宇 随 天元 かっこいい。 【鬼滅の刃】かっこいい宇髄天元には嫁が3人?名言や強さをご紹介!【鬼滅の刃】

宇随天元がかっこいいですね!嫁や弟や継子も調べてみました!【鬼滅の刃(きめつのやいば)】

宇 随 天元 かっこいい

ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ 関連記事.

次の

鬼滅の刃で『宇髄天元』が話題に!

宇 随 天元 かっこいい

鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 宇随天元は独自で生み出した 戦闘計算式「譜面」を用いて戦闘を行います。 聴覚と指揮官能力を統合した戦闘計算式になります。 それは、 鬼が行動した動きをしっかり見て覚えていくことによって、その鬼特有の動作の律動を読んで、音に変換する事で攻撃・防御面においての癖を正確に把握し、唄に合いの手を入れるが如くに、自小隊(中隊)の反撃を織り込んでいきます。 これは、鬼殺隊の攻防両面において底上げしていくことが可能なため、格上の鬼が相手であっても勝機を見出すことが出来るのでとても有効な能力です。 ただ、相手の一連の動きを見た上で、その情報から計算式を作っていくので、律動の把握にある程度の時間がかかるのが難点です。 イケメン宇随天元は毒に強い?【鬼滅の刃】 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 は、そもそも元・忍者だったので様々な特殊技能を有しています。 鬼との戦闘においては、薬物の知識もあるので自身で調合した毒薬や爆薬を用いることもあります。 また長年の毒での自身の体を使った人体実験のような訓練によって、 自身の薬物耐性も他の鬼殺隊隊士より遥かに優っています。 なので耐性があるということで少々の毒は効きません。 妓夫太郎の血鎌の猛毒も当面は平気っぽく見えました。 しかし実は効いていたのです。 その時宇随天元は 「余裕で勝つわ ボケ雑魚がァ!! 毒回ってるくらいの足枷あってトントンなんだよ 人間様を舐めるんじゃねぇ!!」 本当に宇随天元は、ピンチであってもたちが心配しないよう配慮します。 性格までイケメンなんですね!! 「譜面」が完成した!!! 勝ちに行くぞォォ!!! 妓夫太郎との戦いの終盤になって、やっと宇随天元の『譜面』が完成しました。 戦闘計算式はなかなか解けませんから、時間がかかるんですね。 ちなみに妓夫太郎から受けた毒は、戦闘後にが血鬼術で焼いてくれました。 イケメン宇随天元の音を聞き分ける優れた聴覚と攻撃手法は?【鬼滅の刃】 宇随天元の優れた聴覚は小さな音も聞き逃しません。 また戦闘時には、鬼の位置特定や逃げ遅れた人の有無を音で確認しています。 宇随天元は、音の反響音を聞いただけで上階の構造や人間や物体の立体配置を正確に把握することが出来るそうです。 聴覚が優れているため、戦闘のみならず諜報活動にも活用出来優れた攻撃手法を繰り広げます。 具体的には、優れた聴覚で聞き取った音を分析し、一気に著しく増強させた心肺に一度に大量の酸素を血中に取り込み瞬間的に身体能力を大幅に上昇させます。 そして、鬼と互角かそれ以上の剣戟を繰り出す『全集中の呼吸』を駆使して鬼の頚を狩ります。 宇随天元は、育手(そだて)を介した正式な修行を受けていません。 なので、五大基本流派の一つである『雷の呼吸』を自身のスタイルに合わせて、 試行錯誤の末、アレンジしていきました。 更に鬼の体にダメージを与える特殊な 爆薬丸を作りそれを併用する事で、攻撃力を増強させて鬼と対峙していきました。 イケメン宇随天元は嫁たちの命を最優先する優しい男!?【鬼滅の刃】 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 宇随天元には3人のお嫁さんがいます。 元くのいちのお嫁さんのの3人は潜入調査として遊郭に入るほど宇随天元に協力しています。 嫁の命を第一に、そして次に人々の命を優先する宇随天元。 3人のお嫁さんには、任務遂行よりもまず自分の命を優先するよう伝えていました。 「自分の命のことだけ考えろ 他の何を置いても まず俺の所へ戻れ 任務遂行より命 こんな生業で言っていること ちぐはぐになるが 問題ない俺が許す 俺は派手にハッキリと 命の順序を決めている まずお前ら三人 次に堅気の人間たち そして俺だ 鬼殺隊である以上 当然のほほんと 地味に生きている 一般人も守るが 派手にぶっちゃけると 俺 お前らのが大事 だから死ぬなよ」 宇随天元は心優しいイケメンなのですね。 イケメン宇随天元が音柱から引退?【鬼滅の刃】 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 音柱として活躍してきたですが、 上弦の陸との死闘の際、左目と左手を失います。 それで、の役目は果たせないと判断した彼は引退を決断します。 柱を引退した宇随天元ですが、引退後も鬼殺隊には所属しています。 そして元柱として隊士たちの基礎体力向上のため訓練を行なっています。 に代わって鬼殺隊の当主になった産屋敷輝利哉(うぶやしき・きりや)8歳の護衛もしています。 【鬼滅の刃】は無料で読める?漫画村の星のロミってどんな人物? 入国管理局は、著作権法違反で日本当局から指名手配された日系ドイツ人逃亡者を逮捕しました。 星のロミさんは、日本の漫画の違法視聴サイト「」の支配人だったと伝えられています。 今現在、巷では漫画村の疑似サイトが発見されています。 データ削除は勿論のこと、ウィルス除去の架空請求も多数来ることもあります。 数年前よりも現在はしっかりとウィルスが仕込まれている状態です。 【鬼滅の刃】はzip、rar、pdfなら違法ではなく読める? zip,rar,pdfをダウンロードして、圧縮ファイルを解凍した瞬間にスマホやパソコンがウイルスに感染するケースが最近すごく増えています。 とくにスマホはパソコンよりもウイルスに対する防衛意識が全体的に低いせいで結構被害者は多いんです。 今回は大丈夫だったとしてもこれまで、たまたま大丈夫だっただけです。 【鬼滅の刃】を簡単・安心・安全に読む方法は? 鬼滅の刃を 書店で買わずに簡単に安心安全に読みたいところです。 そこで、私がしている簡単・安心・安全・お得に漫画を見る方法をお伝えします。 以前はでタダで読めましたよね。 でも 今は漫画村もだめ、zipやrar、pdfは危険で使えない…… ではもう簡単に読むことなんて出来ないの?って思いますよね^^; それが大丈夫なんです!! 鬼滅の刃を、 怪しげな違法サイトからではなく完全に合法でリスクもなく安心して読む方法があったんです。 それをこれからご紹介しますね!!.

次の

「鬼滅の刃」天元さんマジで死にそうになっててヤバイ・・・・【ジャンプ感想】

宇 随 天元 かっこいい

わかってる分かってるとも。 」 うちの大事な弟を、後輩を、なぶったんだ。 楽に死なせはしない。 [newpage] 自分は今、どんな表情をしているだろうか。 某刀剣ゲームのロイヤルさんのお言葉を借りるならば『自分ではよくわからんのです。 今自分が、どんな顔をしているのか』という感じだろう。 「お兄ちゃん!!!」 「お前の相手は俺のはずだが?!」 どうやら煉獄は上手いこと戦ってるらしい。 「お前、お前!陰の呼吸の使い手だな!」 「あぁ、そうだ。 」 この様子を見るに陰の呼吸の使い手を消す命令でも出されていたのだろう。 「だけど今は関係ないだろ。 だけどまだだ。 天元が、天元の嫁たちが、我妻が、竈門が、嘴平が痛みや苦しみは、これっぽちじゃないだろ。 「なっ?!げほっ!!」 「天矢さん!!!!」 「兄貴!!!」 どうやら攻撃されていたようだった。 竈門と天元が追撃に走る。 「ところがなァ、関係なくはないんだ。 」 容赦なく落ちてくる鎌をスレスレでよける。 「天矢さん!それには毒が!!!」 あぁ、なるほど。 だからさっきピリッとしたわけか。 「残念だが俺には毒が効かねぇんだわ。 」 鬼は俺に集中しすぎたのか後ろの天元には気づいておらずバッサリ切られる。 が、頸はまだ切られていない。 「派手好きなお前にしてはよく忍んだな。 さすがだ。 」 「もうこんな地味な戦い方はしたくねぇな。 」 鬼は修復に入っているため容赦なく攻撃を仕掛ける。 「天元、サポートに入る。 頸をとれ。 」 「!あぁ。 」 意外と音の呼吸との相性は悪くない。 次々と技を繰り出す。 [newpage] 鬼の頸が音を立てて落ちる。 どうやらあっちも頸をとれたようだった。 「あぁ、生きてるな。 」 戦った後、必ず自分の心臓が動いているか確かめる。 実は忍の頃からずっとやっている。 コワセ ひゅっと呼吸が浅くなる。 まただ。 また、始まった。 最近はいつもそうだ。 こうやって終わった後にいつもこういった幻聴が聞こえる。 聞こえるときは決まっていっつも自分が無意識になりかけてるときやなってる時だ。 しのぶちゃんに言って薬は処方してもらっているけれどいまいちなのだ。 コワセ、コワセコワセコワセコワセコワセ あぁ、あぁうるさいうるさいうるさいうるさい!!!! 思わず頭を抱え込んでしゃがむ。 「兄貴?!」 天元が心配してくる。 だけど 「近づくな!!!」 今日は長時間戦ったせいかいつもよりひどい。 下手すると誰かを事実上、壊しかねない。 あぁ、ごめんな、天元。 お前にそんな顔してほしいわけじゃないんだよ。 その時ふわりと頭から何かをかけられる。 「天矢、落ち着け。 」 そのかけられたものは煉獄の羽織だった。 やっぱこいつには迷惑かけたばっかりだ。 「もう、コワスものはない。 鬼も切った。 落ち着け。 」 ゆっくりゆっくりそういわれ、だんだんと落ち着いてくる。 「・・・・すまない。 杏寿郎。 」 そういって俺は意識を失った。 [newpage] 煉獄side 上弦の鬼を倒し終わり、向こう側と合流する。 その時目に入ったのは何かをぼそぼそと話す天矢だった。 おかしい。 また、薄気味悪さを感じる。 あの時と同じだ。 天矢であって天矢でないような感じ。 「うるさいうるさいうるさい・・・」 口はそう動いているように見えた。 少し、危ないのかもしれない。 一度天矢に言われたときがある。 「なぁ、杏寿郎。 」 「む?どうした?」 「俺さ、ごくまれに幻聴が聞こえるんだわ。 」 「なんと!!」 「戦闘終わった後にいっつも聞こえるんだよ。 『コワセ』とか『コロセ』とか。 」 「・・・・・」 「だからさ、杏寿郎。 あの時はつい怒鳴ってしまった。 そんな言葉に飲まれる人間か、と。 そういうと天矢はどことなくうれしそうな雰囲気を出してたのを覚えている。 近づいて自分の羽織を上にかける。 「天矢、落ち着け。 」 天矢はうつろな目でこちらを見上げる。 「もう、コワスものはない。 鬼も切った。 落ち着け。 」 ゆっくり、幼い子に言い聞かせるように言う。 そうすると段々と天矢は正気を戻してきたのか目に光が宿る。 「・・・・すまない。 杏寿郎。 」 そういった後天矢は気を失った。 途中で起きたりしたら危なさそうなので俺がおぶることにした。 「なぁ、煉獄・・・今のって・・・。 」 宇随の顔はどこか蒼い。 たぶん兄に拒絶されたからだろう。 「安心しろ!宇随!!天矢はちゃんと宇随のことが大好きだぞ!」 「は・・・」 「一日一時間は兄弟たちの癒し話をするくらいに兄弟が大好きなやつだ!」 「だけど拒絶され・・・」 「それはそれなりの理由があった!!天矢が目を覚ましたら聞くと言い!」 自分が言うのではなく天矢の口から離したほうがいいと思い、そういう。 「そ、うか。 」 「そうだ!!」 早く蝶屋敷に行かねばと思い、走って向かった。 [newpage] 目が覚めたら蝶屋敷にいた。 え?意味が分からない?? 安心してくれ。 俺もわからない。 そして体中がばっきばっきにいたい!!! え?え?何事??? 一人で困惑してると入り口付近の方でかしゃんと何かを落とす音がする。 「へ・・・」 そちらに目を向けるとカナエさんがたってた。 「ど、どうも・・・?」 「て、天矢君が目をさましたぁぁ!!しのぶ!!しのぶぅぅ!!!」 「・・・・え?」 そのあとしのぶちゃんがきて説明してくれました。 どうやら1週間ほど眠ったままだったそうです。 「え、まじ?」 「まじです。 」 「ちょ?!しのぶちゃん?!痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!なんかデジャヴを感じる!!!」 しのぶちゃんから思いっきり包帯を縛られた。 痛いです。 「・・・それで、幻聴の方はどうですか?」 「あぁ、あ、あはは・・・」 「笑いでごまかさないでください。 あと、真顔で笑っても気味悪いだけです。 」 「デスヨネェ・・・」 ズバリと言われてちょっと胸が痛い。 精神年齢はだいぶ年食ったおっさんだぞ? 「まぁ、たぶん精神的なもんなんだよなぁ。 」 だから薬でどうこうできる問題ではない。 分かってる。 多分最近精神的に来るもん多かったからなぁ。 煉獄死にかけたり、師匠死んだり、天元死にかけたり・・・ 俺ってこんなメンタル弱かったっけ? 「はぁ・・・」 うわぁお。 しのぶちゃんからクソデカため息貰いました!!! 「何かあったらちゃんと吐き出してください。 天矢さんも人間なんですから。 」 そういわれて確かに自分は人間だなって改めて自覚する。 腹減るし眠たいと寝たいと思うし、寂しいと思うと悲しくなる。 感情を持ってるし、考えも持ってる。 「・・・・俺は、道具じゃない。 」 手を開いて閉じてを何回かやる。 その時また扉が開く音がした。 そちらに目を向けると天元がたってた。 その様子がどことなく猫に似ていてほわほわする。 「天元、何か食いたいのあるか?いろんな人が見舞い品置いてってくれたみたいなんだ。 」 そんな当たり障りないことを一人で話す。 なんか、俺、イタイ奴みたいじゃん・・・・。 そんなことを思っていると天元が口を開いてくれた。 「その・・・ごめん。 」 「え?」 「・・・・いろいろ、勘違いしてた。 」 あぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!!!!!! うちの弟がかわいいんじゃぁぁぁぁぁ!!! あ、うちの弟は天使だったのか。 「いいんだ。 俺、前々気にしてないからね。 」 そういって頭を撫でると嬉しそうだった。 え?めっさかわいい・・・・。 実はお見舞いに来てたかまぼこ隊がこの様子を見て恐々としていたなど、ベッドの上にいる俺は気づくはずがない。 [newpage] なんか、戦闘シーンって難しいっすね・・・。 ちょっとあれ?ってとこは気にしないでください・・・。 天矢君! ほんといろいろヤバかった。 幻聴については後程書くつもり・・・。 なんだ。 なんだ。 やっぱ作者はシリアスダメです!!シリアルの方で行かないと!!!! 今回弟を甘やかしまくる。 ついでにかまぼこ隊もちゃっかり混ざる。 お兄ちゃん度がカンスト済み。 煉獄さん 天矢君のよき理解者 冷静な判断で事なきを得た。 宇随さん 最初拒絶されて真っ白になりかけたけどお見舞い言ったら頭撫でられたし、いろいろ話せたしでうれしい。 あのことは頭からすっかり抜け落ちてる。 聞こうと思っていくも毎回毎回忘れてしまう。 かまぼこ隊 あの時なんかいつもの天矢さんじゃない・・・。 って恐々となった。 お見舞いに行ったときいつもの天矢君に戻っててよかったぁとなる。 竈門君曰く「あの時天矢さんから二人分の匂いがした。 」 とのこと。 どういうことなんでしょうねぇ?! 作者は考えることを放棄した。

次の