よだれ どり 献立。 よだれ鶏の付け合わせに合うおかずやスープは?もう一品ほしいときの献立例をご紹介!

よだれ鶏をたくさん作り置きして食べるのに最適な保存方法とは?

よだれ どり 献立

鶏ムネ肉をタレで煮込んで冷やすので肉汁が逃げなくて美味しいです。 ラー油は小さじ1で記載していますが、お好みに合せて増減してください。 調理時間:10分 冷蔵保存:4日 人数:2~3人分• 鶏ムネ肉 1枚(300~330g)• ラー油 小さじ1• ふんわりラップをかぶせ、600wの電子レンジで3分加熱する。 (耐熱容器のフタをななめにかぶせるとラップ代わりになります。 3分後、鶏ムネ肉をひっくり返し、ふんわりラップをかぶせて再度1分加熱する。 レンジのとびらを閉めたまま5分置いておき、余熱で熱を通す。 ねぎをみじん切りにする。 3にラー油小さじ1とねぎのみじん切りを加え、かきまぜる。 冷めて味が染みたらできあがり。 できたての温かいうちは味が染みてないので冷やしたほうが美味しくなります。 容器ごと氷水に入れて冷やすとすぐに美味しく食べられます。 ムネ肉とネギはハサミでも切れますので、洗い物を減らしたいときにはハサミで切っています。 加熱後、ムネ肉をスプーンで押すとほぐれます。 はやく味を染みさせたい時には、ほぐすのがおすすめです。 パサつかずにしっとり仕上げるコツは加熱しすぎず、余熱で火を通すことです。 レンジのとびらを閉めたまま5分置いておきます。 加熱時間は軽いプラスチック容器(ジップロックコンテナー1100ml、55g(フタ込み)を使った場合です。 ガラス容器は重いので、加熱時間が余分にかかります。 その他にもレンジの機種や材料の温度など、様々な要素によって加熱時間は変わりますので、加熱後レンジ内に5分置いて生っぽい部分がありましたら追加で30秒~1分加熱して火を通してください。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

低脂質な献立3日分。肉じゃが、よだれ鶏、味噌炒めなど。なんてことない晩ごはん

よだれ どり 献立

ねりごま・・・・・・・小さじ1• 紹興酒・・・・・・・・大さじ1 一般的な調理酒で代用可• 黒酢・・・・・・・・・大さじ2 他の酢でも代用可• 辣油・・・・・・・・・大さじ3• 花椒油・・・・・・・・大さじ1 B• ごま油・・・・・・・・大さじ1• 生姜・・・・・・・・・少々• にんにく・・・・・・・一片• 砂糖・・・・・・・・・小さじ2• 豆板醤・・・・・・・・小さじ1• いりごま・・・・・・・適量• 鶏ガラスープ・・・・・大さじ2 茹で鶏を作ったときのもの C• 青ネギ、パクチー・・・お好みで ねりごまはいりごまとごま油をすり潰して作ってもいいですし、芝麻醤があればそれでも構いません。 今回はねりごまを作って加えています。 作り方は後述 本格よだれ鶏用の鶏肉を仕込む 鶏肉の仕込みから開始します。 沸騰したお湯に鶏肉を入れ、あれば生姜スライスと長ネギの青い部分を臭みけしでいれます。 鶏肉を入れて温度が下がるので、再び沸騰するまで強火で加熱し沸騰したら火を消して温度計を準備します。 完成したら 氷水に鶏肉をいれて締め、取り出して水気をふき取ってスライスします。 鶏肉の仕込みはタレの仕込みと同時並行でも事前に作っておいても構いませんが、 鶏を茹でた汁は再利用するので捨てないようにします。 細かな工程などは以下の記事も参照してください。 Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の

よだれ鶏をたくさん作り置きして食べるのに最適な保存方法とは?

よだれ どり 献立

作り方• 鶏肉は冷蔵庫から出して室温に戻す。 鍋に水3カップと塩、酒を入れて中火にかけ、沸騰したら鶏肉、しょうが、ねぎの青い部分を加える。 再び沸騰してから1分ほどゆでて火を止め、ふたをしてそのまま30分ほど冷ます。 別の鍋に適量の湯を沸かし、もやしをサッとゆでてざるにあげて冷ます。 香菜は長さ2cmに切り、万能ねぎは小口切りにする。 落花生は、薄皮がついたままの状態で粗く砕く。 厚手のポリ袋(または2重に重ねたポリ袋)に花椒を入れ、めん棒などでたたいて細かく砕いてボウルに入れる。 他のタレの材料を加えて混ぜ、ピリ辛ダレを作る。 ゆでたもやしを器に盛り、その上に食べやすく切った鶏肉をのせる。 ピリ辛ダレをかけ、万能ねぎ、香菜、砕いた落花生を散らす。

次の