貯金 箱 作り方 簡単。 簡単!貯金箱手作り方法。牛乳パック・ペットボトルの作り方は?

入れた硬貨が見えない仕掛けの貯金箱を手作り|マジックボックス

貯金 箱 作り方 簡単

まずは、 家の屋根の部分を作ります。 折り目から3cmの所に印をつけます。 印をつけた部分からカットします。 次に折り目まで4か所カットします。 上の部分はいらないので切り取ります。 三角の折り目を利用してセロハンテープでとめていきます。 全部セロハンテープでとめたら 屋根の部分が完成です! 次に残りの牛乳パックを開きます。 パーツごとに切り分けるので寸法を計ってマジックで書いていきます。 完成したらハサミで切っていきます。 できたパーツは 屋根の部分が2枚、底の部分が一枚です。 屋根のパーツを貼り付けます。 次に底の部分は白い面が外になるように折ります。 折れたら下からはめ込みます。 入れ込んだらセロハンテープでとめます。 次にお菓子の家のベースになる色の粘土を薄くのばします。 牛乳パックで作ったものに張り付けていきます。 指で均していきます。 次に お金を入れる部分を作ります。 大きさを計り余分な部分にはボンドを塗ります。 ボンドの上にベースと同じ色の粘土を貼り付けます。 次にお菓子たちを粘土で作って行きます。 窓や屋根など、チョコレートをイメージしたものや生クリームをイメージしたもの自由に作ってOKです。 貯金箱の屋根や壁にボンドでドンドンつけていきましょう。 全部埋まったら完成です! パーツを作る自信のない方は 市販のスイーツパーツでもOKです。 ペットボトルのラベルの上よりも少し下を目安に上下切ります。 こんな感じに切っちゃいます! 次にコインを入れる穴をあけます。 次にお菓子の蓋をボトルの内側の大きさに合わせて切ります。 切ったら、コーラの色に似せた色水を作ります。 それをペットボトルの下に入れます。 色水を入れたら、先ほどのお菓子の蓋をグルーガンでつけます。 上のボトルにも同じように蓋をつけます。 上のボトルにも液体を入れて上下をドッキングさせれば完成です! ラベルも切っているので完成してもちょっと違和感があるかもしれません。 より、リアルに作りたい方は、ラベルを綺麗に剥がしてから切って、最後にラベルを貼ってお金の穴を作ると違和感がなくできるかもしれませんよ。 ペットボトルのラベルを剥がします。 蓋に文字が書いてあるので除光液で消します。 次に水を用意します。 好きなマニキュアを用意! 適当に垂らしていきます。 お好みの色を垂らしていき、爪楊枝でひっかきます。 そうするとマーブルになります! 好みの模様になったらペットボトルにつけていきます。 色を濃くしたい場合にはマニキュアの工程を何度が繰り返します。 そして、乾燥! お好みで蓋にもラメを足してOKです。 ペットボトルにも ギャラクシー感を出すためにラメや星をイメージして着色しましょう。 最後にお金を入れる穴をあけます。 投入口をハッキリさせるためにグルーガンで縁取りをする 蓋には好きなオブジェを作ってグルーガンでくっつけます。

次の

夏休みの工作は貯金箱を作ろう!簡単に手作り出来る方法を大公開!|ホンマでっか!?ちゃんねる

貯金 箱 作り方 簡単

レースをふんだんに使って、ひらひらの長いスカートを表現して、御姫様みたいなペットボトル貯金箱を作るのも良いですね。 見た目も可愛らしいですし、 中身が見えない貯金箱になりますよ。 リボンやビーズも加えると、 ゴージャスな感じがしますね。 パッチワークみたいな感じにしたり、 お洋服を着ている感じにしても良いですね。 初心者さんは、パッチワークの方が作りやすいでしょう。 こちらも 接着剤は、ペットボトル専用か、エポキシ系にして下さいね。 自分で作ると、もっともっと楽しくなって、どんどんお金を入れたくなりますよ。 ペットボトルだと、 あまり複雑な仕掛けは出来ませんが、硬貨を入れた時に音が出るなど、何だかのリアクションがある、という物なら、簡単に出来ますね。 使い方も、ペットボトルの口の部分に取り付けるだけ、とっても簡単です。 人生銀行なら、硬貨を通すと枚数をカウントしてくれて、わざわざペットボトルから出して数えなくても、今、何枚貯まっているか、確認できますよ。 この頃、こういう商品は増えていて、硬貨を通すと、 人気キャラクターのマスコットが声を出してくれる、と言うのもあります。 硬貨だけでなく、 お札を貯める人もいますよ。 透明なペットボトルだと、中身がすぐわかりますから、目的を持って貯めたい人にはありがたいですね。 しかし、ペットボトルの入り口は小さいですから、ペットボトルの上の方に、 硬貨の投入口だけは作った方が良いでしょう。 ベットボトル貯金箱 共通の問題になるのですが、例え、硬貨を入れるのは楽でも、取り出すのが難しいと言う難点があります。 あらかじめ、 取り出し口も作っておくのがベストですが、そうでない場合は最悪、 貯金箱を壊して取り出すことになりますから、その場合は、何もデコレーションせず、そのままで貯金箱のほうが 後悔しませんね。 取り出し口付きペットボトル貯金箱の簡単な作り方 取り出し口付きの、ペットボトル貯金箱の作り方を紹介しますね。 硬貨投入口を作る• 取り出し口を作る• デコレーションパーツを作る• 飾り付ける 取り出し口があると、末永く使えますね。 ペットボトルの、適切な位置に カッターナイフで切り抜くのですよ。 500円玉が余裕で通る大きさにして下さいね。 ペットボトルは 曲面ですので、大きさを把握しにくいですが、 始めは小さく狭い目に開けて、実際に500円玉を通して見ながら、調整していくと良いですよ。 まず、ペットボトルを 適当な位置でカットしましょう。 ペットボトルの一部を切り離す形になりますね。 切り口をマスキングテープで覆ったら、片方のペットボトルには切り口の少し下あたりに、輪ゴム通し用の 小さい穴を2つ開け、もう片方の刃切り口の少し上にゴムをひっかけるための 切れ込みを入れましょう。 出来たら、 輪ゴムを通して組み立てます。 硬貨投入口を作る• 紙粘土を付けて行く• 良く乾燥させる• 色塗りする 紙粘土では、取り出し口付きは難しいですね。 ここまで説明して来ましたように、 丁寧にして下さいね。 固いにナイフを使う事になりますから、怪我しないようにも気を付けましょう。 作る形に合わせて、付けて行ってくださいね。 なかなかくっつきにくいですから、初めはペットボトル全体をくるむように紙粘土を付けて、後から紙粘土を つけ足したり、 ヘラで押したりして整形していきましょう。 紙粘土は 厚い目に付けた方が良いですよ。 何もしなくて良いので楽ちんですが、待ちきれなくてイライラするのもこの時間、しかし、しっかり時間を掛けなければ、大失敗になりますよ。 自然乾燥が一般的ですね、 24時間は置いておきましょう。 一番楽しい作業ですね。 小学校で使うような、 水彩絵の具で充分ですよ。 色塗りが終わったら、絵具を良く乾かして完成です。 最後に ニスを塗ると、ひび割れが防げるのでおススメですよ。 ペットボトルに 硬貨投入口や 取り出し口を作る場合は、 カッターナイフの動かし方を心得ましょう。 固い素材ですから、一気に切り抜こうとするのは絶対に無理です。 ですから、 同じところを何回もカッターナイフでなぞるように切るのです。 浅い溝が段々深くなって、そのうちに切り抜き成功、ってなりますよ。 こうしておくと、乾燥してからの ひび割れが随分防げるんですよ。 ペットボトル貯金箱に使うとなると、それなりの量になるので大変ですが、しっかり練って下さいね。

次の

貯金箱 家 作り方

貯金 箱 作り方 簡単

<作り方> 1. ペットボトルを輪切りにする ペットボトルをハサミやカッターナイフで切る時のコツは、少しずつ切ることです。 力を入れ過ぎると、割れてしまいます。 お金を入れる為の穴をあける 3. 飾り付け モール・ビーズなどをボンドでつける。 テグスでつなげたビーズ大をつけていく。 底のパーツを作る ダンボールをペットボトルの直径に合わせて丸く切り、折り紙などでデコレーションする。 マスキングテープは何度も貼り直せるので、工作が苦手な人には有難いですね。 もちろん、 マスキングテープでなくても、包装紙や折り紙を貼っても OKです。 コインの重さの差を使うタイプ、コインの径の差を使うタイプがありますが、今回は、 作りやすい径の差を利用したタイプを紹介します。

次の