横浜ベイスターズ de。 横浜DeNAベイスターズのチームカラーの色合い

横浜DeNAベイスターズ(@ydb_yokohama)

横浜ベイスターズ de

野球 ヤクルト高津監督「少し成長」2失点先発高橋を評価 []• プロ野球 [7月16日 23:03]• プロ野球 [7月16日 23:02]• プロ野球 [7月16日 22:58]• プロ野球 [7月16日 22:49]• プロ野球 [7月16日 22:46]• プロ野球 [7月16日 22:45]• プロ野球 [7月16日 22:43]• プロ野球 [7月16日 22:42]• プロ野球 [7月16日 22:40]• プロ野球 [7月16日 22:39]• プロ野球 日本ハム再び単独最下位、好機生かせず適時失策も… []• プロ野球 [7月16日 22:58]• プロ野球 [7月16日 22:46]• プロ野球 [7月16日 22:45]• プロ野球 [7月16日 22:43]• プロ野球 [7月16日 22:42]• プロ野球 [7月16日 22:40]• プロ野球 [7月16日 22:39]• プロ野球 [7月16日 22:38]• プロ野球 [7月16日 22:37]• プロ野球 [7月16日 22:36]• 高校野球 弘前実コールド発進、比内「3年生と長く…」/青森 []• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:54]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:39]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:18]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:16]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:11]• 高校野球 [7月16日 19:11]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:08]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 15:31]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]•

次の

横浜DeNAベイスターズ

横浜ベイスターズ de

ご自宅でのオンライン会議やオンライン飲み会の際に背景画面として使用できる「横浜DeNAベイスターズオリジナル背景」を公開いたします。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出を控え、自宅で過ごす時間が増えています。 その状況に伴い、在宅勤務により会議をオンラインで実施する方や、友人とオンラインで画面を繋ぎ、一緒にお酒を楽しむオンライン飲み会の機会が増えていると言われています。 横浜DeNAベイスターズでは、オンラインでもベイスターズを感じていただくため、このたびオリジナル背景を公開いたします。 第一弾として、『横浜スタジアム』(2種類)、『DB. スターマン&DB. キララ』に加え、2020年シーズンのスローガンである『NEW GENERATION IS HERE. 』の4種類を公開。 また、今後も順次新たなデザインを発表いたします。 official.

次の

横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと (1/2)

横浜ベイスターズ de

ベイスターズが秘める未知なる可能性 2019年シーズンに球団史上最多となる観客動員数228万人を記録し、プロ野球屈指の人気球団に躍進した横浜DeNAベイスターズ。 株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)がオーナーになった2012年シーズンから毎年、動員数を増やすなど、プロ野球における経営改革の先駆者となっています。 今回、従来の野球興行に加え野球を基軸としながらも、新たな経営の柱となる事業をつくるため、新規事業開発を目的とした部門を新設し、中核メンバーを募集します。 なぜこのタイミングで新規事業の立ち上げに至ったのか、どのような未来を目指しているのか、新規事業開発の指揮を執る取締役副社長兼事業本部本部長の木村洋太氏に伺いました。 本ページの求人の募集は終了しました。 募集期間: 2020年2月20日(木)〜 2020年3月18日(水) 本ページの求人は、「プレミアムステージ」をご利用でなくても、ビズリーチ会員であればどなたでも閲覧、応募が可能です。 一つは、野球に関する知識がなくても楽しめる環境づくりを進めてきたことです。 勝敗の明確なスポーツイベントではありますが、応援するチームが負けても、「面白かった」と感じてもらい、「観戦に来てよかった、また来よう」と思ってもらえるように取り組んできました。 球団経営における売り上げは主に、入場券、スポンサー契約、グッズ販売および飲食、そして放映権による収入となります。 当社はチームとファンの一体感を醸成するため、さまざまな取り組みを進めています。 以前はオレンジ色だった横浜スタジアムの座席を、チームカラーである青に入れ替えました。 また、ビールのオリジナルブランドを作ってスタジアムで販売し、球団のオリジナリティーを打ち出すなどのブランディング施策を多数実施してきました。 その積み重ねでファンの心をつかみ、2019年シーズンは横浜スタジアムで主催する71試合の平均観客動員数も初めて3万人を超え、座席稼働率は前年を1. 5ポイント上回る98. 9%という結果になりました。 チームとしてもセントラル・リーグ2位となり、初めて本拠地・横浜スタジアムでのクライマックスシリーズ開催を実現しました。 横浜スタジアムの大規模な増築・改修工事は2020年2月に完了し、プロ野球開催時の収容人数は約2割増の34,046人に増加します。 座席の増設と同時並行で、高付加価値の観戦体験を充実させる取り組みも行っています。 主な取り組みとして、バックネット裏スタンド上部に個室の観覧席「日産スタースイート」を設置しました。 この席でしか味わえない料理や景色、野球観戦を楽しむことができ、好評を得ています。 このように観戦体験の価値を向上させることに、もっと注力していきたいです。 今は、未来を見据えた「種まきの期間」と考え、業界の常識や制約にとらわれず、大胆に仕掛けていきたいと考えています。 なぜそのような経緯に至ったのかお聞かせください。 キャパシティービジネスに留まっていては成長がないので、パラダイムシフトが必要です。 「日産スタースイート」のようにターゲット層を変え、別の体験価値を創出する、既存事業の延長線上での新しいチャレンジも必要だとは思いますが、将来的にこれまでとは異なる「新しい発想」での挑戦が重要になってくると確信しています。 2020年シーズンまでに横浜スタジアムの増築・改修工事が完了し、2021年には球団がDeNAとなってから10年目を迎え、会社として次のステージに向かっています。 興行によるキャパシティービジネスのモデルだけでなく、次のステージに向けて、今から新たな取り組みを検討し検証を始めれば、2021年から実践できることもあるでしょう。 横浜スタジアム近くにある、横浜市役所跡地の再開発が完了する2025年に向けた種まきも含め、同時並行的にある程度の規模感を持ってプロジェクト化していきたいと考えています。 世界に誇れるボールパークの実現とともに、横浜のまちづくりにも参画し、貢献していく。 短期的ではなく、長期的な視点で考える地域に密着したビジネスを創っていきたいです。 「コミュニティボールパーク」化構想は、野球が好きな方はもちろん、野球を観戦したことのない方も家族や友人、同僚と気軽に集い楽しめる場をつくることを目的とし、野球をきっかけにコミュニケーションを育むランドマークになりたいという思いを集約したものです。 その意味では、主催試合の開催日以外のスタジアムの活用や、周辺エリアを巻き込んだ熱量のある事業の創出を目指したいです。 スポーツの力で街ににぎわいを創出していけるよう、行政や一般企業などとタッグを組み、横浜という街を舞台にスポーツ産業を発展させ、根付かせる「横浜スポーツタウン構想」を打ち出しています。 事業展開するエリアも、横浜公園から大通り公園、みなとみらいなど横浜スタジアムを中心に外へと広げていけるように、一つひとつ実績をつなげていきたいと考えています。 スポーツ業界に起きている変化や市況感について貴社はどのように捉えていますか。 スポーツはイベント、エンターテインメントという側面だけでなく、教育やヘルスケアなどさまざまな分野との協業の可能性を秘めており、まだまだ成長の余地があると感じております。 収益性ばかりを追求せず、恒常的に事業として成り立つモデル、必要であれば複数拠点で展開してもよいと思います。 それよりも、今はまだ存在していないような新しいビジネススキームを生み出すことが重要です。 例えば、スイスのバーゼルのサッカーチームでは、スタジアムに高齢者向け住宅が併設されています。 サッカー観戦を中心に家族が集まりやすく、高付加価値の住宅ビジネスを成立させている好例です。 このように別のビジネスと組み合わせることで、新たな価値観を生み出せるのはスポーツの持つ力であり、可能性を感じるところです。 「横浜DeNAベイスターズがこんな面白いことをやっている」と国内外で話題となり、注目されるような新しいスタイルのビジネスを創出したいと考えています。 あえて外部からのメンバーを求めるのは、業界常識や慣例にとらわれない自由な発想を求めているからです。 現実から積み上げて事業を生み出す活動は、現状でできていますし、今後もその部分の成長については既存の組織を信頼しています。 しかし、アイデアを具体化したり、マーケティングテストを進めたりするには専任組織が必要です。 新しい事業部門に迎える方々には、経営層に近い位置で、新たな事業開発やプランニングを生み出していただくことを期待しています。 チケットや営業部門など、既存事業を非連続的に拡大する方法の検討や、既存事業と調整・連携をしながら、設備面などの投資にもダイナミックに挑みたいと考えています。 横浜という地の利は大きいでしょう。 人口370万人の横浜市の中心部にあり、東京の都心部や羽田空港からもアクセス良好です。 平日も週末も人が来やすく、昨年では年間延べ228万人が訪れたこの横浜スタジアムを、ある種の「実験場」として使えるのです。 革新的な取り組みに適した立地といえます。 加えて、地元スポンサー企業との長年の親交がありますから、それらの企業との連携や協業も見込めるでしょう。 DeNAのIT、ゲーム、オートモーティブ、ヘルスケアのノウハウ、知見も活用可能ですし、スポーツテックやAI、ドローンといった領域のベンチャー企業との協業も視野に入れています。 「風を待つか。 風になるか。 企画力と実行力を求めますが、組織全体として多様なメンバーを集め、シナジーを発揮させたいと思っています。 また、突出した得意分野を持っていてもらいたいです。 前職経験としては事業企画やプランニング、調査・分析。 組織としてでもよいので、新規事業をゼロから立ち上げた経験や、事業化段階で臨機応変に対処した実務経験なども生かせるでしょう。 業界は問いませんが、コアなファン層だけでなく広く社会全体にアピールする施策を考えるうえでは、BtoCの事業での経験を持つなどして、顧客視点に立てることは有益でしょう。 とはいえ、BtoBで目の前のお客様に集中して真摯に向き合ってきた経験も生かせるとは思います。 消費者やビジネスのトレンドに敏感で、柔軟に発想できることが重要です。 また、貴社で活躍しているメンバーに共通している強みなどがあれば、お教えください。 必ず持っていてもらいたいのは「これをやり遂げたい」という熱量です。 当事者としてやり切る思いが大切で、そのスタイルは問いません。 一方で新しいことを進めるに当たって、既存事業との調整作業や連携など、難しい問題も生じることがあるでしょう。 それでも力を緩めずにやり切る。 事業化に向けて前に進める。 会社に対して約束したことにはコミットしてもらい、違うと思ったことがあれば意見してもらいたいと考えています。 その姿勢を示すのが、社内スローガンとして掲げた「風を待つか。 風になるか。 」です。 これを考えたときに後半を「風を起こすか。 」にする案もあったのですが、より当事者であってほしい思いを込めて今のフレーズとしました。 社内の風土としても風通しよく、多様な意見を受け止める環境がありますから、物怖じせずに意見し、当事者として向き合える方にとっては、仕事がしやすいでしょう。 自分で仕事を獲得するような姿勢で、積極的に活躍していただきたいです。 扱うコンテンツはスポーツですが、当社での事業企画やマーケティングの経験は汎用性が高く、他の業界や商材にも生かせるものだと考えています。 違いとして大きいのは、1試合で約3万人、年間延べ約228万人というお客様の反応を目の当たりにできること。 一般的に、自分たちのビジネスモデルや施策に対する反響や効果測定は通常、売り上げデータやアンケートでしか確認できないものですが、私たちはお客様が体験されている姿をこの目で見て、体感することができます。 実際に3万人の観客が熱狂する姿を目にできるのは、働くうえでの喜びでもあります。 そこにプレーヤーとして参加している感覚をぜひご自身の力にしていただきたいです。 社内のキャリアパスとしても、企画のほか、お客様との直接的な関わりも経験できるよう整備されています。 当社で生み出されるものが、将来的に国内外のチームやスポーツシーンにおいて手本とされることを目指しています。 スポーツ市場に足跡を残せる、スポーツ史に名を残せる可能性のある仕事ですから、ぜひ応募していただきたいです。 DeNAは野球だけでなく、バスケットボール、ランニングなどさまざまなスポーツに携わっています。 将来的には、スポーツ業界を変えるようなメンバーを輩出できるような企業になっていきたいと考えています。 一過性のブームで終わらない、社会を変える成功体験を得たい方は、ぜひ共に挑戦していきましょう。 募集職種• 新規事業企画・事業開発• 神奈川県 2011年12月の誕生以来、常識にとらわれることなく「良質な非常識」をコーポレートアイデンティティに掲げ、さまざまな取り組みを行ってきました。 2019年シーズンには、球団史上最多となる228万3524人の観客動員数を記録し、座席稼働率は98. 9%と、2012年シーズンから約43%伸びました。 2021年には、10年目の節目を迎え、会社としても新たなステージに向かっていきます。 今回募集するポジションにおいて、 チケット、スポンサー、放映権、グッズ、飲食、スクールなど既存事業におけるビジネストランスフォーメーションをご担当いただき、非連続の事業拡大へ取り組むと同時に、「スポーツ」、「野球」との掛け合わせによる、新しい発想で新たな領域での事業創出に取り組んでいただきます。

次の