いつもご指導ありがとうございます 英語。 ビジネス英語でありがとうございますを表現!返事やお礼メールの伝え方とは?

『一年間ありがとうございました。』と英語で書きたいのですが...

いつもご指導ありがとうございます 英語

身近な人に感謝の意を伝える時は是非役立てて下さい。 目次: ・一言で伝える「ありがとう」の英語:「Thanks. 」 ・「本当に(どうも)ありがとう」の英語:「Thanks a lot. 」 ・「いつもありがとう」の英語:「Thank you alwasys. 」 ・「とにかくありがとう」の英語:「Thank you anyway. 」 ・「みんなありがとう」の英語:「Thank you, guys. 」 ・「何から何まで(色々)ありがとう」の英語:「Thank you for everything. 」 ・「~のおかげ」という「I owe you one. 」で「ありがとう」を表現 ・最上級でおしゃれな「You are the best. 」で「ありがとう」を表現 ・ネイティブもよく使うカジュアルな「Many thanks. 」で「ありがとう」を表現 ・少し誇張した「Thanks a million. 」で「ありがとう」を表現 ・スラングの「Cheers! 」で「ありがとう」を表現 ・イギリス英語のスラングの「Ta」で「ありがとう」を表現 ・「とてもありがとうございます」の英語 ・「~さん、ありがとうございます」の英語 ・「心から感謝します(申し上げます)」の英語 ・「appreciate」を使ったありがとうございますの英語 ・「grateful」を使ったありがとうございますの英語 ・「感謝の気持ちでいっぱいです」の英語 ・「メール(ご連絡)ありがとうございます」の英語 ・「メールのご返信ありがとうございます」の英語 ・「先日の打ち合わせありがとうございます」の英語 ・「お問い合わせありがとうございます」の英語 ・「ご注文ありがとうございます」の英語 ・「配達・発送ありがとうございます」の英語 ・「手伝ってくれてありがとうございます」の英語 ・「ご協力ありがとうございます」の英語 ・「親切にしてくれてありがとうございます」の英語 ・「今日はありがとうございました」の英語 ・「プレゼントありがとうございます」の英語 ・「お電話ありがとうございます」の英語 ・「メッセージありがとうございます」の英語 ・「フォローありがとうございます」の英語 ・「ご清聴ありがとうございました」の英語 ・「ご理解ありがとうございます」の英語 ・「早速のご対応ありがとうございます」の英語 ・「お気遣いありがとうございます」の英語 ・「提案を受け入れてくれてありがとうございます」の英語 ・「改めてありがとうございます」の英語 ・記念日に相手に伝える「ありがとう」の英語メッセージ ・母の日・父の日などで使う「ありがとう」の英語メッセージ ・誕生日で使う「ありがとう」の英語 1.「ありがとう(Thank you)」の英語の正しい発音 「ありがとう」はの基本の英語フレーズは 「Thank you. 」です。 「thank」は「(人)に感謝する」という場合に使う動詞です。 例えば、あなたが誰か第三者に感謝している場合は、「I thank him. 」や「I thank Mike. 」などという表現にもできます。 「Thank you」はあくまで、話している相手(you:あなた)に伝える表現です。 「Thank you」の発音と発音記号は下記となります。 日本語の「エ」を更に少しだけ横に広げた感じの口の動きになります。 また、「th」の発音もポイントとなります。 「th」の発音をしないと「sank」となり「sink(沈む・沈める)」の過去形になるのでこの点も注意しましょう! 『』の記事も参考にしてみて下さい。 2.フランクでカジュアルに使える「ありがとう」の英語一覧 ここではカジュアルに友達の間などで使える「ありがとう」をご紹介します。 一言で伝える「ありがとう」の英語:「Thanks. 」 ネイティブが頻繁に使う一言で完結できるフランクな「ありがとう」です。 英文: Thanks. 発音: 「本当に(どうも)ありがとう」の英語:「Thanks a lot. 」 「ほんとにありがとう」や「超ありがとう」というケースもありますね。 その場合は先ほどの「Thanks」に「a lot(多くの)」という表現を加えるだけです。 英文: Thanks a lot. 発音: 発音のポイントはカタカナ読みで「センクサラッ(ト)」と全ての単語をつなげて読むことです。 上記の音声を確かめて、ネイティブのような発音の仕方を身に付けて下さい。 「いつもありがとう」の英語:「Thank you alwasys. 」 いつも(常に)の英語の「always(オールウェイズ)を加えて、「いつもありがとね」と気軽に言う時に使えます。 英文: Thank you always. 発音: 「とにかくありがとう」の英語:「Thank you anyway. 」 「とりあえずありがとう」、「いずれにしてもありがとう」という場面で使えます。 英文: Thanks, anyway. 発音: またスラング的に「anyways」と「s」を付けるパターンもあります。 「みんなありがとう」の英語:「Thank you, guys. 」 「Thank you, everyone. 」と言うと「皆様ありがとうございます」というニュアンスで多少堅苦しくなります。 よってここでは「友達、家族」などの意味も含まれる、「guys(ガイズ)」という単語を使います。 気軽に使える単語です。 英文: Thank you, guys. 発音: 「何から何まで(色々)ありがとう」の英語:「Thank you for everything. 」 「Thank you for ~(~をありがとう). 」という英語の形は基本です。 ここでは、「everything(全て)」の単語を使うことで、「何から何までありがとう」という表現にできます。 英文: Thank you for everything. 発音: 「Thank you for everything. 」は 「今までありがとう」という場合にも使える表現です。 もう少しフォーマルに表現すると、 「Thank you for everything you have done for me. 」となります。 現在完了形を使っています。 お世話になった先生へのメッセージ、親友との別れなどの時にもよく使われる英語フレーズです。 メッセージカードなどにもそのまま書けます。 3.おしゃれでかっこいい「ありがとう」の英語 上記でご紹介した「ありがとう」はとてもよく使うのですが、ちょっと他の日本人と差をつけてかっこよくおしゃれに「ありがとう」を言いたいという方は、是非ここで紹介する表現をマスターしましょう! 「~のおかげ」という「I owe you one. 」で「ありがとう」を表現 直訳は「あなたに1つ貸しができました」という意味になり、これも感謝の表現の1つです。 「owe(オウ)」は「~に貸しがある(できる)」という動詞です。 英文: I owe you one. 発音: 「Thanks. I owe you one. 」という表現でも構いません。 また、本当にありがとう!という場合は 「I owe you a lot. 」となります。 「owe」の使い方は、『』でも解説しています。 最上級でおしゃれな「You are the best. 」で「ありがとう」を表現 直訳は「あなたは最高です」という「good」の最上級を使った感謝の言葉です。 英文: You are the best. 発音: 「Thank you. You are the best. 」という表現でも構いません。 ネイティブもよく使うカジュアルな「Many thanks. 」で「ありがとう」を表現 メッセージカードやメールの結びなどにも書けるおしゃれでかっこいい「とてもありがとう!」という表現です。 Many thanks. 発音: 少し誇張した「Thanks a million. 」で「ありがとう」を表現 直訳は「100万回ありがとう」となります。 「million(ミリオン)」は「100万」という単語です。 すこし大げさかもしれませんが、この表現も使えるとおしゃれでかっこいいですよ。 英文: Thanks a million. 発音: また、 「Thanks a bunch. 」という表現も同様に「本当にありがとう」となります。 4.「ありがとう」の英語のスラング おしゃれでかっこいい「ありがとう」のところでの表現も多少スラング的な表現でもあるのですが、その他の2つの代表的な「ありがとう」のスラングをご紹介します。 スラングの「Cheers! 」で「ありがとう」を表現 「Cheers(チアーズ)」自体はスラングではなく、「乾杯!」という表現でよく使われますが、それをスラング的に使うと「ありがとう」や「さようなら」という意味になります。 英文: Cheers! 発音: イギリス英語のスラングの「Ta」で「ありがとう」を表現 「Ta(タ)」は、イギリスやオーストラリアなどイギリス英語圏内で使われる代表的なスラングの「ありがとう」です。 英文: Ta. 発音: 5.インスタやFBなどのSNSで使える「ありがとう」の英語の略語 友達同士のメールやインスタ、ツイッター、フェイスブック(FB)などのSNSで「ありがとう」を伝える際に英語のスペルを全て書くことは、基本あまりありません。 『』にあるように、略して書くのが一般的です。 下記がよく使われる「ありがとう」の略語の書き方です。 また、大文字にせずに全て小文字で書く場合も多いです。 面倒だから小文字のままというフランクな書き方ですね。 thnx thx :「Thanks」の略語です。 TY:「Thank you. 」の略語です。 頭文字をとっています。 TYVM:「Thank you very much. 」の略語です。 これも頭文字をとっています。 TIA:「Thank you in advance. 」の略語です。 「in advance(イン・アドヴァンス)」は「前もって」の熟語で「前もってありがとう」=「よろしくね!」という場合にも使えます。 6.丁寧な「ありがとう(ございます)/感謝します」の英語 目上、上司、ビジネスの方、始めて会った方など、特にスラング的な表現は使えません。 そのような場合は寧な言い方(フォーマル)が基本となります。 日本語では「感謝いたします」とも言いますね。 そのような英語の言い方もマスターする必要があります。 『』の記事でも詳しく解説していますのでご参考下さい。 「とてもありがとうございます」の英語 「Thank you. 」だけでは丁寧さが足りない表現となるので、「so much」や「very much」という英語を付けたしましょう。 下記の2つが基本の丁寧な「ありがとうございます」の表現となります。 Thank you very much. Thank you so much. 「~さん、ありがとうございます」の英語 「~さん、ありがとうございます」と丁寧に言う場合もありますよね。 日本語では名前が前に来ますが、英語では基本的に後ろに名前を置きます。 カジュアルな場合: Thanks, Mike. 丁寧(フォーマル)な場合: Thank you very much, Mr. Hayashi. 「心から感謝します(申し上げます)」の英語 この表現もよく使います。 「私の心の底から感謝致します」というニュアンスになります。 英文: 「Thank you from the bottom of my heart. 」 「appreciate」を使ったありがとうございますの英語 「appreciate(アプリーシエイト)」は「感謝する」という動詞です。 「Thank」も「感謝する」という動詞ですが、カジュアルで人に対する感謝に対して、「appreciate」は何かの行為に対する感謝で、より丁寧な言い方でもあります。 I appreciate it. :感謝申し上げます。 I really appreciate it. :心より感謝申し上げます、というニュアンスでもあります。 また、丁寧な言い方ですが友達などにする場合もありますね。 その場合は、主語の「I」を省略して、「Appreciate it. 」という場合も多いです。 「grateful」を使ったありがとうございますの英語 「greteful(グレイトフル)/形容詞」も「appreciate」と同じように丁寧なありがとうございますですが、メッセージカードなどで表現される場合が多いです。 :あなたに感謝しています。 :ご協力感謝致します。 「grateful」の他に「thankful」という同じような形容詞がありますが、「grateful」の方がより丁寧な言い方となります。 「感謝の気持ちでいっぱいです」の英語 多少誇張した言い方かもしれませんが、とても丁寧な言い方になります。 「gratitude(グラティトゥード)」は「感謝(の念)」という名詞で、「full of ~」は、「~でいっぱい」という熟語になります。 7.ビジネスメールでお礼を伝える「~をありがとうございます」の英語 メールの件名や本文の書き出しなどで、先ず「~をありがとうございます」というケースは多々あります。 ここではメールのやり取りの中で頻繁に使われる表現をご紹介します。 色々なバリエーションのお礼のメールの書き方は、『』でも解説しています。 「メール(ご連絡)ありがとうございます」の英語 連絡をしてくれた相手に、宛名の後にお礼の言葉からメールを書き出します。 また、メールの件名にも使えます。 英文例: 「Thank you for your e-mail. 」 『』では、より詳しく解説してます。 「メールのご返信ありがとうございます」の英語 あなたが送ったメールへの返信があった場合には返信で感謝の意を伝えましょう! 英文メール例: 「Thank you for your reply. 」 「早速のご返信ありがとうございます」は 「Thank you for your quick reply. 」と「quick(クイック)」を使います。 『』でも詳しく説明しています。 「先日の打ち合わせありがとうございます」の英語 時間を取ってくれたことの感謝文がベストです。 英文メール例: 「Thank you for your time on the last meeting. 」 「お問い合わせありがとうございます」の英語 自社の商品やサービスへの問い合わせに対しての感謝のメールも必要です。 英文メール例: 「Thank you for your inquiry. 」 「ご注文ありがとうございます」の英語 注文を頂いた相手に対してのお礼のメールです。 英文メール例: 「Thank you for your order. 」 「配達・発送ありがとうございます」の英語 注文した品物が到着した時にもお礼のメールを送りましょう。 英文メール例: 「Thank you for your delivery. 」 8.会話でも役立つ!「~をありがとう(ございます)」の英語フレーズ一覧 ここでは「Thank you for~. 」を使った表現を紹介しています。 「手伝ってくれてありがとうございます」の英語 宿題を手伝ってくれたり、仕事を手伝ってくれたりした相手に感謝を伝えましょう。 英文: Thank you for your help. 「ご協力ありがとうございます」の英語 「Thank you for our help. 」と同じニュアンスですが、「help」よりもっと大きなサポートがあった場合の感謝の言葉です。 英文: Thank you for your support. 「Thank you for your cooperation. 」というのも同様ですが、は少し上から目線となるので注意しましょう。 「親切にしてくれてありがとうございます」の英語 優しく何かを教えてくれたり、何か優遇してくれた場合などに使う感謝の言葉です。 英文: Thank you for your kindness. 「今日はありがとうございました」の英語 楽しい時間を過ごしたり、またはビジネスでの取引先などにお礼を言う時に使います。 英文: Thank you for today. 「お電話ありがとうございます」の英語 ビジネスでの電話での問い合わせや友達から何かの連絡をもらった時に感謝の意を伝えます。 英文: Thank you for calling me. 「Thank you for your call. 」でも同じです。 「メッセージありがとうございます」の英語 SNSなどにメッセージが投稿されている時に使える感謝の英語です。 英文: Thank you for your message. 「フォローありがとうございます」の英語 ツイッターなどであなたをフォローしている外国人がに対してお礼を言う時に使えます。 英文: Thank you for following me. 「ご清聴ありがとうございました」の英語 ビジネスのプレゼンテーションが終わった後などにお礼として使えます。 英文: Thank you very much for listening. 「Thank you for your attention. 」も、プレゼンの後などに使える「ありがとうございます」です。 「ご理解ありがとうございます」の英語 メールの最後に何かの不具合、または遅延、料金などに関して相手の理解をお願いする時に使える感謝の英語フレーズです。 英文: Thank you for your understanding. 「早速のご対応ありがとうございます」の英語 主にビジネスメールで使える感謝のフレーズです。 英文: Thank you for your quick response. 「お気遣いありがとうございます」の英語 心配してくれてありがとうございますというニュアンスがあります。 相手があなたの体調など聞いてきた場合などに使ってみましょう。 英文: Thank you for your concern. 「提案を受け入れてくれてありがとうございます」の英語 何かの提案を受け入れてくれた時、了承してくれた時などに使えます。 英文: Thank you for accepting my request. 何か許可を得た時などは、 「Thank you for permitting it. 」などの表現もあります。 「改めてありがとうございます」の英語 ビジネスのプレゼンなど、フォーマルな場面でも使います。 英文: Once again, thank you very much. 「Again, thank you. 」というカジュアルな言い方もあります。 「Once again」や「Again」のどちらとも、冒頭に置くのが一般的です。 9.記念日・誕生日などで使う「ありがとう」の英語メッセージ カップル、家族への感謝の気持ちを伝える時にも「ありがとう」を含めたメッセージを送る時がありますね。 また、誕生日プレゼントをもらった時などにも相手にお礼を言う時もあります。 その時のメッセージ英文をいくつかご紹介します。 記念日に相手に伝える「ありがとう」の英語メッセージ 記念日、クリスマス、バレンタインデーなどのイベントで、カップル(夫婦)同士で相手に感謝の気持ちを表現する時には、「ありがとう」だけではなく様々な表現があります。 感謝の気持ちだけでなく一言付け加えるとかっこいいですよ。 『』でも詳しく解説していますが、下記がその一例です。 Thank you for everything. Thanks for choosing me. I love you from the bottom of my heart. I like you very much just as you are. Our love will last forever. You always make me happy. Your happiness is always wished. 母の日・父の日などで使う「ありがとう」の英語メッセージ 両親への感謝の気持ち、また祖父母など日ごろの感謝の気持ちを伝えることもありますね。 下記が例文です。 『』と『』も参考にしてみて下さい。 誕生日で使う「ありがとう」の英語 誕生日カードやプレゼントをもらった相手に感謝の気持ちを表現する場合もありますね。 Thank you for your birthday wish. Thank you for your birthday present. 『』の記事も参考にしてみて下さい。 10.「ありがとう」への英語での返事や返信 「ありがとう」や「ありがとうございます」と言われて無言では失礼ですし、「You are welcome. 」だけが返事やメールの返信の仕方ではありません。 「You bet. 」、「Not at all. 」、「My pleasure. 」など様々な言い方があります。 正しく返事をするようにしましょう。 『』にて詳しくご確認下さい。 ありがとうを言われてもmとくかく無言にならないように! まとめ:まずは短い表現でいいから英語で「ありがとう」を伝える 英語で「ありがとう」には、Thank you for today、Thank you for everything、Thank you for callingなど、forの後に名詞や動名詞を付けることで無数の表現が可能となります。 無理をして長々となることで、相手に感謝の気持ちが伝わらなければ全く意味がありません。 もちろん、相手にあなたが「ありがとう」を表現することが一番重要なのですが、常に1つの表現だけに偏らないように、ここでご紹介した表現をまず使い分けることで慣れましょう。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

英語でありがとう|丁寧やフランクな言い方とスラングや略語45選

いつもご指導ありがとうございます 英語

感謝の気持ちは Thank you for ~で伝わる 英語でお礼を伝える、日本語の「ありがとう」に対応するフレーズは、基本的に Thank you. が定番といえます。 感謝の対象を明示する場合には Thank you for ~. の形で表現できます。 Thank you for ~. のフレーズはほとんど場面を選ばずに幅広く使えます。 柔軟に使いこなせるようになりましょう。 説明してくれたことに感謝する表現 Thank you for your explanations. 説明してくれてありがとう 懇切に説明してもらい、自分でもよく理解できた場面では、 Thank you for your explanations. のようなお礼が最適でしょう。 語幹の綴りと発音が微妙に違っているので少し注意しましょう。 Thank you for all the details. 色々と教えてくれてありがとう Thank you for all the details. は、細部をひっくるめてお礼の対象とする言い回しで、日本語の「色々と教えてくれてありがとう」に対応するニュアンスの表現です。 Thank you の対象は漠然としていますが、それだけに「相手が教えてくれた情報すべて」を感謝できる言い方です。 Thank you for the advice. 助言してくれてありがとう Thank you for the advice は、具体的で有益な助言(advice)をもらったときに使える表現です。 こうした方がいいよ、というような指南をもらった際にはぴったりの表現です。 情報をくれたことに感謝する表現 Thank you for the notice. 教えてくれてありがとう notice は「お知らせ」や「注意」といった意味合いの語です。 気が回らなかった部分、意識できなかった部分への指摘や注意をもらった場合の「教えてくれてありがとう」の意味合いで使えます。 Thank you for the heads up. 先に知らせてくれてありがとう heads up (heads-up)は、「これから起ころうとしていることについて警告する・注意を促す」といった意味で用いられる慣用表現です。 英語について教わる、という脈絡では使用機会はなかなかないかも知れませんが、行動を共にすると使い出は意外とあります。 たとえば「この先は通行止めだよ」とか「今日は休講だってさ」のような情報を得たら、heads up をありがとう、と伝えてみてはいかがでしょうか。 Thank you for letting me know. 知らせてくれてありがとう letting me know は「(人に)知らせる」という使役表現で、知った内容・情報の種類にかかわらず幅広く使える言い方です。 重要な情報にも、ちょっとした与太話にも使えます。 使役動詞を駆使した表現は、同種の「情報をありがとう」を伝える表現の中でもフォーマルなニュアンスが出せる言い方です。 ビジネスシーンなどでもよい感じで使えます。 Thank you for the information. 情報をくれてありがとう 「 情報をありがとう」と伝える表現なら information を使った言い方も挙げられるところですが、information は少し使い所に注意がいるかも知れません。 では、information を「 facts about a situation, person, event, etc. 」 (状況、人物、出来事についての事実)と定義しています。 つまり、事実や知識というニュアンスの色濃い語です。 冗談交じりのうわさ話や世間話を聞いて Thank you for the information. と返すと、ウワサを真実と鵜呑みにしたような印象を与えてしまうかもしれません。 Thank you for telling me about ~. ~について教えてくれてありがとう 感謝の対象を今ひとつ information とも advice とも表現しかねる場合、いっそ具体的に「何について」の部分を明示する方法もアリでしょう。 Thank you for ~ 以外の言い方で感謝を伝える 感謝の気持ちを伝える際には、ほぼどんな場面でも Thank you for ~ の言い方で無難に表現できます。 とはいえ、もっと違った言い方で感謝を伝えることも可能です。 英語は、言葉数や語彙力を惜しみなく使うことで丁寧なニュアンスが表現できます。 とりわけフォーマルな場面や改まって感謝を伝える場面では、thank 以外の言い方を使ってみてもよいでしょう。 フォーマルさが出せる定番の表現 I appreciate ~ ~してくれたことに感謝いたします appreciate は感謝を示す 他動詞です。 I appreciate your advice. のように、感謝の対象は目的語の位置に置かれます。 つまり前置詞 for は不要です。 appreciate の感謝の気持ちを強調して述べる場合は、appreciate を greatly(大いに)や really(とても)といった副詞を添えましょう。 I greatly appreciate your useful advice. とても役に立つ助言にとても感謝しております I am grateful for ~ ~をありがたく思っています grateful は「感謝している」という心情を表現する 形容詞です。 I am always grateful for your advice. ご助言はありがたいといつも思っています お礼の焦点・着眼点を工夫する言い方 「助言に対する感謝」という観点ではなく、もっと他の部分に着目して、半ば間接的に感謝の気持ちを表現する言い方もあります。 It was very kind of you to ~ ご親切に~していただいてどうも it is very kind of you は「あなたはとても親切ですね」というような意味合いの表現です。 これも感謝を伝える定型的表現として用いられます。 もちろん文字通り「親切ですね」という意味でも使えます。 「教えてくれてありがとう」という趣旨で述べる場合は、過去の出来事について述べるため、it was と過去時制にします。 It was very kind of you to inform me about it. 教えてくださりありがとうございました Your explanation really helped. あなたの説明はとてもためになりました 「説明してもらってよかった」「ためになった」という趣旨の言葉も、感謝の気持ちを十分に表現できます。 Thank you. をはじめとする直接的な感謝のフレーズと併用して、感謝の気持ちを篤く伝えることもできます。 You pointed it out clearly. (あなたの指摘はとても分かりやすい)というように述べると、相手を賞賛しつつ感謝の意を表せます。 恥を捨てて教わり、教わったらお礼を述べる 英会話を上達させるには実践的な練習が不可欠です。 でも最初のうちは、実践に挑む気になれるだけの英語力も自信もそうそうないものです。 英会話学習は、そんな「服屋に行く服がない」的ジレンマに陥りがちです。 英会話学習の第一歩は「 へたな恥じらいを捨てる」ことから始めましょう。 表現を間違ったり、言葉に詰まったり、言われたことを理解できなかったりしても、今の実力では仕方のないこと。 次はもっと上手くできる。 そう割り切りましょう。 実践的会話は知らない英語知識を相手に直接できる絶好の機会です。 疑問符(「?」)が浮かんだらすかさず質問しましょう。 そして、教えて貰った際に「ありがとう」とお礼を述べる表現も覚える必要があります。 会話中で、教えてもらったことに対するお礼の表現を学んでいきましょう。

次の

お世話になった先生に感謝の気持ちを伝えよう!英語メッセージ例文

いつもご指導ありがとうございます 英語

教授へのメールの基本的な書き方 まずはじめにメールの基本的な書き方を説明します。 メールは「件名」「宛名」「本文」「署名」で構成される メールは「件名」「宛名」「本文」「署名」の4つで構成されます。 どれもメールの大切な要素なので、書き忘れることのないようセットとして覚えておきましょう。 <メールの構成>• 件名 メールの内容がひと目で分かるように簡潔に書く• 宛名 先生の名前を書く• 本文 明確に分かりやすく書く• 署名 氏名・所属・連絡先を書く 上記の4つの構成ごとに分けて書き方を次に紹介します。 「件名」はメールの内容がひと目で分かるように簡潔に書く メールでは「件名」を忘れないように書きます。 件名は相手が最初に目にする大切な情報です。 件名を見ただけで内容が一目でわかるように具体的に、かつ簡潔に書きます。 必要に応じて件名に学部や名前を併記します。 <件名の例>• 進路のご相談(〇〇学部〇〇学科 鈴木〇〇)• 学生が大学の教授宛てにメールをする場合は名字に先生をつけて「〇〇先生」とするのが一般的です。 「本文」は挨拶の言葉で始まり、結びの言葉で締める 本文は「挨拶の言葉」から始めます。 「いつもゼミでお世話になっております」「いつも講義でお世話になっております」「いつもご指導いただきありがとうございます」などが一般的です。 日ごろの感謝の気持ちを表す適切な言葉を書きます。 面識がない場合は「はじめまして」がよいでしょう。 挨拶の言葉のあとに自分の名前を書きます。 名乗りのあとはいよいよ本文ですが、用件を簡潔に伝えることが大切です。 最後は「結びの言葉」で本文を締めます。 結びの言葉は「以上、どうぞよろしくお願いいたします」という「お願い」の言葉が一般的です。 さらにメールでお願いや依頼をしている場合は「恐れ入りますが」「お手数をおかけして申し訳ございませんが」などのクッション言葉を添えて丁寧に書きましょう。 「署名」に連絡先を書く メールの最後には「署名」を入れるのがマナーです。 社会人の署名は名刺に記載している情報と同じ連絡先などを記載しますが、学生の場合は氏名・所属・連絡先(メールアドレス・電話番号など)の3要素が必須です。 あらかじめ自動挿入されるように設定しておきます。 正しい敬語を使う 当たり前のことですが、目上の人へのメールでは正しい敬語を使うようにします。 普段は親しい口調で会話していたとしてもメールや手紙では敬語を使うのがマナーです。 間違えやすい言葉として、「了解です」がありますが、「承知しました/いたしました」が正しい敬語です。 また「すごく嬉しいです」は「大変嬉しく思います」とするなど、話し言葉にならないように注意しましょう。 返信は翌日までに 返信のメールを受けたら、翌日までにお礼のメールを返信します。 時間を割いて対応していただいたことへの感謝の気持ちと、確かにメールを受け取りましたということを伝えます。 「お忙しいところご返信いただきありがとうございます」などと書き出します。 返信の件名は書き換えない メールの返信の件名は「Re:」がついて返信されてきますが、そのまま書き換えずに返信するのがマナーです。 書き換えてしまうと履歴がわからなくなってしまうためです。 往復が続いて「Re:」が増えてきた時は、「Re:」を一つに減らすなどして件名を読みやすくします。 往復の途中で話題が変わった時は新しい件名に書き換えます。 教授へのメールの例文と書き方のポイント 次にメールの例文と書き方のポイントを紹介します。 アポイントのメール 面識のない教授にアポイントをお願いするメールの例文です。 件名に所属と氏名を併記するとともに、冒頭の自己紹介でも略さずに所属とフルネームを書きます。 本文では訪問のお願いに至った経緯を簡潔かつ具体的に述べます。 さらに、「よろしければ」「お手数をおかけしますが」など、一方的な口調にならないよう、クッション言葉をうまく使いましょう。 突然のご連絡を大変失礼いたします。 このたびは〇〇先生の研究室のサイトを拝見し、研究内容に興味を持ったためご連絡いたしました。 特に〇〇の点について… ぜひ一度、研究室を訪問して詳しい研究内容をお伺いしたいと存じます。 よろしければ、先生のご都合のいい日時を数候補ご連絡いただければ幸いです。 お忙しい所、お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 (メール署名) 欠席を謝罪するメール 欠席を謝罪するメールの例文です。 謝罪のメールでは、まずはじめに謝罪し、次にその原因と今後の対策を書くことがポイントです。 <件名> 〇月〇日ゼミ【欠席のお詫び】 〇〇先生 いつもご指導いただきありがとうございます。 〇日の授業を無断で欠席してしまいましたこと、大変申し訳ございません。 本来なら事前にご連絡すべきところを、〇〇の事情のため、ご連絡することができませんでした。 本日のご連絡となってしまいましたことを深くお詫びいたします。 今後は〇〇につとめ、このようなことがないように気をつけてまいります。 今後ともご指導いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 とり急ぎ、略儀ながらメールでお詫びを申し上げます。 (メール署名) お礼のメール(返信例) メールでアドバイスを求め、その返信メールへのお礼のメールの例文です。 対応していただいたことへのお礼を述べ、今後の指導を願う結びの言葉を書きます。 具体的に勉強になった部分などを簡潔に記すとなおよいでしょう。 <件名> Re:期末レポートのご相談 〇〇先生 いつもお世話になっております。 鈴木〇〇です。 お忙しいところ、アドバイスのご返信をいただきありがとうございます。 〇〇の点につきまして、ご教授いただきましたとおり考察し直してみたいと存じます。 このたびは貴重なお時間をいただきありがとうございました。 今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。 (メール署名) まとめ 教授へのメールは、紹介したメールの書き方の構成とマナーやポイントに従って書くことで失礼のないメールを書くことができます。 これらは手紙の書き方のマナーやビジネスメールの書き方とも共通する基本の書き方です。 社会に出ても通用するスキルとして身につけておきましょう。

次の