気象庁レーダー。 気象レーダー

気象レーダー観測

気象庁レーダー

Real-time weather radar images Echo Intensity are shown on Google Maps. Current motion of rain clouds can be checked by zooming in or out, which is useful as a disaster information tool about rainfall and snowfall. The update of images is every ten minutes, and images in the last 7 days can be switched to display. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] [.. ] Radar Images Last 7 Days Notice If the animation of clouds is not smooth enough, please try the latest browsers. Motion becomes smoother after reading images once and storing into the cache. When a typhoon is in the image, you can track the position of the typhoon. Color Legend of Radar Images The following shows the color legend of radar images.

次の

富士山レーダー

気象庁レーダー

概要 [ ] のではの接近とのの時刻が重なったこと(異説あり [ ])で大規模な被害が発生し、死者行方不明者5,000名という大災害となった。 これを受けて台風被害を予防する目的で日本本土に近づくおそれのある台風の位置を早期に探知することが社会的要請となり、気象庁が対策として気象レーダーを設置することとなった。 設置場所は全方向にわたってレーダーのが山岳で遮られることがないという観点から富士山頂が選定された。 従来からとして機能していた富士山測候所にレーダー棟を増設することとなった。 工事は設置場所までの資材搬入経路の確保が格別に困難なこと、設置場所の気象条件が過酷なこと、納入機器が他に例を見ない性能であることから、気象庁は取引先選定では機能しないと判断し、としては異例のによりとに発注した。 設置費用は2億4千万円、着工はであった。 現場の気象条件は過酷であるため、工事は難航した。 資材の搬入も難題であった。 レーダーの設置を請け負った三菱電機では、搬入を、( ごうりき、人力輸送のこと)、輸送用の3方法を試みた。 1964年8月15日にヘリコプター輸送を行い設置に成功した。 最終的に、工事資材は500を超え、そのほとんどがブルドーザー啓開道により運ばれることになった [ ]。 当時の気象庁の富士山レーダーにかける期待はきわめて高く、すでに運用されていたやの山岳レーダーで用いた5. 7波レーダーではなく、観測エリアを広範囲にわたって確保するため、途中の等による電波減衰を防ぐ目的で異例の10cm波レーダーを用いることとした。 他方、が長くなることによるレーダー画像の低下を防ぐため、使用するを当時標準だった直径3のものから直径5mに大型化することとしている。 この富士山レーダーができるまで世界で一番高所にあった気象用レーダーはにある標高2,600mの山の山頂にあったものだったので富士山レーダーは一気に1,100m以上も世界記録を塗り替えた。 の白い構造物は、設置されていた当時は富士山頂の代表的な構造物のひとつであった。 、富士山レーダーはにより台風の接近を観測できるようになったことと、代替レーダーがの()との()の2カ所に設置されることによりその役割を終え、運用を終了した。 その本体は解体撤去され、にに移設され、として公開されている。 レーダードーム骨格の空輸 [ ] アンテナを保護するの構造の骨格は、様態から開発関係者や現場工事関係者らに「鳥籠」とされた。 これを現地に搬送する際に一部を分解して運搬し山頂で組み立てることは難しく、ヘリコプターによる空輸ではが不足することが骨格完成後に判明 し難工事の最後の障害となって立ちふさがった。 最終的には揚力が不足している分だけヘリコプターのドアや座席など取り外して軽くし、最小限の燃料搭載で対応した。 この時に利用されたヘリコプターは、晴天となった1964年8月15日の午前7時55分に富士宮市にある臨時ヘリポートを離陸。 約18分後に骨格設置予定の富士山頂に到着。 好天が災いし富士山頂上空は無風でホバーリングに適さず、ヘリコプターの操縦は困難を極めたが「置き逃げ(エスケープ)」と呼ぶで強行し、レーダードーム設置に成功した。 レーダー性能諸元 [ ] の運用開始時、使用波長は2. 1978年には従来の方式から回路に改められた2代目に更新され、1999年の運用終了まで使用された。 発行物 [ ]• 、富士山頂気象レーダー完成記念の額面10円のが発行された。 注釈 [ ].

次の

気象庁

気象庁レーダー

スポンサードリンク 天気予報【10日間・明日の・福岡・沖縄・雨雲レーダー・気象庁】 天気予報は、テレビ番組からだけでなく、インターネットでも確認しやすいでしょう。 いくつかのサイトで天気予報を毎日更新し、詳しい情報を提供しています。 北海道から沖縄まで、全国の天気予報が確認できます。 台風が近づいてくる季節になれば、雨雲レーダーを確かめて、どのような経路に進んでいきそう、威力はどれくらいかなども確認できるのです。 毎年台風による被害は大きいです。 特に九州地方は台風の影響を受けやすいですね。 天気予報をあらかじめ確認しておくことで、早めに備えができるでしょう。 それでは、どこのサイトを確認すれば天気予報が詳しくわかるか、ここでおすすめの天気予報サイトをご紹介していきます。 スポンサードリンク 雨雲レーダーの動きが確認したい時「tenki. jp」 雨雲レーダーの状況が上のページからよくわかります。 10日間天気予報までわかる? 天気予報は通常、一週間先までしか出ないでしょう。 朝の情報番組でもよく天気予報のコーナーがありますが、一週間先の天気が出ます。 しかし、もっと先の天気が知りたい時もありませんか? あまり先の天気予報はできませんが、10日間天気予報を提供しているサイトもあるのです。 それがtenki. jpです。 日本気象協会で運営している天気予報のサービスです。 ズラリと10日間の天気予報が出ています。 関東地方だけでなく、沖縄や福岡県、北海道の天気まで分かります。 10日間の天気がひと目でわかるので、ご予定がある方も見やすいでしょう。 「おすすめスポット特集」を確認すれば、お出かけする先として今イチオシの場所が分かります。 また、お出かけスポットのエリアの天気も、10日間分確認できるのです。

次の