いすみ 鉄道 キハ 52。 いすみ鉄道撮影記(1):序章,キハ52・28との再会。

【TOMIX】いすみ鉄道 キハ52・キハ28形(キハ52首都圏色)再生産中止

いすみ 鉄道 キハ 52

(老兵との再会。 2019. 30 ) 2019年。 1月中旬頃から,くはね氏と久々の撮影旅行を計画し,年度末の複数の日程と行先の候補を検討していた。 最終的に,日程を3月30日(土)に確定し,の急行をターゲットとする事に決めた。 車や撮影後の酒宴の事情なども勘案し,折角なので昔ながらの徒歩鉄スタイルで撮影行を敢行することに。 急行2往復,計4本の撮影用の撮影地をリストアップした結果,大多喜でレンタサイクルを調達して,から西畑の間を移動しながら1日を過ごすことに決めた。 全ての行程が固まったのは,前日の夕方頃だった。 当日朝は東京駅0901発の号,ホームの1番線で待ち合わせ。 ちょうど1年ぶり,3月30日の再会を喜びながら,対話が弾む。 の特急に乗るのは一体いつ以来だったのだろう…全くと言っていいほど前回の記憶がない。 まさか初めてだったのだろうか。 大原までの所要時間は1時間12分。 房総半島は「巨大」であるという印象が拭い切れないので,この所要時間はとても短く感じた。 曇天の車窓はと工業地帯に始まり,瞬く間に房総の田園風景に変わり,あっという間に大原駅に到着。 大原1021発,の車内はかなりの混雑だった。 というのもこの日が,長らく続いたとのコラボレーションの最終日だったらしい。 のみならず「ムーヲタ」も混じっていたのだろうw 車窓の菜の花を楽しみながら,30分ほどでに到着した。 駅とその周辺も,想像以上の人だかり。 下調べの通り,レンタサイクルは駅の向かい側ので借りることが出来た。 幸い,雨に降られることは無さそうだ。 花曇りの旅路のはじまりである。 ちょうど駅の車庫から・28が出庫するところだったので,借りた自転車をいきなり駐輪スペースに停めて,まずは線路脇からキハを撮影した。 とは,2012年9月に一人旅で撮影した時以来,すなわち6年半ぶりの再会である。 近くで見ると,塗装の傷みが良く分かる。 そういえばこの撮影のすぐ後に,塗装更新(変更)が行われたので,この日このタイミングで首都圏色のの記録が出来たのは良かった。 ここから先回りして,を渡り,大多喜街道の,駅付近のオーバークロスへと自転車を走らせた。 自転車に乗るというのも久々な気がするが,一体いつ以来だったか…ぱっと思いつくのは2013年12月の小湊鐡道,同じくくはね氏と二人で,の駅チャリを借りて,上総大久保以東まで力走した日の記憶であるが,これ以来だとすると5年以上ぶりか。 撮影等の旅行で車を使うようになってから,自転車を用いるケースが全く無くなっていたことに今更ながら気付き,驚いた。 その点でもこの日の撮影は「クラシカル」なスタイルを追求できていたという事になる。 駅から15分ほどで撮影地に到着。 数人の同業者が居たのだったか,記憶はあやふやである。 直前に,後追いではあるが練習列車がある。 いすみ300型,302がやって来た。 大きな黒い窓が何となく,サングラスをかけた顔か,虫の顔のように見えてしまう。 この列車が大多喜に到着すると,急行がこちらに向けてやって来る。 短い三脚を立ててビデオのセッティングをし,いよいよキハ28との9年ぶりの「本番」に向け,準備は万端だ。 へ続く。 anachro-fukurou.

次の

【TOMIX】いすみ鉄道 キハ52・キハ28形(キハ52首都圏色)再生産中止

いすみ 鉄道 キハ 52

本当にありがとうございます。 開始から7日。 あまりにも早いスピードでの達成に、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。 これほど多くの方々がキハ52の復活を願っていらっしゃることを嬉しく思います。 無事にキハ52の再塗装(クリーム色とオレンジ色の国鉄一般色に戻します)の目処がたちました。 そこで残り期間、次の目標を設定し、最後まで走り切ることを決めました。 温かい応援と励ましのお言葉を胸に、さらなる挑戦を続けてまいりますので、より一層のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。 今年誕生55周年を迎えます。 しかし現在のいすみ鉄道の経営状況では、痛んだ塗装を直す余裕がなく、このままでは 2020年春の検査期限を前に、廃車になってしまう可能性が高いのです。 でも、キハ52を愛する大勢の応援の声が集まれば、その未来を変えることができるかもしれません。 クラウドファンディングで 世論を作り、延命と動態保存の道をひらきたい。 そして集まったお金で車体に再塗装をほどこし、きれいな姿で、次の菜の花シーズンにお披露目を。 いすみ鉄道前社長・鳥塚亮が挑戦する、初めてのクラウドファンディングです。 キハ52ーー国鉄時代からの正統派普通列車、最後の生き残り キハ52。 これは、昭和40年(1965年)に製造された、国鉄一般形気動車です。 キハ52の特長は、急勾配のローカル線用にエンジンを2基搭載し、短編成で運用しやすい両運転台車であること。 この特長を生かし、各地の山岳路線で活躍しました。 1976年の田老駅にて。 国鉄がJRになったあとも、JR西日本管内の越美北線(福井県)や大糸線(新潟県)などで長年使用されてきました。 2010年に現役を引退し、廃車・解体される危機にあったところを、千葉県の「いすみ鉄道」が買い取り、再スタートを切りました。 この車両は、国鉄時代には主に普通列車用に活躍した車両で、まだマイカーが一般化していなかった昭和40年代から長年にわたり庶民の足として働いてきた 「昭和の生き証人」のような存在です。 学生時代に青春18きっぷで旅をした方々には、まさに青春の思い出の列車かもしれません。 いすみ鉄道でも、昭和の時代を思い起こさせる観光急行列車として、活躍しています。 老体に鞭打ちながら走り続けて……いま存続の危機に直面しています。 製造から55年を迎えるキハ52が今なお現役で走っているというのは、奇跡に近いことです。 正直なところ、いすみ鉄道としても、いつまでこの車両を走らせていられるか、かなり危機的な状況にあります。 実際、老朽化に伴い整備費がかさんで、会社の経営を圧迫する危険性が出てきているため、ボロボロになった塗装も長らく塗り直すことはできていません。 簡易修理をする前の写真。 雨漏りもバケツを置いて対処しています。 さらに、 キハ52は来年2020年春に検査期限を迎えます。 このままでは恐らくいすみ鉄道としても 検査にかけることはなく……廃車になってしまうのではないか、と私は危惧しています。 修理を重ねて、ここまで長らえてきました。 キハ52を見に、撮りに、大勢の方が訪れています。 その方々のためにも、恥ずかしくないようにきちんと色を塗り直してあげたい……。 キハ52は私自身が誘致を実現させた、思い入れのある車両です。 そして何より、 全国から大勢の方が"わざわざ"乗りに来る、写真を撮りに来る、そんな魅力のある車両であることも肌身に感じています。 そんな車両を、ただ「古いから」「お金もかかるから」と何のアクションも起こさず廃車にしてしまうというのは、あまりにもったいないことです。 私はすでにいすみ鉄道の社長を退任しましたが、一般市民の立場から、私たちのキハ52に対する関心の高さを目に見える形で伝えたいと、今回のプロジェクトを立ち上げました。 もちろん、今回資金が集まり、再塗装がなされたとしても、2020年春までに検査を受けられるかどうかは、いすみ鉄道の経営方針次第になります(再検査を受けられれば、向こう4年の運行が可能になります)。 しかしながら、キハ52の存続のために多くの資金が集まった、 それだけの価値がある車両なんだということを、千葉県の上層部や沿線市町の幹部の方々に知っていただくことで、未来が変わるかもしれない。 世の中の関心の大きさをこのクラウドファンディングで示すことにより、延命や他社を含めた今後の動態保存の道を開いていきたいと考えています。 昭和50年、小海線野辺山駅に停車するキハ52。 廃車にするのは簡単かもしれませんが、55年も現役で走ってきた車両は、それだけで貴重な存在です。 「いかにローカル線で地方を盛り上げるか」 最後に、個人的な話になりますが、私は2009年から2018年まで、いすみ鉄道の社長を務めました。 もともと畑違いの業界から、鉄道好きが高じて公募枠に応募し、社長になった……異色の経歴と紹介されることもあります。 いすみ鉄道社長時代は、いかにローカル線で地方を盛り上げるか。 それをずっと模索してきた10年でした。 (その足跡は、日々ブログに綴っています。 そして、そのためには「ここに行けば他にないものが見られる」という情報発信が必要です。 特徴のある車両が走ることは、情報発信という点では最大効果が出ます。 こういう古い車両を末永く使うことは会社にとっては大変なことですが、だからこそいま私にできるのは、最大の難関である資金という点でお手伝いすることだと考えました。 そしてクラウドファンディングで世論を示し、 「このような車両を解体することなく保存していくことに意味がある」と、鉄道会社側に知ってもらいたいのです。 社長退任後は、NPO「おいしいローカル線をつくる会」の代表として、引き続き地方鉄道を盛り上げていくための活動に身を投じています。 いすみ鉄道だけでなく、全国の頑張っているローカル線に残る、価値ある車両を何とか後世に繋げるお手伝いをしたい。 例えば、津軽鉄道さんのストーブ列車用の客車の整備、若狭鉄道さんに残る機関車の整備……次なるアイデアと思いはたくさんあります。 でもまずは、私が長らくお世話になったいすみ鉄道「キハ52」での、一大チャレンジ。 ご賛同いただけましたら、どうかあたたかいご支援と応援の声を、どうぞよろしくお願いいたします。 (もしよろしければ、ご支援の際「応援コメント」欄に、一言でも応援のメッセージをいただけますと、大きな力になります) いただいた資金の使い道 今回みなさまからお預かりした資金は、およそ下記の用途に充てさせていただく予定です。 クリーム色とオレンジ色のツートンカラー(国鉄一般色)に戻すことを考えています。 費用としては、最低でも300万円ほどが必要です。 もし目標金額を上回ることができた場合は、金額によってキハ30やキハ28の修繕にも充てたいと考えています。 今回の第一の目的は、もちろんキハ52の再塗装を実現させることですが、私たちはそれだけで満足するのではなく、このプロジェクトの成果を"その後"(他の地方鉄道の活性化)に生かしてゆくことに意味があると考えております。 そのために、本NPOは今後も、いすみ鉄道の見守り活動以外にも、全国各地のローカル線の支援活動を展開していきます。 基本的には鳥塚を中心に手弁当で活動していますが、交通費などの支出が年間50万円ほど必要です。 リターンとして、記念になるようなオリジナル鉄道グッズをはじめ、写真集出版、オリジナルサボ、ヘッドマークなどをご用意しています。 また、支援者さま限定のイベントも企画しています。 リターンのご紹介 再塗装が叶ったあとも、末長くキハ52に思いを馳せていただけるように、いろいろなリターン品をご用意いたしました。 いくつか、説明が必要なものをご紹介させていただきます。 クラウドファンディングでは、50名限定で優先撮影券つきのチケットをお送りします。 詳細は追って、お知らせいたします。 いすみ鉄道応援団の皆様が撮影した貴重な写真が詰まった写真集です。 国吉駅の近くにある上総出雲大社のお祓いをうけて、お届けします。

次の

いすみ鉄道 キハ52・キハ28形(キハ52首都圏色)セット|鉄道模型 TOMIX 公式サイト|株式会社トミーテック

いすみ 鉄道 キハ 52

本日、いすみ鉄道のキハ52お披露目撮影会が行われました。 千葉県は大雨でしたが、そんな中、ご支援いただきました皆様方にお越しいただき、無事塗装変更のお披露目をすることができました。 以下、ご参加いただきました支援者の吉田智和さん、松本圭史さん撮影のお写真をご紹介します。 豪雨の中ですが、ヘッドマークを取り換えて、いろいろなポーズ。 キハ20と並ぶと良い景色ですね。 ヨンサントウ以前の房総のシーンです。 雨が小降りになった午後にはキハ52を入換してキハ28と連結。 明日からはこの姿で急行列車が復活します。 それにしても、こういうイベントは顧客心理をよく理解していないとできません。 ただやればよいというものではないのですが、担当職員の方の熱意が伝わってきますね。 ありがとうございました。 皆様、きれいになったキハ52に会いに、いすみ鉄道にいらしてください。

次の