集合 体 恐怖 症 テスト。 対人恐怖症度をセルフチェック!点数がわかる診断テスト | カウンセリングルームWILL大阪

トライポフォビア

集合 体 恐怖 症 テスト

簡単なチェックシートであなたの対人恐怖症度を点数化。 対人恐怖症専門のカウンセラーが作った無料の診断テストです。 お気軽にご利用ください。 診断項目は2010年の開業から現在に至るまで対応してきたをもとに作成したオリジナルのものです。 対人恐怖症の簡単チェック 対人恐怖症かどうかを簡単にチェックしたい場合は、以下の項目を参考にしてください。 初対面は大丈夫なのに二回目以降が苦手• 同年代の人と話すのが苦手• 2人きりなら話せるけど3人以上になると話せない• 沈黙ができるのを恐れる 対人恐怖症の人が苦手とする代表的な場面です。 すべて当てはまるのであれば対人恐怖症の可能性があると考えられます。 対人恐怖者が苦手とする場面として笠原 1977 は,「半見知り」,「同年輩」,「2人は良いが3人は不安」,「会話の間は魔」を挙げている。 また,視線恐怖では「電車」,「不特定多数の場面」も指摘されている 吉松,1983。 思春期・青年期におけるこのような場面は,中・高・大の学校場面とその登下校の場面に当たる。 中学生や高校生から抱えてきたそのような苦しみを,大学進学後学生相談の場を得て初めて語れるようになることは多い。 引用元: 中学、高校で悩み始めて相談に至るのが大学生くらいというのはたしかに多いですね。 高校までは没個性で何とかしのげても、大学では主体性を求められ、さらに就職という自己主張が必須の環境へ押し出される。 適応できる領域を超えてしまうことで相談したくないけどせざるを得ない状態になるのだと思っています。 自分が対人恐怖症かどうかをチェックすることの意義 人とのかかわりで悩んでいると何が原因なのか気になるのは当然です。 ただの人見知りなのか、対人恐怖症なのか。 それとも発達障害なのかHSPなのか、適応障害、うつ病、統合失調症等を疑う人もいます。 自分は今何が原因で悩んでいるのか? チェックしてみて対人恐怖症が原因だとわかれば、対人恐怖症を改善していくために動き出せばいい。 対人恐怖症じゃないとわかれば他に当てはまるものがないか探してみる。 対人恐怖症かどうかをチェックしてみることは、今の悩みを改善する第一歩になるのではと思っています。 対人恐怖症の度合いを改善の目安にするのは違う 過去にカウンセリングを受けながら定期的に対人恐怖症の度合いをチェックする人がいました。 自分が改善してきているかどうか気になるのはわかります。 ただ、「対人恐怖症が改善してきたかどうか」ばかりに焦点を当てているということは対人恐怖症にとらわれた状態のままということ。 間違いなく改善の妨げとなります。 対人恐怖症の改善するポイントは「いかに対人恐怖症から離れるか」です。 自分がやりたいことや自分にとって大切なことを考える比率が高まれば高まるほど対人恐怖症のことを考えなくなって改善していきます。 18才以下の方へ~診断チェックご利用の前に~ 診断チェックの点数について、18才以下の場合は高い点数が出やすい傾向にありますが、思春期(9~18才くらいの頃)には誰もが一時的に対人恐怖症の状態になる影響です。 思春期は、発達上どうしても自分の容姿のことを中心に「周り(特に異性)からどう見られているか」「どう思われているか」を考える時期なので対人恐怖症的な状態になってしまうのですが、 今後の成長の過程の中で改善していく可能性が高いですので過剰に心配される必要はありません。 ご安心ください。 ただ、思春期を過ぎてからも対人恐怖の状態が続くのであれば何かしらの対策は必要となってくる場合はあります。 学生さんなど18才以下の方からよくいただくご質問と回答を以下に掲載しますので、参考にしていただけると幸いです。 Q:対人恐怖症(対人恐怖症と思われる症状)で悩んでいることを両親に打ち明けたほうがいいでしょうか? A:ご両親が理解してくださるかどうかの判断は難しいですが、困ったときに助けてくれたり味方になってくれるタイプのご両親であれば、対人恐怖症であることを打ち明けた方が良いとは思います。 ただ、そういうタイプでないご両親に話した場合は疎まれたりして逆に関係が悪化してしまうケースもありますので、その点だけご注意ください。 もし打ち明けられるご両親であれば、口頭もしくは手紙、メールにて「本当はこういう症状で今まで悩んでいたけど迷惑になると思って告白できなかった」というような内容で伝えるのがいいでしょう。 Q:無料で相談できるところはないですか? A:対面、電話、SNSでの無料対応を以下の団体がおこなっています。 心の健康相談統一ダイヤルおよび健康保険福祉センターはお住まいの地域によって連絡先が異なりますのでリンク先でご確認ください。 (2019年7月更新)• Q:バイトは無理してでもやるべきでしょうか? A:できるならやったほうがいいですが無理してまでやるべきとは言えません。 何のためにやるかによって改善につながるか、悪化につながるかも変わります。 詳細はのページでご確認ください。 Q:病院に行った方がいいのでしょうか? A:不安や恐怖が強くて寝られないなど、生活に大きく支障をきたされている場合は行った方が良いと思います。 人によって効果が異なるため絶対とは言えませんが、薬を飲むことで不安や落ち込みが和らいだりして楽になるからです。 ただ、ことだけは知っておいてください。 Q:カウンセリングを受けることはできますか? A:受けていただくことは可能ですが、保護者の方にご了承いただいた上でのお申込みをお願いします。 また、お申し込みの際には必ず未成年であることを教えてください。

次の

閲覧注意?「集合体恐怖症」の診断画像で、鳥肌立つ人が続出

集合 体 恐怖 症 テスト

集合体恐怖症とは? マイケル・アランダ氏:個人的なことを聞いてもいいですか? 小さな穴がたくさん集まっている様子について、どう思いますか? 若いスイスチーズの様子はあなたをゾクゾクさせますか? ホットケーキを焼いている時に出てくる小さな空気穴はどうでしょう? または蜂の巣のなかとか、珊瑚の模様とか、蓮の種とかはどうでしょう? これらの写真を見て吐きそうになったりはしませんか? もしそうでしたら、あなたは「集合体恐怖症(Trypophobia)」かもしれません。 たくさんの穴の集合体に恐怖を感じる症状です。 恐怖症とは、繰り返し起こる、特定の物体や状況に対する、道理に反する恐怖で、原因はほとんどわかってはいません。 大まかに言ってしまえば、穴を怖がることはそんなにおかしなことではありません。 なぜならみんな、いろいろなおかしなことに怖れを抱いていますからね。 ある語源学者は30年近くにわたりさまざまな恐怖症の名前を集めてきました。 彼のリストには現在、何百ものおかしな恐怖症がリストになっており、そのなかには月に対する恐怖症、髭に対する恐怖症、うんちをすることに対する恐怖症、操り人形に対する恐怖症、数に対する恐怖症、野菜に対する恐怖症、自転車に対する恐怖症、美女に対する恐怖症、紫色に対する恐怖症など、なんでもありそうです。 しかし、「集合体恐怖症(Trypophobia)」はそのリストには含まれていないのです。 これは、推定15パーセントもの人が多少なりとも感じるとされているにもかかわらず、まだ正式な恐怖症として認められていないのです。 この言葉自体は2000年中期に、インターネットユーザーがランダムに穴のたくさん空いた物の画像を投稿し、小さな穴の集合体に対する嫌悪感を比べることにより突然出てきました。 その約10年後、「集合体恐怖症」はただネット上に奇妙に広がった言葉ととらえられてきました。 しかし最近になって、イギリスにあるエセックス大学の心理学者であるジォフ・コールとアーノルド・ウィルキンズがこの信憑性について研究することにしました。 有毒なものを避ける能力の名残か さまざまな心地よい画像と、人々が気持ち悪がるもののさまざまな画像を比べた後、もっとも不快な画像には共通の数学的構造があることに気がつきました。 すなわち、それらにはたくさんの小さな、はっきりと対比をなすディテール、つまり、縞、斑点、穴などの模様が隙間なく、パターンのようになっている様子が写っていました。 例えばこの蓮のさやの写真ですが、暗い穴と明るい表面のはっきりとしたコントラストが見られます。 そして穴と穴の間はそのディテールを強調するように均等に空いていて、それが連続して広がっているため、ある人たちはこれを見て吐きそうになってしまうのです。 ウィルキンズとコールは、そのような模様は、ブルーリングオクトパスや、さまざまな蜘蛛や蛇といった、有毒動物に見られると主張しています。 彼らは、そのような画像が潜在的な脳の部分を無意識に刺激して、ほかの脳の部位が「いや、それはただのスイスチーズだぞ」と停止をかける前に、「おい! 危険だぞ!」と警告を出しているのだと推測しています。 もしウィルキンズとコールが正しければ、集合体恐怖症は、初期の進化上役に立つ、「有毒動物を避ける」という適応の名残りであると言えるでしょう。 もう1つの仮説は、有機物に空いた穴は無意識に、自分の健康を損ないかねない、伝染性の病気や湿疹、吹き出物、傷、水疱などの皮膚病を連想させるため、穴への恐怖は病気を避けるために役に立った進化上の能力の名残りであるというものです。 わたしが興味深いと感じたのは、「集合体恐怖症」が、「情動伝染」とも呼ぶことができるかもしれないということです。 それは、人がそれに慣れてくるとさらに多くの人に伝染するという状態です。 つまり、もし私が1時間前にあなたに、小さい穴が沢山あるのを見てゾクゾクしませんかと聞いて、あなたは「一体なんの話をしているんだろう?」と思ったとしましょう。 しかし、今はそのことについて説明をされ、それらに関連した写真を見せられたので、私の話している意味がわかるでしょう。 すみませんね。 しかし、それでもある人たちは、あなたが「このたくさんの穴を見て!」というだけで吐いてしまうのです。 そのような人たちは明らかに元から嫌悪感を持っているタイプの人です。 今現在では「集合体恐怖症」は推測でしかありませんが、これをみている人たちのなかには食欲を失った人たちがいるのは確かでしょう。

次の

【医師監修】ハチの巣やブツブツが怖い!集合体恐怖症(トライポフォビア)とは

集合 体 恐怖 症 テスト

実はこの集合恐怖症というのは、まだ研究段階の恐怖症でもあります。 何故、人がこんなにも沢山の穴や密集したもの、沢山の斑点などに恐怖を感じるのかというのがハッキリと判明されていないのが現状なのです。 この、集合恐怖症というのは、実は病院に行ったとしてもその病名を病院の医師がつけてくれるわけではないのです。 何かほかに原因があるのではと判断されてしまうか、それが普通と言われてしまうかのどちらかなのです。 これにはきちんとした理由があり、恐怖というものは怖いという感情から恐怖症になる場合が多いのですが、集合恐怖症の場合は恐怖ではないのです。 嫌な気持ちになるというのが正しい感情なので、恐怖症とはいいがたいという研究がなされているのです。 ですので日本でも集合恐怖症とは言わずに、トライポフォビアと言う場合が多く、病気ではなく現象と捉えられているのです。 そもそも、この集合恐怖症というのは実は歴史がとても浅い恐怖症でもあるのです。 2009年にアメリカで、細かいものの密集したものや、穴が沢山集まっているものをみてゾッとした人がFacebookにあなたがたくさん集まっている写真を投稿したことが始まりでした。 この投稿を見た人の多くが、その写真に不快感を覚えたり、気持ち悪がったことからこういった恐怖症があるんだということが広まったとされているのです。 それを見た研究者が、もっとトライポフォビアについて研究しなければいけないと考えて、研究結果を発表したことにより多くの人がこういった恐怖症があると認識し始めたのです。 また日本でも同様に、芸能人が集団恐怖症であることを発表したことにより自分も密集したものや沢山の穴を見るとゾッとするといった声が挙げられて集団恐怖症は広まっていったといわれています。

次の