メロンパン トースト 作り方。 食パンはトーストの仕方でよりおいしくなる!【パンの焼き方!】

【みんなが作ってる】 メロンパン トーストのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

メロンパン トースト 作り方

食パン 1枚 【クッキー生地】• バター 15g• 砂糖 大さじ1• 薄力粉 大さじ4 クッキー生地の量は、食パン1枚に端から端までたっぷり塗れる分量です。 カロリーが気になる方は、半分の量で薄く塗ってどうぞ。 薄く塗ると、メロンパン風の模様は控えめになります。 メロンパン風トーストの作り方 step 1クッキー生地を作る 小皿に、材料を混ぜ合わせていきます。 まずはバターを小皿に入れて、レンジで少しチンして柔らかくします。 砂糖、薄力粉を加えて、その都度ぐるぐるとスプーンやヘラで混ぜます。 あっという間にクッキー生地の完成です。 step 2食パンにクッキー生地を塗る 食パンに、クッキー生地を塗りひろげます。 バターナイフを使うと、綺麗に塗りやすいですよ。 step 3メロンパン風のスジをつける 包丁の背やナイフなどを使って、クッキー生地に格子状の線をつけていきます。 線が細すぎたり、浅すぎたりすると、トーストしているあいだに消えてしまうことも。 しっかり溝を作るのがポイントです。 はい、四角い食パンが、すっかりメロンパンのたたずまいになりました。 step 4お好みで砂糖をふる お好みで、グラニュー糖やザラメなどを表面にパラパラと乗せます。 今回は目の細かいザラメをふりました。 step 5アルミホイルで耳を覆う 食パンよりもひと回り大きく切ったアルミホイルに乗せ、食パンの耳を軽く覆うようにアルミホイルで包みます。 これは、トーストする際に、クッキー生地に火が通るよりも先に耳が焦げやすいためです。 アルミホイルで覆うことで、食パンが焦げずに、しっとり蒸されたようになります。 食パンの部分もザクザクが良い!という方は、アルミホイルなしでも作れますが、焦げすぎないように注意。 step 6いつもより長めにトーストする クッキー生地が淡く色づくくらいまでトーストします。 普段トーストをするのと同じように、ご家庭のトースターや、オーブンレンジのトースト機能などを使います。 焼く時間は、トースターの個体差やお好みがありますが、通常のトーストを作るときよりも少し長めに焼いてください。 焼き立てをお皿におきっぱなしだと、蒸気で食パンの裏側がベチャッとしてしまいます。 焼き上がったらアルミホイルを外して、トースターの扉を開けた状態で焼き網に乗せたまま2分ほど放置。 そして、食べる直前にお皿に移動させます。 メロンパントーストの裏がベチャッとすることなく、クッキー生地のサクサクも増しておいしくいただけます。 おいしそう!役に立ったよ!という方は、よろしければポチッと応援お願いします! 焼きたてのメロンパンって、本当に美味しいですよね。 普段のトーストも良いですが、定期的に甘いメロンパントーストが食べたくなります。 トースト1枚で元気が出るので、頑張っている自分や家族のお疲れさまトースト・ごほうびトーストとして作ってみてはいかがでしょうか。

次の

【おはよう朝日ですで紹介♪】てぬキッチンの『メロンパントースト』のレシピ

メロンパン トースト 作り方

食パン 1枚 【クッキー生地】• バター 15g• 砂糖 大さじ1• 薄力粉 大さじ4 クッキー生地の量は、食パン1枚に端から端までたっぷり塗れる分量です。 カロリーが気になる方は、半分の量で薄く塗ってどうぞ。 薄く塗ると、メロンパン風の模様は控えめになります。 メロンパン風トーストの作り方 step 1クッキー生地を作る 小皿に、材料を混ぜ合わせていきます。 まずはバターを小皿に入れて、レンジで少しチンして柔らかくします。 砂糖、薄力粉を加えて、その都度ぐるぐるとスプーンやヘラで混ぜます。 あっという間にクッキー生地の完成です。 step 2食パンにクッキー生地を塗る 食パンに、クッキー生地を塗りひろげます。 バターナイフを使うと、綺麗に塗りやすいですよ。 step 3メロンパン風のスジをつける 包丁の背やナイフなどを使って、クッキー生地に格子状の線をつけていきます。 線が細すぎたり、浅すぎたりすると、トーストしているあいだに消えてしまうことも。 しっかり溝を作るのがポイントです。 はい、四角い食パンが、すっかりメロンパンのたたずまいになりました。 step 4お好みで砂糖をふる お好みで、グラニュー糖やザラメなどを表面にパラパラと乗せます。 今回は目の細かいザラメをふりました。 step 5アルミホイルで耳を覆う 食パンよりもひと回り大きく切ったアルミホイルに乗せ、食パンの耳を軽く覆うようにアルミホイルで包みます。 これは、トーストする際に、クッキー生地に火が通るよりも先に耳が焦げやすいためです。 アルミホイルで覆うことで、食パンが焦げずに、しっとり蒸されたようになります。 食パンの部分もザクザクが良い!という方は、アルミホイルなしでも作れますが、焦げすぎないように注意。 step 6いつもより長めにトーストする クッキー生地が淡く色づくくらいまでトーストします。 普段トーストをするのと同じように、ご家庭のトースターや、オーブンレンジのトースト機能などを使います。 焼く時間は、トースターの個体差やお好みがありますが、通常のトーストを作るときよりも少し長めに焼いてください。 焼き立てをお皿におきっぱなしだと、蒸気で食パンの裏側がベチャッとしてしまいます。 焼き上がったらアルミホイルを外して、トースターの扉を開けた状態で焼き網に乗せたまま2分ほど放置。 そして、食べる直前にお皿に移動させます。 メロンパントーストの裏がベチャッとすることなく、クッキー生地のサクサクも増しておいしくいただけます。 おいしそう!役に立ったよ!という方は、よろしければポチッと応援お願いします! 焼きたてのメロンパンって、本当に美味しいですよね。 普段のトーストも良いですが、定期的に甘いメロンパントーストが食べたくなります。 トースト1枚で元気が出るので、頑張っている自分や家族のお疲れさまトースト・ごほうびトーストとして作ってみてはいかがでしょうか。

次の

【おはよう朝日ですで紹介♪】てぬキッチンの『メロンパントースト』のレシピ

メロンパン トースト 作り方

メロンパン風トーストの作り方 メロンパンを考えたときにふと頭に浮かんだのが『焼きたて!! ジャぱん』という漫画の中に出て来る作り方です。 焼きたて!! ジャぱんはパン職人の漫画なのですが、美味しそうなパンのアイディアやレシピがたくさん作中に出て来るんですね。 その中にメロンパンもあるのですが、パン生地とクッキー生地を分けて焼くというアイディアが出てきます。 メロンパンのクッキー生地を焦がさずにカリカリにするためには下のパンがイマイチになってしまうというのを解消するアイディアなのですがトーストで作る場合も同じでせっかくすでにできているパンの上にクッキー生地を乗せて焼くのですからカリカリサクサクに仕上げたい。 そこでクッキー生地は本来のメロンパンを作るときのものを使い、クッキーのようなサクサクな食感を目指して作ることを目的に試行錯誤してみました。 ベースはあさイチで話題になったものを参考にしていますが全く違うのでご注意ください。 調理時間 50分 調理器具 ボウル・ゴムベラ・トースターやオーブン・包丁 レシピの分類 デザート レシピの種類 日本料理 カロリー 全量 1286. 1kcal(1人分 643. 1kcal) 塩分 全量 1. 3g(1人分 0. 7g) 糖質量 全量 206. 2g(1人分 103. もしくは耐熱容器にバターを入れてふんわりとラップをかけ、500Wの電子レンジで10秒加熱し柔らかくする。 2、ボウルに1のバターと砂糖を加えて泡だて器で白っぽくなるまでしっかりとすり混ぜる。 溶き卵、バニラエッセンスを加えてよく混ぜ合わせる。 薄力粉をふるってを加えてゴムベラでさっくりと混ぜる。 この時ひたすら1の字を描くように混ぜるのがポイント。 クッキー生地を作るときと同じように混ぜます。 粉っぽく、パラパラの生地になると思いますがそれで大丈夫です。 この後の工程でしっかりまとまります。 3、生地を2等分してまな板の上にラップを長めに出し、生地1個分を乗せる。 ラップで食パンサイズに整える。 この段階でちゃんと生地はまとまります。 バットなどに入れて冷蔵庫で30分寝かせる。 4、取り出したら全体にグラニュー糖をまぶす。 その後で包丁で生地を切ってしまわないように注意して格子状に線をつける。 5、食パンに生地を乗せる。 6、予熱した200度のオーブンで10分焼いたら完成です。 魚焼きグリルのグリルプレートでも焼くことができました。 5~10分くらいの間で様子を見ながら焼いてください。 厚みはこれくらい。 たっぷりサクサククッキー部分を楽しめます。 焼き立てはかなり熱々になるので、注意してください。 さくッと切り分けできるので、4等分くらいに切っても食べやすいです。 もう1つ、卵不使用で耳を切り落としてクッキー生地に混ぜて作る作り方もご紹介しています。 ぶっちゃけクッキー生地が美味しいので、クッキー生地だけ食べても美味しいです笑。 パンの厚みに対してクッキー生地の厚みが巻けていないほうが個人的には美味しいかな~と思うので、8枚切りを使いました。 クッキー生地はシート状にラップした状態なら冷凍保存も可能なので、多めに作って冷凍ストックしておくのも便利です。 以上『 メロンパントーストの作り方』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『 LIFE. net【ライフドットネット】』ではその他にもトーストのレシピをご紹介しています。 是非ご覧ください。

次の