マギレコ 二部 感想。 Magia Day 2019 マギアデイ2019 感想 マギアレコード 1話 感想

【マジキチ紹介】狂気の天才アーティストアリナ・グレイとは?【マギレコ】|薔薇宮ソーナ|note

マギレコ 二部 感想

マギレコ、というかゲームの物語はテーマがあり それを元にストーリーが作られると言われている。 この考察は少し雑な部分があるかもしれないけどね。 マギレコのテーマは 「魔法少女の幸せ」以外に 「現在、過去、未来」があると考えられ 多分他にもまだある 一部のキャラやその関係性に使われている。 例えばななか組が数奇な縁に導かれ~というテキストが メモリアの【白い椿のもとで】にあるが この四人に共通しているのは 「本人たちが生まれる前から存在している 受け継がれてきた何かがある」という事。 つまりは「過去」を現すもの。 アザレア組に関しては「未来」を現すもの。 団地組に関しては「現在」を現すもの。 だからこそ【散花愁章】では この三組がメインだったと思われる。 さらに病院組の三人もこのテーマに当てはまるようで 柊ねむ:歴史に残る知識や文化などを尊重し その過去から学ぶ事で自分の可能性の幅を広げる事ができる。 そして同時に他者の思いや考えなどを 客観的に捉え考える事により自分も同じように 相手に与え、相手から与えられて そこから新しい何かを創造する事が可能だと思っている印象がある。 里見灯花:先人が作ったものには無駄が多く、 自分はそれ以上に効率性や保存性などに優れたものを 作り出す事が出来ると自負する。 そのために歴史的な価値があろうと どれだけ素晴らしい出来とされてるものだろうと 自分が無駄だと思ったかそうでないか主観的に捉え 壊して捨てるか大事に取っておくかを判断しているように見える。 本人は自分のやり方が正しいと考え これからの未来のためとなることを信じている様子。 環うい:今までの事もこれからの事も 自分にはわからないが、今を大事に精一杯生きれば 過去も未来も、その時代に生きた人の思いを 大切にする事が出来る、と考えている節がある。 その影響か、誰が一方的に悪いとは考えず 敵だとしても話を聞こうとしたり、 相手に何らかの事情や思いがある事を前提に考える。 おそらく第二部になってから加わった 新キャラの一部にもこのテーマが適用されると考えられる。 第一部は「魔法少女の幸せ」のテーマが中心で 第二部は 「本来、円環の理が救済するはずの魔法少女たちを、 または存在するはずのない魔法少女も含めて いろはたちが自分たちで考えながらどう救済するのか?」 という、いろはたち独自の 「魔法少女の救済」がテーマである可能性が高い。 悪魔ほむらがどうのとか言われてるけど たしかに可能性が無いわけではないとは思うよ。 クーほむには興味が無いから YouTubeでクーほむの魔法少女ストーリーを見たけど クーほむにとっては 「自分の世界はまどかが自身の存在を賭けて そのすべてを解決したんだから あの世界の自分が乗り越えられるわけがない」 と考えていたけど 無事乗り越えられたわけだから 「じゃあこっちのまどかの犠牲は何だったの?」 「まどかの願いを否定するような世界は滅ぼす」 悪魔形態になってからこういう理由で マギレコ時空に殴り込んでくる可能性が無くはないんだよ。 こうなると仮定しても いつの事になるのやらって話だけど…。 でも円環の理かそれに準ずる何らかの存在が 第二部で介入してくる可能性が高いとは考えてるんだけどね…。

次の

マギアレコード5話(マギレコ/アニメ)見逃し無料動画と感想考察ネタバレ!いろはとかえで魔女化で暴走!?

マギレコ 二部 感想

そんな人の為に 「マギアレコード」の動画を無料で1話から最新話まで見返せる方法があるんです。 それが 動画配信サービスの無料期間を利用する方法です。 Anitube等にアクセスできなくなった今、 全話高画質高音質で安心安全に視聴するには絶対に公式な動画配信サービスがお勧めですよ。 そこで、この 動画配信サービスの無料期間を利用すれば、 全話動画を無料視聴することができるんです。 ということで管理人が特に優秀だと思う 「マギアレコード」が配信されているサービスを紹介します。 \U-NEXTは31日間無料/ U-NEXTの特徴や登録解約方法などを画像付きで知りたい方は以下の記事をご覧ください。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 噂通りにういとみふゆが現れるが、二人はいびつな偽物だった。 いろはとやちよは、偽物のみふゆ、そして口寄せ神社の主である馬のバケモノに襲われ、絶体絶命の窮地に陥る。 ソウルジェムが濁り意識が遠のく中、いろはに起こった変容とは……。 引用: 「マギアレコード」5話のネタバレストーリー みふゆ 聞いてますか? — 午後の紅茶 gogonotya やちよはみふゆと話をしていました。 そしてあの噂が本当なら私達は救われるかもしれないと言います。 それで大人になれるかもと言います。 やっちゃんはこの運命から解放されたくないんですか?と言います。 そして口寄せ神社でみふゆと出会います。 いっぽういろはもういと出会います。 しかしういは走り出します。 それをいろはは追いかけます。 そして抱きしめました。 「うい……なの?」 — tka24 tka24 しかしういは、運命を変えたいなら神浜市へ来てと言います。 それしか言いませんでした。 あなたういじゃないのと言います。 そしてやちよも同じことを言っていました。 みふゆは信じてくれないの?と言います。 そしてみふゆはやちよとの思い出を語り始めます。 少なくとも記憶に関してはみふゆそのものと言います。 みふゆはやっちゃんの心の隙間そのものと言います。 一緒に帰りましょうというと、後ろへ飛びます。 ごめんなさいと戻ることはできないと言います。 だからやっちゃんがここにいてくださいと言います。 そして、ういはぶれ始めていました。 そしてやちよもここにいてはいけないと手を取ります。 本当にみふゆなのと何度も疑います。 そしてやちよの顔に何かつきます。 そしてみふゆは魔法少女に変身します。 あなたがいるからやっちゃんがここにいられないと言います。 みふゆはいろはに攻撃をはじめます。 やっちゃんの隙間を埋めるとは私だけなん・・・と言いかけた時にやちよは後ろからみふゆを突き刺します。 そしてみふゆが消えます。 やちよはあなたはみふゆじゃないと言います。 いろははさっきの人は本物じゃないといいます。 そしていろはは、自分のグリーフシードをやちよにかざします。 そして、鶴乃がきました。 いろはが魔女?のような物に変身してしまう この場所のヌシってとこかしら — ななりん NanalynXD そしてこの場所のヌシのようなものが出てきました。 攻撃をしますが中々効いていませんでした。 鶴乃の武器に何かがかかり炎が出ませんでした。 そしていろはは、攻撃を受けて倒れてしまいました。 そしていろはのソウルジェムが濁っていました。 3人揃ってやられちゃう?と鶴乃がいうと、不吉なこと言わないで逃げるわよ!といろはを背負ってやちよは走ります。 魔女化しやがった!!!!!!!! — たっくん n092t いろはは、私死んじゃうの?と謎空間にいました。 そして突然、何かに変身してしまいます。 そしていろはは周りやヌシを破壊し続けます。 すると空間が消えます。 湖の中からもとに戻らないいろはが出てきました。 しかし、いろはに向かって銃をかざします。 その魔女を始末しないとといいますがやちよは魔女じゃないわ魔法少女だと言います。 神浜の魔法少女がグリーフシードを独占するために魔女を独占しているという噂があるとマミが言います。 やちよはあなたの問題を神浜にも落ち込まないでと言います。 マミさんからの警告 — ななりん NanalynXD 余計なお世話かもしれませんがあの人は何かを隠している、あなた達は嘘をついています。 とマミは言って立ち去ります。 やちよの家で 「あれ?濁っちゃったと思ったのに……」 — tka24 tka24 いろはは謎空間の中でもう一人の自分と離れて、ういが出てきます。 神浜市に行って運命を変えると繰り返し言われます。 そして目が覚めました。 そして、部屋を出ます。 するとやちよがいました。 ここはやちよの家でした。 気絶していたから運んだということでした。 帰りますというも電車はあるかしらと言い、夕食の支度もしたし今日は泊まっていってと言います。 今日は泊まる — tka24 tka24 いろはは何かお手伝いすることはというと、疲れてるでしょ、今は部屋で休んでおきなさいと言います。 いろはは明日学校、、、!と思いますが土曜日だと言います。 誰かに料理を作ってもらうのなんだか久しぶりと思います。 そしてやちよはいろはにできたと言いに行くと、いろはは寝ながら泣いていました。 横にはみふゆの偶像がいました。 この部屋はみふゆの部屋でした。 ももこちゃん、れなちゃん返事してよとかえでが魔女と戦っていました。 かえでちゃんもドッペルを…! — ななりん NanalynXD 誰か来てというと、かえでが仮面をつけていろはのような存在になり、魔女を破壊しました。 そしてももことねなが死んだような事になっていました。 そこにももこを探しに誰か来ました。 もしかして私魔女なのかなと言います。 あんなの普通じゃない、どうしようと言います。 「マギアレコード」5話の感想・考察 エンドカード:ウエダハジメ先生 — tka24 tka24 いやいや凄い展開になってきました。 マジで面白いですねこのアニメ。 いろはがいきなり魔女化!?みたいな感じになったと思ったら、そこにマミさんが現れて、マミさんの代名詞とも言うティロフィナーレ!!! さらに最後にはかえでまで魔女化したような感じに・・・ 調べると魔女化ではない感じらしいのですが、一体あれは何なんでしょうか? それにしても仮面をつけて暴走するってヤバすぎです。 そしてれなとももこってどうなったんでしょう・・・かえでがやってしまったんですかね? と思ってこの現象を色々調べてみました。 この後アニメでは判明していくと思いますが「ドッペル・ウィッチ」というそうです。 そして自分の感情を写したもののようで、ソウルジェムが汚れた時にのみ自分の体の一部を呪って写してドッペルを出現させるとか。 そして溜め込んだ汚れはドッペルに変換されることで魔法少女の力が尽きることがないそう。 神浜市でのみ起きる不思議な力だそうです。 それにしても見た目が怖すぎです。 「マギアレコード」6話の次回展開予想 とりあえず個人的に『ナニカ』と呼称することにする — RIN RinSvd 次回はこの魔女化のような現象について解明していくのではないでしょうか? そしてやちよの家にいたことでOP映像のようにいろはとやちよは仲良くなって行くのではないでしょうか? ともかくかえで達も心配なので、皆と早く合流してほしいです。 次回が気になりすぎます! まとめ ということで 「マギアレコード」5話のネタバレや感想、考察、6話予想をご紹介しました! U-NEXTの無料期間を利用すれば、お金をかけずに「マギアレコード」の動画を視聴することができますので、ぜひ利用してみてください!.

次の

Magia Day 2019 マギアデイ2019 感想 マギアレコード 1話 感想

マギレコ 二部 感想

マギレコ、というかゲームの物語はテーマがあり それを元にストーリーが作られると言われている。 この考察は少し雑な部分があるかもしれないけどね。 マギレコのテーマは 「魔法少女の幸せ」以外に 「現在、過去、未来」があると考えられ 多分他にもまだある 一部のキャラやその関係性に使われている。 例えばななか組が数奇な縁に導かれ~というテキストが メモリアの【白い椿のもとで】にあるが この四人に共通しているのは 「本人たちが生まれる前から存在している 受け継がれてきた何かがある」という事。 つまりは「過去」を現すもの。 アザレア組に関しては「未来」を現すもの。 団地組に関しては「現在」を現すもの。 だからこそ【散花愁章】では この三組がメインだったと思われる。 さらに病院組の三人もこのテーマに当てはまるようで 柊ねむ:歴史に残る知識や文化などを尊重し その過去から学ぶ事で自分の可能性の幅を広げる事ができる。 そして同時に他者の思いや考えなどを 客観的に捉え考える事により自分も同じように 相手に与え、相手から与えられて そこから新しい何かを創造する事が可能だと思っている印象がある。 里見灯花:先人が作ったものには無駄が多く、 自分はそれ以上に効率性や保存性などに優れたものを 作り出す事が出来ると自負する。 そのために歴史的な価値があろうと どれだけ素晴らしい出来とされてるものだろうと 自分が無駄だと思ったかそうでないか主観的に捉え 壊して捨てるか大事に取っておくかを判断しているように見える。 本人は自分のやり方が正しいと考え これからの未来のためとなることを信じている様子。 環うい:今までの事もこれからの事も 自分にはわからないが、今を大事に精一杯生きれば 過去も未来も、その時代に生きた人の思いを 大切にする事が出来る、と考えている節がある。 その影響か、誰が一方的に悪いとは考えず 敵だとしても話を聞こうとしたり、 相手に何らかの事情や思いがある事を前提に考える。 おそらく第二部になってから加わった 新キャラの一部にもこのテーマが適用されると考えられる。 第一部は「魔法少女の幸せ」のテーマが中心で 第二部は 「本来、円環の理が救済するはずの魔法少女たちを、 または存在するはずのない魔法少女も含めて いろはたちが自分たちで考えながらどう救済するのか?」 という、いろはたち独自の 「魔法少女の救済」がテーマである可能性が高い。 悪魔ほむらがどうのとか言われてるけど たしかに可能性が無いわけではないとは思うよ。 クーほむには興味が無いから YouTubeでクーほむの魔法少女ストーリーを見たけど クーほむにとっては 「自分の世界はまどかが自身の存在を賭けて そのすべてを解決したんだから あの世界の自分が乗り越えられるわけがない」 と考えていたけど 無事乗り越えられたわけだから 「じゃあこっちのまどかの犠牲は何だったの?」 「まどかの願いを否定するような世界は滅ぼす」 悪魔形態になってからこういう理由で マギレコ時空に殴り込んでくる可能性が無くはないんだよ。 こうなると仮定しても いつの事になるのやらって話だけど…。 でも円環の理かそれに準ずる何らかの存在が 第二部で介入してくる可能性が高いとは考えてるんだけどね…。

次の