トイレ の 換気扇 掃除。 住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

トイレの換気扇掃除は簡単!年に1回行いましょう

トイレ の 換気扇 掃除

換気扇の表面カバーを外すには、上下に爪で留まっているタイプ、ネジで留まっているタイプさまざまです。 今回は、下側にネジ止めしてあるタイプでした。 下側のネジをプラスドライバーで緩めます。 ネジを取り外す必要はありません。 ゆるめるだけでいいです。 ネジがしてある部分に指を入れ、手前に引きます。 ある程度力を入れないと取れない場合もあります。 表面カバーを取るとこんな感じです。 左側に写っているのが本体。 右側に写っているのが、外した表面カバーの裏側です。 表面カバーには電気部品がついていません。 この場合は、水洗いしてしまうとスッキリします。 これは、プロペラを外している所です。 このタイプは、道具も何も必要ありません。 プロペラの中心をつまんで手前に引き抜くだけで、モーター軸から外せます。 モーター軸とプロペラの穴が湿気等で錆びて固着していると、外せません。 また、モーター軸に対してまっすぐ手前に外してください。 ちょっと左右上下に力が加わってしまって、 モーター軸がゆがむと異音の原因となります。 はずしたプロヘラは、水洗い、もしくは重曹、セスキ炭酸ソーダのアルカリ性液体で落としましょう。 トイレや脱衣所の換気扇で一番大切なポイントがあります。 換気扇奥の出口がつまっていないかどうかの確認です。 (戸建ての場合にしか現れない現象です。 ホコリで詰まっていません。 換気能力はあります。 汚れがひどいと、換気扇奥の出口がホコリ汚れでつまってしまっています。 こうなると、いくらファンやプロペラをキレイにしても、換気能力はありません。 ですので、換気扇出口のほこりの詰まり具合の確認がとても重要です。 通常の換気扇は、壁の中で電源コンセントの代わりになる電気線が差し込んであります。 そのため、換気扇自体を取り外そうと思うと、つながっている電気線を外す知識と工具などが必要です。 これは、一般の方だと難しいです。 しかし、壁にコンセントがある場合は、電気工事は必要ありません。 換気扇本体は、ネジで壁に取り付けてあるだけなので、簡単に外せます。 この写真のタイプの換気扇は、プロペラを外すのも簡単です。 ネジで留めていないく、プロペラ中心のつまみを力を入れてつまんで手前に引くと、外せます。 取り付ける時は、モーターの軸とプロペラの穴と合わせて差し込むだけです。 一昔前の換気扇のプロペラやシロッコファンはネジ留めしてありましたら、最近では工具なしでも外せるタイプが増えてきました。 トイレ換気扇のプロペラ(ファン)が外せないタイプもあります。 まずは、電源スイッチを切って下さい。 これも、見た目はどこにでもありそうなトイレの換気扇です。 中心にホコリが溜まっているのがわかりますね。 まずは換気扇カバーを外したいですね。 このタイプは、下部につまみがあります。 上の写真では、指でつまんでいる部分です。 この部分を、手前にひくとカバーが外せます。 ネジ止めはありませんでした。 この次は、プロペラ(ファン)を外したいです。 ファン中心がどうなっているかアップで見てみましょう。 こういう場合は、引っ張るだけで取り外せる場合があります。 今回も、そのタイプかと重い、引き出そうとしてみました。 …ダメでした。 もしかしたら、もっと力を入れて抜いたら、外せたかもしれません。 ですが、ムリに外そうとするとモーターの軸に負担がかかります。 今回は、そのリスクがあったので、分解はあきらめました。 しかし、この作業は、ホコリが空中に待ってしまいますね。 ですので、必ず近くに掃除機を用意し、掃除機スイッチをオンしながら、ノズルを近くまで持ってお掃除します。 ホコリを掻き出しながら掃除機で吸っていきます。 最近のトイレ換気扇はドライバー要らずタイプもあります。 最近のタイプは下の部分にネジ止めしてありません。 ですので、換気扇の下の部分のどこかにあ指をひっかけ、手前に外してみましょう。 これでメインカバーは簡単に外せます。 カバーを外した簡易戦の中身です。 4枚羽のプロペラがありますね。 通常なら、ネジ止めしてあったり、きつく突き刺さっていますが、このタイプは簡単に外せます。 かなりわかりにくいですが、プロペラ中央につまみがあり、それをつまみならが引き抜くと、プロペラが外せます。 ネジ留めではないので、ドライバー要らずです。 トイレの換気扇は基本的にホコリ汚れのみ。 プロペラは水洗いしてしまいましょう。 汚れが落ちにくいな?と感じたら、マジックリン、重曹、セスキ炭酸さソーダ、過炭酸ナトリウムなどであらましょう。 浴室の換気扇の例 これはパナソニック製の浴室の換気扇です。 メインカバーを外した(下げた)ところです。 メインカバーを外すとこんな感じ。 これらも、簡単に外せるようになっています。 今回使った道具は指だけです。 ネジもありませんでした。 それで、ここまで分解できます。 ポイントは、 「指でつまむと、外せる」です。 まとめ トイレや脱衣所、浴室の換気扇は、その室内の空気を吸って吐き出す役目があります。 ですが、時が経つにすれて換気扇内部にホコリが溜まり始めます。 そうすると、吐き出す力が弱くなり、内部にたまったほこりが剥がれて降ってきます。 こうなったら、できるだけ分解しておそうじしましょう。 カバーやファン(プロペラ)を掃除しただけでは、改善しないかもしれません。 換気扇の出口もチェックして下さい。 ペンライトを使用してチェックすると、汚れの状況がわかりやすいです。 こちらのページではトイレの換気扇のおそうじ方法を取り上げましたが、下記ページでウォシュレゥトと便器の隙間のおそうじ方法についても書いています。

次の

トイレの換気扇掃除の方法は?掃除の頻度や掃除を楽にするコツをご紹介

トイレ の 換気扇 掃除

項目は自動で追加されます。 (この一文は出力されません) 換気扇掃除のタイミングはいつ? トイレの換気扇の掃除が必要になる時期はいつなのでしょうか?換気扇の清掃、実はいちどもしたことがないという方もいるかもしれません。 普段気にしない換気扇について知り、清掃する頻度や必要性を知っておきましょう。 「年に1回」が基本 トイレの換気扇はどのぐらいの頻度で掃除をしていますか?目安としては、換気扇フィルターを使用している場合は 「年に1度」の掃除で問題はありません。 しかし、フィルターを使用していない場合は 「2~3か月に1度」掃除が必要となります。 掃除は20分程度で終了するので、しっかりと掃除しましょう。 掃除回数を減らしたい場合は、フィルターを貼ることをおすすめします。 掃除しない場合に起こる問題 トイレの換気扇の掃除はおっくうになる方の多いかと思います。 しかし、掃除しないと換気扇にホコリなどがたまっていきます。 そうなると、空気の吸い込みが悪くなるのでトイレの臭いや湿気がこもってしまいます。 約3割も換気能力が落ちてしまうこともあり、新品当初のランニングコストと比べて高くがかかってしまいます。 そのうえ、負荷がかかってしまうこ故障の原因にもなるでしょう。 故障してしまうと修理代を負担することになり、痛い出費になってしまいます。 トイレの中は目に見えなくても、トイレットペーパーやマットなどからホコリが舞い上がっているのです。 そのため、換気扇は汚れていくのです。 トイレの中を快適な空間にするためにも、 定期的に掃除することが重要となるのです。 掃除をする時に気をつけたいこと トイレの換気扇を掃除するときに注意することがあります。 それは、換気扇のコードとトイレの蓋です。 確認しておかないと、けがをしてしまうことがあります。 しっかり確認してから掃除を始めましょう。 そして、自分で掃除が困難な場合の対処法もご紹介します。 換気扇のコードに注意する トイレの室内の壁にあるタップには、便座の電源プラグが刺さっていることが多いですが、足もとにあることが多いのでちょっとしたことで抜けやすいです。 足にひかけてしまったりすると 転倒の危険があるので注意しましょう。 扱いを間違えると 感電・漏電の可能性もあるのでとても危険です。 作業中はとくに気をつけて扱うことを心がけましょう。 また、無理に引っ張るとコード内部で断線する事があるので、強く引っ張らないように気をつける必要があります。 トイレの蓋に乗って作業しない 換気扇を掃除するときに手が届かないからといって、トイレの便座やふたの上に乗ることはやめましょう。 トイレのふたはプラスチック素材が使用されていることが多く、重量に耐えられる構造をしていません。 そのため、上に乗ってしまうと簡単に割れて 破損してしまいます。 また、乗って作業しているときに破損してしまうと、転倒する可能性もあります。 怪我の原因にもなるので、 必ず脚立などを使用して作業を行いましょう。 自力での清掃が難しい場合もある トイレの換気扇が正しくも手の届く位置にあるとは限りません。 設置場所が高い所の場合もあります。 その場合は、取り外しが難しけれ ば業者に依頼しましょう。 安全に取り外しをし、キレイに掃除してくれます。 また、シロッコファンなど換気扇の種類によっては自分で清掃するのが難しい場合もあります。 その場合、外してみたけどつけられなかったり、外したらうまく作動しなくなったりと故障の原因にもなりかねないので、無理せずに業者に依頼しましょう。 簡単!換気扇の取り換え方法 換気扇の掃除はなかなか取り外し方がわからないので、おっくうになっている方も多いのではないでしょうか。 実は取り外し方さえマスターすれば、自分でも簡単にできる換気扇の掃除ができるのです。 換気扇の取り外し方から、掃除の方法までをご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 掃除用の道具を用意する 掃除で必要となるものを用意しましょう。 ・使い古しの歯ブラシ• ・掃除機• ・ウェットティッシュ• ・中性洗剤• ・綿棒 数本• ・ゴム手袋• ・マスク• ・場合にとっては脚立 1、換気扇を取り外す トイレの換気扇の外し方を詳しく見ていきましょう。 換気扇のスイッチを切り、止まったのを確認する。 換気扇が回っているとケガの原因にもなるので、しっかりと確認してから作業に取り掛かりましょう。 まず、カバーを手間に引っ張って外します。 トイレの換気扇のカバーは 「手前に引っ張るタイプ」が多いです。 ねじなどがない場合は、手前にカパッとカバーを引っ張ってみてください。 簡単に外れます。 そして、換気扇を外すため、換気扇本体のビスを外していきます。 ただ、機種によっては外してはいけないビスもあるいので注意が必要です。 事前に説明書などで確認しておきましょう。 2、カバーやファンを拭く カバーが取り外せたら、カバーやファンを掃除していきます。 カバーに付着したホコリは掃除機で吸い込みましょう。 掃除機のノズルは小さいものに変えたほうがよく吸い取れます。 なかなか取れない場合は歯ブラシや綿棒を隙間に差し込むとさらに取れやすくなるのでおすすめです。 最後にウェットティッシュで拭いて汚れをキレイに拭き取ります。 シロッコファンは、中性洗剤をつけて水洗いしましょう。 汚れ具合によっては洗剤なしでシャワーを流すだけでキレイになることもあります。 そして、カバーやファンはしっかり乾かします。 3、換気扇内部の掃除をする 換気扇内部をウェッティッシュや歯ブラシ、綿棒などを使用してキレイに汚れを取り除いていきます。 なかなか拭きにくい部分なので、うまく綿棒などを使い分けましょう。 濡れているとホコリが固まって取りにくくなりますが、乾いた歯ブラシでかき出すようにすると簡単に取れます。 最後に濡れた雑巾などで軽く全体を拭くとさらにキレイになります。 4、カバーを取り付ける しっかり乾いたのを確認し、外したファンをビスで取り付けます。 そして、カバーを取り付けましょう。 ワイヤーがついているタイプのものは、フックにワイヤーをひっかけるためにワイヤーをしたに引っ張ります。 そして、フックをひっかけたら、カバーを押せば閉まります。 ワイヤーのないものは、カパッと押すと取り付けられます。 まとめ 今回はトイレの換気扇についてご紹介してきまいた。 ・トイレの換気扇の清掃は 「年に1回」が適切、フィルターがない場合は「3か月に1回」• ・換気扇は掃除をしないと換気力が低下し、電気代の増加や故障につながる• ・掃除をするときは周囲の状況に気をつけておこなう• ・換気扇の掃除は取りはずし方がわかれば簡単 今回ご紹介した換気扇の掃除方法を活用して換気扇をピカピカにしてみてください。

次の

トイレの換気扇から異音や故障した時の簡単対処法

トイレ の 換気扇 掃除

素人にもできたトイレ換気扇の分解掃除 トイレ換気扇の分解掃除は簡単です トイレの換気扇の異音 ゴウン ゴウンと規則的な息吹のような異音が次第に大きくなってきましたので、分解掃除にチャレンジしてみました。 天井埋め込み型の換気扇です。 換気扇カバーの取り外し 真ん中の東芝ロゴが入った丸つまみを左にずーっと回すと、ネジが抜けてカバーが落ちてきます。 ホコリを掃除機で吸ってから、水洗いです。 三年分?のホコリ カバーを外した換気扇本体です。 記憶では2~3年前に掃除したような気が。 ホコリすげー! 見るのも嫌な恐ろしいホコリのかたまりが、メカをコーティングしております。 自主規制でちっこい写真 (写真クリックで拡大) 換気扇本体の取り外し 掃除機でホコリを取り除き、換気扇本体を外します。 ネジを二個発見。 取り付けネジは、この二ヶ所ですね、たぶん。 上の写真の中のラベルに気づきました。 画像処理をすると文字が読めました。 我が家のトイレ換気扇の型番が判明。 東芝DVF-10S2でした。 換気扇を外した状態。 シロッコファンですね。 ファンにもホコリがびっしりです。 電源ケーブルは直結で外れませんので、このぶら下がった状態で作業を進めます。 ファンのカバーを外します。 この型のカタツムリカバーのネジは三か所です。 カタツムリカバーを外した状態。 ファンにこびりついたホコリは気圧で圧縮され湿気で固められ、もはや掃除機で吸えません。 フィンの間隔はホコリでとっても狭くなり、デコボコ。 流体力学を駆使し、効率向上を追求して設計されたファンもこのホコリで効果激減。 ファンメーカーさんの研究結果も台無しですね。 外して、ブラシで水洗いです。 水洗いしたら、フィンの空間もゆったり隙間の正常に戻りました。 モーターが回らない!! ファンを外した状態で、換気扇の電源を入れてみました。 おー、超しずか。 満足満足って、通電してるのにモーター軸は止まってる。 慌てて電源を落として、モーターの軸を指で回すと、固いのなんの。 シリコンスプレーをぶち込んでみましたら、手で何とか回わせました。 ところが、モーター本体から、回転に合わせた金属のビビリ音のようなリズミカルな異音が。 モーターさん、これまで崖っぷちで何とか回ってくれてたのね。 もしかして、焼き付き寸前でしょうか。 これはもう、換気扇の買い替えか。 あと思いつくのは、モーターを分解してグリスぶち込むかー。 それしか思いつかん。 記事が長くなりましたので、モーターの分解掃除は後編へと続きます。 以下、続きの後編です。 masuhiro6595.

次の