アイコス3マルチ充電時間。 アイコス3マルチの口コミ評判!使い方や料金・他の加熱式タバコとの違いを徹底解説!

アイコス3とアイコスマルチは結局どっちがいいのか

アイコス3マルチ充電時間

左が従来のアイコスを踏襲した「アイコス 3」、右がバッテリー一体型で連続10本吸いを可能にした「アイコス 3 マルチ」 現在、日本で販売されている3大加熱式タバコと言えば、「アイコス(IQOS 2. 4 Plus)」「グロー(glo)」「プルーム・テック(Ploom TECH)」。 どれもこれまで本格的なモデルチェンジはしていなかったが、今回ついにその先駆者であるアイコスが、本格モデルチェンジを果たす。 しかも、コンパクトな「アイコス 3(IQOS 3)」、連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ(IQOS 3 MULTI)」の2機種が登場。 2018年11 月15 日(木)から全国のアイコスストアおよびアイコス 2. 4 Plus オンラインストアにて発売予定で、価格は「アイコス 3」が10,980 円(税込)、「アイコス 3 マルチ」が8,980 円(税込)となる。 豊富なアクセサリー(別売)で、最大576 通りの組み合わせ色合いや質感を楽しめる 2017年3月発売の「アイコス 2. 4 Plus」が、ブレードや開閉部の改良といったマイナーチェンジだったことを考えれば、今回が初めての大々的なバージョンアップとなる。 果たしてどんな進化を遂げたのか? アイコスは2種類に枝分かれして進化! 2017年3月の現行最新機種「アイコス 2. 4 Plus」発売時、販売元であるフィリップ モリスはユーザーの声を受け、壊れやすいポケットチャージャーの開閉部や折れやすい加熱ブレードの強化、充電時間の短縮などの改善を図った。 しかし、その後もユーザーからさまざまな声が寄せられた結果、幅広い要望を1機種でかなえることは不可能という結論に至ったようだ。 そして、今回の2機種同時リリースとなった。 基本的に「アイコス 2. 4 Plus」の改良コンパクト版となるのが「アイコス 3」。 まったく新しい、バッテリー一体型となって連続吸い可能になったのが、「アイコス 3 マルチ」である。 それでは1機種ずつ、その特徴を見ていこう。 コンパクトかつスタイリッシュに生まれ変わった「アイコス 3」 まずは、順当な変化を遂げた「アイコス 3」。 アイコスホルダー(以下、ホルダー)の充電時間は約40 秒スピードアップ。 連続で吸いたいユーザーにとってはうれしい進化だ。 ポケットチャージャーのフル充電までの時間は約2時間で、充電をしながらの使用も可能だという。 ホルダーの形状は、キャップがななめにハマるようになったこと以外、サイズ感は変わらないので、今までのユーザーは何も抵抗なく切り替えることができるだろう。 ポケットチャージャーは小型化され、随分とスリムになった。 しかもフタが上オープン式ではなく、サイドオープン式に変わった。 そして、従来はホルダーをしっかりボタン方向に前を向かせて挿入しなくてはならなかったが、「アイコス 3」では全方位対応のマグネット式ホルダーにより、どの向きでも挿し入れても収納・充電が可能に。 地味な変化のようだが、使い勝手はかなりよくなる。 ホルダーのななめキャップも地味だが、いくぶん開けやすくなった気がする。 何より、従来機をシャツの胸ポケットに入れるとほかのものを入れる隙間はなくなったが、スリムな「アイコス 3」なら、ペンなどを一緒に入れることができる。 さらに、すべての素材・設計を見直し、衝撃試験を重ねているというから、耐久性の向上にも期待できそうだ。 「アイコス 3」。 サイズはポケットチャージャーが46. 7(高さ)mm、 ホルダーが14. 3(高さ)mm。 重さは合わせて125gとなる。 すっきりとして、カラー次第では女性が持ってもより違和感の少ないデザインに変化した 10本連続で吸えてしかも軽い!「アイコス 3 マルチ」 かたやダイナミックな変貌を遂げたのが、「アイコス 3 マルチ」だ。 これまでアイコスユーザーが連続吸い(チェーンスモーキング)をしたい場合は、ホルダーを買い足して2本体制にするか、合間に紙巻きタバコを吸うなど、いささか無理があった。 「アイコス 3 マルチ」は、左上のキャップをスライドさせたら、その穴にヒートスティックを差し込み、吸い終わったらスライドして取り出す。 そして時間を開けなくても、再びヒートスティックをセットすれば、連続で最大10本吸うことが可能なのだ。 フル充電までの時間は約75分で、こちらも充電をしながらでも使用できる。 今まで連続吸いをしたいがために「グロー」を選んでいた人も多いことを考えると、この変化はかなり強力。 しかも、手に持った時の軽さの衝撃! まさにスマートだ。 これこそアイコスユーザーが長年待ち望んでいたものではなかったか。 さらに、筆者はどうしてももったりとしたホルダーのデザインが苦手だったのだが、これならモノとしての魅力も絶大だ。 「アイコス 3 マルチ」。 サイズは25. 3(高さ)mm、重さが50g。 小さい、軽い、チェーンスモーキング可能というまさに無敵の進化だ さながら重めの多色蛍光ペン 「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」を使って実際に吸ってみた! 2018年10月23日に行われた「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」の発表会がパークハイアット東京で行われ、そこでタッチ&ゴー(試し吸い)コーナーが設けられていたので、実際に製品を試してみることにした。 実装しているテクノロジーは「アイコス 2. 4 Plus」と同一ということだが、充電時間の短縮やバッテリー容量の倍増、ホルダーのスリム化という変化は、どの程度使用感に影響するのだろうか。 まずは「アイコス 3」を使用してみる。 感動! というほどではないものの、ホルダーの出し入れは確かに簡単に、所作もスマートなった。 マグネット付きで内部にホルダーをしっかりホールドしてくれるのは、落下の危険を防いでくれるのでおっちょこちょいにはいいかも。 使い心地はほぼ同じ。 既存ユーザーなら何の迷いもなく使える ヒートアップ時間は「アイコス 3 マルチ」と共通の20秒。 丈夫さ・耐久性に関しては使い続けていないので不明だ。 肝心な味わいは「アイコス 2. 4 Plus」ユーザーなら、あっけないほど同じだ。 スリムになったホルダーも、「アイコス 3 マルチ」を見た後ではインパクトは少なめ。 筆者としては、現時点では「アイコス 3」をあえて発売する意味がわからないというのが正直なところ。 これはもう継続的に使用してみて判断するしかない。 タッチ&ゴーのコーナーの人にも聞いたが、「アイコス 3」は既存の使い慣れたアイコスユーザーのフィールを大切にしているのでは、とのこと。 ちなみに、「アイコス 3 マルチ」がどんなに軽いといってもホルダー単独では「アイコス 3」の方が軽い。 「アイコス 2. 4 Plus」と喫味に違いはなし 続いて、「アイコス 3 マルチ」を使ってみる。 こちらはチェーンスモーク必須の一定層にしてみれば、まさに夢のアイコスだ。 また、ポケットチャージャーがずっしり重くて嫌だと思っていた人にとっても、この50gは奇跡。 生卵1個より軽いポータビリティと、スリムなフォルムで、携帯性は最強だ。 では、保護カバーをすっとずらして、ヒートスティックを差し込んでみよう。 これが差しにくいと大きなストレスだが、問題はない。 ヒートアップ時間も「アイコス 3」と同様だ。 肝心の味も同じ。 保護カバーはスライドさせてずらす仕様なので、紛失の心配はない 吸った後は本体中央の接合部分をスライドさせて、ヒートスティックを取り出す。 50gをそのまま吸うのが重いといったら、グローユーザーに怒られると思うし、VAPEやヴェポライザーにしても軽い部類。 それでいて価格が安いというのはどういうことか。 これはすごい。 見た目は少々でかいけど、軽い。 ちょっとしたVAPEのような大きさなので、喫煙所で少しは目立つかも 大きさ比較。 写真左からヒートスティック、「アイコス 3 マルチ」、「アイコス 3」、「アイコス2. 4Plus」 日本唯一の高温加熱ブレード式が進化を遂げ、加熱式タバコの未来を大きく変える予感 現在の3大加熱式タバコであるアイコス、グロー、プルーム・テック。 プルーム・テックは低温加熱方式という独自の路線なので置いておき、残るアイコス、グローを比較した時に、アイコスがリードしている点は何だろうか。 それは加熱ブレード式だということ。 登場当初こそ折れやすいなどの不評も買った(アイコス 2. 4 Plus で改良)が、これがアイコスのキモである。 その時に一部は焦げ付き、一部は加熱されないなどの加熱ムラが生じると、そのせいで途端に味が悪くなるのだが、タバコ葉の中心から加熱できる加熱ブレード式は、この加熱ムラが起こりにくいのだ。 グローはネオスティックを細身にすることで加熱ムラを防いでいるのだが、その分タバコ葉の量は少なくなる。 結果として、タバコ葉をより多く使用しつつ、ムラを押さえながら加熱できるアイコスが喫味を1番重くできるようになっているというわけだ。 このしっかりとした喫味のまま、コンパクト化した「アイコス 3」および連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ」は、今後の加熱式タバコの行く末を大きく変える新製品となるだろう。 なお、旧モデル「アイコス 2. 4 Plus」は、引き続き併売される。 また今後、現行より手頃な価格帯の「ヒートスティック」の新ラインも発売予定だ。 【関連リンク】.

次の

アイコス3マルチの口コミ評判!使い方や料金・他の加熱式タバコとの違いを徹底解説!

アイコス3マルチ充電時間

Contents• 外装はこんな箱 アイコス3 マルチの外装はゴールド色したキャップを外すとこのようにシンプルな箱になっています。 アイコス3とほぼ一緒ですね。 シンプルでありながら高級感をかんじさせるデザインになっています。 それでは中を見てみましょう。 箱を開けてみる 箱を開けるとアイコス3 マルチの本体が出てきました。 従来のアイコスであれば、チャージャーの中にホルダーが収納されていて、ホルダーを充電しながら吸うといった感じでしたが、アイコス3 マルチはチャージャーとホルダーが一体型になったと思って頂けると分かりやすいのではないかと思います。 写真に出ている本体にヒートスティックを差し込んで吸います。 そして、充電がなくなると直接本体を充電していきます。 gloを知っている方であれば、gloのアイコス版と思って頂ければ分かるかと思います。 もう一段開いてみる もう一段開いてみると、クリーナーと綿棒の掃除用品セットが入っています。 クリーナーは従来のアイコスですとブラシが付いていて掃除しても全然キレイにならないので、つまようじを使用して掃除をしていましたが、アイコス3 マルチのクリーナーはブレード状になっておりますので、焦げを掻き取ってくれます。 以前のアイコスクリーナーと比較すると断然進歩していることがわかります。 更に開けてみる クリーナーが入っているところを取り外し、更に下側には、ACアダプタとUSBケーブルが入っています。 これはアイコス3 マルチの本体を充電するための充電用ケーブルになります。 ACアダプタをコンセントに差し込み、反対側にはUSBポートがありますのでケーブルのUSBを差し込みます。 反対側はTYPE-Cのコネクタになっていますので、これを本体に差し込めば充電されます。 従来のアイコスですと、マイクロUSBになっていたため、差し込みの向きを気にしなければなりませんでしたが、TYPE-Cに変更されていますので、アダプターの向きを気にすることなく本体に差し込むことができるようになりました。 最近のアンドロイドスマホもTYPE-Cに切り替わってきてます。 スマホ以外にもUSBを使用するデバイスであれば最近のものはTYPE-Cに切り替わってきていますので、今後はどこでも充電ができそうですね。 アイコス3 マルチ本体• クリーナー• ACアダプタ• TYPE-C充電ケーブル• 取扱説明書 アイコス3 マルチ本体を見てみる アイコス3 マルチは今までのアイコスとは違い、チャージャーとホルダーが一体型の形状をしています。 今までアイコスを使用していた人であればホルダーが少し大きくなったという感じです。 おれでは本体がどのようになっているのかを見ていきましょう。 ヒートスティック差込部にカバー ヒートスティックの差し込み部分はスライド式のカバーが付いています。 このカバーをずらしてヒートスティックを差し込むようになっています。 カバーは写真のようにスライドして開くようになっています。 そして、ちょっとした衝撃で自然に戻る構造になっていますので気がついたら蓋がしまっています。 この中にヒーターが入っていて起動ボタンを押すことでヒートスティックに加熱していきます。 キャップを外してみる 本体のキャップを外すとこのようになっています。 アイコスと同様のブレードヒーターが内蔵されていてここで加熱されます。 蓋はどうゆう構造になっているのか分かりませんが半開きにしていると自然に戻っていきます。 バネが入っている形跡もありませんので、おそらく磁力で自然に戻るようになっているのではないでしょうか。 充電は底面から 底面はこのようになっていて、TYPE-C用のUSBポートがあります。 TYPE-Cのコネクタなので向きを気にすることなく差込が行えますので、従来のアイコスよりも使い勝手が良くなっています。 実際にUSBに差し込んで充電してみます。 上側にランプがついてますので、ランプが点灯しますので充電していることがひと目で分かるようになっています。 アイコス3 マルチのここが良い アイコス3 マルチはホルダーとチャージャーが一体化しています。 これにより多くのメリットがあります。 軽量でコンパクト• 連続で10本吸える• オシャレなデザイン これらが最大のポイントになります。 先ず、軽量という点では、本体が僅か50gしかありません。 持っていても重たいという感覚はありませんので連続吸いでも抵抗なく吸うことができます。 ポケットやカバンなどに収納も容易にできますので持っていても場所をとることはありません。 そして、最大のメリットは連続吸いができるという点です。 従来のアイコスですと1本吸うごとにホルダーの充電で3~4分の待ち時間がありましたが、アイコス3 マルチは吸い終わってからまた直ぐに吸うことができます。 ホルダーの充電にストレスを感じている人であれば、アイコス3 マルチが良いのではないでしょうか。 最後に、デザインがオシャレという点です。 スリムなボディにボタンが1つしか付いてませんのでとてもシンプルでスタイリッシュなデザインになっています。 持っているだけで注目を浴びてしまうデザインですね。 アイコス3 マルチまとめ アイコス3 マルチのレビューをしました。 アイコス3とアイコス3 マルチで購入を迷っている人もいるかと思います。 選ぶポイントとしては、ホルダーの充電時間が気になる人はアイコス3 マルチが断然おすすめです。 しかし、充電が切れるのも早いので外出が多い人には不向きかもしれません。 そんな場合は、モバイルバッテリーをセットで持ち歩くのが良いかもしれません。 参照 連続吸いを余り行わない人はアイコス3を購入するのがおすすめです。

次の

新型IQOS3/マルチの充電時間など特に多い質問と答えの備忘録

アイコス3マルチ充電時間

左が従来のアイコスを踏襲した「アイコス 3」、右がバッテリー一体型で連続10本吸いを可能にした「アイコス 3 マルチ」 現在、日本で販売されている3大加熱式タバコと言えば、「アイコス(IQOS 2. 4 Plus)」「グロー(glo)」「プルーム・テック(Ploom TECH)」。 どれもこれまで本格的なモデルチェンジはしていなかったが、今回ついにその先駆者であるアイコスが、本格モデルチェンジを果たす。 しかも、コンパクトな「アイコス 3(IQOS 3)」、連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ(IQOS 3 MULTI)」の2機種が登場。 2018年11 月15 日(木)から全国のアイコスストアおよびアイコス 2. 4 Plus オンラインストアにて発売予定で、価格は「アイコス 3」が10,980 円(税込)、「アイコス 3 マルチ」が8,980 円(税込)となる。 豊富なアクセサリー(別売)で、最大576 通りの組み合わせ色合いや質感を楽しめる 2017年3月発売の「アイコス 2. 4 Plus」が、ブレードや開閉部の改良といったマイナーチェンジだったことを考えれば、今回が初めての大々的なバージョンアップとなる。 果たしてどんな進化を遂げたのか? アイコスは2種類に枝分かれして進化! 2017年3月の現行最新機種「アイコス 2. 4 Plus」発売時、販売元であるフィリップ モリスはユーザーの声を受け、壊れやすいポケットチャージャーの開閉部や折れやすい加熱ブレードの強化、充電時間の短縮などの改善を図った。 しかし、その後もユーザーからさまざまな声が寄せられた結果、幅広い要望を1機種でかなえることは不可能という結論に至ったようだ。 そして、今回の2機種同時リリースとなった。 基本的に「アイコス 2. 4 Plus」の改良コンパクト版となるのが「アイコス 3」。 まったく新しい、バッテリー一体型となって連続吸い可能になったのが、「アイコス 3 マルチ」である。 それでは1機種ずつ、その特徴を見ていこう。 コンパクトかつスタイリッシュに生まれ変わった「アイコス 3」 まずは、順当な変化を遂げた「アイコス 3」。 アイコスホルダー(以下、ホルダー)の充電時間は約40 秒スピードアップ。 連続で吸いたいユーザーにとってはうれしい進化だ。 ポケットチャージャーのフル充電までの時間は約2時間で、充電をしながらの使用も可能だという。 ホルダーの形状は、キャップがななめにハマるようになったこと以外、サイズ感は変わらないので、今までのユーザーは何も抵抗なく切り替えることができるだろう。 ポケットチャージャーは小型化され、随分とスリムになった。 しかもフタが上オープン式ではなく、サイドオープン式に変わった。 そして、従来はホルダーをしっかりボタン方向に前を向かせて挿入しなくてはならなかったが、「アイコス 3」では全方位対応のマグネット式ホルダーにより、どの向きでも挿し入れても収納・充電が可能に。 地味な変化のようだが、使い勝手はかなりよくなる。 ホルダーのななめキャップも地味だが、いくぶん開けやすくなった気がする。 何より、従来機をシャツの胸ポケットに入れるとほかのものを入れる隙間はなくなったが、スリムな「アイコス 3」なら、ペンなどを一緒に入れることができる。 さらに、すべての素材・設計を見直し、衝撃試験を重ねているというから、耐久性の向上にも期待できそうだ。 「アイコス 3」。 サイズはポケットチャージャーが46. 7(高さ)mm、 ホルダーが14. 3(高さ)mm。 重さは合わせて125gとなる。 すっきりとして、カラー次第では女性が持ってもより違和感の少ないデザインに変化した 10本連続で吸えてしかも軽い!「アイコス 3 マルチ」 かたやダイナミックな変貌を遂げたのが、「アイコス 3 マルチ」だ。 これまでアイコスユーザーが連続吸い(チェーンスモーキング)をしたい場合は、ホルダーを買い足して2本体制にするか、合間に紙巻きタバコを吸うなど、いささか無理があった。 「アイコス 3 マルチ」は、左上のキャップをスライドさせたら、その穴にヒートスティックを差し込み、吸い終わったらスライドして取り出す。 そして時間を開けなくても、再びヒートスティックをセットすれば、連続で最大10本吸うことが可能なのだ。 フル充電までの時間は約75分で、こちらも充電をしながらでも使用できる。 今まで連続吸いをしたいがために「グロー」を選んでいた人も多いことを考えると、この変化はかなり強力。 しかも、手に持った時の軽さの衝撃! まさにスマートだ。 これこそアイコスユーザーが長年待ち望んでいたものではなかったか。 さらに、筆者はどうしてももったりとしたホルダーのデザインが苦手だったのだが、これならモノとしての魅力も絶大だ。 「アイコス 3 マルチ」。 サイズは25. 3(高さ)mm、重さが50g。 小さい、軽い、チェーンスモーキング可能というまさに無敵の進化だ さながら重めの多色蛍光ペン 「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」を使って実際に吸ってみた! 2018年10月23日に行われた「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」の発表会がパークハイアット東京で行われ、そこでタッチ&ゴー(試し吸い)コーナーが設けられていたので、実際に製品を試してみることにした。 実装しているテクノロジーは「アイコス 2. 4 Plus」と同一ということだが、充電時間の短縮やバッテリー容量の倍増、ホルダーのスリム化という変化は、どの程度使用感に影響するのだろうか。 まずは「アイコス 3」を使用してみる。 感動! というほどではないものの、ホルダーの出し入れは確かに簡単に、所作もスマートなった。 マグネット付きで内部にホルダーをしっかりホールドしてくれるのは、落下の危険を防いでくれるのでおっちょこちょいにはいいかも。 使い心地はほぼ同じ。 既存ユーザーなら何の迷いもなく使える ヒートアップ時間は「アイコス 3 マルチ」と共通の20秒。 丈夫さ・耐久性に関しては使い続けていないので不明だ。 肝心な味わいは「アイコス 2. 4 Plus」ユーザーなら、あっけないほど同じだ。 スリムになったホルダーも、「アイコス 3 マルチ」を見た後ではインパクトは少なめ。 筆者としては、現時点では「アイコス 3」をあえて発売する意味がわからないというのが正直なところ。 これはもう継続的に使用してみて判断するしかない。 タッチ&ゴーのコーナーの人にも聞いたが、「アイコス 3」は既存の使い慣れたアイコスユーザーのフィールを大切にしているのでは、とのこと。 ちなみに、「アイコス 3 マルチ」がどんなに軽いといってもホルダー単独では「アイコス 3」の方が軽い。 「アイコス 2. 4 Plus」と喫味に違いはなし 続いて、「アイコス 3 マルチ」を使ってみる。 こちらはチェーンスモーク必須の一定層にしてみれば、まさに夢のアイコスだ。 また、ポケットチャージャーがずっしり重くて嫌だと思っていた人にとっても、この50gは奇跡。 生卵1個より軽いポータビリティと、スリムなフォルムで、携帯性は最強だ。 では、保護カバーをすっとずらして、ヒートスティックを差し込んでみよう。 これが差しにくいと大きなストレスだが、問題はない。 ヒートアップ時間も「アイコス 3」と同様だ。 肝心の味も同じ。 保護カバーはスライドさせてずらす仕様なので、紛失の心配はない 吸った後は本体中央の接合部分をスライドさせて、ヒートスティックを取り出す。 50gをそのまま吸うのが重いといったら、グローユーザーに怒られると思うし、VAPEやヴェポライザーにしても軽い部類。 それでいて価格が安いというのはどういうことか。 これはすごい。 見た目は少々でかいけど、軽い。 ちょっとしたVAPEのような大きさなので、喫煙所で少しは目立つかも 大きさ比較。 写真左からヒートスティック、「アイコス 3 マルチ」、「アイコス 3」、「アイコス2. 4Plus」 日本唯一の高温加熱ブレード式が進化を遂げ、加熱式タバコの未来を大きく変える予感 現在の3大加熱式タバコであるアイコス、グロー、プルーム・テック。 プルーム・テックは低温加熱方式という独自の路線なので置いておき、残るアイコス、グローを比較した時に、アイコスがリードしている点は何だろうか。 それは加熱ブレード式だということ。 登場当初こそ折れやすいなどの不評も買った(アイコス 2. 4 Plus で改良)が、これがアイコスのキモである。 その時に一部は焦げ付き、一部は加熱されないなどの加熱ムラが生じると、そのせいで途端に味が悪くなるのだが、タバコ葉の中心から加熱できる加熱ブレード式は、この加熱ムラが起こりにくいのだ。 グローはネオスティックを細身にすることで加熱ムラを防いでいるのだが、その分タバコ葉の量は少なくなる。 結果として、タバコ葉をより多く使用しつつ、ムラを押さえながら加熱できるアイコスが喫味を1番重くできるようになっているというわけだ。 このしっかりとした喫味のまま、コンパクト化した「アイコス 3」および連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ」は、今後の加熱式タバコの行く末を大きく変える新製品となるだろう。 なお、旧モデル「アイコス 2. 4 Plus」は、引き続き併売される。 また今後、現行より手頃な価格帯の「ヒートスティック」の新ラインも発売予定だ。 【関連リンク】.

次の