スウィート メモリーズ 歌詞。 作品歌詞:スウィートメモリー / 作詞 条峙 / うたまっぷ自作歌詞投稿

SWEET MEMORIES 松田聖子 歌詞情報

スウィート メモリーズ 歌詞

「 SWEET MEMORIES」はこの項目へされています。 Kiss Destination の楽曲については「」をご覧ください。 ・金賞( 1)・編曲賞( 2)• 第14回・最優秀放送音楽賞• 第12回・最優秀歌唱賞• '83 ゴールデングランプリ チャート最高順位• 週間1位 ()• 1983年8月度月間1位 (オリコン)• 1983年9月度月間6位 (オリコン)• 1983年10月・11月度月間3位 (オリコン)• 1983年12月度月間5位 (オリコン)• 1983年度年間7位 (オリコン)• 1984年度年間84位 (オリコン)• 1位 (・ 1)• 1983年度年間13位 (ザ・ベストテン・ 1)• 8位 (・ 2)• 1983年度年間63位 (ザ・ベストテン・ 2)• 1位 (・ 1)• 解説 [ ]• 品番:07SH 1366(レコード)• には8cmとして、には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCD(ジャケットは差し替え前のもの)として再びリリースされている。 収録曲 [ ]• ガラスの林檎(3:57) (作詞:/作曲:/編曲:細野晴臣・) 作曲担当の細野は制作に当たり、ディレクターからの「」のような曲を作って欲しいと依頼された。 作詞担当の松本は、前年に聖子に提供した楽曲『』『』とあわせて、「たまたま、ある種宗教的な世界、シュプリーム(至上)のもの(がテーマだった)」「花園とか天国とか林檎とか…そういうものは、性的であって、同時に聖なるものだと思う」と語っている。 松本と細野の共作の場合、通常は松本のであったが、本曲においては細野が、化を防ぐためで作ろうと提案していた。 しかしいざ作り始めると作業が行き詰まったため、結局、松本がスタジオの廊下にあるソファーの上で、急遽、詞を書き上げたという逸話を後に語っている。 当年の『』披露曲。 SWEET MEMORIES(4:35) (作詞:松本隆/作曲・編曲:大村雅朗) 大村は聖子の楽曲のアレンジを多く担当しており、アルバム曲の書下ろしは担当していたが、シングル曲は初めての担当となった。 イントロはがで創ったものである。 松武によると、「口では表現できない、雪がシャーっという感じで、聴いてて気持ちいい音にしてくれ」と依頼され、「逆回転の音みたいなヒヤっとする冬」をイメージしたイントロを創作したとのことである(FBS開局50周年記念特番「風の譜」~福岡が生んだ伝説の編曲家大村雅朗)。 2番の前半部分は聖子の楽曲で初めての英語詞であった。 聖子は最初に楽曲を受け取った時、「こんな大人っぽい歌を私が歌うんですか」と驚いたという。 なお、本曲の全編英語詞のバージョンも存在する。 松本は後年、「聖子さんの歌を作る時は、その時点の彼女のキャパ(力量)の2-3歩先を行く歌を作る。 ほとんどの歌い手はそれに対応できないが、彼女は見事に付いてくる。 そして、『SWEET MEMORIES』に関しては10歩くらい先を行っており、作曲のと『今回は付いて来られないかな? 難しすぎたかな? 』とも話したが、彼女は見事に歌い上げた」と賞賛した。 発売当初からファンの間では名曲と評価が高かったが、のになったことで評判となり(後述)、急遽両A面として再発売するに至った。 最終的には、当初B面であったにも関わらず非常に人気の高い曲となった。 聖子自身も好きな曲として挙げる事が多く、コンサートやディナーショーのセットリストに組まれる事の多い一曲である。 また、の定番として数多くのアーティストがカバーを行っている。 1999年、『』披露曲。 2020年、「ごはんバーガー」CM曲に起用。 特記事項 [ ] 「SWEET MEMORIES」のタイアップとなったCMは全編であり、登場人物が全て()のキャラクターになっており、で女性歌手が本曲を歌い、それを聴いた客が感動して涙するというものであった。 放送当初は歌手名のが表記されていなかったため 、歌っている歌手は誰なのかと話題になった。 しかし当初はレコードを買っていたファン以外は歌手が聖子だということがわからず、レコード会社2社から「歌っている新人歌手を自社で使いたい」と引き合いの電話が来たという。 聖子の母親すらも、聖子本人から知らされるまで気づかなかった。 この経緯から、聖子の歌唱力を世間に認知させる契機になった、と評される 名曲である。 本作は「ガラスの林檎」としてリリースされて3週間目でオリコンシングルチャートの1位を獲得(1983年8月15日付)した後、一旦ベスト10外まで順位を下げるが、B面の「SWEET MEMORIES」への反響で再びじわじわと順位を上げていった。 として新しいジャケットのものが発売され(83年10月20日発売。 なお、オリコンシングルチャートでは9月26日付から両A面表記になっている)、10月31日付の同チャートで11週ぶりに1位に返り咲いた。 さらに、翌11月7日付では自作「」が1位に入り、本作とあわせてシングルチャートの1位と2位を独占、9週間にわたり同時にベスト10入りしていた。 最終的に本作は1位は合計2週、ベスト10以内は「ガラスの林檎」として8週、両A面で10週であった。 レコード総売り上げはオリコンの集計で85万枚を超え、聖子のシングルとしてはの「」に次ぐセールスを記録している。 の発表ではとなっている。 なお、タイアップのCM自体も大きな話題となり、ペンギンのキャラクターも人気を呼んだためシリーズ化され、後に『』が製作された。 からオンエアされたサントリーの「 ホットシルキーブラック」のCM「ペンギン回想編」では、聖子自らが実写で出演し、かつてのペンギンアニメのCMを回想させる内容となっている。 カバー [ ] ガラスの林檎• (1991年、アルバム『ROMANTIQUE』収録)• (2009年、アルバム『the covers of my color』収録)• (2010年、アルバム『ライブ・アット・ラカーニャ秋』収録)• (2012年、アルバム『fo:rest』収録)• (2015年、アルバム『世界は愛を求めてる。 What The World Needs Now Is Love 〜野宮真貴、渋谷系を歌う。 〜』収録) SWEET MEMORIES• (1984年、アルバム『美しき女(ひと) LOVE FROM TOKYO』収録)• (1986年、アルバム『CHARMING』収録)• (1989年、アルバム『紗』収録)• (1991年、アルバム『ROMANTIQUE』収録)• (1991年、アルバム『SWEET MEMORIES』収録)• と昆虫採集(1991年、ライブアルバム『うたの引力実験室』収録)• (1999年、アルバム『桂銀淑全曲集'99 〜プリーズ…〜』等収録)• (2000年、アルバム『Soulscape』収録)• (2000年、アルバム『パリのカフェから』収録)• (2002年、アルバム『Touch Me Lightly』収録)• (2003年、シングル)• (2005年、アルバム『わたしが一番きれいだったとき』収録)• (2005年、アルバム『candy lovely music!! 〜胸のボタンがはじけて〜』収録)• feat. (2005年、アルバム『Duets』収録)• (2006年、アルバム『A Girl Meets Bossanova 2』収録)• 1』収録)• (2007年、オリジナルアルバム『OUT OF BORDER』にて同曲をジャズテイストにアレンジしカバー。 (2007年、アルバム『STANDARDS2』収録)• (2007年10月31日発売の『』収録)• (2008年、ライブビデオ「」)• (2008年、アルバム『COVER GIRL2』収録)• Donna Fiore(2008年、アルバム『fiore』収録)• (2008年、アルバム『Season's greetings〜春』収録)• (2009年、映画『KIKOE』監督:岩井主税、収録)• (2010年、アルバム『』収録)• (2010年、アルバム『My Favorite』収録)• (「」のでカバー。 としてCDが製作されたが、2007年現在商品化されていない。 (2012年、アルバム『桜富士山』収録 )• 2015年、アルバム『』収録• &イエロートレイン(2015年、トリビュートカバーアルバム『』収録)• (2016年、アルバム『』収録 )• (2016年、カバーアルバム『』に収録 )• (2016年、カバーアルバム『恋愛小説2〜若葉のころ』(2016年5月11日発売)に収録 )• 2018年、アルバム『HOMEMADE』に収録、ユニット名 wai-wai family 関連作品 [ ]• ガラスの林檎• オリジナルアルバム未収録• SWEET MEMORIES• オリジナルアルバム未収録• (松本隆作詞活動30周年記念CDBOX)• SWEET MEMORIES Cinema Version• オリジナル・サウンドトラック『』• SWEET MEMORIES New Version• CD選書インフォメーションCD『mydoカードの正しい使い方ご案内CD』(にのでプロモーション用に配布されたCD)• SWEET MEMORIES English New Version• SWEET MEMORIES ~甘い記憶~• 脚注 [ ] []• 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 2018年7月15日閲覧。 , p. 224. , pp. 231-232. , p. 232. 加藤みのり「あの日に帰る名曲物語 1983年」『』第50巻第11号(3月22日号)、、2012年3月、 131頁、。 , pp. 232-233. 聖子が当時所属していた側の意向か側の意向かは諸説ある。 『人気づくりの法則』( 1988年4月23日)• , p. 233. ・編『昭和60年感覚 このビジネス・チャンスをのがすな』(カッパ・ビジネス)、1985年、202-203頁。 CINRA. NET 2012年6月8日. 2020年1月18日閲覧。 2015年5月4日. 2015年5月26日閲覧。 音楽ナタリー 2015年12月7日. 2015年12月7日閲覧。 音楽ナタリー 2016年1月5日. 2016年1月5日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年4月4日. 2016年7月5日閲覧。 参考文献 [ ]• 『松田聖子と中森明菜 1980年代の革命』〈〉、2014年12月30日。

次の

SWEET MEMORIES 松田聖子 歌詞情報

スウィート メモリーズ 歌詞

松田聖子のsweet memories の英語バージョンを日本語にしてみました。 添削をお願いできたらと思います。 ------------------------------------------- 痛みなのね 思い出たちを呼び覚ます みんな消えてしまったと思っていたのに でも違ったのね 時はあなたの夢を全部閉じ込めていた 戻れないわ 夢が終わるまでは 幸せかって訊かないでね 変な駆け引きはやめて いつも傷ついてしまうから 嘘はつけないのよ 寂しさに耐え切れないわ 誰もあなたの代わりにはなれないから すべての思い出を 夢見るように失って 雨のあとには 夢のような虹が見える 一晩中あなたの やさしさで満たされていた私 そして今は 甘い思い出だけが残っているの キスはやめて もう一緒にはいられない だからもう苦しめないで もう傷つけないで いくつの夜を過ごしただろう あなたを思い あなたの温もりに触れたくて あんなに愛し合った日々 若かったのね 愛の意味も分からず 愛の意味も考えず ほかの人と同じように傷つけられて 若すぎたの虹を待つには すべては雨に色褪せて 今はもう全部甘い記憶だけなの ------------------------------------------- 曲に合わせて訳してないので、歌うのは厳しそうです。 意味が取れてないところがあり、ごまかしてます。 大変参考にもなり、楽しく読ませていただきました。 遊びというか楽しみで訳しただけなので、 色々ダメ出ししていただいたほうが助かります。 なるほどそうなのかと思えるところが多かったです。 「雨」と「虹」の比喩の解釈とか。 また「dreamer」のところは逆に訳しちゃってましたね。 なるほど、「夢から覚めるように失った」 の方が自然ですね。 「男たち」というのは唐突な気がします。 have a holdで「支配する」という意味があるのですね。 とすると、その部分は、 「時間はあなたの夢(あなたへの憧れ)のすべてを支配していると思う」 つまり、あなたへの思い出を忘れていたと思っていたのに、 (私ではなく)時間が思い出たちをとどめており(支配しており)、決して忘れてはいなかった。 だから記憶を呼び起こすことは辛い、のではないでしょうか。 で次のところがよく分からなかったのですが。 they're throughのtheyは、やはり直前のdreamsでしょうか。 とすると「夢(憧れ)がなくなるまでは戻れない」となります。 でもどこに戻るのだろうと思っていました。 back to youだと全体の意味からおかしいし…。 原文2段落のところはまた難しくて、 「自分の思い出をすべてなくした」とあり、 第1段落の内容と矛盾します。 では、この第2段落1行目のmemoriesを あなたと出会う前の古い思い出とするのはどうでしょう? あなたと出会ったことで、私は生まれ変わった。 「雨」と「虹」ですがご指摘の比喩で大体意味が通じますね。 「雨=私(過去の惨めな自分)」「虹=あなた(との恋愛)」 ぐらいの感じでしょうか。 あなたと出会う前の恋愛に傷ついた自分=泪=rain そして、あなた=幸せ=虹 とすれば第1段落と矛盾しません。 つまり第2段落の大半はあなたとの出会いと、 幸せだったころの回想ということでは。 そしてそれは甘い記憶として残っていると。 第3段落の最後の部分 「真剣だったから」は端的でいいですね。 ただここのonceはかつてはそうだったけど、 今はもう違うということを強調しているのでは。 第4段落 to think thatはのthatは、 ご指摘のとおり完全に後のyou wouldの節を受けていましたね。 turn to rainは「あなたと出会う前の(冴えない)私に戻った」 ぐらいの感じでしょうか。 最後の部分は あなたと出会い、輝いて、切ない思いをしたり、傷つき、別れた。 さて、ご意見を参考に再検討してみて、難しさと味わい深さを再認識しました。 でもこういった作業は楽しいですね。 ありがとうございました。 またご意見があれば遠慮なくお願いします。 多分海外のアーティストということは全編英語で歌っていたということでしょうか? 候補としてMayaさんがAzz-oneのアルバムでカバーしているものがあります。 hmv. asp? 後もう一曲Nicolette Larsonというアーティストが下記アルバムでカバーしているのですが、 残念ながらこちらも試聴が見つかりませんでした。 amazon. audiovision. 多分海外のアーティストということは全編英語で歌っていたということでしょうか? 候補としてMayaさんがAzz-oneのアルバムでカバーしているものがあります。 hmv. asp? Q 映画「お熱いのがお好き」でマリリンモンローが歌っていた 「i wanna be loved by you」の訳が知りたいのです。 娘に頼まれて、お手間ですがお願いをします。 I wanna be loved by you Just you, and nobody else, but you I wanna be loved by you alone I wanna be kissed by you Just you, and nobody else, but you I wanna be kissed by you alone I couldn't aspire To anything higher Than to fill the desire To make you my own 以上なんですが、私英語ダメなんです・・・.

次の

松田聖子のスウィートメモリーズの楽譜で、歌詞を英語に訳して書いてある楽譜...

スウィート メモリーズ 歌詞

小さい頃から父の影響で音楽に慣れ親しんだこともあり、2002年にデビューアルバム「Dive Deeper」をリリースしました。 「Sweet Memories」は、そんなデビューアルバムに収録されている曲で、日本の市場をターゲットにしてシングルカットされました。 「Sweet Memories」は、ジェイド自身がカリフォルニアに住んでいた時の思い出から作られた曲で、当時の楽しい様子を描いた作品になります。 彼女のファーストシングル「Sugarhigh」も素敵な曲なので、聞いてみてください。 最後に感想を 「ふと気がつくと雰囲気のいい曲が流れていて、曲名を調べるとこの曲だった」なんて出会いがピッタリ来る、落ち着いた中にもポップでドラマのある素敵な曲です。 歌詞もなかなかで、言葉をそのまま受け取るとだらしなく聞こえそうなのに不思議とスタイリッシュで若者らしく、潔さすら感じさせます。 ヴォーカルもハマっています。 こういう曲はその時のアーティストの感覚的な要素が大きいのか、真似のできない仕上がりになっています。 なんというか、いろいろなタイミングがピタッとあったというような。 同じような曲は狙ってもできるようなものではなさそうです。 そういった意味でもこれは名作と言っていいのではないでしょうか。 出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。 Sweet Memories Jade Anderson.

次の