桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力。 【桜を見る会】野党「反社会的勢力ガー!」→超特大ブーメラン直撃

桜を見る会 閣議決定 菅義偉官房長官 反社会的勢力の定義は困難と回答

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

安倍首相が主催する「桜を見る会」をめぐってバトルが繰り広げられていますが、ここでは「紛争」からちょっと距離を置いて、「反社のみなさま」発言について考えてみましょう。 以前書いたように、サッカーJリーグの審判は「日本語」の使い方に苦慮しています。 ところが日本語で「下がれ」「下がりなさい」というと、興奮状態にある選手は侮辱されたと感じて食ってかかってきそうです。 だからといって「下がってください」では、審判が選手にお願いしているようで権威がなくなってしまいます。 ここからわかるのは、英語の表現は自分と相手が「対等」であることが前提になっているのに対し、日本語はどちらが目上(目下)かを決めるようにできているということです。 誰もが(うすうす)気づいているように、初対面のひとと会ったとき、尊敬語や謙譲語を組み合わせてお互いの上下関係を確定しないと円滑なコミュニケーションが成立しないのです。 ラジオのディレクターから聞いた話ですが、出演した政治家がすこしでも横柄な言葉づかいをすると、「上から目線でけしからん」という抗議の電話が殺到するそうです。 日本人は「身分」に敏感なので、自分が「下」であるかのように感じさせる言葉がラジオから流れてくると、ものすごく不快に感じるのです。 こうした「不適切」な言葉づかいがSNSなどで炎上するようになったことで、政治家や芸能人などは「下から目線」に神経質にならざるを得なくなりました。 それを日頃から徹底していると、「反社会的勢力」という(尊敬してはならない)グループに言及するときに、とっさに「みなさま」を付けてしまうという珍事が起こるのです。 ではこのとき、どのようにいえばよかったのでしょうか。 「反社会的勢力が出席したかどうかは……」とすればどこからも文句はこないでしょうが、日常の言葉づかいとしてはかなり冷たい感じがするので、政治家が(記者会見を通じて)有権者に語りかける場面では使いにくいでしょう。 「反社会的勢力のひとたち」は「みなさま」よりマシでしょうがやはりへりくだったようなニュアンスがあり、「反社会的勢力の者ども」は明らかに上から目線です。 そうなると、「一般に反社会的勢力と指摘されるような人物」くらいが無難でしょうが、とっさにこのような言い換えができるにはかなり高度な言語的能力が要求されるでしょう。 「よろしかったでしょうか」のように、若者たちが尊敬語や謙譲語を誤用することが批判されますが、これは「四民平等」の近代社会と日本語がミスマッチを起こしているからです。 政治家が日本語の使い方に戸惑っているのだから、若者がもっと戸惑うのは当たり前です。 そうなると、日本人が相手と対等に話をするには、公用語を英語にするしかないのかもしれません。 『週刊プレイボーイ』2019年12月9日発売号に掲載 橘 玲(たちばな あきら).

次の

「反社会的勢力 定義は困難」政府が答弁書 桜を見る会受け

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

芸能界では、そういう人物と写真を撮っただけで社会的制裁を受ける。 官房長官としての責任が厳しく問われる」と述べました。 その後,共産党は,武装闘争を唯一とする戦術を自己批判しましたが,革命の形態が平和的になるか非平和的になるかは敵の出方によるとする「いわゆる敵の出方論」を採用し,暴力革命の可能性を否定することなく(注2),現在に至っています。 こうしたことに鑑み,当庁は,共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としています。 64 ID:sLwywlti0. 28 ID:mEfHaL4p0. 19 ID:orKnmi0R0. 37 ID:KbElEeb80. 38 ID:mEfHaL4p0. 92 ID:H3I4q7vJ0. net ラジオでも言ってたけど どうせ向こうも同じ事やってるから逆に叩かれると思ったら その通りでした。 59 ID:eWgRoEAR0. 74 ID:WpgpA54V0. 01 ID:g6bWbm000. 20 ID:HSYw8EIk0. 15 ID:ZVLkAgag0. 85 ID:kIC0X5J10.

次の

桜を見る会 閣議決定 菅義偉官房長官 反社会的勢力の定義は困難と回答

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

菅義偉ホームページより 公職選挙法をはじめとする違法疑惑に、国会追及の動きと連動していた招待者名簿の廃棄問題、さらに「総理・昭恵枠」が約1000人だという政府説明が嘘ではないのかという疑惑と、次々に安倍首相をはじめとする政府の主張のデタラメさが明らかになっている「桜を見る会」問題。 そしていま、新たに大きな火種になっているのが、「桜を見る会」に反社会的勢力と見られる人物が招待されていた問題だ。 SNS上では少し前から、「桜を見る会」で撮られた、招待者と菅義偉官房長官のあるツーショット写真が話題となっていた。 というのも、ツーショット写真を含め複数投稿された写真のなかには、反社会的勢力とされている人物が写っていると週刊誌が伝えたからだ。 しかも、この写真のほかにも反社会的勢力と見られる者が「桜を見る会」に招待されていたのではないかという疑惑がもたれており、菅官房長官はついに26日の定例記者会見でこう認めざるを得なくなったのだ。 「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」 「結果的には入ったのだろう」って、「桜を見る会」の予算が増加したのは「セキュリティ対策」のためという言い訳はなんだったのか。 いや、そもそも功労者を慰労することが目的の公的イベントだというのに、反社会的勢力が招待されていたのではないかという疑惑は、重大な問題だ。 ご存知のとおり、反社会的勢力への闇営業問題では宮迫博之や田村亮といった芸人たちは厳しくその責任が問われたが、安倍首相の主催イベントで反社会的勢力を「功労者」「各界の代表者」として招待して税金で接待していたとみられているのだ。 悪質さでいえば芸人たちを遥かに超えた問題であり、かたや彼らが契約解除などの処分を受けているのだから、安倍首相や菅官房長官は「辞任」級の責任を問われてしかるべきだ。 だが、昨日27日の午前定例記者会見では、西村明宏官房副長官が「反社会的勢力のみなさまが出席されたかどうかは個人に関する情報であるため、回答を差し控えさせていただいている」と発言。 反社会的勢力を「みなさま」と呼び、税金でもてなしていたのかどうか国民に説明すべき問題を「個人の情報」だと言って回答拒否し、さらに、同日午後の会見では、菅官房長官がこんなことを言い出した。 いやいや、そんなことはない。 2007年に政府がまとめた「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」では、〈暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人〉とはっきり定義しているからだ。 そして、この定義のもと、たとえば金融庁は各金融機関や業界団体に「反社データベース」の充実などを求めている。 にもかかわらず、「桜を見る会」では基本的な反社チェックもおこなわれていなかったのだ。 そして、その問題が指摘されると、「定義は定まっていない」などと言いだしたのである。 菅官房長官の言い分がまかり通れば、今後、都道府県など地方公共団体で施行されている暴力団排除条例も骨抜きになってしまう。 ようするに、菅官房長官は保身でとんでもないことをぶち上げたわけだ。 一体、どこまでこの国を潰そうというのだろう。

次の