坊主 白髪染め トリートメント。 短髪男性に使いやすい白髪染め!坊主頭の白髪もきれいに染まる

短髪の白髪染めならコレを試してみるのもアリです

坊主 白髪染め トリートメント

Contents• 坊主は、実は染めにくい髪型 坊主やスポーツ刈りなどの短いヘアスタイルの方、白髪染めがしにくいと感じたことはありませんか? 実はその通りなのです。 ほとんどの白髪染めは長い髪を染めることに向いていますが、短い髪を染めることには向いていないのです。 その理由について、説明していきたいと思います。 染料が、地肌についてしまう まず、 短い髪の場合、染料が地肌についてしまいやすいという点があります。 一般的に白髪染めと呼ばれる、白髪染めヘアダイ(ドラッグストアにたくさん並んでいる白髪染めや、美容院・理容室の白髪染めのことです)は、髪だけでなく、頭皮を傷めてしまうという特徴を持ちます そのため、地肌への付着は避けねばならないのですが、それができません。 美容院、理容室で染めてもらえば、ダメージを極力減らす染め方をしてくれますが、どうしても限界があります。 頭皮を傷めるタイプの 白髪染めヘアダイは、NG! 短い毛には、染料を付けにくい では、頭皮を傷めない白髪染めトリートメントなら良いのでは?と思われるかもしれません。 でも、そう単純ではありません。 短い髪には、染料をきれいに塗ることが難しいのです。 塗ってから時間を置くタイプのでは、きれいに染めることができません。 ムラになってしまうことが多いのです。 白髪染めトリートメントは、頭皮を傷めることがありませんので、きれいに染まるまで毎日使うという方法はありますが、コスト的にもよくないですし、手間になってしまいます。 特に、坊主などの短いヘアスタイルの方は、コンディショナーやトリートメントをする習慣がない方が多いでしょうから、面倒さはかなりのものでしょう。 染まりがイマイチな白髪染めシャンプーは、合わない。 でも、一つだけ合う白髪染めがある どの白髪染めもダメってことは、もういい方法はないのか? というと、そんなことはありません。 たしかに白髪染めは短髪ヘアに合わないものばかりですが、ぴったりな商品が1つだけあります。 それが、グローリン・ワンクロスです。 グローリン・ワンクロス グローリン・ワンクロスは、 唯一の染まりがよい白髪染めシャンプーです。 短髪ヘアで問題となっていた点をクリアできます。 頭皮へのダメージがない• 短い髪にもムラなく染めることができる• まめに染めることができる また、染める髪が短いですから、シャンプーの減りも少なく、コストも安くすみます。 染め方 シャンプーの代わりに使うだけですので、とっても手軽です。 待ち時間もありません。 染める頻度も、初めは3日連続で、それ以降は週1回でOKです。 染めるときのワンポイントアドバイス グローリン・ワンクロスは、素手で使える白髪染めですので、肌に付いた染料は洗い流すことができますが、爪の間に染料が入り混んでしまうと落とすのに時間がかかってしまいます。 爪が少しくらい汚れてもいいという方は、特に気にする必要はないと思いますが、気になる方は、ビニール(ダイソー等でも売っています)を使うとよいです。 サイト主が実際に試した、をご覧ください。

次の

短髪の白髪染めならコレを試してみるのもアリです

坊主 白髪染め トリートメント

白髪隠しに坊主は効果的なのか? 白髪が出来てしまった時、無理やり抜くと頭皮トラブルの原因になるという事はよく知られています。 そのため、白髪を隠したい場合には、根元から短くカットするという対処法が推奨される事が多いのです。 元から髪の毛を短く刈る坊主頭なら、同じように白髪隠しが出来るのではないかと思うのは自然な流れと言えます。 実際、白髪隠しのために坊主頭にしてみたという人は珍しくありません。 本当に白髪隠しに坊主が効果的なのか、チェックしてみましょう。 毛を短めに刈った坊主なら白髪を染める必要がない 髪の毛を短めに刈った坊主頭なら、白髪を隠す効果が期待出来ます。 白髪の長さが短くなる事で、単純に目に入りづらくなるからです。 短ければ短いほど、白髪は目立たなくなります。 特に白髪の本数がまだそれほど多くない段階であれば、坊主にする事で白髪が存在しないという印象を与える事も不可能ではありません。 1mm程度の長さを維持するのであれば、わざわざ白髪を染める必要はないでしょう。 ただし、白髪が伸びてくると逆に目立ってしまうケースが出てくるので注意が必要です。 隠れていた白髪が坊主頭で目立つ事もある 坊主頭にすると、それまで他の髪の毛に隠れていた白髪が露出して目立ってしまう事もあります。 特に髪の毛の手入れを怠って中途半端な長さになっていると、意外と白髪が目についてしまうものです。 坊主頭にしたからと言って、必ずしも白髪を隠せるというわけではないという事です。 また、白髪の本数が多いと、光の反射具合で白髪の生えている部分に髪の毛がないように見えてしまう事もあります。 もし現在のヘアスタイルで白髪を隠す事が出来ているのであれば、髪型を無理に坊主へ変える必要はないでしょう。 坊主頭は白髪を染めにくい髪型 坊主頭に白髪が目立つなら、白髪染めで染めてしまえば良いのではないかと思う方もいるでしょう。 髪の毛に近い色で染めてしまえば、多少毛が長くても白髪が目立ちにくくなるからです。 確かに白髪染めは白髪を隠す方法として便利なものと言えます。 しかし、坊主に関しては、白髪染めの力を借りる事はオススメしません。 坊主は、数あるヘアスタイルの中でも、特に白髪を染めにくい髪型だからです。 なぜ、坊主頭の白髪を染める事が難しいのか、その具体的な理由を見ていきましょう。 白髪染めが坊主頭の地肌についてしまう 坊主頭は髪の毛1本1本が短いため、白髪染めを使う際に地肌に付いてしまう可能性が高いのです。 地肌に白髪染めが付くと、黒く染まって見た目が悪くなってしまいます。 色を落とす事は出来ますが、意外と手間が掛かるものです。 また、白髪染めに直接触れる事で頭皮に負担をかける事にもなります。 頭皮環境の悪化は白髪を増やす原因にもなるので、出来るだけ避けたい所です。 つまり、ヘアカラーを使った白髪染めは坊主頭には適しません。 坊主頭には白髪染めトリートメントも使いにくい 髪の毛だけを染める白髪染めトリートメントなら、地肌を汚したり、頭皮に負担を掛けたりする事がないように思えます。 しかし、坊主頭には白髪染めトリートメントも使いにくいのです。 髪の毛1本1本が短いため、コームなどを使って均一に伸ばす事が難しくなります。 そのため、なかなか綺麗な仕上がりにならず、色ムラのある髪の毛になってしまうのです。 染めるのであれば、坊主頭以外のヘアスタイルにしてから白髪染めトリートメントを使いましょう。 そうすれば、地肌に優しいトリートメントタイプのメリットを存分に活かす事が出来ます。 白髪を染めても坊主にするために刈り取る事になる 白髪を染めたとしても、坊主を維持するためには定期的にバリカンなどで刈り取る必要があります。 仮に上手く染められたとしてもすぐ染めた部分をカットしてしまうので、作業のほとんどが無駄になってしまうわけです。 坊主は手入れの必要性が高い髪型ですから、カットせずに放置しておくわけにもいきません。 白髪を染めてからカットする事を繰り返していると、生え際はどうしても白髪のままになってしまいがちです。 つまり、坊主と白髪染めはそもそも相性が悪いものと言えます。 坊主にしたいなら白髪染めは使わず、白髪染めを使いたいなら坊主以外の髪型にするべきという事です。 白髪と坊主まとめ.

次の

男性用白髪染めメンズビゲン・カラーリンスを使ってみた

坊主 白髪染め トリートメント

つまるところ、女性からしたら 「清潔な短髪黒髪(ルックス)」がもたらすパワーは絶大であり、逆に白髪が放置されてるような髪型だと 好感度の下落が凄まじいわけですね。 女性に嫌われたくない全男性は、私と共に白髪染めしましょう。 これは至上命題です。 というわけで、この記事では白髪染め歴3年くらいになる男の私が、おすすめの白髪染めトリートメントや選び方なんかを紹介していきます。 スポンサーリンク 男は 頭皮へのダメージを最優先に考えよう。 いやマジで。 白髪染めは今後の人生で継続して使っていくもの。 安くて傷みやすいチープな白髪染めを使って頭皮へのダメージを蓄積させていくと……もうどうなるか分かりますよね。 お察しです。 なので個人的な経験からも、 ドラッグストアなどに並んでいる1000円以下くらいのやっすい白髪染めはあまりおすすめしません。 あれらは「2剤式」と言って、1剤と2剤を混ぜることで髪内部で化学反応を起こすタイプのもので、 頭皮や髪へのダメージが一番キツいカラーリングです。 私も最初は700円くらいの白髪染めテキトーに買って使ってましたが、頭皮がヒリヒリしたり赤いポツポツが出てきたので速攻でやめました。 しかも安物だから結局色落ちも早すぎるんですよね……。 じゃあ何がいいか? って言うと、「 カラートリートメント」というタイプの白髪染めです。 名前の通り「トリートメントで髪を補修しながら染める」という特徴から、「 髪や頭皮を傷めずに白髪染めできる!」ということで爆発的人気となり、一気に白髪染めの主流になりました。 私も肌が強いほうではなくヘアカラーだとヒリヒリしたりポツポツ腫れが出やすいタイプですが、カラートリートメントに変えてからは一度も頭皮に違和感を感じたことがありません。 私が愛用しているおすすめは「利尻ヘアカラートリートメント」 白髪染めトリートメントでは日本一の売上を誇る人気ブランド カラートリートメントも色々なブランドがあって私は今までに10本以上試してきたのですが、その中でも1本おすすめしろと言われたら、迷いなくこの「 」です。 公式サイト 名前は聞いたことある人も多いかもしれません。 白髪用カラートリートメントとしては 売上日本一のブランド商品です。 レディースとかメンズとかの区別はないので、男性にも文句なしでおすすめできます。 むしろ女性に比べて髪が短く・少ない男性の方が染まりやすいんじゃないかと。 今まで10本以上のカラートリートメントを使って、どれが一番良いか比較してきましたが、 私はガッツリ白髪ほどではなく、どちらかといえばチラホラ白髪なので写真で見るとそこまでなのですが、リアルで見ると結構凹むくらい白髪あります……。 とくに髪の内側に多く生えているので、なかなか外からカメラを向けても写しづらいのが難点。 美容成分で配合されているので染めても髪がパサパサになることもなく、染めても染めても健康な髪でいられる点がいいですね。 頭皮の心配をする必要もありません。 白髪染めで頭皮や髪の傷みに悩んでいる全ての男性に試してみて欲しいです。 もう一つ、これは万人におすすめできるわけではないのですが、 カラーシャンプーも紹介しておきます。 利尻ブランドには、 シャンプーだけで白髪染めできる「 」もあります。 公式サイト 文字通り毎日のシャンプーで少しずつ染めるタイプで、わざわざ染毛作業する必要もなく、放置時間を取る必要もなく、本当にただシャンプーするだけで染められる 最もお手軽な白髪染めです。 こちらもレディース/メンズの区別があるわけではないので、男性でも使えます。 「シャンプーだけで染められるなら、そっちの方が楽じゃない?」 と誰もが思うところですが、カラーシャンプーは圧倒的に手軽なメリットの反面、 染める力がカラートリートメントより弱いです。 短髪の男性ならおすすめしたいのですが、ミディアムヘアの人や剛毛の人だとカラーシャンプーだけでは染まり切らない可能性があります。 実際に、私は利尻カラーシャンプーだけでは染めきれませんでした 実際に使ってみると確かにシャンプーするたびに徐々に染まってはいくのですが、いかんせん私もそれなりに白髪の量があるので、どうしてもカバーしきれない部分がチラホラ残ってしまいました。 なので現在は、利尻ヘアカラートリートメントで入れた色をキープするために、週2回くらいの頻度でカラーシャンプーを使っています。 色持ちキープのための補助役としては最高に使えます。 短髪の男性や、白髪がそこまで多くはない人であれば、ヘアカラートリートメントを使うまでもなくカラーシャンプーで十分かもしれません。 黒くなりすぎてカツラみたいに見える。 なんかカツラっぽい、不自然に浮いたような「漆黒」という感じの真っ黒さです。 白髪は普通の黒髪よりも色が入りにくい性質があるため、 白髪染めは普通のおしゃれ染めよりも染める力が強く作られています。 黒はただでさえ最も強い色ですが、より強く真っ黒に染まってしまいやすいんです。 若い人だったら真っ黒もオシャレかもしれませんが、おっさんになってくると似合わないどころかカツラ疑惑まで抱かれかねないので避けたいところです。 【結論】ダークブラウンあがりがおすすめ というわけで結論を言うと、 男性の白髪染めで選ぶべき色はダーク系の茶色がおすすめです。 ブラックだと真っ黒になり過ぎてしまいますので、ダーク系の茶色くらいで丁度良い自然な色に染まってくれます。 「ブラウン」か「ダークブラウン」あたりが良いと思いますよ。 「ブラウンだとかなり茶髪になっちゃわない?大丈夫?」 と思うかもしれませんが、 白髪染めは予想より暗い色に仕上がることがほとんどです。 下記のような商品のカラーサンプル通りの色には絶対に染まらないと思っておいて良いです(笑)。 サンプル この場合も、地毛っぽい(黒すぎない)自然な色合いならダークブラウン、ライトブラウンでちょっと茶髪っぽくなるくらいだと思います。 選ぶならこの2色のどちらかがおすすめです。 最後に、白髪染めを綺麗に仕上げる小さいコツをいくつか紹介しておきます。 いくら良質な白髪染めを使っても染め方がいい加減だと仕上がりにムラが出てしまうので、丁寧に染めてあげましょう 1. 染毛はシャンプー前に。 ブラッシングも忘れずに。 染めるのはお風呂に入る前、乾いた髪に塗るようにしましょう。 商品によってはシャンプー後に水分を拭き取ってからでも可としているものもありますが、シャンプー前の方が綺麗に染まります。 また、染料を塗る前にはブラッシングを忘れずに。 髪には目に見えないホコリが大量に付着しているので、そのまま塗り始めるとムラが出やすくなります。 必ず最初にブラッシングをし、余計なホコリや汚れを落としておきましょう。 また言わずもがな、整髪料や汗が髪に残っていると着色を妨げます。 白髪染めは清潔な髪に行うのは大前提です。 放置時間は髪を温める 放置時間はただ放置しているのではなく、 髪全体を温めておくのが基本です。 美容院でカラーするときにラップを巻いて熱気で温めるのと同じです。 これは、 髪を温めることで表面のキューティクルを開いた状態にして、色を定着しやすくさせるためです。 塗布後はヘアキャップ、あるいはラップで頭髪を覆い、ドライヤーの温風で温めてあげるのが一般的ですね。 さらにこだわるなら、ドライヤーではなく、 ラップの上にさらに蒸しタオルを巻くことをおすすめします。 蒸しタオルで頭全体を覆えば、地肌が発する熱でスチームされるので全体をムラなく温めることが可能です。 蒸しタオルの用意が手間ですが、ドライヤーを傾けておく労力も要らず、仕上がりもより綺麗になりますよ。 洗い上がり後はすぐドライヤー。 濡れたまま放置しない 髪の毛は濡れている状態が一番ダメージを受けやすく、また髪の隙間から色素が抜け落ちやすくなっています。 洗い上がり後は濡れた髪を放置せず、なるべくすぐにドライヤーで乾かしましょう。 自然乾燥で放置していると色素が水に浮いてどんどん逃げてしまいますので。 まとめ 男性におすすめの白髪染め• 頭皮や髪を傷めない「 」がベスト• 染める力は弱めだが、短髪や白髪が少ない人あるいはカラートリートメントと併用して使いたい人には「 」もおすすめ どんなイケメンでも、髪の間に放置された白髪が見えるとそれだけで台無しです。 老けている• だらしない• 清潔感がない と、壊滅的なマイナス印象を与えてしまいます(とくに女性に対して)。 20年前であれば髪や頭皮へのダメージを覚悟で白髪染めするしかなかったですが、今は幸いにも、髪や頭皮を優しくダメージケアしながらできるカラートリートメントが登場しました。 技術の進化は素晴らしいですね。 白髪を気にしている男性、そして気にしながら放置していた男性も、これを機に清潔で若々しい黒髪短髪を取り戻しましょう。 白髪が消えて清潔な黒髪になるだけで5歳〜10歳は見た目年齢が若く見えますよ。

次の