キャロウェイ エピック フラッシュ スター。 EPIC FLASHドライバー スターとサブゼロの違い

エピックフラッシュ・スター、サブゼロを丸裸にした

キャロウェイ エピック フラッシュ スター

エピックフラッシュスタードライバー購入 新品でも安くなってます。 打ってみて、感じたことは、超高弾道が打てる、ボールスピードが速いということです。 いつものゴルフ練習場では天井のネットにボールが当たってしまって、正確なキャリーが判りませんでした。 とにかく、低スピンで超高弾道が打てるので、キャリーとランが出しやすいです。 練習場でしか打ってませんが、ゴルフコースで使ったらかなり飛ぶ感じがします。 もともと低スピンなボールが打ちやすいドライバーとなってますので、ロフト角は10. 5度の方が良いかと思います。 もともと高弾道が打てる人は、ロフト角9. 5度で良いと思います。 意外とディープフェース GBB EPIC STAR ドライバーと同じように、意外とディープフェースとなってます。 視覚的には、本当にボールが上がるのだろうかと不安になるくらいにディープフェースです。 だけど、実際に打ってみると高弾道が打ちやすくなってます。 ヘッド構造とオリジナルシャフトの性能がマッチしており、ダウンスイングからインパクトにかけてのシャフト運動を活かして、ヘッドが上を向きながらインパクトをしてくれる感覚がします。 なので、低スピンで高弾道が打てます。 キャロウェイ エピック フラッシュ スター ドライバー 試打動画 実際に打ってみると、フェースの弾きが凄いです。 エピック フラッシュ スター ドライバーは、SLEルール適合モデルなのですが、打感と打音とボールスピードだけで判断すると、高反発ドライバーに近い感じです。 打音がとても甲高いです。 練習場でもかなり目立ちます。 とにかくボールスピードが速くなっており、当たりが悪くても、とりあえずボールが飛び出してくれる感覚です。 今までの懸案も修正済み GBB EPIC STARでは、捉まり難さがあり、ボールが上がり難いと感じることもありましたが、そのような懸案も修正されてきています。 また、ROGUESTARでは、飛び出しからボールが左に飛ぶという、捉まり過ぎな感じも修正されています。 つまり、エピック フラッシュ スター ドライバーはフェードが打ちやすいです。 ヘッドスピードが遅くても飛ぶ ヘッドスピードが遅いゴルファーの場合、オリジナルシャフトのフレックスをRにすることで、軽快に振ることができます。 軽い方が速く振れますし、速いインパクトで、ボールスピードも速くすことができ、結果的に飛距離アップできます。 前作ROGUE STARと比較すると捉まりません。 GBB EPIC STARよりは捉まるという感じです。 GBB 2015、GBB EPIC STARのDNAを引き継いでいるので、お世辞にも捉まる感じではありません。 左のミスを減らせる、 曲がらないフェードが打てる感じです。 捉まえたい場合は、ペリメイターウェイティングシステムで調整することが必要です。 ペリメイターウェイティングシステムでドローが打てるように、捉まりを向上させようとすると、フェースの弾きが弱くなるような感じです。 きっと、インパクトでボールに対してスクエアにコンタクトし難くなるからなのかもしれません。 ウェイトは標準の位置がもっともフェースが弾くというか、ヘッドの性能が活かされるように感じました。 また、かなり低スピンなので、ボールが上がり難く感じるかもしれません。 この辺りは、GBB EPIC STAR と似ていますね。 エピック フラッシュ スター ドライバーが向いてるゴルファー• 飛距離アップしたい人• GBB EPIC STAR、ROGUE STAR を使っている人、使っていた人• ボールスピードを速くしたい人• 高弾道が打ちたい人に向いています エピック フラッシュ スタードライバー 特長の紹介 エピックフラッシュスタードライバーの最大の特徴は、誰が打ってもそれなりに飛ぶということです。 エピック フラッシュ シリーズの中でも万人向けというか、日本人向けなのが、エピック フラッシュ スター ドライバーです。 アジャスタブルホーゼルはありませんので、弾道調整ができませんが、とても軽量で振りやすいです。 私は、どちらかというと弾道調整機能が無い方が好きです。 FLASH FACE(フラッシュフェース) 写真:キャロウェイゴルフ フェース面の反発を向上させるためのデザインとなっており、左右非対称な波紋のような模様となっています。 フラッシュフェースは人工知能によって開発された形状となっており、従来の開発方法では膨大な時間を要するところを、人工知能で短期間で開発できたとしています。 つまり、未来を先取りしたフェースと言えます。 人工知能に計算させたフェースデザイン 人工知能に計算させてデザインされたフェースとのこと。 左右非対称とのことですが、ヒール側の弾きがとても強くなっているように感じます。 フェース面の丸いグラフィックもフェースの真ん中ではなくて、ややヒール寄りに描かれています。 FLASH(フラッシュ)というのは、電光石火みたいな、火花のようなイメージでしょうか。 瞬間的なエネルギーでボールを弾き飛ばす、そんなイメージが伝わってきます。 ペリメイターウェイティング・システム GBB EPIC STARにも取り付けられていた、スライド式ウェイトが復活しました。 これにより、重心位置を変更して、ドロー打ち、フェード打ちの調整が可能です。 スライスが多いゴルファーは、ボールの捕まりを良くしてドロー打ちにすることができます。 ジェイルブレイクテクノロジー ヘッド内部に取り付けられた2本の柱です。 ヘッドの無駄な撓みを抑えてくれます。 これにより、フェース面の反発力が活かされて、ボールスピードが速くなります。 試打したスペック 実際に試打したスペックは以下の通りとなります。 オリジナルシャフトのフレックスRを打ちました。 クラブ総重量290グラムとなってます。 非力なゴルファーにとっては、少し重さを感じるかもしれません。 ヘッド体積:460cc• ロフト角:10. シャフト:Speeder EVOLUTION for CW R• 長さ:45. 75インチ• ライ角:59. バランス:D2• ペリメーターウェイトの重さ:約12グラム Speeder EVOLUTION for CW シャフトスペック 試打したシャフトスペックはフレックスRです。 クラブ総重量約290グラムとなっていますが、実際に振ってみると290グラムよりも軽い感じがします。 全体的にトルクが大きくなってますが、手元寄りの中調子となっているので、大きな捻じれを感じ難いですが、インパクトでは大きな撓り戻りと、力強いシャフト運動を感じます。 超高弾道が打てるのは、ヘッドが低重心だからではなく、シャフト運動の影響も大きいです。 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月26日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日.

次の

キャロウェイ エピック フラッシュ スター ドライバー 試打評価

キャロウェイ エピック フラッシュ スター

どんな特徴なの? ここ3年、キャロウェイからは、2017年のGBB EPIC ジービービー エピック 、2018年のROGUE ローグ 、そして2019年のEPIC FLASH エピックフラッシュ と、毎年ニューモデルのドライバーがリリースされました。 EPIC FLASH エピックフラッシュ にもROGUE ローグ と同じように3つのバリエーションが用意されています。 《設計上の特徴は、》 一番の進化のポイントは、 AI(人工知能)を導入して開発された「FLASH フェース」、、よく解りませんが、この「AI」が膨大な量のデザインを解析してボール初速の最大化を達成したフェースを生み出したとの事です。 もちろんフェースの裏側の2本の柱「JAILBREAK テクノロジー」も装備。 クラウンのカーボン素材のさらなる軽量化。 そして、3タイプとも弾道調節機能の「ペリメーター・ウェイティング」が装備され、ネックにはアジャスタブルホーゼルを搭載 フラッシュスターは未装備。 1 エピックフラッシュ スター ドライバーの評価 【構えやすさ】 前モデルと比べると空気抵抗対策の凹凸がなくてスッキリした顔。 投影面積が大きくてどっしりとしたシャローバックの顔は安心感があって構えやすい。 【飛距離性能】 エピックフラッシュ・シリーズのドライバー3タイプの中では、 この「スター」だけカチャカチャが装備されないのでヘッドが軽くて全体重量も軽いから、振りやすくてよく飛びました。 かなりの軽量感。 【弾道】 高弾道でビッグキャリーボール。 球が上がりきらないようなミスになりにくい。 ドッカーンとドロー回転でぶっ飛びます。 すごい! 【つかまり】 3タイプの中でつかまりは1番。 引っ掛かりのミスにはならない程度に捕まってくれます。 【打感】 よく弾くが、柔らかい。 なんだか不思議な感触です。 悪くない。 【操作性】 操作性は良い方じゃない。 とにかく安定してます。 【安定感】 「フラッシュ スター」には、カチャカチャが付いていないので、 ヘッドが軽くて振り抜きやすい。 スーッとヘッドが走って自然に高弾道のナチュラルドローボールになり、同じような弾道が連発します。 フェースのどこでヒットしても飛距離のロスが少ない。 驚きの安定感です。 【シャフト】 標準仕様のシャフトは3種類ある。 ・Speeder EVOLUTION for CW S ・Tour AD VR-5 S ・Speeder EVOLUTION V 569 S オリジナルカーボンの「Speeder EVOLUTION for CW」は全体がよくしなりヘッドがよく走る。 【おすすめしたいゴルファー】 ・軽いクラブが振りやすい。 ・オフセンターでも飛んで欲しい。 ・操作せずにやさしく飛ばしたい。 ・球をつかまえたい。 EPIC FLASH STAR のまとめ・総合点 キャロウェイ「EPIC FLASH STAR エピック フラッシュ スター ドライバー」 は、軽快で振り抜きやすくミスに強い。 コスらず、ドロップせず、大きいキャリーでぶっ飛びです。 ・高弾道 ・よくつかまる ・安定感抜群 ・ミスに強い ・軽くて振り抜きやすい 大きいスイングは必要ありません。 軽く打つだけでめっちゃ飛びます。 【総合評価 9. 3】 飛距離 10 やさしさ 9. 5 弾道の高さ 9. 5 つかまり 9. 5 構えやすさ 9 操作性 8 打感 9 2 エピックフラッシュ ドライバーの評価 【構えやすさ】 「エピックフラッシュ スター」とほぼ同じ顔。 安心感があって構えやすい。 【飛距離性能】 これも飛ぶ! オリジナルカーボン・シャフトの飛距離です。 ぶっ飛びです。 「Tour AD VR-6 S 」を挿入したら270ヤード越えが連発しました。 【弾道】 高弾道で低スピンのストレートボール。 打った瞬間に空高く上がってる感じ。 初速が速くて打ち出し角が高い。 【つかまり】 よくつかまるがフェースローテーションがそれほど積極的ではない。 ちょうどいい塩梅です。 つかまりすぎないから左がOBのティーショットでもドローボールを打つ自信が湧いてくる。 【打感】 よく弾いて柔らかい。 「スター」よりも分厚さがあり、心地いい。 【操作性】 なかなかいい。 ドローもフェードも自由に打ち分けられる。 低い弾道も打ちやすかった。 【安定感】 「スター」と同じタイプのオリジナルカーボンシャフトを装着しているが、0. 5インチ短いのにこちらの方が10gもクラブ重量が重い。 左のミスが気になるドローヒッターの私は、3タイプの中から選ぶなら「サブゼロ」だが、フェードヒッターならこのモデルをカスタムシャフトで選ぶかも。 やさしくて、操作性が良くて、打感がいい。 松山英樹選手が2019年の最初の試合「ソニーオープン・イン・ハワイ」でこのドライバーを導入して戦ったが、なるほど、アマチュアからハードヒッターのトッププロまで、シャフト次第で誰でも使えそうな安定感がある。 そこそこヘッドスピードが速いゴルファーにはこの重量が安定感を手助けしてくれます。 【シャフト】 「Speeder EVOLUTION for CW」のみの設定。 カスタムは可能。 数量限定モデルです。 【おすすめしたいゴルファー】 ・安定した飛距離が欲しい。 ・ヘッドスピードは遅い方ではない。 ・ある程度スイングが安定している。 ・操作性も欲しい。 EPIC FLASH のまとめ・総合点 キャロウェイ「EPIC FLASH エピック フラッシュ ドライバー」 は、ミスに強くやさしくて振り抜きやすい。 優しさ、操作性、打感、すべてがバランス良くミックスされた飛びです。 ・打ち出し角が高い ・曲がらない ・よく飛ぶ ・低スピン ・ミスに強い ・安定感抜群 3タイプの中で最もクセのないドライバー。 悪いところがない。 【在住】 東京都 【身長・体重】177cm・62Kg 【ゴルフ歴】 34年(54歳) 【最高ハンディキャップ】0. 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の

キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」UT

キャロウェイ エピック フラッシュ スター

どんな特徴なの? ここ3年、キャロウェイからは、2017年のGBB EPIC ジービービー エピック 、2018年のROGUE ローグ 、そして2019年のEPIC FLASH エピックフラッシュ と、毎年ニューモデルのドライバーがリリースされました。 EPIC FLASH エピックフラッシュ にもROGUE ローグ と同じように3つのバリエーションが用意されています。 《設計上の特徴は、》 一番の進化のポイントは、 AI(人工知能)を導入して開発された「FLASH フェース」、、よく解りませんが、この「AI」が膨大な量のデザインを解析してボール初速の最大化を達成したフェースを生み出したとの事です。 もちろんフェースの裏側の2本の柱「JAILBREAK テクノロジー」も装備。 クラウンのカーボン素材のさらなる軽量化。 そして、3タイプとも弾道調節機能の「ペリメーター・ウェイティング」が装備され、ネックにはアジャスタブルホーゼルを搭載 フラッシュスターは未装備。 1 エピックフラッシュ スター ドライバーの評価 【構えやすさ】 前モデルと比べると空気抵抗対策の凹凸がなくてスッキリした顔。 投影面積が大きくてどっしりとしたシャローバックの顔は安心感があって構えやすい。 【飛距離性能】 エピックフラッシュ・シリーズのドライバー3タイプの中では、 この「スター」だけカチャカチャが装備されないのでヘッドが軽くて全体重量も軽いから、振りやすくてよく飛びました。 かなりの軽量感。 【弾道】 高弾道でビッグキャリーボール。 球が上がりきらないようなミスになりにくい。 ドッカーンとドロー回転でぶっ飛びます。 すごい! 【つかまり】 3タイプの中でつかまりは1番。 引っ掛かりのミスにはならない程度に捕まってくれます。 【打感】 よく弾くが、柔らかい。 なんだか不思議な感触です。 悪くない。 【操作性】 操作性は良い方じゃない。 とにかく安定してます。 【安定感】 「フラッシュ スター」には、カチャカチャが付いていないので、 ヘッドが軽くて振り抜きやすい。 スーッとヘッドが走って自然に高弾道のナチュラルドローボールになり、同じような弾道が連発します。 フェースのどこでヒットしても飛距離のロスが少ない。 驚きの安定感です。 【シャフト】 標準仕様のシャフトは3種類ある。 ・Speeder EVOLUTION for CW S ・Tour AD VR-5 S ・Speeder EVOLUTION V 569 S オリジナルカーボンの「Speeder EVOLUTION for CW」は全体がよくしなりヘッドがよく走る。 【おすすめしたいゴルファー】 ・軽いクラブが振りやすい。 ・オフセンターでも飛んで欲しい。 ・操作せずにやさしく飛ばしたい。 ・球をつかまえたい。 EPIC FLASH STAR のまとめ・総合点 キャロウェイ「EPIC FLASH STAR エピック フラッシュ スター ドライバー」 は、軽快で振り抜きやすくミスに強い。 コスらず、ドロップせず、大きいキャリーでぶっ飛びです。 ・高弾道 ・よくつかまる ・安定感抜群 ・ミスに強い ・軽くて振り抜きやすい 大きいスイングは必要ありません。 軽く打つだけでめっちゃ飛びます。 【総合評価 9. 3】 飛距離 10 やさしさ 9. 5 弾道の高さ 9. 5 つかまり 9. 5 構えやすさ 9 操作性 8 打感 9 2 エピックフラッシュ ドライバーの評価 【構えやすさ】 「エピックフラッシュ スター」とほぼ同じ顔。 安心感があって構えやすい。 【飛距離性能】 これも飛ぶ! オリジナルカーボン・シャフトの飛距離です。 ぶっ飛びです。 「Tour AD VR-6 S 」を挿入したら270ヤード越えが連発しました。 【弾道】 高弾道で低スピンのストレートボール。 打った瞬間に空高く上がってる感じ。 初速が速くて打ち出し角が高い。 【つかまり】 よくつかまるがフェースローテーションがそれほど積極的ではない。 ちょうどいい塩梅です。 つかまりすぎないから左がOBのティーショットでもドローボールを打つ自信が湧いてくる。 【打感】 よく弾いて柔らかい。 「スター」よりも分厚さがあり、心地いい。 【操作性】 なかなかいい。 ドローもフェードも自由に打ち分けられる。 低い弾道も打ちやすかった。 【安定感】 「スター」と同じタイプのオリジナルカーボンシャフトを装着しているが、0. 5インチ短いのにこちらの方が10gもクラブ重量が重い。 左のミスが気になるドローヒッターの私は、3タイプの中から選ぶなら「サブゼロ」だが、フェードヒッターならこのモデルをカスタムシャフトで選ぶかも。 やさしくて、操作性が良くて、打感がいい。 松山英樹選手が2019年の最初の試合「ソニーオープン・イン・ハワイ」でこのドライバーを導入して戦ったが、なるほど、アマチュアからハードヒッターのトッププロまで、シャフト次第で誰でも使えそうな安定感がある。 そこそこヘッドスピードが速いゴルファーにはこの重量が安定感を手助けしてくれます。 【シャフト】 「Speeder EVOLUTION for CW」のみの設定。 カスタムは可能。 数量限定モデルです。 【おすすめしたいゴルファー】 ・安定した飛距離が欲しい。 ・ヘッドスピードは遅い方ではない。 ・ある程度スイングが安定している。 ・操作性も欲しい。 EPIC FLASH のまとめ・総合点 キャロウェイ「EPIC FLASH エピック フラッシュ ドライバー」 は、ミスに強くやさしくて振り抜きやすい。 優しさ、操作性、打感、すべてがバランス良くミックスされた飛びです。 ・打ち出し角が高い ・曲がらない ・よく飛ぶ ・低スピン ・ミスに強い ・安定感抜群 3タイプの中で最もクセのないドライバー。 悪いところがない。 【在住】 東京都 【身長・体重】177cm・62Kg 【ゴルフ歴】 34年(54歳) 【最高ハンディキャップ】0. 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の