ウグイス。 ウグイスの特徴や生態、飼い方や保護について

新発見! ハワイのウグイス「ホーホケキョ」と鳴かない それでは…何と?(1/2ページ)

ウグイス

雑食性• 子育てはメス 雑食性 ウグイスは雑食で、夏場は小さな昆虫や幼虫、クモなどを捕食し、冬場には植物の種子や木の実を食べます。 子育てはメス 初夏に繁殖期を迎えます。 子育ては主にメスが行い、オスは縄張りを作って見張り番をします。 亜種の「ハシナガウグイス」という種類は、卵の数は半分ですがオスも子育てに参加し、ヒナへの給餌を行います。 ウグイスの分布は?どこに生息している? ウグイスは留鳥で主に東アジアに生息します。 日本やサハリン、東部・中部中国で繁殖し、南部・東南部中国、台湾、東南アジアで冬を越します。 笹の多い林下ややぶを好みますが、環境適応能力に優れているので生息地は平地から高山帯のハイマツ帯にまで様々です。 日本ではほぼ全国に生息していますが、警戒心がとても強く、声はよく聴けますが、なかなか姿を現してくれない鳥ですよ。 現在ではハワイにも分布しています。 ウグイスの鳴き声は? ウグイスといえば「ホーホケキョ!」という鳴き声が最も有名ですよね。 この鳴き声はヒナのために餌を運ぶメスに対してオスが発する鳴き声です。 「縄張りに異常ないよ!僕らの巣は安全だよ」と伝えているのです。 1日1000回以上鳴くこともありますよ。 繁殖期にしか出さない鳴き声ですが、日本での繁殖期は春から夏にかけてなので、5. 6月の風物詩となっています。 オスは他にも「ピピョピョピョピョ」という鳴き声も発し「谷渡り」と呼ばれています。 仲間に警戒を知らせるための鳴き声ですよ。 オスメス問わず、普段のコミュニケーションは単音で「チッチッチッ」という地鳴きで行います。 古くから日本の文化に根付いているウグイス ウグイスは日本で古くから親しまれており、現在『市町村区の鳥』に採用する自治体も多くあります。 また、ウグイスの糞は江戸時代の化粧落としとして用いられ、現在でもエステ業界では『ゲイシャ・フェイシャル』として世界的に知られるようになってきました。 美しい歌声を聴かせてくれるウグイスの存在は、日本における平和の象徴といっても過言ではないかもしれませんね。

次の

ウグイスの特徴や生態、飼い方や保護について

ウグイス

しかし、色に近い柔らかな黄緑色を連想する人もいる。 前者はの羽に忠実に取材した色であり、英語のオリーヴグリーン(olive-green未成熟のの果実の色)に近い。 色名として正式に定義・分類されている名称としての「鶯色」。 後者はウグイスと同じく春先によく見かけられる野鳥のの羽の色との混同が元。 春らしい名前と色の組み合わせのため、商品名などで使用されている「鶯をイメージした色」。 また中期には前者の色名「鶯色」がより茶色味がかった 鶯茶という色味が女性の普段着の色として大流行したため、当時は「鶯茶色」を「鶯色」という風潮があった。 ウグイスとメジロ [ ] 日本では、鶯色というとメジロの体色のような色を連想する人も多い。 これは、とが混同されて捉えられているからである。 ウグイスとメジロはともにに属するが、前者は、後者はに属し、ウグイスのほうが 2〜3 ほど大柄である。 ともに日本ではよく見られるで、春先になるとウグイスは繁殖行動のためにはじめ、メジロは人家の庭木の蜜を目当てに低地に姿を見せる。 そもそもこの二種が混同されるのは二種の外見と性質が問題であった。 メジロは日本人好みの柔らかな色調の黄緑の羽をしており、性格も活発で比較的慣れやすく、かつてはに飼育されることも多かった(現在は)。 花樹の蜜を好むため、春先には庭に来て「チー、チー」とさえずりながらやの蜜を吸い、たまに花を散らしたりするのでよく目に付く。 一方、ウグイスは地味な灰がかった緑褐色の羽で非常に臆病な性質。 人里の奥や藪の中で生息しており、なかなか姿を確認できない。 オスは「ホーホケキョ」「谷渡り」と形容される朗々とした声で鳴く。 誤解の原因はどうやら片方が美声、他方が目立つ外見を持つことに由来するようだ。 庭の片隅の藪からウグイスの声が聞こえた時、すぐ目に付く満開の梅の花をメジロが荒らして逃げていったとしたら、朗々たる美声の主を美しい黄緑色の小鳥だと勘違いしても不思議はない。 日本でよく似合っている物同士を指して引き合いに出される「梅にウグイス」も、では茶褐色のウグイスが描かれるが、広く用いられるの同趣向のカードではウグイスのはずの小鳥は黄緑色に塗られている。 和菓子で「ウグイス〜」とつくものもほとんどが食欲をそそるような黄緑色をしており、よく梅を象った菓子と並べてある。 蜜を好むメジロと違ってウグイスは昆虫を主に食べているため、積極的に梅の木にとまることはない。 近似色 [ ]• 関連項目 [ ].

次の

大田区ホームページ:大田区公共施設利用システム(うぐいすネット)のご案内

ウグイス

1 スズメ目ウグイス科ウグイス属の鳥。 全長は雄が約16センチ、雌が約14センチで、上面は緑褐色、腹部が白く、淡色の眉斑 びはん がある。 東アジアに分布。 日本では夏は山地の低木林で繁殖し、冬は平地に降りる。 鳴き声を楽しむために古くから飼育された。 春鳥・春告げ鳥・花見鳥・歌詠み鳥・経読み鳥・匂い鳥・人来鳥 ひとくどり ・百千鳥 ももちどり ・愛宕鳥 あたごどり など別名は多い。 「 鶯嬢」 3 「」「」の略。 4 草紙などを綴 と じるときに用いる竹串。 5 を立てるための道具。 茶筅立て。 6 《中世語》をいう女性語。 [補説]作品名別項。 春が過ぎても鳴く鶯を「老鶯」といい、夏の季語となる。 2 和歌では、特に早春の花である梅と組み合わせられる例が多く、「梅の枝の鶯」「梅に鶯」という構図は、絵画工芸の題材ともなる。 3 「谷の鶯」は、もと中国の唐代に幽谷を出る鶯が早春詩の題材となっていたものを受容したもの。 出典 精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について 世界大百科事典 内の鶯 の言及.

次の