海馬 瀬戸。 海馬瀬人とは (カイバセトとは) [単語記事]

海馬瀬人の名言をまとめた!www 社長かっこよすぎ泣けるwww【遊戯王】

海馬 瀬戸

エネミーコントローラーとは、『』に登場する。 また、それをとしてで生していった作品群をさす。 (では話に登場) はエネコン。 版のは以下の通り。 (版のは不明) 速攻 相手上のをエネミーコントローラーによって入で操作できる。 なお、では立体として出現したのを実際に手で押すことで入していたが、版ではによる入に変更になっている。 が手前側からでているというのもしいのではないだろうか。 (数を除くとのが近いか?) ニコニコ動画におけるエネミーコントローラー 作中では・が使用。 彼らがエネミーコントローラーを発動・操作するでの入音を音とする。 としての使い勝手のよさから一大を巻き起こした。 さらにん中はどちらも押していないため、それぞれ該当する音がい。 、何故かはCとん中を押すことに成功している。 恐るべし。 また、X-等の名前からの流用で、はエネコンについていないはずの・Zまでも入している。 を合わせて登場たちにものをはじめ、多数のが作られている。 エネコンをり、関連の薄い作品にエネコンをりするも存在し、 「」の等が付随されることが多い。 や、らが有名。 この盛り上がりを受けたのか、にはの示でエネコンのを押してを入しのを奪うが収録されている。 入に成功すると「・・・」「」などのでもおなじみのを喋ってくれるという相変わらずのである。 エネコン動画 ・ 元祖エネコン エネコンまとめ みんなでエネコン 感高し の 遊戯王OCGにおけるエネミーコントローラー ・とは効果が異なっている。 を払う必要もない。 速攻 次の効果から1つを選択して発動する。 相手上の表側表示1体の表示形式を変更する。 自分上の1体を生け贄にげる。 相手上の表側表示1体を選択する。 発動のフェまで、選択したのを得る。 詳しくは「 」でも参照するといいよ。 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

【遊戯王デュエルリンクス】海馬瀬人の解放条件とドロップスキル/カード

海馬 瀬戸

遊戯王界において世界に4枚しかない超レアカード。 また特殊能力はないが、攻撃力は通常モンスターとしては最強。 海馬のデッキにはこれが3枚入っている。 海馬とは古代エジプト時代から因縁のあるモンスター。 青い目の女性キサラに宿っていた精霊(カー)。 その力は神に匹敵する。 バトルシティで海馬がオベリスクを生け贄にこれを召喚するシーンは必見である。 闇のゲームが初めて実体化した。 レベル5のためバトルシティ以降は使われなくなった。 海馬デッキでは攻撃力は低いほう。 遊戯王界ではレアカードらしい。 アメルダ戦では相手の「ジャンクディーラー」を奪いこれを特殊召喚した。 アニメでは墓地のモンスターの数だけ攻撃力をアップさせる特殊能力があった。 「死のデッキ破壊ウイルス」の媒体用に入っているようだ。 「ミノタウルス」との融合を前提としたカードだ。 「マジック・ランプ」とのコンボ用だ。 実戦ではイマイチ。 「ランプの魔精ラ・ジーン」を守り攻撃力を跳ね返す強力なコンボカードだ。 乃亜編ではOCG同様の効果で登場。 ただ攻撃を跳ね返す効果は使われなかった。 OCGではスピリット効果がある。 OCGではリバース効果だ。 能力は当時としては高め。 攻撃力なら神をも上回る究極の竜。 (遊戯のセリフより) OCGならデビフラ効果で出すのが一般的だが、海馬は普通に融合召喚する。 そして何故か遊戯がいないと特殊召喚されない(ぇ ただ、活躍したかどうかは別の話。 直接攻撃の出来ない王国ルールでは強力なカードだった。 海馬自身は使ってないが、このときの腹話術士のデッキは海馬のデッキ。 つまり海馬はこのカードを入れていたということだ。 アニメではOCGとの混在をなくすためカード名が変わっている。 アニメではOCGとの混在をなくすためカード名が変わっている。 劇場版ではOCG同様の効果になっている。 海馬も「青眼の白龍」などの上級モンスターを出すのによく使う。 OCGとは大きく効果が違う。 海馬はほとんどの場合「青眼の究極竜」召喚に使う。 OCGと比べると随分と弱体感している。 モンスターの攻撃を無効にしバトルフェイズを終了させる。 効果は対象の動き封じと攻撃力700ダウンと、OCG同様。 しかもアニメ・原作では効果がOCGと異なる。 なんと敵デッキの攻撃力1500以上のモンスターを全滅させるのだ。 レアカードらしいが海馬は36枚所持らしい…。 レベル4で攻1900は優秀だ。 海馬デッキでは数少ない守備型モンスターだ。 OCGでもこうなら使われたのに…。 海馬の2軍に入っているようだ。 バトルシティでは頻繁に使われた。 アルカトラズでの戦いのあと、遊戯に渡された。 強力な攻撃力に加え、特殊能力も強力。 通称:ゴッドハンドインパクト さらに詳細不明な「インフィニティゴッドインパクト」もある。 vsCPU vs名蜘蛛 vsレアハンター(2) vs光と闇の仮面 vsイシズ vs遊戯<4回目> (測定不可) 『カイザー・グライダー』 光属性 ドラゴン族 攻撃力2400 守備力2200 原作では効果を持たないドラゴン族。 アニメではOCG同様だ。 強力なモンスターだが、活躍はあまりない。 海馬はこれでCPUの『青眼の白龍』を破壊しようとしたが、失敗した。 海馬の2軍に入っている。 ドラゴン族対象の効果を無効にする効果があるがあまり使われない。 どちらかといえば「ドラゴンを呼ぶ笛」のためだ。 おまけに反転召喚でしか出せないので、かなり弱い。 守備も高いのでなかなか使えたりする。 攻撃力は低いが、「死のデッキ破壊ウィルス」の媒体になるので良い。 海馬デッキでは活躍は見込めない。 アニメでは守備力1000。 今の環境ではまず使われないだろう。 アニメでは何故か守備力1000。 女戦士には劣るが、なかなか使える。 正確にはお互いのモンスターのコントロールを総入れ替えするのだ。 アニメではOCGとの混在をなくすためカード名が異なる。 デッキからカードを2枚ドローできる。 海馬ファンデッキなに入れれるのはラッキーかな。 いつも「破壊輪」とセットで使われる。 「破壊輪」のアニメと原作の効果の違いによって作られたカードだ。 OCGでは必須カードの1枚。 原作ではダメージは敵だけという犯罪カード。 アニメでは「防御輪」で効果の違いを補っている。 レベル4なので単体でも活躍する。 ただし、召喚に必要なカードを持っていない海馬がこれを召喚するのは不可能だ。 あくまで融合を前提にしたカードだ。 原作では効果なしだが、アニメではOCG同様。 破壊されると別の自分モンスターの攻撃力を1000アップさせる効果がある。 光属性の生け贄2体分の代わりになるため、「青眼の白龍」の召喚をサポートした。 攻撃力より守備力が高いが何故かいつも攻撃表示。 攻撃力もかなり高いが、効果も強力。 手札1枚をコストに敵フィールド上のカード1枚を破壊するのだ。 意外と簡単に融合召喚ができる。 原作との効果の違いをなくすために作られたカードだ。 ちなみに発動時に相手は魔法を1枚手札に加えることができる。 手札を5枚になるようドローし、5ターン後に全ての手札を捨てる。 デメリットもあるが、この効果が使われたのは1回のみだ。 普通は敵に使うが、「死のデッキ破壊ウィルス」のため自分のモンスターに使うことも。 原作の「催眠術」を上回るカードだろう。 記憶によれば使ったのは4回だけど、もっと使ったかも。 アニメのアルカトラズでも罠。 でもKCグランプリでは速攻魔法だったカード。 いずれにしてもOCGとはまったく違う効果だ。 敵モンスターへの魔法効果を自分のモンスターに移す効果だと推測される。 召雷弾も防げるツワモノカード。 1000コストで神を奪えるなんて卑怯くさいような…。 そうなれば開闢デッキは流行らなくなるな〜。 その後自分は1枚ドローする。 …という犯罪カード。 明らかに「攻撃の無力化」の立場が無い。 アニメ・原作では通常魔法で下のような効果だった。 1000ライフ払って下の効果から1つ選んで発動。 OCG化すればエクゾディア対策にもなる。 OCGでは通常モンスター限定だが、アニメでは効果モンスターも出してた。 海馬を倒し、マリクに挑む遊戯に託された。 そのせいでOCGで超弱体化したカードでもある。 OCGでは「ルード・カイザー」よりも使われないカードかも。 相手の手札を半分捨てさせ、捨てた枚数だけ自分はドローする。 自分手札が0枚の時にしか使えないというデメリットが一応ある。 効果はOCGと異なり、効果までもコピーできるようだ。 攻撃対象を別のモンスター1体へ変更させる効果を持つ。 劇場版では大活躍だ。 OCG効果は「守備封印」と同じだ。 相手墓地の魔法カードを瞬時に発動できる。 全てにおいて「カイザー・グライダー」に負けてるが気にしないようだ。 アニメの乃亜編では絶対に破壊されないという最強効果だった。 ダメージを与えるとモンスター・魔法・罠のどれか1つを墓地へ送れる。 ここでモンスターを宣言した海馬はちょっと間違ってる。 OCGでもなかなか使えるカードだ。 デメリットとして他にモンスターがいると召喚できない。 おまけに他にドラゴンがいないと攻撃が出来ない。 海馬のドラゴンデッキの主力だ。 手札のドラゴンを1枚墓地へ送るごとに攻撃力を1000ポイントアップさせる。 しかし大した活躍はしなかった。 出す数は2体でも1体でもOKだ。 海馬はこれを「死のデッキ破壊ウィルス」の生け贄にしようとした。 海馬が遊戯に残したカードの1枚だ。 手札にあることのみ確認されている。 しかしアニメでは不発に終わる。 海馬はこれで「エクゾディア・ネクロス」を攻略した。 特に活躍はなかったはず。 生け贄にしたドラゴンの攻撃力以下の守備力の表側表示モンスターを破壊する。 アニメでは無駄撃ちに終わったカード。 海馬は「青眼の白龍」を選択したが、乃亜の「天界王シナト」に敗れる。 「闇魔界の戦士ダークソード」と合体能力があるが、海馬は使ってない。 所詮ウイルスの媒体か。 「青眼の究極竜」を使った海馬デッキなら使えるカード。 OCG同様の効果だが、裏守備に攻撃したことは無い。 「青眼の白龍」を呼び出すには適任。 「クリティウスの牙」+「死のデッキ破壊ウイルス」 アメルダに追い詰められた海馬が召喚したモンスター。 召喚時に攻撃力1500以上のモンスターを全滅される効果を持つ。 「クリティウスの牙」+「タイラント・ウィング」 恒例の奇跡のドローでクリティウスを引いた海馬が召喚。 相手モンスター全てに攻撃することができるようだ。 アニメではさらに「青眼の白龍」と合体し、大暴れした。 このモンスターへの攻撃を「ミラーフォース」同様に跳ね返す効果がある。 これによってダーツのミラーナイト達は全滅したが、新たなる脅威が現れる。 デュエルモンスターズ界に伝わる伝説の竜だ。 海馬は「青眼の白龍」を戻したが、やはり使いにくい。 アニメ効果のトゥーンモンスター対策のカード。 装備したドラゴン族に「タイラント・ドラゴン」みたいな効果を持たせるようだ。 おまけに攻撃力もアップ。 効果もそれとほぼ同じ。 破壊されたモンスターの攻撃力LPを回復させる。 海馬はすでにLP0の自分でなく、残った遊戯のLPを回復させた。 「青眼の白龍」と同等のステータスに加え、召喚は簡単。 さらに1000ライフで手札・フィールドをリセットする。 アニメでは守りの為に使ったが、かなり強力なカードだろう。 OCGでも意外と役に立つカードだ。 あっけなく破壊されたが、ジークの除外デッキには効果抜群のカードだ。 上級の多い海馬デッキにはオススメなカードだ。 というか海馬社長、相手が除外デッキと知ってこれ入れたでしょ。 特に海馬デッキでは上級が手札に残りやすいので、活躍するだろう。 「次元融合」とのコンボは威力絶大。 デュエルでは使ってないが、記憶編の最初に海馬のジュラルミンケースに入っていた。 自分モンスターが破壊されたときに発動。 お互いはデッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚できる。 これが2枚入っているようだ。 劇場版では2つの特殊能力を持つ。 通称:シャイニングノヴァ ちなみに後者の能力はOCGにはない。 XYZとも相性がいい。 通常召喚はできないが、特殊召喚で簡単にフィールドに出せる。 単体では役に立たないが、コンボで強力なカードになる。 記憶編でもジュラルミンケース内に確認されていた。 表側モンスターにしか使えないが、除外ができる。 決闘では使ってないが、デッキには入っていたようだ。 攻撃力500以下のモンスターが破壊されると、相手のデッキを10枚も墓地へ送る。 ペーテンとのコンボは凶悪だ。 が、海馬デッキで活躍することはまずない。 コストがライフ半分なので、残りライフが少なくても発動できる。 ペガサスをノックアウトさせたキーカードだ。

次の

【遊戯王】 海馬瀬人が使用したモンスターカード達!

海馬 瀬戸

海馬瀬人は、の「」の登場人物。 ・の永遠のである。 前世では、とは官(臣)と(君)の関係であった。 頻繁に間違えられるが、 「瀬人」であり、「」ではない。 的なであり、特にのにおいてはとしてその名をかしている。 の開発・販売を中心とする「」のでもある。 そのため、ではに称として「」と呼ばれることが多い。 の間では前者は版、は版として認識されている。 に関しては底した執着心を持っている事はよく知られており、この嗜好はでも変わらない。 但し、初期においては的のを手に入れる為なら手段を選ばない一面を覗かせており、の組織にものを言わせて、大々的なを行っていた。 各のコレの内一人をに追い込んでまでを奪い取ったり、各地の学園からを強引に収集したり(版)、幼いのから(・)を奪い取ろうともした。 (版一作) ()をこよなくている事は周知のだが、元々はMWのであるという事、そしてそれを手に入れればどんな大会でもできるという確信があった為であり、だからという理由で執着していた訳ではない。 その為、のを破り捨てるという暴挙にさえ出た事がある。 (これはを三枚既に入手していた為、そして上四枚の同名をに投入する事ができない為、四枚を葬る事で上、を独占できる為だと考えられる。 ) なお、が最高のであることから勘違いされることもあるが、自体は先述の通りに相応しい戦術を持っており、相手の抵抗手段を削ぐ「」、効果と破壊を同時に行う「」などといったや、「物質装置」による除去回避、「を呼ぶ」・「」などによる眼の高速召喚、「」によるなど、その戦術は多岐に渡る。 版ではさらに「」のようなや、除外されたを再利用する「」「()」なども披露していた。 ・でも「・覚めの旋」によるサーチを加えたり、「・」により敵の戦術を逆用したりと巧みな戦術が立つ。 とはいえ、ではに攻撃すればの所をに踏み切ったために、敵の戦術に引っかかりするという事態も引き起こしてしまったわけだが・・・。 後々、との宿縁や版の設定(との)も絡んで、純にをするようになった。 (「」参照)。 なお、劇中後半では「の」の一枚である「」を頻繁に使用するようになり、「をした」とにされている。 (「」参照) 初期ではのに情を必要とせず、相手を底的に潰す事を信条としていた。 その為、-T編ではたちに命をかけたを強要し、で潰したに死の体感を味わわせ、(そして眼を破り捨てた)にしたのをも切り捨てた。 このように初期では冷酷非情な悪党だったのだが、-T編でとで闘を繰り広げて敗を喫し、「」を受けて悪の心を砕かれた事をに、徐々に人物像が変遷してゆく事となる。 彼が自己をし、としての筋を通したらしいとなったのは王編をにしての事である。 このあたりでのともの融和を果し、自分と以外には冷たい態度を取ることが多くなった。 元々は会社のとして、様々なを通じてに戦いを挑むという位置づけであり、彼が様々なを繰り出す-T編も元々はとなる予定であった。 しかし、の回が高い支持を集めていた事から作品の方向性が転換し、-T編も短縮を余儀なくされた。 前述の人物像のはこういった事情も関係している。 -T編は「をで裁く」という、の当初の方向性の集大成として作成されており、以降作品のはに移行していくことになる。 なお、二作では-T編を大幅にし、最後の部分だけをして第1話としている。 このため-T編で行った数々の悪行は版では存在せず、同作ではで彼にまつわる話や先述の眼に関する話が追加されたためか、や版と二作では彼の扱いは大きく変化している。 具体的には、版では悪行といえばせいぜいを手段を選ばず手に入れ、の所持していた眼を破り捨てたことくらいである。 十分酷いといえばそれまでなのだが、-Tまでのはそのくらいやりたい放題をしていたのである。 「」ではと並ぶ(実質上の役と思われる)となるが、本作は「」の続編であるため、彼がどのような行動に出るか注である。 なお、同作の時間軸においては実際ののはのに任せ、 やりたいことをやっている様子。 では喪われた千年の復元を論んでいるようだが・・・。 だがそれは 死を意味するものではなく、一連の事件がきっかけとなり、生きたままに干渉し、の元に辿りついた。 つまりでを駕してみせたのだ。 氏のでされた、では、ではない「」をとして認め、会社ぐるみでの新たな作りに協、二人で試作中のをしている、というひとつのの可性が描かれた。 つまりこのでは確定。 ] 当初は瀬人と並び立つのは「」であることが多かったが、の前後から「」ではない「」と並び立つことも多くなっている。 また、同のとなる前後編切り「ND 」では、開発の過程で生まれた試作品を元に新「・」を開発している姿が確認できる。 この時、への執着はより悪化している一方で、「・」試作テの体調を気にかけているなど、 のの非からは信じられない程にっ当な開発者として活躍している。 「・」の最終標が、たちの意識を束ねた電に発生する意識に到達することで、既に会う事のわないに戦いを挑む為であり・・・。 常人をかにえた意思の強さ、それを内で視覚化した 「意識の高さ」、標の「= 他の世 界」、極めつけにの 「意識高ぇぇぇ~! オレ達のじゃ同じにも立てやしないぞ!」から、新たに 「意識 他界 系」という呼び名がついてしまった(なお、同名の全された記事とは全く関係い)。 王編をに陰気な雰囲気も払拭され、としての地位をし、化などが進み、に至っては登場人物中随一ののを誇るに至っている。 のの方が支持される事が多いが、初期の悪党らしい彼にもある程度の支持がある。 「」でのから「 」と呼ばれ、親しむも大きい。 からは美系として捉えられる事が多いが、本来そういった設定は存在しない。 (元々が通の「根暗な」としての出だったため。 )上の美系である漠良、御伽とは異なり、にモテる描写も全篇中一切ない。 (版ではから媚を売られていた。 )ただし、が氏との対談において「(再登場に際して)"ちょっとにして"、を追いこんでいく性を持たせた」と述べている事や、版における「端正な貌」との記述から、全く存在しないという程でもないようだ。 版では美系寄りの(本稿の参照)が多く、その事も大きくしていると考えられる。 ニコニコ動画における海馬瀬人 上での多い「」の登場人物の中でも、・と並んで非常に高いを得ており、特に「」使用の際のはのとしてを誇る。 また、「」の続編に当たる「」に登場する、「」のものとしてよくに使用されている。 との関係については「」の記事を参照。 また、他にも「」「」「」など、特徴的なが内で(として)しばしばになっている。 ほかにも、第200話での(とはいえあまりにも酷い)最狂のが有名。 「を呼ぶ」が使われた直後、の「いでよ、が手札にてかつ『う』」ので一時停止してみよう! ちなみに「」のが、に使われることもあるが、海馬社長およびとは一切関係ない。 代表的な使用カード.

次の