういった場合には抗生剤や鎮痛剤などで経過を観察していくことが多いので、すぐに手術適応となるわけではありません。 日帰りで行う場合の扁桃腺手術の治療までの流れ 手術前 手術前には、日帰りで手術することが出来るか詳しくチェックをしていきます。 口腔内の視診や器具を用いての状態を確認します。 また、採血をして、感染症のチェックや炎症反応などのデータを確認します。 そこで問題がなければ、手術の説明が行われ、手術の予約をします。 手術当日 手術当日は、病院へ着いたら再度一連の流れを医師より説明を受けます。 そして、手術同意書にサインします。 手術時間になったら麻酔が行われます。 病院によってことなりますが、筋肉注射、うがいタイプのゼリー状の麻酔、スプレー状の麻酔などを行い、表面麻酔が効いたら注射針で直接刺す局所麻酔が行われます。 麻酔が効いたところで、ラジオ派と呼ばれる高周波電気を使って、扁桃腺を凝固または一部切除を行います。 時間にして大体10分〜15分、麻酔を含めても1時間以内には終了します。 すべての人が日帰りで扁桃腺手術を行える訳ではないので注意 扁桃腺の手術が日帰りで出来るかは、現在の扁桃腺の状態を診察してからです。 日帰り手術で行う扁桃腺治療は、扁桃腺そのものを除去する訳ではないので、根本的な解決にはなりません。 レーザーで治療しても、症状が良くならないこともしばしばあります。 その場合には、再度日帰り手術を行うこともありますし、入院して全摘手術をした方が良いという結論を下される患者もいます。 効果が出れば、もちろん再治療も必要ないですし良いのですが、慢性的に繰り返される扁桃炎患者などに対しては最初から手術を勧めることもあります。 日帰りで行う手術は、全摘より安全で副作用も少なく、時間がない人にとっては最大のメリットですが、再発を繰り返す可能性や、日帰り手術を行っている病院が少ないなど多少なりともデメリットがあります。 どうしても日帰りが良いと考えている場合には、日帰り手術を実施している病院を探して、相談・診察をしてみてください。 扁桃腺の入院手術・日帰り手術にかかる費用の違い 入院治療で行う扁桃腺除去手術 扁桃腺を全摘する場合には、入院治療が必要となります。 入院日数は症状の程度にもよりますが、平均で10日前後となります。 そして、金額ですが、医療費の総額としては大体30万円〜40万円ぐらいです。 もちろん保険適応となるため3割負担が適応されます。 ですので、支払っても10万〜12万円台です。 3割負担でも、金額を見たらびっくりしますが、高額医療費制度というものがあるのでそれを利用すれば、後日お金が返ってくるシステムなので最終的な負担額はもっと減ります。 日帰りで行う扁桃腺手術 日帰りで手術を行う場合にも保険が効くので、3割負担での支払いで大丈夫です。 症状や程度にもよりますが、片方の扁桃腺を手術するのに保険適応で大体5千円程度、両方で1万円程度とされています。 さらにそこに薬代がプラスされた値段が自己負担額です。 扁桃腺を日帰りで手術したあとのリスクと注意すること 出血・腫れ・痛み 扁桃腺を全摘する手術ではないので、手術後に患部から出血することは、非常に稀な事ですが、患部にかさぶたのような皮膜が出来ているので、脱落するまでの間の約1週間は出血に注意が必要です。 また、日帰り手術で簡単に処置できると言っても、患部に何も症状が出ないということはありません。 手術当日から、扁桃炎のように患部が腫れ痛みも出ます。 痛みに対しては、鎮痛剤が処方されるので、内服して様子をみれば4〜5日ぐらいで治まってくるでしょう。 食事 食事のときに痛みが出現することがあるので、手術後、数日間は食事に注意する必要があります。 できるだけ固形物を避けて流動的な食事を摂取することになります。 もちろん刺激的な食品はNGですので、香辛料の入ったものや、アルコールなどは1ヶ月以上は摂取することは出来ません。

次の

大人の扁桃腺摘出手術体験談!痛み・費用・入院期間など実際の体験をシェアします!

扁桃 腺 手術

扁桃炎とは 扁桃炎は、簡単に言うと 扁桃腺に菌が付き、炎症を起こして熱を出す病気です。 ふつうの風邪だと安静にしておけば熱が下がったり喉の痛みが引きますが、 扁桃炎は抗生物質を飲まないと治りません。 酷くなると扁桃に白い膿(うみ)がつき、入院する場合もあります。 (息子は入院しました) また、扁桃炎はもともと自分の体にある 常在菌が悪さをするため、基本的に人にうつる事はありません。 看病していた私も、一緒に遊んでいた娘も一度も扁桃炎になりませんでした。 他の子供たちは風邪をひいても2,3日で治るので、きっとママ友たちは息子がしょっちゅう病院へ行くのを不思議に思っていたと思います。 でも、安静にしても治らないのが扁桃炎なんですよね。 医師が手術を進める目安 小児科、耳鼻咽喉科のどちらにも通っていましたが、お医者さんが扁桃腺を切る手術をすすめるのは 高熱が年3~4回出た場合なんだそう。 息子は年に10回ほど熱を出していたので「直ぐにした方が良い」「小学校入学までにした方が良い」と小児科と耳鼻咽喉科のどちらの先生からも言われました。 扁桃腺の手術のメリット 扁桃炎を起こさなくなる ばい菌がつく扁桃を取るので扁桃炎は起こさなくなります。 高熱が出なって体力もつくだろうし、扁桃炎治療のための抗生物質を飲む必要もなくなります。 食欲が出るようになる 扁桃炎を何度も起こす子供は一般的に扁桃腺が大きい場合が多く、 扁桃が邪魔して食べ物を飲み込みにくかったりするそうです。 息子も食が細かったですが、一度扁桃炎になると腫れた扁桃で喉の入口が極端に狭くなり、食事をするのが辛そうでした。 食が細いと大きくなれないので、小柄なお子さんにとってはメリットです。 いびきをかかなくなる 扁桃が大きいと喉の入口が 小さくなっていびきをかきやすくなりますが、取ればいびきをかかなくなります。 また、扁桃腺が大きいと無呼吸になることが多いようなので、これも解決できます。 扁桃腺の手術のデメリット 免疫器官がなくなる 扁桃はウイルスや細菌などが体に入らない様にする免疫器官です。 そのためこれを切ってしまうと免疫器官がなくなってしまいます。 ただ、扁桃の免疫器官としての役割は5歳くらいまでと最近では言われているので、専門の先生からは「問題なし」と言われました。 声が変わる場合がある これをデメリットとするかは考えるところですが、扁桃腺を取ると声が高くなる人が多いようです。 女の子ならあまり気にしないかも知れませんが、男の子は気になる子がいるかも知れませんね。 体に負担がかかる これが一番のネック。 体の器官を切除するので全身麻酔をしてメスを入れます。 手術後もすぐに食事は出来ず、血のにじんだ痰や唾を吐くようです。 大体数日で治まるようですが、私の知人のお子さんは1か月ほど不調な感じでした。 (その後は元気いっぱいです) まだ小さい子供にそんな思いをさせるのは、やっぱり親としてつらいので出来るだけさせたくないと思ってしまいますよね。 私の息子の場合 現在小学2年生で経過観察中。 まだ手術は受けていません。 手術をすすめられたのは年中さんの春休み。 いつもお世話になっている先生に 小学生になると学校を休みにくいので手術するなら幼稚園の内にした方が良い、と言われました。 信頼できる先生でしたが不安だったので、別でお世話になっていた耳鼻咽喉科の先生にもセカンドオピニオンを求めました。 こちらでも扁桃炎の頻度が高いために手術をすすめられました。 摘出による万一の副作用を考えるより、現在抗生物質を取り過ぎている方がマイナス、との考えでした。 2人の先生から手術をすすめられたので覚悟を決め、紹介状をもらって総合病院へ行きました。 総合病院の耳鼻咽喉科の先生って、扁桃腺を切ることに何の躊躇もないんですね・・・。 手術は簡単で時間も子供なら1時間ほど。 扁桃腺を取れば扁桃炎がおこらないんだから取ったらいいやん、と言った軽い感じの説明でした。 色々悩みましたが説明を受け、手術を受けさせることに決定。 5月の診察の時点で夏休みの手術予定がいっぱいだったので、10月に予約を入れました。 様子を見ても良いと思った訳 ところが手術日を決めた途端、 扁桃炎が激減。 5月の次に熱が出たのは何と8月下旬でした。 途中、引っ越しなどもあって小児科を変わったのですが、新しい先生は 「大きくなれば、体力がつくのでもう少し様子を見ては」と言う慎重派。 その言葉もあって、10月の手術をキャンセルして今にいたります。 あれから2年。 7歳になって食べる量も増え、体力も付きました。 扁桃炎での熱は1年に2,3回に。 確実に熱がでる回数が減っています。 ただそれでも相変わらず喉が弱く、風邪をひくと必ず喉にくるので毎回「扁桃炎にならない?」とハラハラ。 私も体調が悪くなると直ぐに喉が痛くなるので、私に似たんだなぁ、と申し訳ない気持ちに。 まぁ、親子なので仕方ない・・かな? 扁桃腺の手術のリミット もし 手術するなら小学3,4年生までに済ませておく方が良いです。 これくらいまでなら手術の痛みが少なかったり、治癒力が高いのだそう。 手術は大人になっても出来ますが、傷みは子供よりも強いし治りも遅いと言われています。 そして恐怖心。 小さいうちなら手術を良く分かってませんが、大人になると術前から色々自分で調べたり考えたりしてしまい、怖さが倍増されるらしいです。 ゆうゆう的まとめ そういうことで、我が家では手術を決定する小3、4年生まであと1、2年猶予があります。 その間にどんどん体力をつけていって欲しい! 「簡単な手術」と言われても100%なんてないので手術は最終手段にしたい。 どの親御さんも、きっとそんな気持ち迷っているんでしょうね。 小さい頃にしょっちゅう扁桃炎があっても、息子のように小学生になったら回数が減ってくる場合もあります。 その場合はしばらく様子を見てみるのも一つの手かと思います。 今後息子の扁桃炎が年2回くらいなら手術はしないつもりです。 本当に悩みますよね。 この記事が、扁桃腺の手術を迷っている方の参考になれば嬉しいです。 ゆうゆうでした.

次の