ご清聴。 拝聴は敬語なのか・使い方・反対語・類語|公演/拝聴いただき

読んでくれてありがとうの敬語表現は?お読み頂き/いただきまして

ご清聴

「拝聴(はいちょう)」という言葉は日常の中で使用されることはあまりないとされますが、ビジネスシーンなど敬語を重視する状況では用いられることがあります。 しかしながら慣れ親しみのない言葉なので、意味や使い方についてよく分からないと言う人は少なくありません。 「拝聴」の使い方の前に、まずは「拝聴」の意味からお伝えしていきます。 「拝聴」の言葉としての意味、敬語としてはどのような扱いになるのか、現代の使い方と本来の使い方の違いについてをご紹介します。 拝聴の意味 「拝聴」は「拝」と「聴」で成り立つ言葉で、現代においては「聞く」のへりくだり表現としての意味を持っています。 すなわち「聞く」をへりくだって言う時に「拝聴」を用います。 「拝」は「拝む」ことを表す言葉でもあるため、自分をへりくだって表現する時にのみ使うことができます。 また「拝む」行為は「感謝」を示す行動であるため、「拝」が含まれる言葉には「ありがたくそのことをする」の気持ちが込められます。 たとえば「拝聴」であれば「ありがたく聞く」、「拝見」であれば「ありがたく見る」となります。 現代ではそれほど重い言葉として扱われず、単に「聞く・聴く」の意味で「拝聴」が用いられることが一般的なことになっています。 しかしながら本来の意味としての気持ちは、忘れないようにしましょう。 敬語? 意味の項目でも触れましたが、「拝聴」は「聞く」ことのへりくだり表現です。 「へりくだる」は漢字で書くと「謙る」となり、自分を低くしながらも相手に敬意を示す「謙」を使った言葉なので、へりくだり表現の「拝聴」は謙譲語に当てはまります。 謙譲語は敬語表現の一つで、「謙」の漢字の意味にあるとおりの使い方をします。 すなわち「自分を低くしながらも相手に敬意を示す」敬語が謙譲語です。 謙譲語は自分を低くするため、自分のことを表す時に用います。 謙譲語の使い方からしてわかるように「拝聴」は自分が「聞く」ことを伝えたい時に使用します。 そして、目上の相手が「聞く」ことを表す時には使用しません。 たとえば「拝聴します(聞きます)」は自分が拝聴したことを言っているので間違いはありませんが、「拝聴しましたか(聞きましたか)」と相手に聞くことは間違いになります。 目上相手に上記のような質問をする時には、尊敬語を用います。 本来の使い方と現代における一般的な使い方は違う 「拝聴」は「謹んで聞く」ことを漢語(漢字を組み合わせて音読みした語)のようにしたものです。 「拝」という漢字は「拝む」の言葉で用いられる漢字であり、もともとは神仏に対して使う言葉でした。 そのことから「拝」を用いる「拝聴」は、本来は神仏や主筋(主君や主人の血縁など主に近しい人)に用いることが正しい使い方になります。 しかしながら現代では主君や主人に仕えるという生き方が一般的ではなくなっていることから「聞く」の謙譲語として、本来の使い方より気軽な感じで用いられています。 拝聴の使い方 「拝聴」の使い方および言い方は、いろいろあります。 各言い方の使い方についてご紹介します。 拝聴する 「拝聴」に行うことを示す「する」を付けた「拝聴する」は、最も一般的な正しい使い方です。 「拝聴する」を敬語抜きで言うと「聞く」になり、正に「聞く・聴く」の敬語であることが分かります。 例文としてよく言われるものは「ご高説を拝聴する」です。 「ご高説(御高説)」とは「相手の優れた意見」のことで、その優れた意見(ご高説)を聞くことを目上の人に伝える時に「ご高説を拝聴する」と言います。 拝聴します 「拝聴する」と同じくらい正しい「拝聴」の使い方として一般的に用いられている言い方は「拝聴します」です。 「します」は丁寧語の「です・ます」を付けた言葉なので、「拝聴します」は丁寧な言葉遣いということになります。 敬語を除いて言うと「聞くよ」といった感じになり、これから「拝聴」する予定やその意思を伝える時に「拝聴します」を用います。 「拝聴する」は今から拝聴する、「拝聴します」は今だけではなく「後で聞く」を示す時にも使えます。 拝聴しました 「します」はこれから聞くことを示す言葉遣いでしたが、「しました」はすでに聞いたことを示す時に使います。 「〜を拝聴しました」を敬語抜きで言うと「〜を聞いた」になり、「聞く」ことは過去形の行動になります。 「拝聴しました」ということを伝える時に「拝聴させていただきました」などと表されることもありますが、敬語の正しい使い方としては「しました」で問題ありません。 丁寧に言おうとして「させていただきました」を用いたくもなりますが、これは二重敬語になりますので、正しくは「しました」です。 拝聴しまして 「拝聴しまして」は、この後にも言葉が続きます。 たとえば「〜を拝聴しまして、感銘を受けました。 」などの使い方をします。 敬語抜きで言うと「〜を聞いて、〜。 」ということになり、「拝聴しました」や「拝聴します」とは違う使い方になることが分かります。 拝聴しています 「拝聴しています」は「聞いています」ということで、例文としては「いつもラジオを拝聴しています」などがあります。 「聞く」というよりは「聞いている」の意味で使い、今聞く・これから聞くではなく、前々から聞き続けていることを表す時に用います。 拝聴しております 「拝聴しております」の「しております」には、動作や状態の継続や続行を表す意味があります。 「おります」は謙譲語と思われることもありますが、この言葉は「謙譲語に似た丁重な言葉遣い」です。 すなわち「おります」は謙譲語ではないため、謙譲語の「拝聴」と用いても二重敬語にはなりません。 問題なく、共に使用することができます。 間違った使い方は? 「拝聴」は間違った使い方がされることもあります。 「拝聴」の間違った使い方で多いのは、二重敬語です。 しかしながら敬語としては二重敬語の間違った表現ですが、ビジネスシーンにおいても使用が認められている使い方もあります。 明らかに間違っており使用が認められない「拝聴」の間違った使い方と、通常の敬語ルールでは間違った表現ですがビジネスシーンでも使用が認められている「拝聴」の使い方を、ご紹介します。 ご拝聴 「拝聴」は謙譲語として自分が何かを聞くことを表す時に使用しますが、「拝聴」だけで敬語として成り立っていることから「ご」を付ける必要はありません。 「ご」はそもそも敬語ではない言葉に付けられることが多く、その単語で尊敬語・謙譲語の扱いがされるものにはあまり付けません。 よって「ご拝聴」という使い方は間違いとなります。 「ご」を付ける方が丁寧に聞こえますが、付けなくても良い言葉というのもあります。 その点に関しては難しいことはありすが、「拝聴」には「ご」を付けずに「拝聴します」などと使用すれば何の問題もありません。 拝聴いただき 「いただき」は「いただく」が変化した言葉で、「いただく」には「食う・飲む・もらう」などの謙譲語という意味があります。 補助動詞として用いる時には「話し手にとって恩恵となることが他者から受け取る」という意味になります。 どちらにしても「拝聴」と共に「聞く」の意味で使うことには適しません。 「聞く」ことは「もらう・受け取る」ことではない上に、「いただく」も「拝聴」と同じく謙譲語です。 1つのことを伝える文に、尊敬語や謙譲語は2つ以上使用すると二重敬語になります。 謙譲語であれば謙譲語が1文に2つ以上存在すると二重敬語になり、敬語として不適切な言葉遣いとされます。 拝聴させていただく 「拝聴させていただく」にも「いただき」が用いられていますが、ビジネスシーンにおいては使用が認められています。 「いただき」および「させていただく」は「もらう」の謙譲語になるため、「聞く」の謙譲語である「拝聴」と1文上で共に用いると二重敬語です。 しかしながら、ビジネスシーンでは「拝聴させていただきました」などの言い方でごく当たり前のように使用されています。 敬語の基本的なルールとしては「拝聴」に「させていただく・いただき」を付けることは間違いとされますが、ビジネスシーン上では受け入れられています。 拝聴いたします 「拝聴いたします」には「する」の謙譲語「いたす」が用いられているため「拝聴いただき」系の使い方と同様に二重敬語になりますが、「拝聴いただき」系と同じくビジネスシーンではよく用いられています。 二重敬語が良くないと言われる理由は聞く側に与える違和感にあるため、聞いた感じそこまで違和感のない「拝聴いただき」系や「拝聴いたします」はビジネスシーンで使用することが認められているとされます。 ただし、敬語の使い方としては間違いになることは忘れないようにしましょう。 敬語の基本的なルールに基づいて正しく使う時は「拝聴します」「拝聴しました」「拝聴する」などのように、丁寧語と組み合わせて使います。 ご意見拝聴いたしたく 「ご意見拝聴いたしたく存じます」などと用いられますが、1文に3つも謙譲語が含まれているため間違った使い方ではあります。 しかしこの使い方もまた、ビジネスシーンではよく用いられています。 「ご意見」は敬語ではない「意見」に「ご」がついた言葉ですので単に丁寧な言葉遣いとなりますが、「いたしたく」は「する」の謙譲語「いたす」が変化した言い方で、「存じます」は「思います」の謙譲語です。 「拝聴」「いたしたく」「存じます」といった3つの謙譲語が1文に使われているため、敬語表現としては違和感満載です。 しかしながら聞いた側としては聞き受けが悪くならない言葉のならびになるため、ビジネスシーンでは問題なく用いられています。 相手の「ご意見を拝聴したい(聞きたい)」ことを伝えたい時には「伺う」や「お聞きしたい」を用いることが、敬語の使い方としては正しいです。 「ご意見をお伺いしたいのですが」「ご意見をお聞きしたいのですが」と使う方が、敬語のルールとしては無難な言い方になります。 状況別!拝聴は使える? 状況別で「拝聴」の使い方について見ていきましょう。 講演 講演とは、聴衆の前で題目に基づいた話をすることです。 聴衆というのは「聞く人たち」のことですので、講演は「聞くもの」になります。 そのことから「講演を聞く」を伝える時には「講演を拝聴する」で表現することができます。 「お聞きする」でも表現することができるため、文面上と口頭上で使い分けると良いです。 「拝聴」は「聞く」の最も丁寧な言い方になることから文面上に向き、「お聞きする」は口頭上で使用することに適しています。 公演 講演と同じ読みですが、公演は公衆の前で演劇・舞踊・音楽などを演ずることを言います。 公衆は「おおやけの人たち」ということで、おおやけ(公)には私有のものではなく共有するものの意味があります。 よって公衆は「演ずるものを共有して聞く人たち」を指します。 コンサート会場で舞台に上がり演ずる存在を、コンサート会場に観客として入った人たちが公衆という立場になります。 「拝聴」は「聞く」の謙譲語ですので、動きを目で見ることも醍醐味の演劇や舞踏より、音を奏でる音楽を聴きに行く時に用いることが多いです。 音楽 コンサートに限らず、単に音楽を「聞く」という謙譲語表現でも「拝聴」を用いることはできます。 ただし「拝聴」は「聞く」を表す謙譲語の中でも最も敬意が高い表現になるため、使用できる相手は音楽の演奏者・作者・その音楽を薦めてくれた人に限ります。 テレビ テレビは「聞く」ではなく、映像物として「見る」ものという認識が広くあります。 そのため「聞く」の謙譲語「拝聴」ではなく、「見る」の謙譲語「拝見」を用いることが一般的です。 「拝見」に似た言葉には「拝観」もありますが、「拝観」は参拝に行く時に神仏に対して用いることが多いです。 ここでこれまでにお伝えした「拝」を用いる「拝聴・拝見・拝観」の中では、最も本来の意味らしい使い方をされています。 メール(手紙) 「拝聴」は「聞く」を表す言葉の中で最も敬意が込められているため、口頭上よりは文面上で用いられることが多くなります。 口頭上では聞き受けが良くなる言い方にも気を配る必要があるため、伝わりやすい、またはやわらかい感じの言い方を選ぶ必要があります。 文面上では口頭上のように口調による感情が伝えにくいため、畏まった丁寧な表現を用いることが多いです。 そのため、メールや手紙で「聞く」に関したことを伝える時は「拝聴」を使用するとよいでしょう。 拝聴の反対語 「拝聴」の反対語は見つかりませんでしたが、目上に出して敬語を用いず「聞いた」と言うことは言葉の使い方がなっていません。 また、目下に対して「拝聴」のような敬意が強く込められる言葉を用いることも適していません。 尊敬語や謙譲語といった敬語の使い方を、間違えないように要注意です。 拝聴の類語 「拝聴」には、いくつかの類語が存在しています。 拝聞 拝聞(はいぶん)は「謹んで聞く」ということなので、「拝聴」と同じ意味を持ちます。 「拝聴」より用いられる機会が少ないため、「拝聴」を使用した方が伝わりやすいでしょう。 謹聴 謹聴(きんちょう)は、正に「謹んで聴く」を漢語風にした言葉です。 「拝聴」や「拝聞」と同じ意味を持っていますが、もう1つの意味として「講演などを静かに聞くように促す言葉」もあります。 謹んで聞くの意味であれば「拝聴」と同じように「講演を謹聴する」と言いますが、後者の意味では静かに聞くことを促したい相手に「謹聴、謹聴」と言って「静かに聞いてください」ということを伝えます。 お聞きする この言葉はこれまでにも登場しましたが、意味は「聞く」の謙譲語です。 「拝聴」も「聞く」の謙譲語ですので、類語になります。 「拝聴」とは「聞く」のニュアンスが違いますが、「聞く」の謙譲語として扱われることに関して類語となります。 傾聴 傾聴(けいちょう)は「人の話に耳を傾ける」ことなので、「聞く」の意味もあります。 敬語ではありませんが、「聞く」の謙譲語「拝聴」とは類語として扱われます。 清聴 清聴(せいちょう)は自分が聞くことに関した表現ではなく、相手側に聞いていただく時に「ご清聴」の言い方で用います。 たとえば自分が講演などを行う際に、公衆に対して「ご清聴ありがとうございます」などの使い方をします。 承る 承る(うけたまわる)は「お聞きする」や「伺う」と同じ意味を持ちますが、それらの言葉よりも敬意が強く込められています。 拝聴を含め「聞く」の敬語表現をうまく使おう! 「拝聴」は「聞く」の謙譲語ですが、本来の意味では神仏や主筋に用いるものなので、よほどの敬意を示したい・示すべき相手にのみ使うことが敬語ルール上適切になります。 言い方としては「いたす」や「いただく」を使用せずに「拝聴します」や「する」を用います。 しかしながら「いたす」などはビジネスシーンでは使用されているため、状況に応じて適度に使いましょう。

次の

2度聴き 精聴トレーニング 改訂版

ご清聴

Contents• 最後のスライドのおすすめ構成 最後のスライドを作成する際には、以下のような構成がおすすめされます。 方向性に悩んだときには、それぞれの方法を試してみましょう。 これまでのスライドを一覧で表示する• プレゼン内容を簡潔にまとめる• 締めの言葉を添えることもおすすめ これまでのスライドを一覧で表示する ここまでプレゼンの中で見せてきたスライドを、最後に一覧で表示することで全体を総括できます。 最後に内容を振り返ったり、補足説明を行ったりできるので、よりプレゼンの内容を充実させることができるでしょう。 スライドを見逃してしまった人や、 改めてもう一度見たいという人に対するフォローにもなります。 最後にはそのプレゼンのすべてを盛り込めるように、スライドを一覧で映すことがおすすめです。 プレゼンのメリットを簡潔にまとめる プレゼンで提示したメリットを簡潔にまとめて、 聞き手にわかりやすく構成し直すことも最後のスライドにおすすめの内容です。 長いプレゼンほどメリットを最後のスライドでまとめることで、全体像を今一度把握してもらいやすくなるでしょう。 例えばメリットを簡単な文章に言い換えたり、画像でイメージをわかりやすく共有したりすることで、プレゼンの中身を印象付けられます。 最後のスライドを有効活用するためにも、結末には プレゼンによるメリットを簡潔にまとめることもひとつの手段です。 締めの言葉を添えることもおすすめ 最後のスライドであることをわかりやすく伝えるためにも、締めの言葉を添えるのもおすすめです。 プレゼンを締める言葉は、 最終的な印象を決めるきっかけになります。 中途半端にダラダラと終わることを避けるためにも、スパッと切り替える言葉を用意してみましょう。 ここまで聞いてくれたことの感謝を伝えたり、プレゼンで解説した内容を改めて別の言葉で表したりすることが締めの言葉になり得ます。 ありふれた定型文ではなくオリジナリティのある文章を考えて、最後のスライドに締めの言葉を添えてみましょう。 プレゼンの最後に「ご清聴ありがとうございました」は不要? プレゼンの最後によく聞かれる「ご清聴ありがとうございました」という決まり文句は、 基本的に最後のスライドには不要です。 「ご清聴ありがとうございました」で締めくくることを避けるためにも、以下で不要とされる理由を確認しましょう。 感謝の気持ちは別の言葉でも伝えられる• 最後のスライドはそのまま残る可能性がある• その後の質疑応答の邪魔になる 感謝の気持ちは別の言葉でも伝えられる 「ご清聴ありがとうございました」とは、聞き手に対する感謝を意味するものですが、それは別の言葉でも伝えることができます。 今では多くの場所で使われているため、逆に「ご清聴ありがとうございました」だけでは、 感謝が伝わりきらないケースもあるでしょう。 本当に聞き手に対して感謝を伝えるのなら、オリジナルの文章を最後のスライドに載せるのがおすすめです。 感謝の気持ちを伝えられる別の言葉は、自分らしさを重視して選ぶようにしましょう。 最後のスライドはそのまま画面に残る可能性がある 最後のスライドはプレゼン後もそのまま画面に残る可能性があるため、「ご清聴ありがとうございました」では 何も伝わらずもったいないことになります。 最後のスライドが「ご清聴ありがとうございました」だけだと、何のプレゼンだったのかがわかりません。 結果的にそのせいでプレゼンの印象が薄れていく可能性があるため、最後のスライドは 内容に関係のある言葉や画像が最適になるでしょう。 最後のスライドはそのまましばらく画面に残る可能性を考慮して、プレゼンの内容を汲み取れる形に構成するのがおすすめです。 その後の質疑応答の邪魔になる プレゼン後に質疑応答を行う場合は、特に「ご清聴ありがとうございました」のスライドは不要です。 質疑応答中にスライドの画面が「ご清聴ありがとうございました」だと、せっかくの聞き手とのやりとりが活かしづらくなります。 スライドの中身についても質問しやすくなるように、 最後はプレゼンの内容がわかるものにするのがベストです。 最低でも質疑応答中の邪魔にならないように、「ご清聴ありがとうございました」の文字だけを最後のスライドに載せることは避けましょう。 ここまで、プレゼンの最後のスライドにおすすめの構成があり、よくある「ご静聴ありがとうございました」のスライドは不要だということをお伝えしました。 それでは次に、 おすすめの構成で最後のスライドをパワーポイントで作る際のポイントについても解説します。 プレゼンでパワーポイントを使うときの3つのコツ プレゼンでパワーポイントを使うときには、聞き手が見やすくかつ自分も説明しやすくなる内容にするために、以下の3つのコツを把握しておきましょう。 ごちゃごちゃ文字や画像が入り乱れるスライドは、聞き手に伝えたい情報を届けづらくなるため、 プレゼンではマイナスに働くことが多いです。 基本的には「ワンスライド・ワンメッセージ」を意識して、 ひとつの情報を集中的に伝えるスライド作りを意識しましょう。 パワポを作っているとつい熱中してたくさんの情報を詰め込みがちですが、そこを我慢してシンプルな構成にできるかが、プレゼンのクオリティを上げるコツです。 KISSの原則とは「Keep It Simple Stupid」の略であり、 スライドの構造は可能な限り単純化するべきという考え方です。 ・無計画に画像やグラフを並べない ・口で伝えられる部分はスライドから省略する 上記2点を意識するだけでもスライドの単純化に繋がります。 見辛いスライドは聞き手を「見ること」に集中させてしまうので、 「聞くこと」や「考えること」への意識が疎かになります。 色や文字のフォントにも気を配って、見やすい形を模索しておくのがパワポ作成時のコツです。 視覚的な見やすさを調整するには、実際にプロジェクター等で映し出した様子を確認するのがおすすめ。 まずは自分で見やすいスライドを作って、視覚的な見やすさを追求していきましょう。 最後のスライドに意識すべきこと 聞き手の意識を「見ること」ではなく 「聞くこと・考えること」に集中させるためには、最後のスライドを作成する際に以下のポイントを意識するのがコツです。 聞き手に違和感を与えないように、プレゼンの最後にふさわしいスライドを作るコツを知っておきましょう。 プレゼンを印象付けるための言葉や画像を取り入れる• デザインにもこだわる プレゼンを印象付けるための言葉や画像を取り入れる プレゼンを印象付ける言葉や画像を取り入れることが、魅力的な最後のスライドを作るコツです。 「どんなプレゼンだったのか」がすぐにわかる言葉や画像を導入すれば、後から内容を思い出してもらいやすくなります。 例えばプレゼン中に繰り返した決まり文句をもう一度使ったり、 結論に関連するグラフや実際の写真を付け加えることがポイント。 さらに強いインパクトを重視するためにも、言葉と画像の両方を取り入れることもおすすめです。 プレゼンの内容が少しでも聞き手の心に残るように、 印象付けを意識した言葉や画像を選択しましょう。 デザインにもこだわる 最後のスライドを作成する際には、デザインにもこだわることがポイントです。 それまで色や文章の配置を工夫していたのに、最後のスライドで急に簡素になってしまうと、 聞き手から見て印象が悪くなる可能性があります。 最後に手を抜いたと思われないように、その他のスライドと同じ方法で作成に臨みましょう。 仮に簡単な文章だけを載せるスライドになったとしても、デザインにはしっかりとこだわることがおすすめです。 まとめ:最後のスライドでプレゼンの評価を高めよう! 「終わりよければ全て良し」と言われるように、人には 最後の印象が強く残るというピークエンドの法則というものが存在します。 そのため、最後のスライドはプレゼンのクオリティを左右する重要要素と言えるでしょう。 ぜひ今回お伝えした「最後のスライドのおすすめ構成」を参考に、プレゼンの満足度を高めるスライドを作成してみてください。

次の

「ご静聴」と「ご清聴」きちんと使い分けていないと社会人として恥ずかしい!

ご清聴

「拝聴(はいちょう)」という言葉は日常の中で使用されることはあまりないとされますが、ビジネスシーンなど敬語を重視する状況では用いられることがあります。 しかしながら慣れ親しみのない言葉なので、意味や使い方についてよく分からないと言う人は少なくありません。 「拝聴」の使い方の前に、まずは「拝聴」の意味からお伝えしていきます。 「拝聴」の言葉としての意味、敬語としてはどのような扱いになるのか、現代の使い方と本来の使い方の違いについてをご紹介します。 拝聴の意味 「拝聴」は「拝」と「聴」で成り立つ言葉で、現代においては「聞く」のへりくだり表現としての意味を持っています。 すなわち「聞く」をへりくだって言う時に「拝聴」を用います。 「拝」は「拝む」ことを表す言葉でもあるため、自分をへりくだって表現する時にのみ使うことができます。 また「拝む」行為は「感謝」を示す行動であるため、「拝」が含まれる言葉には「ありがたくそのことをする」の気持ちが込められます。 たとえば「拝聴」であれば「ありがたく聞く」、「拝見」であれば「ありがたく見る」となります。 現代ではそれほど重い言葉として扱われず、単に「聞く・聴く」の意味で「拝聴」が用いられることが一般的なことになっています。 しかしながら本来の意味としての気持ちは、忘れないようにしましょう。 敬語? 意味の項目でも触れましたが、「拝聴」は「聞く」ことのへりくだり表現です。 「へりくだる」は漢字で書くと「謙る」となり、自分を低くしながらも相手に敬意を示す「謙」を使った言葉なので、へりくだり表現の「拝聴」は謙譲語に当てはまります。 謙譲語は敬語表現の一つで、「謙」の漢字の意味にあるとおりの使い方をします。 すなわち「自分を低くしながらも相手に敬意を示す」敬語が謙譲語です。 謙譲語は自分を低くするため、自分のことを表す時に用います。 謙譲語の使い方からしてわかるように「拝聴」は自分が「聞く」ことを伝えたい時に使用します。 そして、目上の相手が「聞く」ことを表す時には使用しません。 たとえば「拝聴します(聞きます)」は自分が拝聴したことを言っているので間違いはありませんが、「拝聴しましたか(聞きましたか)」と相手に聞くことは間違いになります。 目上相手に上記のような質問をする時には、尊敬語を用います。 本来の使い方と現代における一般的な使い方は違う 「拝聴」は「謹んで聞く」ことを漢語(漢字を組み合わせて音読みした語)のようにしたものです。 「拝」という漢字は「拝む」の言葉で用いられる漢字であり、もともとは神仏に対して使う言葉でした。 そのことから「拝」を用いる「拝聴」は、本来は神仏や主筋(主君や主人の血縁など主に近しい人)に用いることが正しい使い方になります。 しかしながら現代では主君や主人に仕えるという生き方が一般的ではなくなっていることから「聞く」の謙譲語として、本来の使い方より気軽な感じで用いられています。 拝聴の使い方 「拝聴」の使い方および言い方は、いろいろあります。 各言い方の使い方についてご紹介します。 拝聴する 「拝聴」に行うことを示す「する」を付けた「拝聴する」は、最も一般的な正しい使い方です。 「拝聴する」を敬語抜きで言うと「聞く」になり、正に「聞く・聴く」の敬語であることが分かります。 例文としてよく言われるものは「ご高説を拝聴する」です。 「ご高説(御高説)」とは「相手の優れた意見」のことで、その優れた意見(ご高説)を聞くことを目上の人に伝える時に「ご高説を拝聴する」と言います。 拝聴します 「拝聴する」と同じくらい正しい「拝聴」の使い方として一般的に用いられている言い方は「拝聴します」です。 「します」は丁寧語の「です・ます」を付けた言葉なので、「拝聴します」は丁寧な言葉遣いということになります。 敬語を除いて言うと「聞くよ」といった感じになり、これから「拝聴」する予定やその意思を伝える時に「拝聴します」を用います。 「拝聴する」は今から拝聴する、「拝聴します」は今だけではなく「後で聞く」を示す時にも使えます。 拝聴しました 「します」はこれから聞くことを示す言葉遣いでしたが、「しました」はすでに聞いたことを示す時に使います。 「〜を拝聴しました」を敬語抜きで言うと「〜を聞いた」になり、「聞く」ことは過去形の行動になります。 「拝聴しました」ということを伝える時に「拝聴させていただきました」などと表されることもありますが、敬語の正しい使い方としては「しました」で問題ありません。 丁寧に言おうとして「させていただきました」を用いたくもなりますが、これは二重敬語になりますので、正しくは「しました」です。 拝聴しまして 「拝聴しまして」は、この後にも言葉が続きます。 たとえば「〜を拝聴しまして、感銘を受けました。 」などの使い方をします。 敬語抜きで言うと「〜を聞いて、〜。 」ということになり、「拝聴しました」や「拝聴します」とは違う使い方になることが分かります。 拝聴しています 「拝聴しています」は「聞いています」ということで、例文としては「いつもラジオを拝聴しています」などがあります。 「聞く」というよりは「聞いている」の意味で使い、今聞く・これから聞くではなく、前々から聞き続けていることを表す時に用います。 拝聴しております 「拝聴しております」の「しております」には、動作や状態の継続や続行を表す意味があります。 「おります」は謙譲語と思われることもありますが、この言葉は「謙譲語に似た丁重な言葉遣い」です。 すなわち「おります」は謙譲語ではないため、謙譲語の「拝聴」と用いても二重敬語にはなりません。 問題なく、共に使用することができます。 間違った使い方は? 「拝聴」は間違った使い方がされることもあります。 「拝聴」の間違った使い方で多いのは、二重敬語です。 しかしながら敬語としては二重敬語の間違った表現ですが、ビジネスシーンにおいても使用が認められている使い方もあります。 明らかに間違っており使用が認められない「拝聴」の間違った使い方と、通常の敬語ルールでは間違った表現ですがビジネスシーンでも使用が認められている「拝聴」の使い方を、ご紹介します。 ご拝聴 「拝聴」は謙譲語として自分が何かを聞くことを表す時に使用しますが、「拝聴」だけで敬語として成り立っていることから「ご」を付ける必要はありません。 「ご」はそもそも敬語ではない言葉に付けられることが多く、その単語で尊敬語・謙譲語の扱いがされるものにはあまり付けません。 よって「ご拝聴」という使い方は間違いとなります。 「ご」を付ける方が丁寧に聞こえますが、付けなくても良い言葉というのもあります。 その点に関しては難しいことはありすが、「拝聴」には「ご」を付けずに「拝聴します」などと使用すれば何の問題もありません。 拝聴いただき 「いただき」は「いただく」が変化した言葉で、「いただく」には「食う・飲む・もらう」などの謙譲語という意味があります。 補助動詞として用いる時には「話し手にとって恩恵となることが他者から受け取る」という意味になります。 どちらにしても「拝聴」と共に「聞く」の意味で使うことには適しません。 「聞く」ことは「もらう・受け取る」ことではない上に、「いただく」も「拝聴」と同じく謙譲語です。 1つのことを伝える文に、尊敬語や謙譲語は2つ以上使用すると二重敬語になります。 謙譲語であれば謙譲語が1文に2つ以上存在すると二重敬語になり、敬語として不適切な言葉遣いとされます。 拝聴させていただく 「拝聴させていただく」にも「いただき」が用いられていますが、ビジネスシーンにおいては使用が認められています。 「いただき」および「させていただく」は「もらう」の謙譲語になるため、「聞く」の謙譲語である「拝聴」と1文上で共に用いると二重敬語です。 しかしながら、ビジネスシーンでは「拝聴させていただきました」などの言い方でごく当たり前のように使用されています。 敬語の基本的なルールとしては「拝聴」に「させていただく・いただき」を付けることは間違いとされますが、ビジネスシーン上では受け入れられています。 拝聴いたします 「拝聴いたします」には「する」の謙譲語「いたす」が用いられているため「拝聴いただき」系の使い方と同様に二重敬語になりますが、「拝聴いただき」系と同じくビジネスシーンではよく用いられています。 二重敬語が良くないと言われる理由は聞く側に与える違和感にあるため、聞いた感じそこまで違和感のない「拝聴いただき」系や「拝聴いたします」はビジネスシーンで使用することが認められているとされます。 ただし、敬語の使い方としては間違いになることは忘れないようにしましょう。 敬語の基本的なルールに基づいて正しく使う時は「拝聴します」「拝聴しました」「拝聴する」などのように、丁寧語と組み合わせて使います。 ご意見拝聴いたしたく 「ご意見拝聴いたしたく存じます」などと用いられますが、1文に3つも謙譲語が含まれているため間違った使い方ではあります。 しかしこの使い方もまた、ビジネスシーンではよく用いられています。 「ご意見」は敬語ではない「意見」に「ご」がついた言葉ですので単に丁寧な言葉遣いとなりますが、「いたしたく」は「する」の謙譲語「いたす」が変化した言い方で、「存じます」は「思います」の謙譲語です。 「拝聴」「いたしたく」「存じます」といった3つの謙譲語が1文に使われているため、敬語表現としては違和感満載です。 しかしながら聞いた側としては聞き受けが悪くならない言葉のならびになるため、ビジネスシーンでは問題なく用いられています。 相手の「ご意見を拝聴したい(聞きたい)」ことを伝えたい時には「伺う」や「お聞きしたい」を用いることが、敬語の使い方としては正しいです。 「ご意見をお伺いしたいのですが」「ご意見をお聞きしたいのですが」と使う方が、敬語のルールとしては無難な言い方になります。 状況別!拝聴は使える? 状況別で「拝聴」の使い方について見ていきましょう。 講演 講演とは、聴衆の前で題目に基づいた話をすることです。 聴衆というのは「聞く人たち」のことですので、講演は「聞くもの」になります。 そのことから「講演を聞く」を伝える時には「講演を拝聴する」で表現することができます。 「お聞きする」でも表現することができるため、文面上と口頭上で使い分けると良いです。 「拝聴」は「聞く」の最も丁寧な言い方になることから文面上に向き、「お聞きする」は口頭上で使用することに適しています。 公演 講演と同じ読みですが、公演は公衆の前で演劇・舞踊・音楽などを演ずることを言います。 公衆は「おおやけの人たち」ということで、おおやけ(公)には私有のものではなく共有するものの意味があります。 よって公衆は「演ずるものを共有して聞く人たち」を指します。 コンサート会場で舞台に上がり演ずる存在を、コンサート会場に観客として入った人たちが公衆という立場になります。 「拝聴」は「聞く」の謙譲語ですので、動きを目で見ることも醍醐味の演劇や舞踏より、音を奏でる音楽を聴きに行く時に用いることが多いです。 音楽 コンサートに限らず、単に音楽を「聞く」という謙譲語表現でも「拝聴」を用いることはできます。 ただし「拝聴」は「聞く」を表す謙譲語の中でも最も敬意が高い表現になるため、使用できる相手は音楽の演奏者・作者・その音楽を薦めてくれた人に限ります。 テレビ テレビは「聞く」ではなく、映像物として「見る」ものという認識が広くあります。 そのため「聞く」の謙譲語「拝聴」ではなく、「見る」の謙譲語「拝見」を用いることが一般的です。 「拝見」に似た言葉には「拝観」もありますが、「拝観」は参拝に行く時に神仏に対して用いることが多いです。 ここでこれまでにお伝えした「拝」を用いる「拝聴・拝見・拝観」の中では、最も本来の意味らしい使い方をされています。 メール(手紙) 「拝聴」は「聞く」を表す言葉の中で最も敬意が込められているため、口頭上よりは文面上で用いられることが多くなります。 口頭上では聞き受けが良くなる言い方にも気を配る必要があるため、伝わりやすい、またはやわらかい感じの言い方を選ぶ必要があります。 文面上では口頭上のように口調による感情が伝えにくいため、畏まった丁寧な表現を用いることが多いです。 そのため、メールや手紙で「聞く」に関したことを伝える時は「拝聴」を使用するとよいでしょう。 拝聴の反対語 「拝聴」の反対語は見つかりませんでしたが、目上に出して敬語を用いず「聞いた」と言うことは言葉の使い方がなっていません。 また、目下に対して「拝聴」のような敬意が強く込められる言葉を用いることも適していません。 尊敬語や謙譲語といった敬語の使い方を、間違えないように要注意です。 拝聴の類語 「拝聴」には、いくつかの類語が存在しています。 拝聞 拝聞(はいぶん)は「謹んで聞く」ということなので、「拝聴」と同じ意味を持ちます。 「拝聴」より用いられる機会が少ないため、「拝聴」を使用した方が伝わりやすいでしょう。 謹聴 謹聴(きんちょう)は、正に「謹んで聴く」を漢語風にした言葉です。 「拝聴」や「拝聞」と同じ意味を持っていますが、もう1つの意味として「講演などを静かに聞くように促す言葉」もあります。 謹んで聞くの意味であれば「拝聴」と同じように「講演を謹聴する」と言いますが、後者の意味では静かに聞くことを促したい相手に「謹聴、謹聴」と言って「静かに聞いてください」ということを伝えます。 お聞きする この言葉はこれまでにも登場しましたが、意味は「聞く」の謙譲語です。 「拝聴」も「聞く」の謙譲語ですので、類語になります。 「拝聴」とは「聞く」のニュアンスが違いますが、「聞く」の謙譲語として扱われることに関して類語となります。 傾聴 傾聴(けいちょう)は「人の話に耳を傾ける」ことなので、「聞く」の意味もあります。 敬語ではありませんが、「聞く」の謙譲語「拝聴」とは類語として扱われます。 清聴 清聴(せいちょう)は自分が聞くことに関した表現ではなく、相手側に聞いていただく時に「ご清聴」の言い方で用います。 たとえば自分が講演などを行う際に、公衆に対して「ご清聴ありがとうございます」などの使い方をします。 承る 承る(うけたまわる)は「お聞きする」や「伺う」と同じ意味を持ちますが、それらの言葉よりも敬意が強く込められています。 拝聴を含め「聞く」の敬語表現をうまく使おう! 「拝聴」は「聞く」の謙譲語ですが、本来の意味では神仏や主筋に用いるものなので、よほどの敬意を示したい・示すべき相手にのみ使うことが敬語ルール上適切になります。 言い方としては「いたす」や「いただく」を使用せずに「拝聴します」や「する」を用います。 しかしながら「いたす」などはビジネスシーンでは使用されているため、状況に応じて適度に使いましょう。

次の