静岡 消火器。 消火器のリサイクル/沼津市

有限会社 御殿場消防機材|静岡県 御殿場市

静岡 消火器

イベント情報・店舗• イベント情報 チェーンソーメンテナンス 7月11日 土 ・18日 土 両日:午後2時 場所:DIY館 参加費:無料 日頃酷使して使用しているチェーンソー。 たまにはメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。 手入れをすることにより次回もスムーズに使うことができます。 ぜひこの機会にお立ち寄りください。 イベント情報 電動アシスト自転車試乗会 7月12日 日 ・19日 日 両日:午後2時 場所:自転車コーナー 参加費:無料 通常の自転車より快適に乗ることのできる電動アシスト自転車はいかがでしょうか。 今回も実際に試乗会を行います。 ぜひこの機会にお立ち寄りください。 イベント情報 網戸の張り替え実演 7月25日 土 ・26日 日 両日:午後2時 場所:生活館特設コーナー 参加費:無料 夏本番がくる前に網戸の張り替えをしませんか。 当店担当スタッフが判りやすくご説明します。

次の

消火器のリサイクル/沼津市

静岡 消火器

Contents• 消火器の処分はどこに頼む?• 消火器は不燃物で捨ててよいのだろうか?• 処分を依頼するならどこなのかご存知でしょうか? 依頼先についてご案内します。 まず、不用意にやってしまいそうですが、 消火器は不燃ごみで処分できない! 消火器リサイクル推進センターが指定する場所で処分が必要です。 は消火器処分に必要なシールの発行や販売などを行っています。 または、コールセンター「03-5829-6773」へお問い合わせください。 お近くの処分窓口が検索できます。 ということを覚えておきましょう。 間違っても悪徳業者に依頼しないように注意が必要です。 悪徳業者については後でご紹介します。 消火器引き取り窓口は全国に5,000件近くあります。 消火器メーカーや廃棄物処理業者などです。 どの業者であっても処分にはリサイクルシールが必要です。 消火器リサイクル推進センターゆうパック窓口:0120-822-306 消火器の処分費用が無料になる方法は? 消火器の処分費用は思った以上に費用が必要でした。 一方で 消化器の処分費用を無料にする方法もあります。 次の通りです。 消火器を販売しているホームセンターなどでの無料引き取りサービスを利用! あくまでサービスの一環なので行っていない販売店もあります。 その店で1本消火器を購入すると古い消火器1本を無料で引き取ってくれるサービスです。 新品用リサイクルシールが貼られていれば無料 2010年以降に製造された消火器は、新品用リサイクルシールが貼付されているはずです。 その場合には処分費用はいらない仕組みです。 ただし、処分費用について無料ということで発送など運送料を要する場合にはその分の費用は必要です。 簡易エアゾール(スプレー式)消火器は扱いが異なる 簡易エアゾール(スプレー式)消火器は、一般的なスプレーの廃棄方法と同じです。 ただし、消火器を使用していないと中身が残っていることがほとんどですので中身は新聞紙などに吸い込ませて、缶を空にして燃えないゴミ(または自治体の指示通り)として処分で来ます。 消火器の処分で悪徳業者にだまされる? 消火器の処分は滅多にないことなので、悪徳業者がつけこんで異常な金額を要求する詐欺事件が発生しています。 次のようなセリフに気をつけましょう。 点検です。 」と言います。 見せると「耐用期限が過ぎているので取り替えます。 費用は15,000円」と言われます。 消火器の点検なんて契約していない限りやっていません。 15,000円で交換だなんて購入した方がマシです。 サインをしてください。 」や「担当者にご連絡していました件…」などと言います。 受付の人が本社に連絡していることだと思い込みサインしてしまいます。 その書面には「交換料の請求が20万円」と書かれており、支払うことになりました。 実際に消火器の中身は交換しており使用できない訳ではありませんが、高額であり詐欺事件です。 このように家庭でも会社でも消化器に関する詐欺事件は絶えません。 今後も消火器が1家に1台が普及するとこのような詐欺も増えていくことでしょう。 だまされない為には、消火器についての訪問者は話を聞かずに帰ってもらいましょう。 まとめ 消火器を処分する費用は高くても「3,000円」程度でしたが、処分場所が全国に多数ある為、便利で安い場所を探すと良いですね。 うまくいけば無料で処分することもできることがわかりました。 消火器にまつわる詐欺事件は受付を業務とする方には覚えていてほしいし、家庭でもご主人や奥様の不在時に家族がだまされてしまわないように情報を共有しておきましょう。

次の

消火器のリサイクル/沼津市

静岡 消火器

消火器の使用期限について 近年、点検せずに長期間放置された古い消火器を操作または廃棄処理 しようとした際に 消火器が破裂し、けがをする事故が発生しています。 事故防止の安全対策として、 安全上の注意事項等の表示、 耐圧性能点検が法律で義務付けられました。 消火器の設計標準使用期限は製造年から 10年(住宅用消火器は5年)です。 今回の法改正について詳しくは下記資料をご参照ください。 さらに、廃棄の際には別途 リサイクルシールが必要な場合がございます。 (2010年以降に製造されたものに関しては、製造時にリサイクルシールが貼られているので別途購入の必要はありません。 ) 次のような消火器は 点検または廃棄・リサイクルをおすすめします。 耐用年数を過ぎている消火器• 錆びたり腐食している消火器• 大きなキズや変形した箇所がある消火器 消火器を点検・廃棄・リサイクルする際は、 消火器リサイクル推進センターの特定窓口である当社にご連絡下さい。 消火器の訪問点検にご注意を 全国各地で不適切な点検や高額請求の被害が多発しています。 点検を承諾する際は、必ず契約業者であるかを確認しましょう。 従業員の方々にも周知を徹底しましょう! お問い合せはお気軽にどうぞ 消防設備点検、 防火対象物点検、 防災設備工事などに関するお問い合せはお気軽に御殿場消防機材までどうぞ。

次の