スキル アップ を 図る。 スキルアップを図るための手段には何がある?必要なスキルとは

部下のスキルアップを一緒に設計する

スキル アップ を 図る

スキルに対して、キャリアは経歴や経験というイメージです。 スキルがあってこそのキャリア 例えば、資格を持っていても仕事で使わないとキャリアアップは図れません。 せっかく歌詞を覚えても歌が下手なのでカラオケで歌わないと、忘年会で歌うには、まだまだ自信が持てないというイメージです。 この時、歌詞を覚える、歌を上手くするという行為はスキルアップであり、カラオケで歌うことや忘年会で歌うことはキャリアアップとなります。 スキルアップはキャリアアップのための道具であり手段です。 キャリアアップのためにはスキルアップは欠かせません。 そして、スキルアップだけをしてもキャリアアップにはつながらないというわけです。 目的はキャリアアップ 目的はキャリアアップで、スキルアップではありません。 ですがどちらも重要です。 どの仕事もキャリアアップのためにはスキルをつけていかなければいけないからです。 スキルアップについては、専門知識である場合もあれば、仕事を遂行する上で知っておくべき基本スキルなど、スキルアップにも様々な要素があります。 面接では自分はどのスキルのことを言っているのか、キャリアアップを重視しているのかなど伝え方の工夫をしていきましょう。 スキルアップやキャリアアップを志望動機とする場合のコツ スキルアップやキャリアアップを転職理由として掲げると、積極性、チャレンジ精神、開拓精神、知的好奇心などがアピールできます。 ですが、スキルアップやキャリアアップを履歴書の志望動機に書いたり、面接で伝えたりする応募者は多いのです。 なので、ただ漠然とスキルアップがしたいと伝えたところで、自己PRとなるのかは疑問です。 未経験の場合は、スキルは保有していないところから始まりますので、スキルを身につけたいという意気込みだけでも十分アピールにつながります。 そうでない求人の場合は、仕事に必要なスキルを応募地点で保有しているのか、ある程度保有しているのかを考えましょう。 スキルを保有しているのか、これから身につけたいと思っているのかを伝えましょう。 ある程度、転職先の仕事に関するスキルを持っておられる場合は、転職先での仕事の実践によって、自分のスキルアップがより図れることをアピールしましょう。 この時企業としては、この人に任せられるかが不明です。 なので、応募者としてはスキルアップを図るための土台づくりをアピールしておくのがコツです。 例えば未経験OKのデザインの仕事やHP作成の求人があったとしましょう。 応募動機としてのアピール構成例です。 未経験可と書いていなくても、スキルの勉強をさせてくれる会社もあります。 その場合は、スキルを学び同時にキャリアを積みながら会社に貢献していきたいという風に伝えていきましょう。 具体的なことを述べられるか? 会社としては、この人は退職理由や志望動機がスキルアップやキャリアアップだと述べているが、実は他の理由だったのではないか、そう思われないようにしたいものです。 キャリアアップやスキルアップを掲げる時、いくつか補足しておかなければいけないこともあります。 応募した転職先でないといけなかった理由 他の会社でもよかったのではないかと思われてしまわないようにしましょう。 前職ではスキルアップ出来ない事情 スキルアップやキャリアアップについて、前職でなぜ実施出来なかったのかを具体的に伝える。 スキルアップで、会社にどんなメリットを与えられるのか スキルアップだけを掲げてしまいますと、この人はスキルアップが達成できたら、また他の企業へ転職してしまうのかと思われてしまいます。 なので、スキルアップをしたあとキャリアアップをし、結果、転職先の企業の利益にマッチさせることを伝えていきましょう。 そのためには、応募先の業務についての研究も必要になってきます。 前職に絡めて伝えること 転職動機としてのスキルアップやキャリアアップは突然思い立ったと思われないようにしましょう。 前職時代から転職応募先企業でのスキルアップ内容について、興味があった、実践したいと思っていたなど伝えることが必要です。 いくつか具体例をあげてみましょう。 マーケティング職の場合 前職はデパートでの売り子でした。 商品を販売している中で、商品がバイヤーによって選択され、その売れ行きはバイヤーによって変わることが分かりました。 また、売りさばいていた商品は、他のイベントやブースでも販売されていることを知り、商品が売れるのも売れないのもマーケティング力にかかっていることが分りました。 その後、自分は売り子をしながらマーケティングについての基礎知識を独学で学びました。 マーケティング職の募集をしていた転職先で、マーケティングで貢献したいと思います。 経理職の場合 前職は営業職でした。 営業は販売すればいいだけではなく、代金の回収についても知識を要しました。 その中で、売上げから回収までの領域で仕事をしていましたが、それにとどまることなく、会社全体の利益を把握する経理の仕事に興味を持ちました。 簿記の資格を取得したので、転職先で生かしたいです。 同業種の場合 例えば、経理から経理への転職の場合、会計事務所への転職は難しいとされています。 こんなスキルアップの理由はいかがでしょうか。 前職も経理でしたが、有価証券の専門部署にいたので財務の全体像に接する機会がありませんでした。 トータルで月次決算ができる転職先でスキルアップしたいです。 同業種から同業種へ転職の場合は、仕事の幅を広げたいという理由を述べるといいのではないでしょうか。 まずはキャリア構想そして必要なスキルの構築.

次の

スキルアップとは?人事担当が知っておくべき施策と効果

スキル アップ を 図る

ビジネスマンにとっての必要な3つのスキル 米国の経営学者でありハーバード大学教授のロバート・L・カッツ氏が提唱した、ビジネスマンにとって必要な3つのスキルがあります。 仕事を首尾よく進め、発展させていくうえで有益な理論として有名です。 その3つのスキルをそれぞれに高めるコツをみていきます。 【1】テクニカルスキル 商品知識や製造技術といった実務上のスキル。 担当する商品などにより必要なスキルが各人により異なりますが、下記の1~5の手順で技能を高めていくと良いでしょう。 (1)職務を全うするために必要なスキルを書き出す (2)そこに関わる専門用語などを明確にし、内容を完全に理解する(言葉が理解できていない、曖昧に理解している状態では正確な行動に結びつかない) (3)技術を習得し実践する (4)上達するために練習する (5)正確に技術を適用できているか、熟練者にチェックしてもらう 【2】ヒューマンスキル リーダーシップや交渉力、コミュニケーションなど対人関係を円滑にし、良好な関係を築くために必要なスキル。 ここでは、ヒューマンスキルの1つである「プレゼンテーション能力」を向上させるワンポイントをご紹介します。 プレゼンテーションとは、自分の伝えたいことを正確に相手に伝えることですが、「伝える」のではなく「伝わる(届く)」ことが大切です。 そのためには「自分」を伝えたい情報の発信源として位置づけ、「内容」をよく整理し、「相手」に応じた表現を選ぶことです。 簡単に実現する方法は、「私」を主語に話し始めてみてください。 ・私は重要だと思うので… ・私はこの件を推進したいので… とするだけで、相手の聞く姿勢が変わることでしょう。 【3】コンセプチュアルスキル 事業や組織の全体を概念的に把握して本質を捉える能力といわれ、マネジメントなどが主となる管理職に必要なスキル。 「自ら課題を探す能力」や「本質を見極める為に必要な情報を収集する能力」「選択した対処法の効果を予測・評価する能力」など様々な要素がありますが、ここでは、物事や仕組みを単純化し図に表す手法をご紹介します。 例えば「成長」にまつわる体験や出来事を思い浮かべ、「成長とは何か」を自分なりの言葉で表します。 次に「成長とはどういうものか」を図や絵に表し、最後に「成長を促すための行動習慣」を3つ挙げます。 この作業を行うことで、今後の自分がどう行動すべきかが具体的に表されます。 そして実際に行動を起こし、経験をさらにフィードバックすることが大切です。 タイムマネジメントがKEY スキルアップを図りたいと考えていても、多忙な業務に追われていてはその時間と精神的な余裕が持てません。 そこで、活用したいのがタイムマネジメント。 日々を管理することで、スキルを磨く時間を作ることが可能です。 ・今抱えている業務を書き出す。 頭の中のことをノートなどに書き出すことで、視覚化でき整理しやすくなる。 ・優先順位と納期などの期限を明確にし、1週間や1ヶ月という単位で計画を立てる。 ・To Doリストを作成し、各業務の所要時間を見積もり、日々のスケジュールを決める。 急な対応が入ったり、考えていたより時間を要したりすることがあるため、少し余裕を持って組んでおくと良い。 タイムマネジメントは単に日常の時間割りを決めることではなく、重要な事柄に対してどう時間を配分するかを試行錯誤する作業であるため、計画的に物事を進める能力などが高まります。

次の

スキルアップを図るための手段には何がある?必要なスキルとは

スキル アップ を 図る

「 スキルアップ」について 受付期間:2014年1月20日~2014年2月19日 今回のテーマは「スキルアップについて」。 これまで仕事のスキルを上げるためにやってきたことや、一番効率的だと感じたスキルアップ方法を聞きました。 その結果、なんと「スキルアップのために何かをしたことがある」と答えた人が83%。 ほとんどの人がスキル磨きをした経験があることがわかりました。 その理由として一番回答が多かったのは、「仕事の幅を広げるため」、次に「希望の仕事に就くため」がランクイン。 Q5でまとめている、「みんなが感じる効率的なスキルアップ方法」も要チェックです。 仕事の幅を広げるため 1つだけの職種にしか適性がないことに不安を感じたため、資格はあった方が良いと思っていました。 そんな時に働きながら会社で資格を取らせてもらえるとの事だったので、自分磨きにもつながると考えて勉強をしています。 (プクリンさん) せっかく限りある時間を使い仕事をするのだから、その中で自己を成長させながらいつも前に進めるように。 また、いつも今いる職場や立場より上を目指して生きていたいから。 (ブージマさん) ステップアップにはスキルを磨いていくことは必要不可欠だと思います。 仕事探しをしている中で、自分ができる事を増やさず好きな仕事を選ぶことは出来ないと感じたから。 (roseさん) 不動産業界にいた時に、もっと知識をつけたくて宅建を取得しようと思いました。 勉強したけれとだめだった。 でもいつか取得したいと思っています。 (わしおけんちゃん) 給与社保のお仕事を、より専門的にこなせるように、法改正は都度都度気にしています。 それから、将来社労士になるための勉強をしています。 (じんこふさん) 希望の職種が日々求めるスキルが高度なものとなり、同時に自分自身も向上しないといけないと考えたため。 (ちーちゃさん) お客様と直接接する仕事をしているため、資格の取得等はその名前が目に見えるものなので、お客様からの信頼度が変わってきます。 (みはるさん) 高卒で、これといって取柄も資格もないため、なんとなく働いていたのですが、介護という仕事を知り、もっと詳しいことを知りたいと思ったのが始まりです。 (あからニコニコさん) 最初派遣元への条件が社会保険と英語の出来る人と言う事でした。 会社訪問で、社保は何とかなりますが英語が出来る事が絶対条件なら採用は難しいのでは?と伝えましたが、それでも採用して下さったので、これを機に勉強を始めました。 (ゆっきーさん) 薬品会社で製造にいたので簿記やパソコンの資格をとり事務の仕事に就きたいと思っていた。 (ラプンツェルさん) 企業が求める人材は日々レベルが上がっていると思います。 それに乗り遅れないようアンテナを張って常にスキルアップを図る努力をしていきたいです。 (haenoさん) 仕与えられた仕事の内容をより深く知ることによって、自分が何を求められているのかが明確になりやりがいを感じる事が出来ると思ったから。 (yuutorihoさん) 希望の仕事に就くため 秘書になりたいと思っていた時期に実用秘書検定試験を受けて、準一級を取得しました。 転職活動の面接にとても役立ちました。 (イクミンさん) 旅行業界に就職したいと思い、就職活動中に資格を取得し、少しでも有利になればという理由で。 (たかぼんさん) 英語を使った仕事に就きたかったため、TOEICを受験した。 (さっきょんさん) 学生時代に学んだドイツ語をもう一度始めたくて、せっかくなら自信につながるよう学んだことを証明できるものが欲しいと思った。 (オグムさん) 前職を退職して、就職活動中に何社か面接を受けましたがExcel・Wordのスキルが少ない事で採用まで行けなかった為、スキルアップしたいと思いました。 (啓子ママさん) ブランクがあるので 資格があれば就職先が見つかる!と思い現在訓練校にて勉強中です! (フミさん) 独学でできることを増やした 英語力をキープアップしようと毎日英語圏以外の英語訳されたtvドラマと英語圏のtvドラマや映画を観ている。 日本語だけに浸らない工夫をしている。 (ブージマさん) 展示会等で同時に開催されている講演を頻繁に聴きにいっています。 自分の視野だけでは気がつけないことなどをより多くのことを経験している有名な方々の経験を聴くことで多くの気づきがあり、視野が広がります。 (みはるさん) 今のご時世、ほとんどの仕事でパソコンを利用するのでMOSの勉強をしています。 (ゴウさん) 自分で資格試験の本を買って勉強しました。 (りくさん) 通信教育を受けたり、資格の本を読んだりしました。 (Miyaさん) 翻訳スクールに通い始めました。 専門の知識が必要になってくるためIT関連の講座に参加したり、本を読んで勉強してます。 (Tichakoさん) ここ12年は医療業界で勤務していたため、クリニック内での勉強会に参加したり、同僚から色々学びました。 (イクミンさん) 自分の性格、得意分野を分析し、それに合った仕事を得るための勉強をした。 計画を立て、毎日勉強してから帰った (ezoma2さん) 時間を有効に使えるように、ポイントを抑えた教材や勉強の仕方など自分に合ったものを探した。 (yuutorihoさん) ネットで勉強方法を調べたり、職場の人に役立つ本を貸してもらったりした。 (イッノさん) 特定の内容に絞った講座および研修に参加した。 また、インターネットを通して多くの記事を読みました。 (こじろうさん) 3日間の研修を受講濃く大変な内容に発熱する人まで出るほどだったが、最終日はやり遂げて感動! (nico6002さん) 派遣会社の講座に参加した 派遣会社によっては無料でサポートしてくれるので大変助かっています。 現在休職中ですが自宅でもWeb講座を利用しています。 (あかねママさん) パソコン情報誌や、操作方法についての書籍を読み、また派遣登録の際にスキルチェックを受け、不明点を自宅で復習して理解を高めようとしました。 (ちーちゃさん) 派遣元で開催しているセミナー(自宅のパソコンで受講できるタイ)を積極的に受講しています。 (あからニコニコさん) 英会話学校に通っています。 その他に派遣元の語学教室にも参加しています。 (ゆっきーさん) 派遣会社の無料のパソコン入力やエクセルのセミナーに参加しましたね。 (たぁさん) 派遣会社の講座案内等こまめにチェックしている。 (haenoさん) 仕事の幅が広がった 資格を取得して希望の職に就くことは出来ませんでしたが、資格は自分自身に自信を与えてくれました。 もっと勉強をしてスキルアップをし、希望の職に就けるよう頑張りたいと思っております。 (がんばるぞ!!さん) 実際に、突然、仕事をふられたので、少しは役に立ちました。 また今後、事務の仕事に応募する際の自信につながると思います。 (ももさん) まだ途中ですが、仕事探しの幅が広がったと思います。 (Tichakoさん) 上司からこんな仕事をして欲しいという依頼に、即座に応えて居なくてはならない人になったことです。 (どりさん) 今までの担当にプラスして、仕事を任されるようになった。 (takumiさん) 翻訳スクールに通い始めました。 専門の知識が必要になってくるためIT関連の講座に参加したり、本を読んで勉強してます。 (Tichakoさん) 仕事への理解が深まり、やりがいや面白さを感じるようになった (はなちゃんさん) 仕事の幅が大幅に変わり、やりがいのある仕事を任せられるようになりました。 (ひまるさん) 資格取得するまでは出来なかった作業が出来る様になり現場の人と親密になれた (M12さん) 仕事の効率が上がった 機械的にやっていた経理の仕事の意味が理解できるようになり、仕事が白くなった。 (みんさん) 今まで基礎を知らずに仕事をしていたので基礎がわかりました! (フミさん) 仕事に対する意識が変わり、無駄が省けて効率が上がった。 何のためにこの仕事をしているのか、意味を考えて仕事ができるようになりました。 (イクミンさん) 単調に仕事をこなす日々だったのが、より理解出来た事で効率的に仕事をこなす事を考え改善する事が出来た。 (yuutorihoさん) まだ勉強中なので効果は出ていませんが、確実に仕事の効率は上がると思っています。 (あからニコニコさん) 仕事中のパソコン操作がスムーズになり、業務がはかどるように。 (マカロンさん) スクールや専門学校などの学校に入った 取りたい資格試験のための集中講座に参加したこと。 (きんかんさん) 資格を取得するため講座などにも参加しましたが、私には通信講座が役立ちました。 自分のペースで納得するまで何度も何度も同じ個所を勉強することが出来たので。 (がんばるぞ!!さん) LAOXなどの1日セミナー(WordやExcelの講座)への参加 (スーニーさん) 独学では辛い部分もあったので、何かしら講座を受けた方が効率が良いと感じました。 (nokoさん) 公的な機関を選んだため、比較的割安な価格で受講できた。 (スージーさん) 自分にあった学習方法を知ること。 それにあうスクールを見つけるとこ。 (ぴんぐまさん) ビジネスマナー講座 接客に必要な笑顔マスター研修や、資格を取る為の講座に参加した。 (ペキさん) 電話応対のセミナー、エクセルの中級セミナー。 導入時のビジネス研修を受けました。 (Miyaさん) 電話応対、敬語、挨拶の仕方などを教えてもらいました。 相手に優しい心遣いを与えるように話すという点がとても参考になりました。 (どりさん) ビジネスマナー、挨拶や言葉使いについて。 Excelのe-learningで関数などの学習。 (ハナさん) 就職支援事業で、ビジネスマナー、コミュニケーションスキルアップなどを座学、実技で学ぶ。 (マカロンさん) 基本的なビジネスマナーの講座、OAスキルアップ講座、電話応対講座は実践でも役に立ちました! (みやさん).

次の